<   2018年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
【おとどけアート 札幌市立本町小学校×中島佑太】非日常が日常化すること
本町小学校でのおとどけアート七日目。

活動も終盤に入り、アーティストが学校にいるということが、当たり前のように受け入れられている今日この頃。

朝からせっせと鉛筆を削る中島さん。
アーティストといっても画家ではない彼が、なぜこの活動の中で子ども達と絵を描くこと、あるいはその時間を大事にしようとしているのか。
休み時間ごとに絵を書きにくる子ども達、とりわけNさんの存在が、今回の活動の中で向き合う対象としてフォーカスされていることは間違いありません。

a0062127_14022059.jpg
そして休み時間。
もう当然のように絵を書きに集まってくる子ども達。
誰かが決めたわけではない、誰かがコントロールすることもない、濃密で不可解な対話が、中休みも昼休みも繰り広げれます。

a0062127_14044423.jpg
a0062127_14045394.jpg

出会った当初は、「鬼ごっこしよう!」「グラウンドで遊ぼう!」と普段の自分たちの遊びに引き込もうとしてくれた子ども達が、今はなぜか井戸の部屋に来て思い思いに絵を描いています。
子ども達の中で、中島さんという存在への認識が徐々に変化していることを実感します。

a0062127_14051038.jpg

放課後には必ずといっていいほど数名の子どもがやって来て井戸ばた会議。
この風景も日常化して来ました。
学校のことや家のこと、今日の出来事などなど。

a0062127_19114267.jpg
a0062127_19115479.jpg

なかなか帰ろうとしない子どもを見かねてか、先生も混じって結局おしゃべりしたり絵を描いたり。
他愛のない話だけれど、心地よい時間が流れます。

a0062127_19120497.jpg


ふらっと廊下を歩いていると、4年生が図工で描いで絵が飾られていました。
描いている途中で何度か教室にお邪魔したこともあり、ちょうど展示作業をしていた先生と、子ども達の絵についてお話ができました。

a0062127_14124882.jpg

図工の授業の中で、先生達が子ども達にどのようなことを働きかけているのか、群馬県のアーティスト・イン・スクールで図工の授業に関わっている中島さんにとって、子ども達が描いた絵よりも先生方の指導方法や考え方に興味がある様子。
最後に先生から、図工の授業でどういうことを大切にしたら良いですか?と問われ、「とにかくほめることですね!」と即答。
とても印象的な一幕となりました。

そうした話との繋がりが、この日の放課後の井戸端会議で展開されました。
教科書を作っている業者さんも井戸の部屋に覗きに来て一緒におしゃべり。
中島さん、スタッフ、実行委員の加藤先生と一緒に図工の教科書を見ながら「図工を教える」ことの難しさ、あるいは「そもそも教えることとは?」という疑問について話し合いました。

a0062127_16382872.jpg

それぞれの単元の中で身につける力や技術習得的な教育目標はあるにせよ、それぞれの表現には正解も不正解もない。
ならば、まずは子ども達が発する一つ一つの表現に反応し、表現しようとしたこと自体を肯定すること。
そこからもっと深い興味や楽しみ、本来の学びが拡張していくのではないだろうか、、、。
それぞれの立場で様々な意見が交わされます。

こうした対話の時間が生まれるのも、アーティスト・イン・スクールのような外部の人たちの出入りが活発に起きてい状況だからこそ起きうる状況だと言えます。

と、この1日だけを振り返っても、井戸の部屋があることによって、学校の日常とアーティストが学校の中に存在している非日常が交錯しながら、新たな日常が浮かび上がりつつあることを実感できるわけです。

さて、本日は休み時間以外の時間を使って映画鑑賞。
今回の活動の中で垣間見た世界のこと。特にイスラムにまつわる生活や文化を知るためにセレクトした映画を見ます。本当は子ども達と一緒に見たいところですが、短い休み時間ではなかなか難しいため、中島さんとスタッフで鑑賞。
今回の活動が、なんでこんなことになっていったのかもはや疑うものは誰もいません。

a0062127_14500724.jpg


本町小学校での活動も残りあと二日。
週末には、ちょっとしたスピンオフ的な活動も予定しています。

そちらもぜひお楽しみに!


コーディネーター:漆


[PR]
by sair_ais_programs | 2018-11-30 19:28 | おとどけ/本町小/中島佑太 | Comments(0)
【おとどけアート 札幌市立本町小学校×中島佑太】未知との遭遇
本町小学校でのおとどけアート六日目。

札幌市では初雪を観測し、子どもたちは朝から教室の窓の外に見えるぼたん雪に心を奪われた様子。11月の雪を楽しみにしていた中島さんも、井戸の部屋の窓から雪を観察します。

a0062127_09334787.jpg
中休みは前日に引き続き、Nさんとそのお友だちが中島さんと一緒に絵を描こうと井戸の部屋を訪れました。中島さんが絵の描き方を“教える”ことはなく、あくまでも“一緒に描く”スタンス。声をかけたり子どもたちの絵にいたずら書きのようなドローイングを描き加えたりすることで、子どもたちが“それまで持っていなかった視点”に気づくきっかけづくりを試みます。

a0062127_09340345.jpg
授業時間になるといつものように図書室へ出向き、次のお手紙を執筆したり本の続きを読んだりする中島さん。授業の合間の短い休み時間には、図書室の中島さんを訪問する子どもたちの姿がちらほら。

そして給食の時間は、二年生の教室にお邪魔しました。
さまざまな国と地域にルーツを持った子どもたちが通う本町小学校では、宗教上の理由でお弁当を持参する子どももいます。登校初日から彼らの食事に注目し、図書室の本などで事前にリサーチをしていた中島さん。給食をとりまく事情という一見些細なことから出発して、今まで詳しくはなかったイスラム教について学んだり、多様性について考える際に新たな視点を持ったりするようになったと言います。
近くの教室でお弁当を持ってきている子から話を聞いたりお弁当の写真を撮らせてもらったりと、この日の給食時間も調査にいそしんでいました。

a0062127_09341594.jpg
昼休みには、連日井戸の部屋へ通うNさんから「なかじさんの作品はどこにあるの?見てみたい!」とリクエストが。中島さんは「僕の作品はここには持ってこれないけど、パソコンでは見れるよ」とラップトップを広げ、Nさんと一緒に、あるワークショップの記録写真を見ていきます。

a0062127_09342677.jpg
中島さんはNさんに作品の自由な解釈を促し、「これなんだと思う?」と問いかけながら記録写真を見ていきます。ガイド役との対話の中で鑑賞者の自由な作品の見方を引出す対話型鑑賞のような手法で、“鉛筆や絵の具で描いた上手な絵”以外にもさまざまなアートの形があることを伝えようと試みたのでした。
a0062127_09345077.jpg
Nさんは未知の表現との遭遇に戸惑ったような表情をみせつつ、中島さんと対話しながら、終始興味深そうに画面を見つめていました。

作品写真をひととおり見終えると、待ちきれなかった様子で「絵を描こう!」と提案するNさん。

a0062127_09345829.jpg
「なかじさんが一人で描いた絵を見てみたい」と言うNさんに、中島さんは「僕は一人で何かやるのはあんまり好きじゃないんだけどね…」とことわりを入れつつ、昨日一人でグラデーションを描いた紙を持ってきます。「すごい!これは一本の鉛筆で描いたの?」と目を輝かせるNさん。
a0062127_09350697.jpg
間もなくNさんのお友達も集まり、自然と円になって、お絵かきタイムがスタート。はじめは各々一人で描いているのですが、少し時間が経つと、友達の手元の紙にいたずらするようにドローイングを重ねていきます。中島さんが一人で描いたグラデーションの上にも、誰かがドローイングを重ねます。
a0062127_09351469.jpg

ところで、井戸の部屋には登校初日から世界地図と北海道地図が置かれています。
a0062127_09352279.jpg
この日は休み時間に子どもたちから「(中島さんが住んでいる)群馬県ってどこにあるの?」と尋ねられ、二つの地図には群馬県という文字が書かれていないことに気づいた中島さん。午後は群馬県の場所が一目で分かる日本地図と、小学校周辺の地域をより詳細に説明した札幌市の地図、そして制作年代の異なる二つの地球儀を新たに設置しました。
a0062127_09353175.jpg
時を経て国名や国境が変わっても同じ人たちが住み続けていたり、一つの地域をたくさんの人が出入りしたり…国内外の規模で転入出する生徒が多数いる本町小学校の子どもたちにとって、井戸の部屋に増設された地図たち、そしてもうすぐ学校を去る“転校生”中島さんは、どんなふうに見えているのでしょうか。



[PR]
by sair_ais_programs | 2018-11-26 09:51 | おとどけ/本町小/中島佑太 | Comments(0)
【おとどけアート 札幌市立本町小学校×中島佑太】多様性とグレーゾーン
本町小学校でのおとどけアート五日目。

,,,,の前に、中島さんから第五弾の旅のお手紙が届きました。
週末に森に出かけて「多様性」について考えたようです。

a0062127_11254460.jpg

週が明けて、学校の皆さんがどのような反応を示すのか楽しみにしながら登校。
意外にも当然のように朝から井戸端会議にやって来る子ども達。
すっかり中島さんの存在は受け入れられていることを実感します。
これまでに特に派手なアクションを起こしているわけでもなく淡々と過ごしていたこともあって、この受け入れられ方には、逆に違和感を覚えるほどです。

a0062127_11103752.jpg
a0062127_11105589.jpg
給食の時間に突然お邪魔しても、すんなり受け入れてくださる先生方と子ども達。
ここまで出入り自由な学校もめずらしくてこちらが戸惑うほどです。
a0062127_11210101.jpg

本町小学校は、過去において様々な原因によって、学級運営が難しい状況に陥った時代があったとか。
そうした学校的に困難な状態を乗り越えてきた歴史があるからこそ、自分とは違う様々な背景を持った人の存在、生き方、価値観、思いに寄り添える先生方の姿勢が定着しているのかもしれません。
つまり、少し大げさではありますが「多様性」をうけいれる素地が育まれていると感じることがおおいのです。

さて、活動に話を戻しましょう。
お昼休みは、先週から始まったNさんを中心としたお絵描きチームがやってきます。
絵を描くことを楽しむのはもちろんですが、やり取りの中で、子ども達が見ているものや接しているもの、先生や友達との関係性など、つまり日常が少しずつ垣間見えてくることが興味深い。
とても大切なコミュニケーションの場が定着しつつあります。
a0062127_11501540.jpg
昼休みが終わり放課後の井戸端会議。
スタッフ間で、いろいろな話をしました。
a0062127_12151752.jpg
本町小学校の子ども達や先生方の様子について。
中島さんが送ったお手紙にも書かれていた「多様性」の話。
そして、現代社会に薄れつつあるグレーゾーンの話。
学校という機関に限らず、制度やシステムの上で生活している現代において、例えば物事の「善悪」「良し悪し」がはっきりと二分化されてしまうことによる弊害が、様々な場面で起きているのではないかと。
「良くも悪くもないもの」「正解でも不正解でもない答え」など白黒はっきりしないものの存在や考え方、心持ちがもっと浮かび上がらせていく必要があるのではないかと!

そんなこんなで熱い議論を交わしていると、中島さんが思いたちました!
「オセロをやろう!」
と、、、、

早速学校内にあるオセロを探して、行きつけの図書室でオセロ勝負です。
「白黒はっきりつけてやろうじゃないか!」

a0062127_12154174.jpg

序盤こそ一進一退の酵母を繰り広げていたスタッフ杉本と中島さんの勝負。
結果は、中島佑太の圧勝!
宣言通り、白黒はっきりしたなぁ〜。
a0062127_12162429.jpg


いったいなんなんだなんなんだこの時間は!?と考えるまもなく、放課後の時間を持て余している子ども達が遊びにやってきて、やはりオセロ勝負に!
「白黒はっきりつけてやろうじゃないか!」

a0062127_12171397.jpg

子ども達の予想以上の実力に押され気味。
かなりの接戦をものにしたのは、なんと中島佑太!

a0062127_12175717.jpg


子ども達も帰宅し、冷静になった中島さん。
ひとり井戸の部屋にこもって鉛筆でグラデーションを描いて思いにふけっておりましたとさ。

a0062127_12184291.jpg

明日の活動もお楽しみに!


コーディネーター:漆




[PR]
by sair_ais_programs | 2018-11-22 12:19 | おとどけ/本町小/中島佑太 | Comments(0)
【おとどけアート 札幌市立本町小学校×中島佑太】みんなでつくる


本町小学校でのおとどけアート四日目。早くも折り返し地点です。


a0062127_12470145.jpg
世界地図の一部を写真に撮るところから一日がスタート。レンズ交換により軽量化したカメラをたずさえ、ほかにもいろいろなものをふらりと撮影します。


a0062127_12471306.jpg
授業時間には図書室へ通い、文化人類学系の本を読んでいる中島さん。本は図書室にあるもののなかからピックアップしているので、同じものを読んだことのある子どももいるはず。

a0062127_12473005.jpg
一定時間が経過すると、図書室での着想や学びを書きとめたメモブロックを片手に井戸の部屋へ。メモを窓辺の木製トレイに貼付けます。
「変わりにくいものと 変わりやすいもの がある」
「人を/の見かけで判断する」
本町小学校で出会った何人かの子どもたちがルーツを持つマレーシアやインドネシアに着目したメモも。

a0062127_12474165.jpg
中休みは、それまで接する機会が少なかった低学年の子どもたちとの追いかけっこに参加。
一緒に体を動かし積極的にアイコンタクトをとろうとする中島さんに対し、だんだんと打ち解けていく子どもたち。追いかけっこを通じた意思疎通が行われているようでした。


その後の授業時間は、本町小学校周辺のお店や工場についての新聞記事を読んだという教頭先生が、中島さんのところへ記事を届けてくれました。学校の周辺地域にも目を向けている中島さん、興味深そうに記事を確認します。
a0062127_12475898.jpg
学校を現場とするアーティストインスクールでは、子どもたちだけでなく先生方との関わりも欠かせません。今回のように、情報提供などさまざまな形でアーティストと関わってくださる先生がいらっしゃいます。


a0062127_12481496.jpg
給食の時間は、4年生の教室にお邪魔しました。北海道の学校給食では大人気の揚げパンですが、群馬県出身の中島さんにとっては未知の食べ物。興味深そうに写真におさめます。

昼休みには、一日目から変わらず井戸を中心とした子どもたちの群像が。その脇で床に座って絵を描く中島さんと子どもたち。昨日のNさんの姿もあります。
a0062127_12482145.jpg
発想に任せ、いろんな速度で手を動かします。「あ、全然うまく描けなかった…」という声が聞こえると、すかさず中島さんから「うまく描く必要なんてないんだよ!」とつっこみが。

a0062127_12482971.jpg
放課後は、休み時間に約束していた野球に参加。「一人でやらない」をモットーとする中島さんのワークショップの根幹には、実は幼少期から始めたチーム野球の経験が息づいています。
a0062127_12483782.jpg
登校初日から子どもたちとの野球の機会を探していた中島さん。野球部の子どもたちに負けじと大きな掛け声をかけます。
a0062127_12485448.jpg


最後に、この日は「井戸の部屋」に2人の来訪者がやってきました。7年前から中島さんと協力し幼稚園でのワークショップを展開されている清心幼稚園の栗原さんと、中島さんの大学の後輩で偶然札幌を訪れていた遠藤さんです。
a0062127_12490328.jpg
アーティストインスクールでは、しばしば外部からの来訪者があります。彼らの来訪によってアーティストやスタッフに新鮮な視点がもたらされるのはもちろん、学校にとっても、アーティストの受け入れを起点として外部からの刺激に対応する機会が生まれます。このように、外部からのさまざまな刺激に対する学校の間口を広げるきっかけを創出するのも、本事業の狙いのひとつです。


[PR]
by sair_ais_programs | 2018-11-21 09:02 | おとどけ/本町小/中島佑太 | Comments(0)
【おとどけアート 札幌市立本町小学校×中島佑太】ナカジからのお手紙
札幌市立本町小学校でのおとどけアート三日目のおまけ。

アーティストの中島さんから本町小学校のみなさんにお手紙が送られていました。

以前のお手紙は、北海道に来る前の旅先から送られてきたものなので、
え?もう既に学校に通っているのでは?
という声が聞こえてきそうですが、、、、
確かに札幌に滞在し学校にいながらも、様々な発見や出会いの旅を続けているという中島さんなりのメッセージなのかもしれません。

そんな粋なお手紙ぜひご覧ください。

一つ目は、小学校に通い始めてすぐ送られてきたお手紙。
a0062127_00123815.jpg

二つ目は、活動3日目の旅のお話。

a0062127_00125462.jpg



[PR]
by sair_ais_programs | 2018-11-21 00:14 | おとどけ/本町小/中島佑太 | Comments(0)
【おとどけアート 札幌市立本町小学校×中島佑太】一枚の写真
札幌市立本町小学校でのおとどけアート三日目。

活動拠点となっている通称「井戸の部屋」には、
「ナカジいる?」「今日は給食どこで食べるの?」
と、朝から子ども達が顔を出して、中島さんの1日の動向の確認しにやってきます。

a0062127_10004221.jpg


その井戸の部屋に、中島さんが一枚の写真を掲示しました。

a0062127_09510857.jpg

どこかで見たことある建物の写真。
何の脈絡もなく掲示されたこの写真が意味するものは一体何なのでしょうか?

そして、先日から室内の棚に置かれたケースにも、何やらいろいろなものを収納。

a0062127_09555375.jpg
井戸の部屋の環境は、少しずつ変化し始めていますが、一体何をしようとしているのかはわかりません。
謎は深まるばかりです。


そんな周囲の戸惑いを尻目に、中島さんは、ひょうひょうと校内をウロウロ。
「ん〜?何だろうこれ。これいいな〜!」
と、気になるものを見つけては写真を撮ります。

a0062127_09584211.jpg

中休みの時間は、いつものように子ども達にもみくちゃにされる中島さん。
いろんなところに連れ回され、戸惑っているのか楽しんでいるのかよくわからない状態。
子ども達は必死に自分のことを知ってもらおうと、時に会話で、時に触れ合って、様々な手段でコミュニケーションを図っているように感じます。

中休みが終わって、一つの謎が解決。
朝井戸の部屋に掲示された写真の場所。
教頭先生が案内してくれました。
学校の敷地内にあった小屋だったんですね。
a0062127_10050997.jpg

中島さんにはこの小屋が気になっていた理由はいくつかあったようなのですが、中に入るのは初めて。
実は、その昔陶芸の焼き窯が設置されていた小屋だったんです。
釜はもう外されてなくなっていたのですが、中に入っていろいろ物色するとかつての学校を彷彿とさせる懐かしい品々が眠っていました。
母校ではないのに、なぜかノスタルジックな感覚に浸る一同。
私たちは、自分たちの経験の中で、学校という存在を普遍的な何かで共有しているのだろうと感じる瞬間でもあります。

a0062127_11545998.jpg

a0062127_11561270.jpg


小屋の視察を終えると日課のように通い詰めいている図書室へ。
中島さんが図書室に通う理由は、北海道や札幌を知る手がかりがたくさんあり、しかも子ども向けに編集されている書籍ばかりなので、初心者にはうってつけの分かりやすい情報が満載。
ちなみに今彼が愛読しているのは、宮本常一監修の「北海道に生きる」です。

a0062127_12070810.jpg

午後になり、とある子が中島さんに声をかけます。
お父さんがインドネシア出身という女の子Nさん。一緒に絵を描きたいとのこと。
実は中島さん、登校初日から本町小学校に外国籍や外国人を親に持つ子どもが多いことに気付き、宗教上の理由で給食にお弁当を持ってきている子ども達の存在に関心を持ち、彼らの日常や習慣ごとについてきっかけがあれば知りたいと考えていたのです。
まさか本人からアプローチをうけるとは!!!
a0062127_09343172.jpg

そのまま「井戸の部屋」でお絵描きタイム。
何人かのお友達も集まって、一つの紙を囲みます。
Nさんが描いた絵にイタズラするかのように書き足していく中島さん。
嫌がらないのかと思いきや、彼女の口からは「芸術的だ!」と、むしろ喜ばれている様子。
彼女の中で「芸術家:中島佑太」は、どのように受け止められているのでしょうか。
休み時間が終わるまでお絵描きを通したこのやり取りは続いていきました。

a0062127_09081063.jpg

お昼休みが終了し、6時間目の時間がクラブ活動に位置付けられていました。
どうやら今年最後のクラブ活動日ということで、覗きに行ってみると、野球とサッカーのクラブの子ども達が合同でドッチボールをやるとのこと。
「野球がしたい!」と常々公言していた中島さんは、体を動かしたくて仕方がなかったのか喜び勇んで参加!

a0062127_09543420.jpg

しかし、待てど暮らせどボールは回って来ず、たまになげても誰にもあたらず、狙われてキャッチできず、全くいいとこ無し!
正直ブログに掲載することすら迷うほど、、、。でも楽しそう!

a0062127_09550196.jpg
次は本当の野球でリベンジを誓う中島さんでした!

こうして3日目の活動は終了。

本日のおまけ。
毎週木曜日に学校に現れるパン屋さん。
先生方の週に一度のお楽しみ。

a0062127_20303042.jpg





[PR]
by sair_ais_programs | 2018-11-16 11:52 | おとどけ/本町小/中島佑太 | Comments(0)
【おとどけアート 札幌市立本町小学校×中島佑太】地球と北海道


札幌市立本町小学校でのおとどけアートが二日目に突入しました。


はるばる群馬県前橋市からやってきた中島さんは、北海道の冬や寒さに興味津々。登校するとさっそくコンビニの袋を取り出して、教頭先生が毎朝6時半に点火するというストーブで熱します。

a0062127_09353752.jpg

あつあつになったら窓を開けて…

a0062127_09365564.jpg

「袋がしぼんだ!」北海道の冷たい外気を利用した、理科の実験でした。



その後は図書室に移動。図書室の机には、きのう四年生が授業で描いた絵が並べられていました。

a0062127_09380153.jpg

さまざまな国と地域にルーツを持った子どもたちが通う本町小学校。それぞれの色使いや線から、その多様な文化的背景がにじみ出ているようでした。

再び井戸の部屋へと戻ると、本町小学校の皆さんへ向けた三通目のお手紙を執筆。

a0062127_09385080.jpg

登校以来はじめてのお手紙には、子どもたちとの会話の中で中島さんが見つけた「あれ」について書かれています。「あれ」って、一体なんなのでしょう??

休み時間になると、井戸のある部屋を訪問する子どもたちがちらほら。何をする場所なのか、何のための場所なのか…分からないことが多いなりに、今日は部屋のなかでやりたいことをなんとなく見つけて、独自の方法で時間を過ごす子どもが散見されます。

a0062127_09401429.jpg

新たに出現した北海道地図と世界地図を囲んで「ここに行ったことあるよ!」。

子どもたちと中島さんを中心に、いつのまにか始まる井戸端会議。

そして昨日に引き続き、気分の高揚した子どもたちにより崩壊の危機にさらされたダンボールの井戸。壊れないように、修復と保全を継続します。

ところで、こちらは玄関の片隅に積まれていたところを中島さんに発見された木製トレイたち。

a0062127_09412640.jpg

どうやら昔むかしに道具箱として使われていた模様。井戸のある部屋の棚に並べてみると、棚とぴったりのサイズ!絶妙なフィット感でおさまっていますが、この先何に使われるかは、まだ分かりません。

今日は42組の教室にお邪魔して給食を食べたあと、子どもたちが暮らす地域についてもっと知りたくなった中島さんのために、子どもたちが社会科の授業で使う札幌市についての読本を届けてくれました。

a0062127_09425421.jpg

「サイロってなんですか?北見のカーリングの人たちが食べてたお菓子??」食べ物の話題が気になる中島さん。独自の視点で読み進めながら、新たな発見を重ねているようです。




a0062127_09440352.jpg

給食の時間に約束した鬼ごっこに興じる中島さんと子どもたち。少し遠くから様子を観察している子もいます。


a0062127_09444382.jpg

図書館に戻って本を読んでいた中島さんのところに、3年生の一部がたまたま授業でやって来ました。一緒に本を読みながら、小さい声でお話しします。


最後に、今回あえて最初から具体的な活動プランを固めないことにしている中島さん。子どもたちや先生から色々な話を聞くうちに、いくつかの書きとめておきたい情報と出会ったようです。そこで登場したのが、このメモブロック!

a0062127_09462309.jpg

今後おもしろい発言やアイディアが見つかったら、その都度ここに書きとめていきます。明日からはどんなことがメモされていくのでしょうか?引き続き本ブログでレポートしていきます。



[PR]
by sair_ais_programs | 2018-11-15 10:05 | おとどけ/本町小/中島佑太 | Comments(0)
【おとどけアート 札幌市立本町小学校×中島佑太】井戸端会議から何かが生まれる?
おとどけアート2018の第三弾、札幌市立本町小学校での活動がスタートしました。

今回、本町小学校に通うのは、アーティストの中島佑太さん。



今年の6月に視察して以来5ヶ月ぶりの訪問です。

実は、中島さんは、今回の訪問までに、旅先から学校宛にお手紙を送ってくれていました。

まだ出会っていない人たちに対して、少しでも親近感を持ってもらう、自分がどういう人間なのか知ってもらう。子どもたちや先生方とのコミュニケーションは、そうしたお手紙から始まっていたのです。

a0062127_13391927.jpg

a0062127_13394907.jpg


そして、いよいよ登校初日。

朝一番で職員室でのご挨拶を済ませた中島さんは、放送室で全校に向けてテレビ放送にて再度ご挨拶。

「群馬県前橋市からきました!」とまずは地元をPR
今回は、あえて具体的な活動プランを決めずに学校に通うことを決めていた中島さんは、まずはいろいろなことを知りたい!教えてね!ということだけを伝え、始まりの挨拶としました。

a0062127_13402862.jpg


テレビ朝会を終え、さっそく活動拠点となる教室へ。

児童数の減少によって生まれたと思われる学習室Bと呼ばれている教室。

何もない空間を目の当たりにした中島さんが、動き始めました。

a0062127_13411790.jpg

教職員の男子更衣室に眠っていたお手製の「井戸」を引っ張り出し、教室まで運びます。おそらく過去に学習発表会の大道具として使われていたものと思われます。6月の下見の段階で目をつけていたんですね!

a0062127_13414473.jpg
a0062127_13415168.jpg
a0062127_13420155.jpg
a0062127_13421630.jpg
a0062127_13423027.jpg


大きな井戸を三階まで運び、活動拠点となる教室の中央に置きご満悦。一体これをどうするの?

a0062127_13424258.jpg

井戸の周りに椅子を置いて、中島さんとスタッフが腰をかけ、教頭先生も加わり世間話で盛り上がる一同。

「井戸端会議」!中島さんはこれがやりたかったんですね!!


a0062127_13440702.jpg

ほどなく中休みの時間となりました。

テレビ朝会で紹介されたアーティストに一目会いたいと一人また一人と子どもたちがやってきます。
興味を持ってくれた担任の先生方もちらほら。

a0062127_13445151.jpg

早速子どもたちとの井戸端会議が始まりました。

質問責めにあう中島さん。

ただ井戸があるだけの空間にテンションの上がる子どもたち。

それを見てニコニコしている先生たち。

学校に突如出現した不思議な空間に、よくわからない期待を抱きながら人の集いが生まれている。そんなふんわりとした時間。

a0062127_13450421.jpg
a0062127_13473278.jpg

テンションがマックスに上がった子どもたちはついに井戸の中へ。

そりゃそうなるか〜。

中島さんも一緒に入って大はしゃぎ。

ダンボール製の井戸は、子ども達の手によって瞬く間に崩壊していきます。

a0062127_13474896.jpg

休み時間が終わって井戸の修復に追われる中島さんとスタッフ。

今後この井戸の存在がどんな意味を持つのか、全く意味を持たないのか、でも壊れたら直すという姿勢は崩さない。

活動の方向性を未だ明確に明かさない中島さんの眼差しは、今どこに向いているのでしょうか。

a0062127_13484088.jpg

さて、待ちに待った給食時間。
今日は、最初にお部屋に遊びにきてくれた4年1組の教室にお邪魔することにしました。
4年生はとりわけアーティストに興味津々。いろいろなことを聞いてくれます。
初登校日としてはホッとする瞬間です。

a0062127_14004702.jpg

給食を終えてお昼休みは学校内を散策。

「ナカジあそぼー!」「ナカジこっちきてー!」

と、子どもたちに連れられて体育館での鬼ごっこや教室見学に興じる中島さん。

とにかく人懐っこい子どもたちに翻弄されているのか、はたまた子ども達の様子から何かを確実に探っているのか、今のところまだわかりません。

a0062127_13505987.jpg

5時間目の時間、活動拠点となる教室に、特別支援学級の子が先生と一緒に遊びにきてくれました。やはり井戸が気にいった様子で終始井戸の中からコミュニケーションを図るスタイル。

授業に参画することを前提としていない為、授業中も休み時間も横断してアーティストとの交流が自由にできるのが、このアーティストインスクールの醍醐味です。

a0062127_13521525.jpg

6時間目は子ども達からのお誘いを受けて4年生の図工の授業にお邪魔しました。

うっかり空いている席に着いて授業を受ける形になってしまった中島さん。

先生の粋な計らいで、中島さんへの質問タイム!
先生!授業始めなくていいんですか!!!

a0062127_13540480.jpg

a0062127_13524070.jpg

放課後は、本町小学校の地域の特性を把握するために校区内にある団地界隈を散策。

中島さんは、様々な地域の団地にある特性を発見したり記録することが大好きで、今回も校区内に団地があると聞くやいなや、早速フィールドワークを開始したというわけです。

団地の界隈に存在するパブリックゾーンが特に見所だとか。
そこから何が見えてくるのか。

今回の学校での活動とどのように関わってくるのか。

a0062127_13580580.jpg

初対面でも物怖じせず触れ合ってくれる人懐っこい子ども達、カリキュラムや決まりごとにあまり捉われることなくアーティストを受け入れてくれている先生方に囲まれて、1日目の活動を終えました。

今後の活動の展開も是非お楽しみください。

<お知らせ>
おとどけアート実行委員会のメンバーで、元栄東小学校の校長先生でもあった加藤雅子さんのブログでもアーティスト・イン・スクールについての記事を掲載しています。皆様是非あわせてご覧ください!!!






[PR]
by sair_ais_programs | 2018-11-14 14:06 | おとどけ/本町小/中島佑太 | Comments(0)
【おとどけアート 永田壮一郎×西園小学校】11/9 体を大きく使うということ
11月9日、活動最終日。

いよいよ永田さんの活動も最終日を迎えました。
最終日といっても中休みは、特別なことはなにもなく、この一週間やってきたスクールバンドの子どもとの練習。
昨日から参加しているユーフォニアムの譜面を調整したり、です。
a0062127_11424184.jpg
初日から永田さん永田さん!と休み時間の度に走ってきていた子どもも
静かにその様子を見守ります。
a0062127_11453510.jpg



3時間目、待機場所の向かいにある教室から、子どもたちが合唱をしている声が聴こえ
覗き込む永田さん。
a0062127_11512104.jpg
a0062127_11525129.jpg
突然の永田さん登場にも、わぁ〜!となることもなく、それでいて無関心でもない雰囲気。
この学年は永田さんが一番授業で入ったりすることが多かった学年。
永田さんがいるのは当たり前、とまではいわないまでも自然に受け入れてくれている印象です。
a0062127_11515141.jpg
永田さんの伴奏でがもう一度、合唱。
その後で永田さんから子どもたちへメッセージのようなものを。
a0062127_12265927.jpg
永田さんが「何をするにも体を大きく使え、そしたら良いことがあるぞ!」といったことを子どもたちに言うと
良いことと聞いてお菓子!と答える子どもたち。
そんな単純なものなんかじゃない、と永田さん。子どもたちには?が浮かびます。

合理的にものごとを考えたりすることは確かに大事なことだけれど、そのことによって変に力をセーブしたりしていると、いざ全力で何かを取り組まなくちゃいけないときに上手く扱えなかったり、力の出し方や加減がわからなくなったりしてしまう。
そんなことにならないようにという意味で、
体そのもののことでなく、姿勢や意識を指しての言葉だったようです。

子どもたちはわかったようなわからなかったような表情でしたが、
それぞれが永田さんの言葉を受け止めている時間がそこにあったように感じます。


給食時間。
今日は6年生のクラスで食べます。
a0062127_12424545.jpg
給食を食べるのも今日で最後ですね。
子どもたちとはどんな話をしたのでしょうか。


給食が終わると、子どもたちは昼清掃の時間。
掃除が終わるのを待って音楽室に入ります。
a0062127_12451138.jpg
掃除時間の終わりには、各教室のモニターをジャックしてお知らせ。
スクールバンドの子どもたちと演奏します。僕と一緒に演奏した人、もっと演奏したいな、と思った人は
音楽室で。というビデオが流れます。
a0062127_12472691.jpg
その映像をみて、子どもたちは音楽室へ。
a0062127_12480653.jpg
次から次へと子どもたちが入ってきます。
a0062127_12483519.jpg
演奏する前の段階ですでに音楽室には入りきらないほど。子どもたちだけでなく、先生たちも姿もありました。
音楽室にはなぜか色々な楽器も置いてあります。
a0062127_12495142.jpg
大人数に囲まれ、スクールバンドの子どもとの演奏が始まりました。
a0062127_12525892.jpg
演奏が終わると立ち上がり、なにか合図をする永田さん。
a0062127_12522236.jpg
すると音楽室の後ろにいた、活動の手伝いにきてくれていた学生が、クラリネットを吹き始めました。
クラリネットから出るチャイムの音階に子どもたちが一斉に振り向き、立ち上がります。

そして、ひとつだったチャイムの音階は徐々に周囲に置いてあった楽器へと広がり、延々と繰り返されます。
(音楽室にきてくれていた先生たちに声かけし、楽器を弾く役になってもらいました。)
先生たちが楽器を弾くと、自然と子どもが個々の楽器を囲み、子どもらへとバトンタッチする様子も。

その後は、永田さんとスクールバンドも加わり、音楽室は音で飽和状態となりました。
a0062127_13444161.jpg
様々な楽器で繰り返し鳴らされるチャイムの音階は音楽室だけにとどまらず、廊下へと。
まさしく音のように届く範囲が広がっていきます。

最初に音楽室を出て行った楽器はこの階の一番端まで到達。
廊下中に楽器とそのメロディーがある状況で、その全体像は誰一人見きることができなかったのではないでしょうか。

そして永田さんを中心に演奏が終了。間もなく本当のチャイムが鳴りました。
チャイムが鳴ると子どもたちは誰が言い出したわけでもなく、楽器を戻し始めました。

あれだけ賑わっていたのがまるで嘘だったように授業準備時間に切り替わります。
a0062127_13573989.jpg

通常、小学校においてチャイムとは、そこにいる人に時間の区切りだったり切り替えだったりを行うため装置として使用されています。
しかし今回、演奏したのは繰り返されるチャイムの音階を用いた曲、、、。

それは、チャイムに別な要素を付与させてみるという試みだったように感じます。

永田さんがいなくなった後も、チャイムは装置として使われていくでしょうが、
ふとチャイムの音を聴いたしたときに音楽室でこういったことがあったなぁと永田さんを思い出して、そういえばあれはなんだったんだろう?と思い返してくれたりすると永田さんが、西園小学校でやりかったこと、試みたことに繋がっていくのではないでしょうか。



待機場所を片付け、職員室で教職員の方々に挨拶をして最後の下校。
玄関前でスクールバンド部長とのお別れも経て
西園小の活動は終了を迎えました。


永田さん、2週間の活動、本当にお疲れ様でした。




コーディネーター/杉本

[PR]
by sair_ais_programs | 2018-11-11 13:21 | おとどけ/西園小/永田壮一郎 | Comments(0)
【おとどけアート 永田壮一郎×西園小学校】11/8 部外者だからできること
11月8日、活動7日目。

今日の永田さんは寝癖が一段と激しい。
a0062127_00352794.jpg
a0062127_00370707.jpg
サイヤ人!サイヤ人!と言われていました。





今日も今日とてスクールバンドと楽器の練習です。
a0062127_00373691.jpg
休み時間の限られた時間の中で、よく集まってくれています。
昨日の放課後の活動でじっくりと練習もできたので、より精度をあげていきます。



a0062127_00393527.jpg
子どもたちとの給食もあと1回となりました。
一通り6年生〜1年生、にじいろ学級と周り、
2巡目の5年生です。


昼休み。この日は元スクールバンドの子どもが参加。
a0062127_00451360.jpg
担当はユーフォニアムということで、
これまでの楽器構成からすると音は低めなこともあり、
音の厚みが増したと永田さんも嬉しそうなリアクション。

他楽器の楽譜を見ても、すぐ吹けるというのはすごいですね。

a0062127_00491040.jpg
そして5時間目は3年生の授業へ。
授業に関しては先生からのオファー。

この授業では、2週間前の学習発表会で演奏した曲を演奏し、
永田さんは先生から振られ、その曲にすぐさまアレンジを加えることに。
アドリブでもすぐに反応できるのは純粋にすごいです。


その後クラブ活動の時間では、ぜひ見て行ってくださいと声をかけられ、ダンス部を観に。
a0062127_00561341.jpg
永田さんも踊ります。
それに応える子どもたち。








今日は出会う子どもに「いつ帰るの?」「明日も来る?」「来週は?」「来年は?」と聞かれることが多かった気がしました。
活動の最初のほうでは11月9日までと話す機会が多かったです。しかし、活動が進むにつれて何日まで、と話す機会は少なくなっていたように思ったのですが、子どもたちなりに、この人たちはもうそろそろいなくなるんだということを気にしているようです。




さて、残すは最終日のみとなります。


これまで、永田さんは2週目に入ってから毎日スクールバンドの子どもと練習を重ねてきました。
しかしそれは、最終日にショーをするためではありません。
アーティストが2週間学校を見て、永田さんなりのやり方でこの学校によいと思ったことをするだけで、どちらかといえばそれは活動報告に近いものになるかもしれません。

なので、「ショーをやるからおいでよ」や「せっかくやるからいってきなさい」と誰かに呼ばれたり、誰かに背中を押されたりするのでなく、「自分が行きたいから行く」「自分が行きたくないから行かない」と自分がまずどうしたいかを大事にしてほしい。

そもそも休み時間で行うものなのだから、おとどけアートが音楽室でワイワイやっていようが、永田さんが最後の日にピアノを弾いていようが、外でボールで遊んでいてもいいし、図書室で本を読んでてもいい。教室で誰かと話しててもいい。自分がそうしたかったらそうすればいい。

乱暴かもしれませんが、そういった「こなくてもいい」という姿勢を見せたりすることができるのは部外者だからこそできることでもあります。
ちょうど活動が2週目に入ったあたりで永田さんがふとしたときに「俺は部外者でありたい」と話してたことがあり、ようやくその意味が昨日今日でじわじわと自分のなかに落ちてきている気がしています。


部外者がいったい何をするのか。さらに気になってきました。
とても楽しみです。
a0062127_01562919.jpg


コーディネーター/杉本



[PR]
by sair_ais_programs | 2018-11-09 01:57 | おとどけ/西園小/永田壮一郎 | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/本町小/中島佑太
おとどけ/西園小/永田壮一郎
おとどけ/ひばりが丘小/上ノ大作
2018年度AIS
天神山AS/澄川南小/ミカ
おとどけ/山の手小/川上りえ
おとどけ/有明小/東海林靖志
おとどけ/拓北小/まるみデパート
2017年度AIS
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
十勝/大正小/クニ&美佳
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism