学芸員は〇〇部! 加賀城匡貴×北陽小学校
おとどけアート、加賀城匡貴×北陽小学校

「北陽ミ術館」の11月12日の活動の様子をご報告いたします。




今回はここから行って見ましょう。

a0062127_23071536.jpg

給食交流から。

この日はみんな大好きうどん。

みんな活気がありますよね。


a0062127_23091125.jpg
遠い昔の記憶をたどると、やはり給食時間は嬉しいものでした。

ご飯を食べながら自由に友達と話し合う30分。

そりゃ、楽しいですよ。


授業中にこちらを見つけて、「あっ」といった瞬間や、

休み時間に一緒になって何かを作るとき、

それとは違った表情が給食時間には見られます。


なんというか、

ごく自然な、普段の子どもの表情なんですよね。

a0062127_23115813.jpg
ここでの、ささいな会話や

どうでもいいようなやりとりの場にいるだけで、

特に話をしていなくとも、仲間になったような意識が生まれます。



「友達になろう!」という直接的で不自然なつながり方よりも、

ご飯を食べる、という目的の中でたまたま隣り合わせた、という

その状況の方が親密な関係になれるのかもしれません。


お互いに構えることがない、ということが案外重要な気がします。




さて、そんな子どもたちが気を抜いて無防備な状態(?)の給食時間に、

放送室を借りて2分ほどのパフォーマンスをおとどけ。

a0062127_23174487.jpg

ほら、もうみんな釘付けですよ。

a0062127_23181488.jpg
この、視聴率100%放送はやめられません。

毎回、各教室から笑い声や驚きの声が聞こえてくるのです。





さて、この日の活動はこんなことを行いました。

a0062127_23193486.jpg
子どもたちを集めての「学芸員説明会」です。

a0062127_23200763.jpg
12月6日(土)のOPENに向けて子どもたちの活動は終盤戦。

より、具体的で積極的な参加を期待して、

活動に4つの部を作成しました。




a0062127_23264199.jpg
① かんがえ部

ミタテ作品の「タイトル&ストーリー」を考えてもらいます。
まさにミ術館の根幹を担う大事な活動です。
主に、低学年層の見立てファンタジスタたちが
無限のアイディアを発動させる場となっとおります。
(写真はミニ児童館での活動の様子)





a0062127_23283035.jpg
② ひろげ部

ミ術館の広報を担う重要な役割です。
学校周辺地域や、札幌市内に配布するチラシに添付する
「北陽ミ術館チケット」に招待メッセージを書くことが主な仕事です。

「楽しいから来てね~」とか「絶対おすすめ!」といった
子どもたちのかわいい文字で書きあげたチケットは全てオリジナル。
中でも、最近英語の勉強を始めた子が書いたであろう、

「北陽ミ術館へDO!」のチケットはレアです。プレミアです。
GOじゃなくて、DOなのが、間違っているんだろうけど正解です。

※ 北陽ミ術館は入場無料でチケットなくても自由に入れます。





a0062127_23315878.jpg
③ 作る部

作る部の主な活動は、
ミ術館内部に展示するポスターや案内板などの作成です。

これは、各ミタテ作品をさらにそこからキャラクター化させた
ミタテキャラクター図鑑ポスター。

見立て作品の時点で十分な想像力使っているのに、
そこをさらにキャラクター化するという、荒業。
面白いです。


④ ガイド部

これは12月6日に各場所で作品の案内を行う、正にガイド役。

ツアーも考えていましたが、1階~4階までの333作品を
作品から作品までの移動5秒、作品鑑賞5秒だとしても
約1時間ですか?体が持ちません。

ということで、作品が集まっているところに
学芸員の子どもたちがいて、行くと紹介してくれるような感じです。

a0062127_23411858.jpg
こんな感じで活動もラストスパート。

a0062127_23415200.jpg
いつもやっている朝のパフォーマンスも

今日は活動参加の呼びかけを中心として行っていました。


次回へ続く







おまけ

a0062127_23425467.jpg
学芸員集会の呼びかけが終わり、子どもたちもみんなクラスへ、

誰もいなくなった朝の廊下。

「でも、せっかく用意したんだから・・・」

と、加賀城さん。

a0062127_23440604.jpg
セーフティー綱渡り、というタイトルでこの映像。

誰もいないのにパフォーマンスの開始?!

ちょっと、テンションおかしくなってます。



始めた矢先に、近くの3年生が

「うるさーい!」と集団で廊下に出てきての抗議。

どうやら、朝読書の時間だったようで、お怒り。

10歳に怒られて、すごすごとパフォーマンス中止。

いろーんな、複雑な気持ちでした。


おまけ、おわり。








[PR]
by sair_ais_programs | 2014-11-25 23:47 | おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴 | Comments(0)
<< 拠点校を離れて@苫小牧 苫小牧AIS活動前半ダイジェス... >>



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/本町小/中島佑太
おとどけ/西園小/永田壮一郎
おとどけ/ひばりが丘小/上ノ大作
2018年度AIS
天神山AS/澄川南小/ミカ
おとどけ/山の手小/川上りえ
おとどけ/有明小/東海林靖志
おとどけ/拓北小/まるみデパート
2017年度AIS
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
十勝/大正小/クニ&美佳
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism