2006年12月8日(金) あっという間の一週間
アーティスト・イン・スクール五日目。
今日は午後から大雪。
そろそろ小学校のグラウンドでは、スケートリンクづくりが始まるらしい。
北海道ならではの学校の風景がまた一つ加わる季節です。

さて、あっという間に一週間が経ってしまいました。でもずいぶんと長い間この場所に滞在しているような不思議な気持ちで迎えた朝でした。
そして、子どもたちに雪玉をぶつけられながらの登校。
ルカさんは早速仮面づくりを開始します。石膏で作った型の状態を確認しながら、次のステップへ。
子どもたちが授業の間、黙々と制作するルカさん。
a0062127_9274169.jpg


休み時間には、いつもどおり子どもたちも参加しての作業。
この一週間で、休み時間にルカさんと交流することが、子どもたちの日課になったようです。そして仮面の数は、日を追うごとに増えております。
a0062127_9305439.jpg


仮面づくりは、希望者だけで強制はしていません。ですが、ほぼ児童全員分の仮面が制作できそうな勢い。
ん?これはどんな仮面になるのかな?
a0062127_9293997.jpg


仮面づくりが一区切りついたルカさん、密かに進行中の裏プロジェクトを開始。セットを組み、子どもたちが作った粘土細工を巧みに操りながら、何枚も写真を撮り始めました。いったい何を企んでいるのでしょうか?この裏プロジェクトの成果発表は最終日のお披露目会に明かされるとのこと。う〜ん、あやしい。
a0062127_9282116.jpg


午後はいつものように「カフェ・マスクファクトリー(仮)」がオープン。授業を終えた子どもたちや先生、地域の方がぞくぞくやってきて、それぞれ好きなようにこの場所で時間を過ごしていきます。
a0062127_9314872.jpg


小規模校ならでは、というよりは、この学校、この地域ならではの午後のひととき。私たちが忘れかけている大切な人のつながりをもう一度思い返させてくれる優しい時間が流れています。
来週も引き続き、当マスクファクトリーをご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします(笑)。
a0062127_9335227.jpg


さて作業を終え帰宅。
今日も校長先生のご自宅で、おいしい夕食をいただきました。初めての土地でいただくお袋の味は、何とも言えない温かさがあります。こんなに満たされていいのかなぁ〜と不安になってしまうぐらいの密度の濃い交流。ルカさんにとっても、コーディネートさせていただいている私にとっても素晴らしい一週間でした。ありがとうございました。
いやいやこれで終わりではありませんね。週末に風などひかないように、来週も張り切って行きましょう!(漆)
# by sair_ais_programs | 2006-12-11 09:34 | 十勝/北中音更小/ルカローマ | Comments(0)
2006年12月7日(木) 嬉しいプレゼント
アーティスト・イン・スクール四日目。
今朝も快晴、とても気持ちいい朝。

学校へ行くと、今日の朝は「縄跳びの日」ということでルカさんも参加させてもらうことに。
子どもたちは、朝から本当に元気。半袖の子もいます。
あれ?ルカさん縄跳びは苦手?
子どもたちから、課題を出されて、必死に縄跳び。
朝からハードなスタートです。
a0062127_1322264.jpg


さて、マスクファクトリーは今日もフル稼働。
子どもたちの粘土細工も机いっぱいになりました。
a0062127_1334075.jpg


仮面づくりも快調です。
見てるよりもやってみたい!そんな好奇心が、彼らの創作意欲の源です。
ルカさんに手順を教わりながら一人一人黙々と制作。
どれぐらい仮面ができるかな〜?
a0062127_1325944.jpg


午後は、「マスクファクトリー〜憩いの空間〜」のスタート(笑)。
今日もいろいろなお客さんが、このアトリエを訪れてくださいました。子どもたちや先生はもちろん、保護者の方や隣町の小学校の先生。皆、この穏やかな時の流れる空間を気に入ってくれているようです。様々なものをつくりながら、楽しい会話に花を咲かせました。
a0062127_1342488.jpg


さて、今日の活動を終えて帰宅。
夕食を食べ終わり、一息ついていると...。
「トントントン」
誰かが、やってきました。ドアを開けると、なんと小学校の子ども達でした。いつも元気で明るい三兄弟!カボチャ団子の差し入れを持って来てくれたんです。あまりに突然のことでビックリ。とてもやさしくてあったかい出来事でした。本当にありがとう。
a0062127_135227.jpg

# by sair_ais_programs | 2006-12-08 13:12 | 十勝/北中音更小/ルカローマ | Comments(0)
2006年12月6日(水) のんびりマスクファクトリー
アーティスト・イン・スクール三日目。
今日は朝から快晴です。
真っ平らな十勝平野にのぼる朝日は、とても美しい。

朝、学校につくと一年生の女の子がお手紙をくれました。
とてもかわいらしいそのお手紙に、ルカさんは大喜び。
返事書かないとね。

さてアトリエは、今日も子どもたちでいっぱいです。
相変わらず粘土遊びが大好きですが、仮面づくりも順調に進んでいます。
そして徐々に個性的な仮面の原型が出来上がって来ています。
これは、なにかな?
a0062127_17251347.jpg


固まった石膏から粘土を取り出す作業は、皆大好き。
a0062127_1731429.jpg


大胆にガバッと、とても気持ち良さそうに粘土を剥がしていきます。
さ〜て、次のステップはなにかな?
a0062127_1724155.jpg


給食を食べ終え、午後。
マスクファクトリーは、授業を終えた子どもたち、先生も交えてルカさんと一緒にのんびり時間を過ごしました。ここは、アトリエというより、みんなの憩いの場といった感じ。
a0062127_17271169.jpg


そんな心地よい時間を一緒に過ごしていると、この学校は本当におおらかで、子どもたちも先生も、学校という場所をとても大切にしているのが伝わってきます。また、そういう雰囲気が、私たちに、とても居心地の良い環境を提供してくださっているのだなぁと実感しました。
a0062127_1727584.jpg


夕方今日の作業を終え、校長先生のご自宅へ。
またしても夕飯をごちそうになりました。
奥様のおいしい手料理に舌鼓を打つ、最高のディナータイム!
校長先生のご厚意には、活動当初から甘えっぱなし・・・。
何もできませんが、感謝、感謝です。これで明日も、楽しい活動ができること間違いなし!
# by sair_ais_programs | 2006-12-07 17:21 | 十勝/北中音更小/ルカローマ | Comments(0)
2006年12月5日(火)早速仮面のできあがり?
北中音更小学校でのアーティスト・イン・スクール二日目。
ここ士幌町は、朝から雪です。
寒いけど、とても北海道的な朝を迎えました。

朝の学校では、子どもたちがルカさんの登校を心待ちにしていた様子。
マスクファクトリーでは、朝から早速粘土遊びが始まりました。
そして、中休みからは本格的に仮面づくりを開始。
ルカさんはサンプルとして制作中の仮面を取り出して、子どもたちに説明します。子どもたちは、石膏で作った型に興味津々。
a0062127_1281649.jpg

「この後はどうなるの〜?」
子どもたちから質問攻めにあうルカさん。
なんとか日本語を駆使して必死に対応します。
この微妙なコミュニケーションも今回の活動の目玉。
子どもたちもルカさんに解るように一生懸命お話ししてくれています。

中休みが終わり、子どもたちが教室に戻ると、ルカさんが何やら怪しいものを制作し始めました。え?仮面づくり飽きちゃったの?まだ二日目ですよ〜。
ルカさん曰く「これはオプションです。」と一言。
なんだか良く解りませんが、裏プロジェクトを進行するらしい。とても怪しい。
a0062127_1285036.jpg


さて、実は今日学校は参観日でした。
お父さんお母さんが、子どもたちの授業を見学しに学校へやってきました。
このマスクファクトリーにも、たくさんの保護者の方々が見学にいらっしゃいました。皆さんこうした活動を見たのは初めてで、少し驚いた様子。
「私もやりたいわ。」
と、おっしゃってくださる方もいました。まず少しでも興味を持っていただけたら幸いです。将来的には、こうしたプログラムに地域の方も参加していただきたい。お時間のあるときはぜひお越し下さい。
a0062127_1210997.jpg


午後からは、子どもたちと一緒に本格的な仮面づくリがスタート。
下絵から、サンプル、そして実寸の大きさでの型作り。あっという間に作業が進んでいきます。思ってい以上にハイペース。そしてハイテンション。放課後下校時間まで、アトリエは、子どもたちの熱気で充満していました。北中音更小学校児童の集中力、侮り難し!
a0062127_1210454.jpg
a0062127_12111969.jpg

# by sair_ais_programs | 2006-12-06 12:13 | 十勝/北中音更小/ルカローマ | Comments(2)
2006年12月4日(月)初日から・・・
本日より、2006年度第三回目のアーティスト・イン・スクールが、十勝は、士幌町立北中音更小学校でいよいよスタートしました。
今回も漆(ウルシ)が、活動のレポートをさせていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

さて今回お招きしたアーティストは、イタリア人で彫刻家のルカ・ローマさん。彼は普段、四国の香川県に在住し、彫刻作品等の制作を行っています。北海道は今回が初めて!あまりに違う文化圏と気候の差に、大きな期待と少々不安を抱えての活動スタートです。
a0062127_1426261.jpg


北中音更小学校は、全校児童18名の小規模な学校。
周囲は、畑作や酪農の農家が広がり、とても十勝らしい環境の中にたたずんでいます。広大な十勝平野。まっすぐな道路。空は180°以上見渡せるのではないかと感じるくらい広い。その景観に、ルカさんは唖然・・・。
a0062127_14264829.jpg


さて本日は活動初日。
朝、全校朝会で、ルカさんをみんなに紹介させていただきました。
ここで一つ驚かされたのは、この朝会で子どもたちの劇を観ることができたこと。「委員会からのお知らせ」という全校集会ではおなじみのメニューで、いきなりその劇はスタートしました。図書委員会が、本の貸し借りに関して解説し、その方法等注意を促すという内容。なぜか本の神様が登場。台詞の間やタイミングはバッチリ。その抜群の表現力にルカさんも私もびっくり!
a0062127_163917100.jpg


全校朝会を終えて、ルカさんは早速今回のアトリエとなる図工室へ。
「マスクファクトリー(仮面工房)」の準備を開始しました。
今回の活動は、子どもたちが大好きな物語から、子どもたちが大好きな童話や、空想で描いた物語からセレクトしたキャラクターをルカさんと一緒に「仮面」として制作します。
いったいどうやって仮面を作るのかな?
子どもたちは準備の時点から興味津々です。
a0062127_16414359.jpg


子どもたちが授業の間、アトリエはルカさんだけの制作工房に。
今日はサンプルとなる仮面を一人黙々と制作します。
サンプル作品は、子どもたちのリクエストに応えて某アニメーションのキャラクター。まぁ、とりあえず作業工程と時間を把握するには良いんじゃないですかね。
a0062127_16395880.jpg
a0062127_16403970.jpg
a0062127_16411678.jpg


そうこうしているうちに給食タイム!
この小学校は、ランチルームがあり先生と子どもたちがみんなでお食事をするんです。小規模校ならではの楽しい給食。実はルカさん、給食が初めて。そのシステムに、驚きを隠せない様子。意外なところでカルチャーショックを受けたようです。

お昼休み。
アトリエには子どもたちが、続々と集まってきます。
子どもたちは徐々に仮面づくりそのものに興味を持ち始めたようで、下絵を描いたり、粘土をいじったりし始めました。
特に粘土遊びが好きな子が多く、仮面とはいささか関係はありませんが、面白い作品がどんどんできあがって行きます(なぜか寿司を握る子が多かったのが気になります)。
放課後もアトリエは子どもたちでいっぱい。
みんな粘土遊びに夢中。思い思いの造形物を作っては「ルカさん見て、見て!」と大騒ぎ。
仮面づくりのファーストステップとしては上々の滑り出し。
子どもたちは、初日ですっかりルカさんとも打ち解けたようです。
a0062127_1643814.jpg


こうして初日の活動は終了。
夜は、なんと校長先生のご自宅での夕食会にお招きいただきました。
先生達からは、学校や士幌町のこと、このアーティスト・イン・スクールの印象等様々なお話を聞かせていただきました。そしてルカさんからは、イタリアのことや日本での活動など、彼の人生観に触れるお話しがあり、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。十勝ならではのおいしいお料理もたくさんいただきました。ありがとうございました!明日から益々頑張ります。よろしくお願いいたします。
# by sair_ais_programs | 2006-12-05 16:44 | 十勝/北中音更小/ルカローマ | Comments(0)
次回のお知らせ
2006年度第三弾アーティスト・イン・スクールが、十勝でスタートします。
十勝圏内での事業は、今年で4年目。
開催場所は、士幌町の士幌町立北中音更小学校です。
北中音更小学校は、周囲を農場に囲まれたとても北海道らしい場所に位置し、全校児童17名という小規模な小学校です。
今回は、香川県在住のイタリア人アーティスト、ルカ・ローマさんを招いて実施します。
今回は、異文化交流的な要素もはらんだ、ある種風変わりな活動になること間違いありません。
引き続き日々の活動を赤裸々に語った日記を更新しますのでお楽しみに!

以下開催概要です。

<<アーティスト・イン・スクール in 十勝>>

開催校:士幌町立北中音更小学校(全校児童17名/教職員7名)

開催期間:2006年12月4日(月)〜12月 15日(金)

アーティスト:ルカ・ローマ(イタリア・ミラノ出身/香川県在住/彫 刻家)

活動タイトル:「物語から仮面をつくろう!」

活動内容:
今回は、子どもたちが大好きな物語や、空想で描いたキャラクターをル カさんと一緒に「仮面」として制作します。ルカさんはイタリア在住の頃、映画等の特殊メイクや美術の仕事をしていた経験がある為、本格的なもの作りを期待しています。子どもたちが語る物語、そのイメージが、ルカさんとのコミュニケー ションによってどのような仮面に表現されるのか楽しみです。
制作された仮面は、学校に展示し、最終日には、お披露目会も行う予定です。

クレジット:
主催/アーティスト・イン・スクール事業実行委員会,十勝毎日新聞社
協賛/かちまいホームセンター,木野農業協同組合
後援/士幌町教育委員会
協力/士幌町立北中音更小学校
企画/NPO法人S-AIR(小田井真美/漆崇博)
# by sair_ais_programs | 2006-12-02 14:32 | 十勝/北中音更小/ルカローマ | Comments(0)
2006年11月20日(月) いよいよお披露目会! 
2週間に及ぶアーティス・イン・スクール終了し、今日はぞうきんしっぷのお披露目を行う日を迎えました。
天気は快晴!ぜっこうの出航日和(?)です!

磯崎さんは、いつも通り朝から小学校へ。
今日の午後に控えたお披露目会の準備を早速開始しました。
まずは、この日の為に集まってくれたスタッフのみんなと、ビニールで創った大蛇の補強を行います。
あ、この大蛇もお披露目会で登場することになったんです!
今回のお披露目会の裏テーマは「危うし!ぞうきんしっぷ!」だとか(意味不明)。
a0062127_14504113.jpg


中休み、アトリエからぞうきんしっぷを外へ運び出します。
4mもある巨大なぞうきん船。果たして無事に教室から出られるのか・・・。
そんな心配をよそに磯崎さんとスタッフは半ば無理矢理(?)ぞうきんしっぷを廊下に押し出します。
a0062127_14513371.jpg


お、お〜、あ〜〜、もう少し〜、で、出た〜!
出ました。
a0062127_14521445.jpg


そのまま外に控えていたトラックへ。
これで一安心。
でもまぁ、よくこれだけの大きなものを作ったな〜と一同関心。
a0062127_14524822.jpg


お昼休みまでは、分校で会場づくり。
トラックでぞうきんしっぷを運びました。
船をトラックから降ろすと、なんだかテンションの上がった磯崎さんは、一人でぞうきんしっぷを走らせます。台車に乗せられたぞうきんしっぷは、その大きさとは裏腹に、軽々と動きます。
まるで子どものように夢中でぞうきんしっぷで遊ぶ磯崎さんに、スタッフも涼しい・・あ、いや暖かいまなざしを向けていました。
とにかく本番が楽しみ!
a0062127_14532618.jpg


本校に戻って、子どもたちと最後の給食をすませ、いよいよ本番が近づいてきました。
大急ぎで分校へ。みんなの到着を待ちます。
a0062127_14541019.jpg


そして、午後1時30分、地域の方々や子どもたちが続々と分校に集まってきました。
ぞうきんしっぷは、丁度本校と分校の間で待機。
最後に到着した5・6年生と磯崎さんが一緒に、ぞうきんしっぷを引っ張ります。
いよいよ出航です。
本校と分校を結ぶ道路の上をぞうきんしっぷが軽快に走ります。
a0062127_14551242.jpg


女子と体の小さな男子を船に乗せ、ついに分校へ到着。
地域の皆さんと先生達に出迎えられ、子どもたちみんなで体育館に運び込みました。
a0062127_1455438.jpg


体育館には、予想以上にたくさんの方々が集まってくださいました。
今回のアーティスト・イン・スクールは、こんなにたくさんの方々に支えられていたのだということを実感する瞬間でした。
a0062127_1456231.jpg


そして、セレモニーがスタート。
まずは子どもたちの「モップマ〜ン!」のかけ声で「モップマン」が登場!
その格好のまま挨拶をする磯崎さん。
そのこっけいなコスチュームとシチュエーションに子どもたちも大喜び。
a0062127_14565576.jpg


続いて、ビニールの大蛇が登場。
一気に空気を入れて膨らませます。
会場は、まさに磯崎ワールド一色。興奮もピークです。
a0062127_14572858.jpg


子どもたちが大蛇と戯れる中、モップマンが言いました。
「実は大蛇がぞうきん船を狙っている!みんなで大蛇を退治しよう!」
半ば無理矢理な設定に少々戸惑う子どもたち。
とにかく大蛇の体の中に次々と入っていました。
そして、合図の後一斉にビニールを引きちぎり、蛇の体から出てきました。
一瞬にして退治された大蛇。皆、満足げな表情。
a0062127_145809.jpg


さて、セレモニーの終盤は、参加してくれた皆さんから感想をいただきました。
今回の活動を受け入れてくださった校長先生。
ぞうきんの縫い付けに駆けつけてくれた婦人会の方。
そして子どもたち。
皆さんからいただいた言葉は、2週間という短い時間ではありましたが、それぞれが、それそれの関わり方で、この活動を楽しんでくれたのかなぁと感じさせてくれるコメントでした。
a0062127_1514264.jpg


セレモニーの最後はやっぱり磯崎さんの挨拶。
なんだか寂しそう。そうですよね。こんなにたくさんの人達と、そして明るくて愛らしい子どもたちとお別れなのですから。
でも、こんなに素晴らしい活動が出来たのも、みんなの思いが詰まったぞうきんしっぷを制作できたのも、磯崎さんのバイタリティーとアイディアがあったからこそ。
磯崎さん、お疲れさまでした!そしてありがとうございました。
a0062127_1522193.jpg


今回のアーティスト・イン・スクールは、単に学校にアーティストが来て、子どもたちと交流することにとどまらず、短期間ではありましたが、地域を巻き込んだ活動に発展しました。勿論、今回のような活動がまたできる保証はありません。それは、こうした活動環境を目指して学校、地域、アーティスト、そして運営する私たちの思いが上手くかみ合う必要があります。そうした意味で、今回は、磯崎さんの企画と学校の受け入れ態勢、そして地域性がばっちりとかみ合い実現できたと感じています。
このある種理想的な活動が実現できたのも、磯崎さんの企画力と大岸小学校の子どもたち、先生、そして豊浦・大岸地域の皆さんのおかげです。
本当にありがとうございました。また会いましょう!
a0062127_1525979.jpg


追伸:今回制作したぞうきんしっぷは、豊浦町立大岸小学校に2007年3月まで展示されます。
ご興味のある方は、ぜひご覧下さい。その後は、またどこかの場所へ出航予定?

次回のアーティスト・イン・スクールもお楽しみに!
# by sair_ais_programs | 2006-11-22 02:24 | 文化/大岸小/磯崎道佳 | Comments(1)
2006年11月17日(金) ぞうきんしっぷ千秋楽
アーティスト・イン・スクール12日目。
活動最終日を快晴で迎えました。
朝には、私たちが滞在しているお家のドアがドンドンドン!
「磯崎さ〜ん!」子どもたちがおこしに来てくれました。

朝から元気な子どもたちに起こされて、いよいよ最終日のアトリエへ。
ぞうきんお縫い付け作業は、昨日で終了していますので、今日は子どもたちとの交流のみ。
今日は、先生達の研修会があるため、学校は午前授業。
ということで中休みには、アトリエでの最後の交流を時間の許す限り楽しみました。
磯崎さんも、子どもたちもどこか名残惜しそう・・・。
a0062127_16362652.jpg

a0062127_16364227.jpg


午後、子どもたちが下校。
そして、ぞうきんしっぷの制作はいよいよ仕上げの段階。
今日は、最後の帆の制作に邁進。
帆の先端に取り付ける船のシンボルとなる旗は、大岸小学校の「大」の字。
この文字は、六年生で書道日本一に輝いたことのある男子がかいてくれたもの。
大人顔負けの上手さに磯崎さんも唖然!
なぜか大岸には、こうした逸材がごろごろいるのです!
磯崎さんは、この「大」の字をトレースして布で旗を仕上げました。
a0062127_16371182.jpg


その後は、子どもたちが描いてくれた、ビニールの絵を貼付け、ポールに結わえ、帆が完成。こうして日も落ちたころ、ぞうきんしっぷは仕上がりました。
帆が船体に差し込まれた瞬間、磯崎さんも私も、言葉を失い、しばらっく見とれてしまいました。そして、「できたんだ。いや〜、できちゃったね〜。」と磯崎さん。
予想以上に巨大で、想像以上にたくさんの方々の思いが詰まった、素晴らしいぞうきんしっぷが出来上がりました!
a0062127_16381132.jpg

a0062127_16373743.jpg


今回の活動は、単にぞうきんしっぷの制作をすることではなく、磯崎さんが作り出したアトリエが、ぞうきんしっぷの制作を通して人と人、人と場所が繋がっていく、そんなコミュニティを作り出すことが目的だったような気がします。
短期間ではありましたが、子どもたちや地域の皆さんにとって普段の生活では、あまり経験することのない出会いと交流の場を生み出せたのではないかと考えています。

さて、後は20日のお披露目会を待つのみです。
ぞうきんしっぷがいよいよ出航します。目標は、鉱山分校!
また大岸の皆さんと楽しい時間を共有できることを期待しています。
お近くの方、お時間のある方はぜひお越し下さい!

<<ぞうきんしっぷお披露目会>>
場所 : 大岸小学校鉱山分校
時間 : 13:30〜14:30
一般の方には、お茶とお菓子をご用意してお待ちしております。
お誘い合わせの上、ぜひお越し下さい!
# by sair_ais_programs | 2006-11-19 16:35 | 文化/大岸小/磯崎道佳 | Comments(0)
2006年11月16日(木) ぞうきんしっぷいよいよ追い込み
アーティスト・イン・スクール11日目。
今日も快晴で、気持ちいい朝!と、言いたいところですが、寝坊してしまい朝からバタバタ。

午前中は、いつも来てくれるお母さん達と一緒に制作を開始。今日でぞうきんの縫い付けは最終日。名残惜しい気持ちを抑えながら、黙々とぞうきんを縫い付けます。
a0062127_852932.jpg


中休みにやって来た子どもたちも最後の縫い付けに参加。お母さん達に教えてもらいながら、こつこつと縫い付けている姿は、いつ見ても新鮮で、心温まる光景です。
a0062127_8525496.jpg


ぞうきんの縫い付けをしている最中、磯崎さんは一人となりの図工準備室で台車を作っていました。いよいよ最後の追い込み。磯崎さんは、ぞうきんしっぷを無事に分校に運べるよう入念に工夫を凝らしていました。
a0062127_8532995.jpg


お昼になり、いつものように子どもたちと教室で給食。
そしてお昼休み。
子どもたちはいつものようにぞうきんしっぷで遊び始めました。今日大好評だったのが、磯崎さんと私で、子どもたちを抱え上げてぞうきんしっぷ目がけて放り投げる遊び。予想に反して、次から次に希望者が・・・。
結局、腕がぼろぼろになるまで、子どもたちを放り投げました。
いや〜疲れ・・・いやいや楽しかったなぁ。
a0062127_854655.jpg

a0062127_8542554.jpg


午後は、3・4年生の授業時間にお邪魔し、磯崎さんと一緒にものづくり。
昨日分校の子どもたちと作ったビニールの大蛇の続きを作成。
子どもたちも期待を膨らませながら、ビニールを切り貼り。
そして、蛇の顔を作って完成!
a0062127_855281.jpg

a0062127_8555483.jpg


早速体育館に集合。体育の授業を終えた5・6年生も合流して、いよいよ大蛇との格闘がスタート。ビニールの中に空気が入ると、全員大はしゃぎで体育館中を駆け回ります。普段はおとなしい子も、この状況には大興奮。
a0062127_8563626.jpg


放課後、磯崎さんは、最後の仕上げ作業として帆の制作を開始。
子どもたちに描いてもらったビニールの絵が透明の帆に貼付けられます。

さて、いよいよ明日が活動の最終日。
悔いのない活動ができるよう、明日も頑張りましょう!
あ〜でも明日が最終日なんて信じられない・・・。
# by sair_ais_programs | 2006-11-17 08:51 | 文化/大岸小/磯崎道佳 | Comments(0)
2006年11月15日(水)今日は分校DAY
アーティスト・イン・スクール11日目。
天気は快晴!気持ちいい朝を迎えました。

今日は、朝早くから地域のお母さんがぞうきん縫いに来てくださいました。
「家にいても暇だから・・・」等と言いながらも、今回の活動や 磯崎さんとの会話を毎日楽しみにして下さっているらしい!
a0062127_982252.jpg



中休み前には、「寿会」というお年寄りの皆さんがアトリエを訪れ、集まって来た子どもたちも縫い付けに参加し、にぎわいもピークに。
今日は特に低学年の子どもたちが、がんばってぞうきんを抜いてく手くれました。子どもたちの頑張りには、お年寄りの皆さんも顔がほころびます。
a0062127_94797.jpg

a0062127_95458.jpg


そして、今日は「分校DAY」ということで磯崎さんと私は、給食を持ってお昼前に分校へ向かいました。
分校の子どもたちと給食をとった後、少しお時間をいただいて、磯崎さんとたのしいもづくりをスタート。
今日は、ビニール袋を使って巨大な蛇を作りました。
a0062127_97208.jpg


一つ一つビニール袋を繋げて、テープで顔を描き、空気を入れて膨らませます。
「10、9、8・・・3、2,1、スタート!」
みんなのかけ声で、一気に膨らむビニールの蛇。
あっという間に、教室の中は大蛇の巣になりました。
そして体育館へ。磯崎さんが、蛇のしっぽをつかんで駆け回ると、子どもたちは大興奮!時間を忘れて、ビニールの大蛇と戯れました。
a0062127_99465.jpg


楽しい「分校DAY」も今日でおしまい。後ろ髪を引かれる思いで、本校のアトリエに戻りました。
アトリエでは、既に午後のお客さんがぞうきん縫いを開始していました。
午後は、のんびりとお母さん達との会話を楽しみながらぞうきんの縫い付け。
「後二日でおしまいなんて、寂しいね〜」といってくれる方もいて、なんだかとても大切な時間を過ごしているということを実感させられました。
a0062127_9114798.jpg

# by sair_ais_programs | 2006-11-16 09:15 | 文化/大岸小/磯崎道佳 | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/本町小/中島佑太
おとどけ/西園小/永田壮一郎
おとどけ/ひばりが丘小/上ノ大作
2018年度AIS
天神山AS/澄川南小/ミカ
おとどけ/山の手小/川上りえ
おとどけ/有明小/東海林靖志
おとどけ/拓北小/まるみデパート
2017年度AIS
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
十勝/大正小/クニ&美佳
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism