2007年9月3日(月) ゴミゴミ怪獣がやってきた!
アーティスト・イン・スクール事業8日目。
週末を挟んで、今日から2週目がスタートしました。
天気はあいにくの雨・・・。
気温もぐっと下がって肌寒い一日です。

さて本日は、かねてから博士が予言しているゴミゴミ怪獣が来る日。
博士も朝からその準備に追われています。
a0062127_16403341.jpg


休み時間には、子どもたちが鎧のチェック。
みんな兜・胴・小手の3点セットそろっているかな?
「ねえねえ、ゴミゴミ怪獣はもう来てるの?」
準備をしながら気が気じゃない様子の子どもたち。
「アボバボバオボボバ〜」
意味不明の言葉を発する博士。
ゴミゴミ怪獣への恐怖で頭がおかしくなったようです。
a0062127_16404318.jpg


お昼休み。
博士は、放送委員会の計らいでお昼の放送に参加。
「ゴミゴミ怪獣情報!チャオ〜」
イタリア風(?)にアレンジして、ゴミゴミ怪獣の最新情報をお伝えしながら楽しく放送。
a0062127_16405424.jpg

しかし、放送の最後には、博士から重大なお知らせが・・・。
「なんとこの学校に、ゴミゴミ怪獣のスパイが潜り込んでおる!」
「そのスパイの名前は・・・・」
・・・と、スパイの名前を話そうとした瞬間!
「チャチャラ〜チャッチャカチャ〜」
音楽が流れてしまい、聞くことができませんでした。
いったいスパイはとは誰なのか!

放課後。
今日は、学校でオリンピック選手の桧野選手(ボブスレー女子日本代表)による講演会があった為、保護者の方々も多数学校へ見えていました。農作業でお忙しい中、私たちの活動にも見学に来て下さいました。
a0062127_1644043.jpg


そして、ほどなく時間が経過した頃・・・・
体育館にゴミゴミ怪獣が来た!
という情報が全校を駆け巡りました。
全員急いで鎧を身にまとい恐る恐る体育館へ向かいます。
a0062127_1644997.jpg
a0062127_16442091.jpg


体育館の扉を開けるとステージを占拠するようにゴミゴミ怪獣が居座っているではありませんか!
「わー、ゴミゴミ怪獣だ〜。」
サクラセンタイ(子どもたち)は、気持ちを抑えられずゴミゴミ怪獣に駆け寄ります。
a0062127_16443233.jpg

「うわ〜、気持ち悪〜い!」
大はしゃぎです。
どちらかというとゴミゴミ怪獣と出会うことを楽しみにしていた様子の子どもたち。
その時・・・博士の助手(漆)と何人かの子どもたちがステージへ上がり
「はっはっは、私たちは実はスパイだったのだ。いざ勝負!」
「え〜〜〜〜」
a0062127_16444625.jpg

戸惑いを隠せない子どもたちを博士が諌めながら、戦いのルールを説明。
a0062127_164456100.jpg

そして、いよいよ戦闘開始!

ゴミゴミ怪獣の弱点である目をめがけてサクラセンタイがボールを投げます。
a0062127_164584.jpg

この猛攻撃に、なす術のないゴミゴミ怪獣チーム。
あっさりやられてバトル終了。
「やった〜!」
見事ゴミゴミ怪獣を倒したサクラセンタイ。
これで人類の平和は無事保たれた・・・。

さて、明日以降は、今までに制作した鎧や今日のバトルのルールをもっとグレードアップさせてこのゴミゴミバトルを楽しむ工夫をしましょう!
[PR]
# by sair_ais_programs | 2007-09-04 16:48 | 十勝/佐倉小/ルカローマ | Comments(0)
2007年8月31日(金) 寂しがりやのDr.ルグ
アーティストインスクール事業五日目。
士幌町は今日も快晴。

残り少ない夏の香りと、牛の香り漂うここ佐倉小学校で今日も元気に博士は登校します。
が、しかし、今日の午前中は、市主催の芸術鑑賞会で子どもたちや先生はお出かけとのこと!
「なんてことだ!もうゴミゴミ怪獣はすぐそこまで来ているというのに!」と博士。
まだ完成していない鎧をながめながらしかめっ面。
a0062127_1812720.jpg


困ったというより、寂しそうな博士。
撮りためた写真をテレビ画面に写し自分を慰めながら、ヒーローたちの帰りを待ちます。
ちょっとかわいそう・・・。
a0062127_1844155.jpg


お昼前、ようやくみんなが帰ってきました。
そして子どもたちは、帰るなりすぐにラボへやってきてくれました。
担任の先生も交えて、いつものように楽しく鎧作り!
a0062127_1813710.jpg


放課後も、鎧作りの追い込み作業。
博士曰く「来週月曜日にはゴミゴミ怪獣がやってくるかもしれない。」とのこと。
こりゃまずい!時間がない!
でも一人一人丁寧に鎧作りをサポートする博士。
a0062127_1832697.jpg


子どもたちが帰ったあと、まだ完成していない鎧のパーツを博士が作成。
でもこの五日間で、個性的な鎧がどんどん出来上がっています。
来襲に控えたゴミゴミ怪獣との対決が待ちどうしい!
a0062127_1835267.jpg


さて、今週の活動は今日でおしまい。
週末はゆっくり休んで、みんなゴミゴミ怪獣との決戦に備えよう!
[PR]
# by sair_ais_programs | 2007-09-02 18:04 | 十勝/佐倉小/ルカローマ | Comments(0)
2007年8月30日(木)  準備万端?
アーティスト・イン・スクール四日目。
ようやく涼しさが戻ってきたここ士幌町。
今日はとても過ごしやすい天気と成りました。

朝、Dr.ルグが学校に登校すると、今日は読み聞かせの日ということで、子どもたちは皆ホールに集合。イタリア人の博士は、興味津々。あまり日本語が堪能ではないはずですが、子どもたちと一緒に楽しそうに物語に聞き入っていました。それにしても学校って、日々いろんな催しがあるんですよね。
a0062127_17472782.jpg


中休み、いつものように子どもたちが博士のラボに集合。
そして習慣のように、自分の鎧を取り出し制作し始めます。
今日は、白衣を脱いで自ら制作した鎧をまとい子どもたちをむかえる博士。こうしたパフォーマンスが言葉を超えて子どもたちのやる気や想像力に火をつけ、みな黙々と作業をします。
a0062127_17494022.jpg

「ドクター!これはどうするの?」
「What do you do?」
日本語と英語でコミュニケーションをとりながら子どもたちと博士のやり取りは続いていきます。
a0062127_17474099.jpg


中休み、給食を終え午後はまたしてもイベント!
5・6年生の教室で誕生日パーティーが開催されるとのこと。パーティー大好きの博士は、鎧を着たまま参加。主役以上に楽しんでいる様子。でも本当に佐倉小学校の子どもたちは、仲がよい。先生達も明るく面白い方ばかり!子どもたちがうらやましい!
a0062127_17475851.jpg


放課後は、まだ授業をやっている上級生をよそに、1年生コンビが鎧作りにやってきました。体は小さいけど、元気いっぱい。
途中まで出来上がった鎧を着て、いざ、勝負!
a0062127_17481413.jpg

かわいらしくてたくましい戦士の誕生です。
これで準備も万端!かな?
a0062127_17483634.jpg

a0062127_1748455.jpg


子どもたちが下校した後、今度は先生たちが博士のラボで鎧作りをスタート。
「せっかくだから楽しまなきゃ!」
博士との交流を楽しみながら、それぞれのイメージに合わせて大人の鎧を制作。
おや?でも、これはヒーローには見えないんですけど・・・まさか?
a0062127_17485763.jpg

[PR]
# by sair_ais_programs | 2007-08-31 17:51 | 十勝/佐倉小/ルカローマ | Comments(0)
2007年8月29日(水) エンジョイ スクールライフ
アーティスト・イン・スクール三日目。
今日も士幌町は快晴で真夏日のような暑さ。
でも、ちょっとは過ごしやすくなってきたでしょうか?
朝晩の気温差が体にこたえる季節です。

さて、今日は様々な行事があった一日。
まずは休み時間いつもどおり鎧作り。徐々に形ができつつあります。
これだけ大きな兜をかぶれば、怖いものなし!(でもちゃんと動けるかな〜?)
a0062127_924236.jpg


そして3・4時間目。
この時間は、子どもたちが夏休みの宿題としてやってきた自由研究の発表会が行われました。
研究といえば博士の出番。
先生や保護者の方々にまぎれて視察開始。
a0062127_925460.jpg

子どもたちのユニークな発表に耳を傾けながら、写真を撮っています。
う〜ん、怪しい・・・。
a0062127_93356.jpg


給食を挟んで午後は、地域のお年寄りとパークゴルフ大会が行われました。
パークゴルフといえば博士の出番。
早速、クラブをお借りしてちゃっかり参加しちゃいました。
a0062127_931413.jpg

地域の皆さんは、博士の姿を見て苦笑い。でも、とっても親切に接して下さいました。
a0062127_932481.jpg

すてきな交流活動と士幌の自然を満喫しました!
みなさん、ありがとうございました。
a0062127_934446.jpg


さてさて、すがすがしい汗をかいた後は、現実(?)に戻ろう!
放課後は、みんなで鎧作りだ!
だってゴミゴミ怪獣の襲来はもう間近に迫っているのですから!
a0062127_935545.jpg

活動を進めていくうちに気がついたのは、子どもたち同士の目に見えない絆。
新しいことを知った子が、まだ知らない子に教えていく。そしてまた次の子へ。兄弟のような人間関係が、この学校の子どもたちの中にはあるようです。
なんだかとってもうらやましい。
a0062127_94512.jpg

この子どもたち同士の強い絆がゴミゴミ怪獣を倒すパワーに成ると期待しています。

*ゴミゴミ怪獣の仲間発見!?(2007/8/29午後6時撮影 場所:佐倉小学校横畑内)
a0062127_941659.jpg

[PR]
# by sair_ais_programs | 2007-08-29 19:23 | 十勝/佐倉小/ルカローマ | Comments(0)
2007年8月28日(火) ちびっ子も集まれ!
アーティスト・イン・スクール事業二日目。
今日の士幌は、快晴。
北海道らしからぬ暑さ。

さて今日は、昨日からスタートした鎧作りに挑戦。
午前中は、まだデザインができていない子が一生懸命アイディアを練っています。
すべては、ゴミゴミ怪獣の攻撃から身を守るため、そしてその脅威から人類を守るために・・・。
a0062127_18141257.jpg


休み時間が終わり、そろそろお腹がすいてきた頃、元気なちびっ子たちの声が廊下から響いてきました。どうやら保育園児たちが遊びにきたようです。
子どもたちは、ラボ(Dr.ルグの使用している教室)に入り、博士の格好を見てびっくり!
「何だこりゃ〜」
a0062127_18142795.jpg


たじろいでいる園児たちに動揺した博士、とっさに自作の鎧に着替えます。
逆効果に思えたこの作戦は意外に功を奏し、子どもたちは恐る恐る近づいてきます。
そして、代わる代わる鎧を着せてもらい大喜び。
隣の教室で授業やってるっていうのに、大はしゃぎで走り回ってしまいました・・・。
でも、楽しんでくれたなら御の字です。
アーティスト・イン・スクールでは、こうした地域の方々との交流も活動の幅を広げる上で、重要な要素です。
皆さんまた来て下さいね〜。そして、一緒にゴミゴミ怪獣をやっつけよう!
a0062127_18143952.jpg


さて、園児たちがお帰りになった後は、給食の時間。
今日博士は、5・6年生と一緒に給食をいただくことに。
学校のことや、ゴミゴミ怪獣のこといろんなお話をして楽しいランチタイムでした。
a0062127_18145228.jpg


お昼休みを終え放課後は、引き続き鎧作り!
下絵を描き終えた子たちが、スーパーシート(ただのダンボールではない)をカットして徐々に形を作っていきます。
全校児童17人がみんな一つの教室の中で活動するとさすがにすごい熱気。
博士も、必死に子どもたちと制作。
この情熱が、ゴミゴミ怪獣に打ち勝つパワーとなるのです!(もういいってか?)
a0062127_1815427.jpg


怪奇月食(ゴミゴミ怪獣の襲来近し!)
a0062127_18151224.jpg

[PR]
# by sair_ais_programs | 2007-08-29 18:16 | 十勝/佐倉小/ルカローマ | Comments(0)
2007年8月27日(月) 佐倉小に謎の科学者現る!
いよいよ今年度もアーティスト・イン・スクールの季節がやって参りました。
今回も現場のコーディネートを担当します漆が日々の活動をご紹介しますのでよろしくお願いいたします。

2007年度最初のプログラムは、士幌町は士幌町立佐倉小学校で行われます。

士幌町は、全国トップレベルの農業王国。中でも酪農が盛んで、小学校の周りは360度牛でいっぱいです。そんな北海道らしい自然と景観に囲まれた佐倉小学校に今回、アーティストのルカローマさんがやってきます。
ルカさんは、イタリア出身で香川県在住の彫刻家。2006年度、同じ士幌町の北中音更小学校でのアーティスト・イン・スクールに続き今回で二回目の参加です。

さて、ルカさんが佐倉小学校で行う今回の活動は「ヒーローVSゴミゴミ怪獣」。
ドラマ仕立てでお送りするこの活動。当ブログもできる限りドラマチックにお送りしたいと思っています。

アーティスト・イン・スクール1日目。

朝、意気揚々と科学者に扮したルカさんが・・あ、いやいや「ドクター.ルグ」が、ゴミゴミ怪獣襲来の危機迫る佐倉小学校にやってきました。
全校生徒17名の小さな小学校。
さて、この学校に通う子どもたちをヒーローへと導き、ゴミゴミ怪獣を倒すことができるのでしょうか?

まずは、全校朝会でご挨拶。と、その前に、司会の先生に一芝居打っていただき、控え室を全校児童にのぞいてもらうことに。そこには、おかしな格好をした怪しい科学者が二人(一人は私です)。若干引き気味の子たち。
a0062127_18343449.jpg

そして、改めてご挨拶。
博士は、基本的に英語とイタリア語が日常会話の基本。子ども達にとっては訳のわからないことばかり。
「とにかく、中休みに私たちのラボへ来てください!」
「???」
子どもたちは、ただただ目を丸くして(あきれて?)いました。
a0062127_1835944.jpg


朝会が終わり博士(ルカさん)は、空き教室をお借りしてラボの準備を開始。
意味不明な無数の写真やテキストを黒板や壁に貼り付けていきます。
あれ、でもなんとなく科学者っぽい雰囲気にはなってきましたね。
a0062127_18353069.jpg


さて、中休みの時間がやってきました。
子ども達や先生達が皆、博士のラボにやってきました。
さてここからスライドを使って、博士が説明を開始。
a0062127_18354521.jpg

私達はいったい誰なのか?
私達はなぜここに来たのか?
ゴミゴミ怪獣とはいったい何なのか?
など、子ども達が当然疑問に感じていることをもっともらしく科学的に解説。
子ども達は、当然半信半疑・・・というか完全に疑っています。
a0062127_1836986.jpg

でも低学年の児童は、恐る恐る
「本当にゴミゴミ怪獣くるの?」
と質問してくれます。
「そうです、だからみんなで怪獣に負けないように鎧を作りましょう!」
と博士。

中休み、昼食を終え、お昼休みになりました。
子ども達は、中休みに聴いた博士の解説に興味を抱いたのか、根掘り葉掘り質問してきます。
しかし、「博士は今どこに住んでいるの?」「普段のどんな仕事してるの?」などプライベートな質問ばかり。人物に興味を持ってくれたのはうれしいけど、本筋の方に質問は?
まったくも~来週には、ゴミゴミ怪獣が来てしまうというのに!
a0062127_18365267.jpg


さて、放課後はさっそく鎧作り。
まずはみんなでどんな鎧を作るか考えよう!
博士が作った鎧を参考に美しい鎧をつくりましょう。
なぜならゴミゴミ怪獣は美しいものが大嫌いだから。
子ども達は、一生懸命考えて、まずは下絵を作成してくれました。
a0062127_1837876.jpg


さてこうして初日の活動が終了。
子ども達は、ルカさんや私の猿芝居に冷めることなく楽しんでくれている様子。
先生達や地域の方も、とても親切で協力的。
最高のシチュエーション、すばらしいスタートを切った今回の活動。
この先、いったいどのようなドラマが待ち受けているのでしょうか。
乞うご期待です!

*ゴミゴミ怪獣を制作する博士・・・おいおい
a0062127_18373231.jpg

[PR]
# by sair_ais_programs | 2007-08-28 13:02 | 十勝/佐倉小/ルカローマ | Comments(3)
2007年年度事業のご案内
久しぶりの更新で、ご無沙汰しております。
今年度もいよいよアーティスト・イン・スクールの季節(?)がやってまいりました。
今年は、札幌市と士幌町、帯広市の三カ所で計6つのプログラムを行います。
引き続き当ブログで、日々の活動を紹介いたしますのでご覧下さい。
またお近くの方は、ぜひお立ち寄りください。

以下2007年度の事業概要です。

<十勝アーティスト・イン・スクール事業 第1弾>
開催期間:2007年8月27日〜9月7日
開催校:士幌町立佐倉小学校(児童数:17名)
アーティスト:ルカ ローマ(彫刻家/香川県在住/イタリア出身)
活動タイトル:スーパーヒーロー&ヒーロー戦体 VS ゴミゴミ怪獣
主催:アーティスト・イン・スクール事業実行委員会,十勝毎日新聞社
後援:士幌町教育委員会
協力:NPO法人S-AIR,石狩ユネスコ協会
企画・コーディネート:漆 崇博

<十勝アーティスト・イン・スクール事業 第2弾>
開催期間:2007年9月18(月)〜28日(金)
開催校:帯広市広陽小学校(児童数:429名)
アーティスト:高橋 朋子(たかはし ともこ/パフォーマー/神奈川県在住)
活動タイトル:自分のコマーシャルを作ろう!
主催:アーティスト・イン・スクール事業実行委員会,十勝毎日新聞社
後援:帯広市教育委員会(予定)
協力:NPO法人S-AIR,石狩ユネスコ協会
企画・コーディネート:漆 崇博

<十勝アーティスト・イン・スクール事業 第3弾>
開催期間:2007年10月1日(月)〜12日(金)
開催校:士幌町立北中音更小学校(21名)
アーティスト:荒川 寿彦(あらかわ としひこ/太鼓奏者/札幌市在住)
活動タイトル:太鼓=命(人+一+叩)
主催:アーティスト・イン・スクール事業実行委員会,十勝毎日新聞社
後援:士幌町教育委員会
協力:NPO法人S-AIR,石狩ユネスコ協会
企画・コーディネート:漆 崇博

<トヨタ・子どもとアーティストの出会い in 札幌 シンポジウム>
開催期間2008年11月18日(日)
開催場所:札幌市立清田小学校
タイトル:学校ってどんなところ?〜学校とアートが繋ぐ地域の絆〜
パネリスト:
加賀城匡貴(札幌市在住/ステージパフォーマー)
野上裕之(広島県在住/彫刻家)
石川直樹(東京都在住/写真家)
白石邦彦(札幌市立清田小学校 校長)
今澤慶子(札幌市立山の手南小学校 校長)
高村 誠(札幌市立有明小学校 教頭)
主催:トヨタ・子どもとアーティストの出会いin札幌実行委員会 ,トヨタ自動車株式会社
企画:特定非営利活動法人S-AIR(小田井 真美・漆 崇博)
企画協力:特定非営利活動法人 芸術家と子どもたち
制作協力:子どもとアーティストの出会い
協力:札幌地区トヨタ販売会社グループ

<トヨタ・子どもとアーティストの出会い in 札幌2007 第1弾>
開催期間;2007年11月26日(月)〜12月7日(金)
開催校:札幌市立新陵東小学校
アーティスト:トブチチグ+宝音
活動タイトル:原始人になって洞窟をつくろう!
主催:トヨタ・子どもとアーティストの出会いin札幌実行委員会 ,トヨタ自動車株式会社
企画:特定非営利活動法人S-AIR(小田井 真美・漆 崇博)
企画協力:特定非営利活動法人 芸術家と子どもたち
制作協力:子どもとアーティストの出会い
協力:札幌地区トヨタ販売会社グループ

<トヨタ・子どもとアーティストの出会い in 札幌2007 第2弾>
開催期間2008年2月4日(月)〜15日(金)
開催校:札幌市立新光小学校
アーティスト:河田 雅文(かわた まさふみ/美術家/札幌市在住)
活動タイトル:聖なる山
主催:トヨタ・子どもとアーティストの出会いin札幌実行委員会 ,トヨタ自動車株式会社
企画:特定非営利活動法人S-AIR(小田井 真美・漆 崇博)
企画協力:特定非営利活動法人 芸術家と子どもたち
制作協力:子どもとアーティストの出会い
協力:札幌地区トヨタ販売会社グループ
[PR]
# by sair_ais_programs | 2007-08-25 17:16 | 2007年AIS | Comments(0)
十勝の森から1000年後の未来へ
岩井ワークショップ・リポート

○2007年2月26日(月)
音更町立音更小学校4年生46名

○2007年2月27日(火)
帯広市立広陽小学校5年生72名

○2007年3月3日(土)
帯広市立清川小学校児童と保護者のみなさん30名

アーティスト・イン・スクール企画のオダイ(NPO法人S-AIR)が今回のブログを担当します。
今年度の十勝で開催されたアーティスト・イン・スクールの最後を締めくくったのは、岩井成昭さんのワークショップです。十勝圏内3校の小学校を中心に行われたものです。
a0062127_1614517.jpg


私事ながら、今年度で北海道でのアーティスト・イン・スクールのコーディネートを卒業することになり、わたしにとっても最後です。そして今回の岩井さんのワークショップは、この企画を日本国内で始めて受け入れ、実現することのできた十勝で象徴的で記憶に残る仕事になりました。
a0062127_1642374.jpg

2003年に帯広市内の5校の小学校から始まったアーティスト・イン・スクール。最初の年は、どこの学校でも「アーティスト」や「アート」を怪しまれ、どんな効果があるの?子どもたちに悪い影響はないのか?学校に外部の人間が出入りして危険ではないのか?と、この企画の受け入れ校を探すことはたいへん難航しました。その中でも、5つの小学校が受け入れを決断して下さり、現在まで継続することができています。

現に、本州の小学校で「北海道ではこんなことやっています、ここでもやれませんか?」と校長先生に話すと、「絶対に無理!」と断られました(笑)こういう社会の現実の中で、アーティスト・イン・スクールが十勝で実現できたことは、この土地の寛大さや包容力を、大いに感じ、感謝に尽きません。
この4年間で実施校も増え、子どもたちだけではなく先生方、保護者の方々のご理解もいただけるようになりました。この岩井さんのワークショップの受け入れ校を、十勝毎日新聞を通じて募集したときに、名乗りを上げて下さったのが、過去に「アーティスト・イン・スクール」を受け入れて下さった学校の先生方だったのです。この出来事は、企画のわたしたちにとって大きな勇気になり、今後への励みとなってることはあえて申し上げるまでもないかもしれません。
a0062127_1652870.jpg


また、岩井さんのワークショップ内容も、「幣のフィールド」という単発のワークショップで終わらない、十勝千年の森に恒久設置される作品のアート・プロジェクトのプロセスとして計画されたもので、1000年後の未来への贈り物をつくるのです。「幣のフィールド」公式ホームページ http://www.p3.org/nusa/
a0062127_1662989.jpg

わたしは北海道出身ではありませんので、北海道の方々と過去や思い出を共有することはできません。ですが、未来なら、よそ者ののわたしでも同じ未来に向かう仲間としていっしょに語り、考え、思いをはせることができるのです。あらかじめ開かれたヴィジョンをもったこのプログラムの採用を決めたのは、そんな理由もありました。北海道という土地に暮らしながら、地球上のすべての人達と同じ視点で1000年先の未来をみつめることができる時間をもてることは、子どもたちにふさわしいと思いました。そして、ワークショップに参加してくれる子どもたちといっしょに、わたしも参加者になって時間を過ごそうと、密かに心に決めました。
a0062127_1672829.jpg


3校のうち、音更小と広陽小は先生のご協力で、授業時間にワークショップを組み込んで頂きました。最後の清川小では学校が休みの土曜日に、校長先生の計らいで保護者の方を交えての取り組みとなりました。
いずれの学校でも、粘土との格闘にどの参加者も夢中になっている様子があふれ、こころが踊りました。だれかがなにかに夢中になっている姿は、なんだか内側からの力にあふれて、見ているとこちらまで力強くなります。アーティストという人達は、いつも作品をつくることに夢中になっています。それがわたしの好きなアーティストです。本人はそのつもりはないのだけど、他の人に力を与える存在です。

a0062127_168596.jpg


広陽小学校のワークショップの最後に、子どもから岩井さんへの質問コーナーがありました。その中で印象に残った岩井さんの発言がありました。「アーティストは、その人の個性を充分にうまく活かしている人のことです、そして徹底的にオリジナルであることです」と、抽象的すぎる発言ですがね!
a0062127_1692327.jpg


ひとはひとりひとり個性があります、この個性を大切に丁寧に取り扱って下さい。それがどんな個性であれ、個性を大切にしていれば、そこからでてくるものは完全にオリジナルです。あはは、都合いい〜!ご覧下さい、ワークショップに参加した人達のつくったものは、なにひとつ同じモノはありません(笑)
a0062127_1611856.jpg

a0062127_1612029.jpg

a0062127_1612352.jpg

a0062127_16132376.jpg


みんなが自分の個性に自信を持ち、ほかの人の個性を大切に思い合う社会になればいいと思います。その気持ちをいつも思い出させ、励ましてくれるものごとの中に、アーティストがいてアートがあります。
アーティストと子どもたちとの出会い、子どもたちを通じてそのまわりにいるおとな達とアートが出会う時間をこれからも作り続けていきたい、と思ったワークショップとなりました。

a0062127_1613508.jpg

楽しかったね。みなさん、どうもありがとうございました。
[PR]
# by sair_ais_programs | 2007-03-20 15:43 | 十勝/岩井WS | Comments(3)
2007年3月2日(金)祭太郎祭開催!
途別小学校でのアーティスト・イン・スクール9日目。
今日は最終日。天気も快晴。
そして祭太郎祭が開催される日です!

朝、いつものように登校する祭太郎。
最終日ということもあり、少々神妙な面持ち。
まずは、「へんてこうさぎ宇宙べや」で最後の仕上げを行います。
a0062127_19155092.jpg


中休みには、またいつものように子どもたちが集結。
今日でお別れ・・・ということより、「祭太郎祭」への期待を胸に抱きながらいつものように工作を始めます。「何をつくるの?」ではなく「何か作っていいの?」「次は何をつくろうかな?」と話す子どもたち。この自由な創作空間で、のびのびとものづくりをする子どもたちを見るのも今日で最後です。
a0062127_19161827.jpg


そして、中休みが終わる頃には、子どもたちと一緒に作ってきた立体作品が完成!
う〜ん、完成があったのか解らないような造形物が出来上がりました。
「祭にある鉾(ほこ)みたいになったな〜」と感無量の祭太郎。
確かに、この造形物を一目見れば、これまでの2週間に渡る活動の充実感が充分伝わるエネルギッシュな造形物であることは間違いありません。まさに今回の活動のシンボルです。
a0062127_19162892.jpg


さて、中休みが終了し、祭太郎祭の会場となる体育館へ。
先日、先生方に用意していただいた、紅白幕を設置し、会場の中心には、特設ステージとなる手づくりの「リング」を制作するようです。
マットをひいて→テーブルを置いて?→太鼓をおいて!?→ロープを蒔いて・・・完成!
あら〜意外といい雰囲気じゃないですか〜。
a0062127_1918446.jpg


さて、そうこうしているうちに最後の給食の時間。
給食は、このアーティスト・イン・スクール事業にとってとても大切な交流の時間。
今回の活動でも、祭太郎と子どもたちがコミュニケーションをとるとても貴重なひと時でした。
a0062127_19193580.jpg
a0062127_19194460.jpg


給食も終わり午後。
午前事業だった子どもたちと準備を整え、いよいよ放課後、祭太郎祭の開催です。
まずは「へんてこうさぎ宇宙べや」に子どもたちをお集めた祭太郎。
一方体育館には、保護者の方々が多数お集りの様子。その情報が入るや否や、祭太郎は大人の立ち入りを禁止し、「へんてこうさぎ宇宙べや」で子どもたちと何やら相談中。しばらくして一列に並んだ子どもたちが、祭太郎と共に出てきました。
a0062127_19201672.jpg
a0062127_19202625.jpg


体育館にみんなで作った鉾(?)を運んで設置。いよいよ祭がスタートです!
「みなさま、お集まりくださいましてありがとうございます!祭太郎でございます!」
まずは祭太郎がご挨拶!
そして、子どもたちがドンドンドンと太鼓を叩き、「ハイ!ハイ!ハイ!」と言いながら祭太郎と子どもたちはウォーミングアップとばかりに踊り始めました。これをさっき打ち合わせしていたんですね。全く不可思議な踊り。何がしたいのか解らず、思わず笑ってしまいます。
a0062127_19222970.jpg
a0062127_19224134.jpg


踊りが終了し、祭太郎が一言。
「さて今日の祭太郎祭、子どもたち一人一人と私祭太郎が相撲をとりたいと思います!」
「え!?相撲?」
明らかにアドリブとしか思えない突然のフリに一同唖然。
「さぁ、来い!」と、まずは一人を指名。戸惑う子どもに「全力でぶつかってこい!色んなストレスを俺にぶつけろ!」と叫ぶ祭太郎。
はっけよ〜い、のこった!
a0062127_19232211.jpg


そこから倒すは倒されるはの26連戦。男子も女子も関係なく、投げて投げられての応酬!
初めはどうなるかと思いましたが、後半になっていくに従って、周りの歓声も、子どもたちの勢いも強まっていきます。そして終盤は、大盛り上がり!周りで太鼓を叩く音もヒートアップ!
a0062127_19233910.jpg
a0062127_19235035.jpg


こうして、全力で相撲をとりきった祭太郎。
次は「全員でかかってこい!」と叫び、子どもたちにもみくちゃにされてしまいました。
a0062127_19251812.jpg


そして、最後は恒例となったラジオ体操を開始。
子どもたち先生、保護者の皆さんと一緒に、今回の活動のすべてを象徴するような、清々しくエネルギッシュな体操です。
決して強制はしていません。だけどみんなが自由に楽しく一生懸命。
a0062127_1926398.jpg


ラジオ体操が終わると、ハンコを押しながら、最後の言葉を子どもたち一人一人と交わします。みなそれぞれ清々しい表情をしているように見えます。
こうして、祭太郎祭は2週間の充実感に満ちた活動を象徴するように最高の盛り上がりで幕を閉じました。
a0062127_19263421.jpg


途別小学校は、小規模ながら地域の風土を活かした特徴ある学校づくりを推進している素晴らしい学校です。その環境の中で「祭太郎が祭をつくる!?」ということから始まった今回の活動では、祭太郎というアーティストが、自然と子どもたちとコミュニケーションをとり、いつも以上に自由で、より創造的な時間と体験を共有してもらえたのではないかと感じています。
a0062127_1926508.jpg


今回の活動を、ご理解いただき全面的にご協力くださった途別小学校の教職員、保護者の皆様、そして最後の最後まで祭太郎と一緒に遊んでくれた児童の皆さん!本当にありがとうございました!
そしてそして、祭太郎さん!すばらし活動ありがとうございました。そしてお疲れさまでした!

今回の活動で、2006年度のアーティスト・イン・スクール事業はすべて終了いたしました。また2007年度も本活動は継続しますので今後とも引き続きご自愛いただきますようお願い申し上げます。
ではまた、次回の活動をどうぞお楽しみに!
[PR]
# by sair_ais_programs | 2007-03-04 19:36 | 十勝/途別小/祭太郎 | Comments(0)
2007年3月1日(木)残り後二日!
途別小学校でのアーティスト・イン・スクール8日目。
今日も天気は快晴。いよいよ3月に入り、本活動も残すところ後2日です。

朝登校した祭太郎。早速最終日にむけて準備を開始。明日は、「祭太郎祭」と題したお祭りを開催します。これまでの2週間の活動の集大成、お披露目会と行ったところでしょうか。そこで、子どもたちとこれまで一緒に作って来たものや、あすの祭にむけて会場のチェックなど入念に行います。
a0062127_10503561.jpg


中休みはいつものように、子どもたちが「へんてこうさぎ宇宙べや」にやって来ます。特にものづくりに熱心な1・2年生は、飽きることを知らない!休み時間には、必ずこの部屋に来て、自由に何かを作っています。こうした状況は、もはや彼らの日常になってしまったようです。
a0062127_10524074.jpg
a0062127_10533672.jpg


さて、その後給食をしっかりといただいて、お昼休み。
いつものように、体育館へ。祭太郎と体操の時間です。
今日も威勢よく子どもたちを集める祭太郎。子どもたちや先生も続々と体育館に集まります。そして体操スタート!清々しく元気に!イッチ、ニー、サン、シー!・・・ふ〜、それにしても完全に祭太郎のペースですね。
a0062127_10542316.jpg
a0062127_10551419.jpg


体操が終わると、体操カードを持って並ぶ子どもたち。
今日は、明日の最終日にむけてなにやら祭太郎から封筒が渡されています。「これに何でもいい、すきなことを描いて明日持ってきてください。」さらに「さ〜明日の祭、楽しむか、やらされるかは皆さん次第!」とやや挑発的な言葉を投げかけます。明日の祭にむけて、徐々に精神的な下地が整ってきたような雰囲気。
a0062127_1056667.jpg
a0062127_10563286.jpg


放課後、体育館で明日の準備。先生たちの協力のもと、学校にある紅白幕をお借りして、壁に貼付けていきます。おお〜なんだか良いムード。最近では、学校で行われる式典等に紅白幕が用いられない場合もあるようですが、この雰囲気は、やはり魅力的です。職員の皆さんに感謝!
a0062127_10592273.jpg


そして、今日は「へんてこうさぎ宇宙べや」で、遅くまで作業する祭太郎。明日が最終日。「祭太郎祭」の全容は、結局最終日まで謎につつまれたままですが、これまでの活動のプロセスに、そのヒントがたくさん隠されていたに違いありません。それにしても、いったいどうなるのでしょうか?明日の活動をぜひお楽しみに!
a0062127_1101249.jpg

[PR]
# by sair_ais_programs | 2007-03-02 11:00 | 十勝/途別小/祭太郎 | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/澄川南小/ミカ
おとどけ/山の手小/川上りえ
おとどけ/有明小/東海林靖志
おとどけ/拓北小/まるみデパート
2017年度AIS
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
十勝/大正小/クニ&美佳
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism