【おとどけアート 永田壮一郎×西園小学校】11/9 体を大きく使うということ
11月9日、活動最終日。

いよいよ永田さんの活動も最終日を迎えました。
最終日といっても中休みは、特別なことはなにもなく、この一週間やってきたスクールバンドの子どもとの練習。
昨日から参加しているユーフォニアムの譜面を調整したり、です。
a0062127_11424184.jpg
初日から永田さん永田さん!と休み時間の度に走ってきていた子どもも
静かにその様子を見守ります。
a0062127_11453510.jpg



3時間目、待機場所の向かいにある教室から、子どもたちが合唱をしている声が聴こえ
覗き込む永田さん。
a0062127_11512104.jpg
a0062127_11525129.jpg
突然の永田さん登場にも、わぁ〜!となることもなく、それでいて無関心でもない雰囲気。
この学年は永田さんが一番授業で入ったりすることが多かった学年。
永田さんがいるのは当たり前、とまではいわないまでも自然に受け入れてくれている印象です。
a0062127_11515141.jpg
永田さんの伴奏でがもう一度、合唱。
その後で永田さんから子どもたちへメッセージのようなものを。
a0062127_12265927.jpg
永田さんが「何をするにも体を大きく使え、そしたら良いことがあるぞ!」といったことを子どもたちに言うと
良いことと聞いてお菓子!と答える子どもたち。
そんな単純なものなんかじゃない、と永田さん。子どもたちには?が浮かびます。

合理的にものごとを考えたりすることは確かに大事なことだけれど、そのことによって変に力をセーブしたりしていると、いざ全力で何かを取り組まなくちゃいけないときに上手く扱えなかったり、力の出し方や加減がわからなくなったりしてしまう。
そんなことにならないようにという意味で、
体そのもののことでなく、姿勢や意識を指しての言葉だったようです。

子どもたちはわかったようなわからなかったような表情でしたが、
それぞれが永田さんの言葉を受け止めている時間がそこにあったように感じます。


給食時間。
今日は6年生のクラスで食べます。
a0062127_12424545.jpg
給食を食べるのも今日で最後ですね。
子どもたちとはどんな話をしたのでしょうか。


給食が終わると、子どもたちは昼清掃の時間。
掃除が終わるのを待って音楽室に入ります。
a0062127_12451138.jpg
掃除時間の終わりには、各教室のモニターをジャックしてお知らせ。
スクールバンドの子どもたちと演奏します。僕と一緒に演奏した人、もっと演奏したいな、と思った人は
音楽室で。というビデオが流れます。
a0062127_12472691.jpg
その映像をみて、子どもたちは音楽室へ。
a0062127_12480653.jpg
次から次へと子どもたちが入ってきます。
a0062127_12483519.jpg
演奏する前の段階ですでに音楽室には入りきらないほど。子どもたちだけでなく、先生たちも姿もありました。
音楽室にはなぜか色々な楽器も置いてあります。
a0062127_12495142.jpg
大人数に囲まれ、スクールバンドの子どもとの演奏が始まりました。
a0062127_12525892.jpg
演奏が終わると立ち上がり、なにか合図をする永田さん。
a0062127_12522236.jpg
すると音楽室の後ろにいた、活動の手伝いにきてくれていた学生が、クラリネットを吹き始めました。
クラリネットから出るチャイムの音階に子どもたちが一斉に振り向き、立ち上がります。

そして、ひとつだったチャイムの音階は徐々に周囲に置いてあった楽器へと広がり、延々と繰り返されます。
(音楽室にきてくれていた先生たちに声かけし、楽器を弾く役になってもらいました。)
先生たちが楽器を弾くと、自然と子どもが個々の楽器を囲み、子どもらへとバトンタッチする様子も。

その後は、永田さんとスクールバンドも加わり、音楽室は音で飽和状態となりました。
a0062127_13444161.jpg
様々な楽器で繰り返し鳴らされるチャイムの音階は音楽室だけにとどまらず、廊下へと。
まさしく音のように届く範囲が広がっていきます。

最初に音楽室を出て行った楽器はこの階の一番端まで到達。
廊下中に楽器とそのメロディーがある状況で、その全体像は誰一人見きることができなかったのではないでしょうか。

そして永田さんを中心に演奏が終了。間もなく本当のチャイムが鳴りました。
チャイムが鳴ると子どもたちは誰が言い出したわけでもなく、楽器を戻し始めました。

あれだけ賑わっていたのがまるで嘘だったように授業準備時間に切り替わります。
a0062127_13573989.jpg

通常、小学校においてチャイムとは、そこにいる人に時間の区切りだったり切り替えだったりを行うため装置として使用されています。
しかし今回、演奏したのは繰り返されるチャイムの音階を用いた曲、、、。

それは、チャイムに別な要素を付与させてみるという試みだったように感じます。

永田さんがいなくなった後も、チャイムは装置として使われていくでしょうが、
ふとチャイムの音を聴いたしたときに音楽室でこういったことがあったなぁと永田さんを思い出して、そういえばあれはなんだったんだろう?と思い返してくれたりすると永田さんが、西園小学校でやりかったこと、試みたことに繋がっていくのではないでしょうか。



待機場所を片付け、職員室で教職員の方々に挨拶をして最後の下校。
玄関前でスクールバンド部長とのお別れも経て
西園小の活動は終了を迎えました。


永田さん、2週間の活動、本当にお疲れ様でした。




コーディネーター/杉本

[PR]
by sair_ais_programs | 2018-11-11 13:21 | おとどけ/西園小/永田壮一郎 | Comments(0)
<< 【おとどけアート 札幌市立本町... 【おとどけアート 永田壮一郎×... >>



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/本町小/中島佑太
おとどけ/西園小/永田壮一郎
おとどけ/ひばりが丘小/上ノ大作
2018年度AIS
天神山AS/澄川南小/ミカ
おとどけ/山の手小/川上りえ
おとどけ/有明小/東海林靖志
おとどけ/拓北小/まるみデパート
2017年度AIS
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
十勝/大正小/クニ&美佳
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism