人気ブログランキング |
【おとどけアート 斉藤幹男×手稲北小学校】11/22 10日目
11月22日、活動10日目。

この日で手稲北小学校での活動最終日。

活動初日と同様にテレビ朝会を使っての挨拶から始まりました。

あれからもう2週間が経ったのかと時のはやさに衝撃を受けながら挨拶に臨みました。
a0062127_16152093.jpg
このテレビ朝会で、子ども達に作ってもらった上靴を履いて登場するプランだったのですが、

予想以上にたくさん増えすぎたためにいくつか抜粋して画面越しで見せながらのお礼。

そして、中休み、昼休みに演奏会をするのでぜひ来てください!と

これも描いてもらったポスターを持って宣伝しました。

場所が、ロゴマークになっているので口頭で発音できないんですよね。笑

放送室からは子ども達の画面を通してのリアクションが拾いにくく、

ちゃんと来てくれるかなぁとまた不安になるんですよね。

そこはきっと来てくれると信じましょう!


放送室を後にして向かったのは理科室。

お借りしていた展示物を返却しに伺いました。

娘さんが小学生のときに描いた自由研究のお話だったり、

またしても色々なお話を聞かせてくださいました。
a0062127_16270058.jpg
最終的には私と斉藤さんに手作りのカレンダーをいただいたりまで。。。

この先生と活動初日に出会っていなければ、

活動拠点での展示も成り立たなかったんじゃないかと思います。

どうもありがとうございました!



そして2時間目になるとかけ足で6年生の教室へ。

1週目に図工の授業で少しお邪魔していたのですが、

粘土で将来なりたい職業像を作っていたのも

後々振り返るとこのキャリア教育と呼ばれるものにつながっていたのかもしれません。

斉藤さん、今回の活動ではあえて自分の作品を見せたりすることを

封印していたのですが、最終日にして初めて

自身の作品を見せる機会となりました。
a0062127_16352031.jpg
一口にアーティスト、といっても様々な表現活動があり、

なり方もまさしく十人十色の世界。

どのように子ども達は斉藤さんの話を聞いてくれていたのでしょうかね。

(ちなみに僭越ながら私自身も自身の職業について話す機会をいただきました。。。)



2時間目が終わると演奏会の準備のため活動場所へ急いで戻ります。

すでに子ども達がちらほら。

今朝抱えていたちゃんと来てくれるかな的不安は消し飛びました。

だいたいよき頃合いになったタイミングで改めて

今日のゲストを斉藤さんからご紹介。
a0062127_16525355.jpg
急なオファーにもかかわらず快諾してくれたスタッフの深澤さんです。

手稲北小学校のメロディーをアレンジして演奏してくれたり、
a0062127_16524843.jpg
ギター片手に歌ってくれたりと大活躍。

先生方も午後からの参観日への準備もある中子ども達と見に来てくださっていました。
a0062127_16563197.jpg
おかげさまでこの通り。

直前に授業の中で宣伝した甲斐もあったのか6年生もちらほら来てくれていますね。
a0062127_16584798.jpg
後ろでは、みんなが作った斉藤さんの上靴の展示をしていましたよ。

学年バラバラでそれぞれ全く異なった作り方をしているので、

誰かが作った上靴に興味を持つ瞬間もあったのではないでしょうかね。
a0062127_17141791.jpg
チャイムが鳴り、盛況のまま中休みが終了。



来てくれてありがとう!と子ども達を見送るなか、

やはり今日も彼が現れました。ましてやどこから見つけたのか風船を持ち去ろうとさえ。

これにはさすがの斉藤さんもお怒り(笑いながら?)の様子です。
a0062127_17503067.jpg
実は彼とは一緒に上靴の材料を貸し出しに行った仲。

これまで隙を見つけてはよく私たちの場所にやってきてくれていました。

せっかく材料を買ってきても体育館に遊びに行って数日放置するなど

度々私たちをヤキモキさせてくれていましたね。



さてそんな彼をなんとか教室へ追い返し、

朝からの怒涛の流れに一息いれつつ昼休みに向けてちょっとアップデート。

中休みはどこまで場が盛り上がるのかの様子見も兼ねて、

子ども達に座って聞いてもらうことにしていたのですが、

昼休みは思い切ってブルーシートもとってみることに。

ここ2日間くらい、やんちゃしている子どもには斉藤さんから

指導(コミュニケーション?)が入っているので、

きっと大丈夫なはず。むしろ踊り出してくれるくらいが良いのかなと。



これで準備は万端です!給食を食べに行きましょう。
a0062127_17254019.jpg
斉藤さんはラスト給食は4年生のクラスで過ごすようです。

給食に関しても、学校側からはどこのクラスでも自由に入ってください、と

私たちからすると非常にありがたい状況となっていました。

もちろん、この日はゲストの深澤さんも別なクラスで子ども達と給食を食べます。
a0062127_17405514.jpg
給食から戻ってくると斉藤さんがこんなものを見せてくれました。

4年生のクラスに給食を食べに行くことは直前になって決まったのですが、

突然クラス全員によるお礼のメッセージ集をもらったとのこと。
a0062127_17415045.jpg
完全に不意打ちを喰らったみたいです。

その瞬間に立ち会えなかったのが残念ですが、

こんなドラマチックな偶然ってあるんですね!

中は風船を使った授業の様子の写真なども貼られ、文字も表裏関係なくギッシリ!

なにより一人一人の個性がチラリと見えるような装飾に感動しました。



そして、今日は5時間目が参観日ということで

昼清掃が免除になった子ども達が次々にやってきました。

せっかくの棚ボタ時間、昨日撮影できなかった分の

上靴を作ってくれた子どもとの撮影にあてましょう。
a0062127_18063097.jpg
早々に上靴に車輪をつけたいと言ってくれていたこの子。

ローラーブレードのような感じなのかなとワクワクさせてくれていました。

毎回休み時間を上靴製作にあて、最終的に何人かの合作となって完成までこぎつけました。

フェイクファーに隠されていますが、ジェルペンやビーズなど大量にあしらわれた力作です。
a0062127_18104626.jpg
こちらも上靴作りを始める前から活動拠点に来てくれていました。

上靴作りとしては後発隊ながらも斉藤さんの足をかたどって

唯一の両足分セットで完成させてくれました。



そしてついにやってきました昼休み。

スタッフ深澤さんによるライブ第2幕。
a0062127_18170262.jpg
ブルーシートはなくなったのですが、

中休みに来てくれていたと思われる子ども達は座ってくれていますが、

自然と前後関係なく深澤さんを囲うような雰囲気になってくれていて、

なかなかに良い状況になっていたと思います。
a0062127_18214398.jpg
マイク片手に手稲北小学校の校歌と深澤さんが作曲した小学校のCMソング(!)を合唱。

「すーいかのがっこう、ていーねきったしょぅがっこー♪」

昼休みが終わる予鈴が終わったあとも廊下から子ども達が口ずさむ歌が

聞こえてきて思わずほっこり。
a0062127_14331798.jpg
最後にいつも授業時間開始間際に現れる子がやってきましたよ。

この子はこの拠点のロゴマークを考えてくれるときからの付き合いで

その日以降、斉藤さんに絵を描いてもらうお願いをし続けてきました。

しかしなかなか時間に追われ描くに描けない斉藤さん。

逆にすんなり描いてしまうとこの子との接点がなくなってしまうのが残念で

この子が来るたびに斉藤さんが「描けなくてごめんね」と謝り、

この子も「え〜まだ描いてないの〜」と言いながらも

毎日確認に来てくれていました。

(これまでのブログでもなんとなくそんな瞬間の写真がありますのでぜひに。)


このあと先日に続き、この日も参観日でいらっしゃった保護者の方に

この空間を見てもらい、上靴作り以外の活動の中で顔と名前が見える関係性を

築けた子どもの保護者ともお話しすることができましたよ。

子ども達も帰り際に斉藤さんにお別れのあいさつをしに来てくれました。
a0062127_15030432.jpg
保護者の方がだいたい帰ってから風船の撤去作業を始めます。

懇談会中に風船を割りまくる訳にはいきませんね。
a0062127_14585208.jpg
ワイヤーで吊っていた風船を下ろし、あとはひたすら割るのみ。

まさしくこれがスイカ割り!

片付けるのも時間がかかりそうだなと思っていたところ、

なんと割れる音を聞きつけた先生方がハサミを片手に参戦してくれました!
a0062127_15054208.jpg
さすが先生方、ものすごいスピードでさばいていきます。。。

あっという間にスイカが割り終わりました!

その後も色々な先生にお声かけていただきながらの撤収作業となり、

残っていた先生方に見送られてのエンディングとなりました。



改めてここで活動を振り返ると、

今回の活動では、斉藤さんは自身で何か手を動かしたり、

自らの表現で何かを創作すると方法はとらずに、

手稲北小学校にあるもの、もしくはいる人が

何かをするような空間を目指すことで

お互いに知らなかった一面を知ったり、

新しく生まれた交流が今後なにかにつながるきっかけに

なってくれたら面白いのでは、と試みてきました。

斉藤さんにとっても1度目のおとどけアートの

活動とは違ったアプローチに挑戦し、

そのときと違った手応えも感じたようでした。

結果としては、私たちが学校にとって何らかの課題を解決した訳でもないし、

明確に目で見える形で作品が残るといった活動でもありませんでした。

少し上で、この活動を通してなにかにつながってくれたら、と書きましたが、

そういったものもすぐ現れる性格の活動でもなく、どういった形で現れるのか、

何か現れたとしても因果関係があるのかすらも曖昧で、

そもそも成果として呼べるものかもはっきりはしません。

即効性のある成果が求められ、問題解決型、成功前提での活動が目を引く時勢ですが、

今回の活動がどういったものだったのかをこれから一緒に考えていく種を

撒くようなことができたのではないかなと感じています。


と、ついつい長くなってしまいましたが、

これにて手稲北小学校×斉藤幹男さんの活動終了です。

2回目の活動に参加していただいた斉藤さん、

何事にも柔軟にご対応いただいた手稲北小学校の教職員の皆さま、

そのほか関わってくださった皆さまには感謝に堪えません。

本当にありがとうございました!



コーディネーター/杉本

# by sair_ais_programs | 2019-12-10 12:19 | おとどけ/手稲北小/斉藤幹男 | Comments(0)
【おとどけアート 松田朕佳×もみじの丘小学校】12/4 8日目:3年1組ができるまで vol.1
もみじの丘小学校でのおとどけアート8日目。

昨日「3年1組をつくる!」
と宣言した松田さん。

今日は、先日なえぼのアートスタジオで知り合った日本画家の葛西由香さんをアシスタント(?)に従えて、登校。

さっそく宇宙人のシルエット制作へ。

a0062127_16512557.jpg
さすがは美術家の二人。
黙々と作業して宇宙人が増殖されてきます!
一体何体作ろうとしているのかな?
ダンボールで「もぐら教室(仮)」が埋め尽くされてきてますよ!

まだ、3年1組と宇宙人の関係性は明かされていませんが、どこかで繋がっていくのしょうかね、、、、、?

中休みは、飼育委員会主催のクイズイベントが開催されているということで見学に行きました。
a0062127_16522098.jpg
どうやら教室の中に行くつかのクイズが点在されていて、その答えをシートに書いていく方式のようです。

a0062127_16522036.jpg
「この花はなんという名前の花ですか?」
手作りのお花が飾られています。
かなり斬新な内容!

a0062127_16522025.jpg
飼育委員と思しき女子に声をかけ、インタビュー。
学校で行われるこの種のイベントは、高学年が主体となって運営され、低学年が参加者という構図がけっこあるのですが、お話を聞くと色々とご苦労もあるようです。
お疲れ様です!!!

そんな子ども達を労わりつつ、笛の練習にも余念のない松田さん。
自分が小学生に近づくことをモットーに子ども達の日常をなぞっているとのこと。
なので休み時間はやることがいっぱいです。

a0062127_14163334.jpg

そして休み時間が終わったらまたシルエット制作へ。
アシスタント葛西さんの頑張りもあって、空間に埋め尽くされて行く宇宙人達。
不気味です!

a0062127_14163611.jpg
作業がひと段落して給食時間。
今日は4年1組。
四年生はいつも休み時間遊びに来てくれる好奇心あふれる子ども達。

a0062127_14163344.jpg
お昼休みは、敷き詰められた宇宙人達をかわしながら続々と子ども達がやって来ました。
「これどうするの〜?」
「なんでつくってるの〜?」
不思議なことがいっぱいです。

一方松田さんは、子ども達のサポートを得ながら壁に何かを掲示しています。

a0062127_14380156.jpg
ん?これは、、、?

a0062127_14380268.jpg

あ、これは隣の3年1組の教室に貼られているスローガン的なアレですね?

a0062127_15082691.jpg

あちらは印刷されたものですが、だけどこっちは手書き。
見た目のギャップはありますが、要素は一緒。
ということで、昨日の習字もそうですが「3年1組をつくる」という行為にはこのような要素がこれからも生み出されていくわけですね。

さて、こうして本日の活動が終了。
ご覧の通り、空間全体に埋め尽くされている宇宙人。

a0062127_15112056.jpg
目が串刺しにされた宇宙人。

a0062127_15112110.jpg
そして3年1組の様相が少しづつ設えられて来た教室。

「宇宙人のまえなら」
「3年1組をつくる」

この意味深な発言とテーマが、いよいよ形になりつつあります。

2週目の活動は明日で最後。

どのような展開になるのか乞うご期待!


コーディネーター:漆










# by sair_ais_programs | 2019-12-08 18:29 | おとどけ/もみじの丘小/松田朕佳 | Comments(0)
【おとどけアート 松田朕佳×もみじの丘小学校】12/3 7日目:3年1組をつくる!?

もみじの丘小学校でのおとどけアート7日目。


アーティストの松田さんは、今日まで「もぐら」や「目」をコンセプトに様々なしかけをつくってきました。

そして、7日目を迎えたこの日。

ついにその本筋となるアプローチが見えたようです。


持ち込んだ習字道具から一本の筆を取り出してはしっかりと握りしめ、頭の中に描いてきたイメージを現実で再び描くようにと、彼女は語り始めました。


a0062127_16140855.jpg

「私が通う教室を作ります。」


思いついたことをつらつらと口にしながら思考整理をしていくことが多いため、どうしても不思議に映りやすい松田さんですが、その姿が今日はどこか勇ましく映ります。


もちろんその発言にも、彼女なりの意図が詰まっていました。


「その教室は、3年1組のコピーなんです。」


━━━━━━


今日は20枚ものダンボールを追加で仕入れたこともあり、朝から宇宙人の量産作業に追われると話す松田さん。


a0062127_16143496.jpg


中休みに覗いてくれた子たちへと次々に声をかけ、着々とシルエットを確保していきます。


a0062127_16143781.jpg
a0062127_16143671.jpg

中休みが終わり子どもたちが教室へと戻ってからは、淡々とくり抜きと色ぬりを進めます。


黙々と作業していると、突然賑やかな声が「もぐらの教室(仮)」へと近付いてきました。

ニコニコした教頭先生が引き連れてきたのは、なんと保育園児たち。


a0062127_16151695.jpg


幼い彼らも天井から吊るされた不思議な緑の宇宙人たちに何やら興味津々な様子。

「なにこれーーーーー!!!!!」

「へんなの」

「めがとびでてる!」

「きもっ!!」

と、反応も様々でしたが、不思議がる子どもたちに対して松田さんも負けじと語りかけます。


「宇宙には重力がないんです。なので宇宙人は目で前ならえをします!」


a0062127_16151707.jpg

(一同)「意味わかんないーーーーー!!!!!」


…頑張れ、、松田さん、、!




もとより意味まで伝わるとは思っていませんが、「もぐらの教室(仮)」に用意した様々な仕掛けは楽しんでもらえた様子。


a0062127_16155234.jpg

何よりもこの無邪気さ、かわいい。。。


a0062127_16155422.jpg

さて、昼休みは引き続き宇宙人の大量生産です。


型を取られる側はどんな気持ちなのでしょうね。


a0062127_16162314.jpg

そして、5,6時間目と6年生の図工へお邪魔してきました。

今回は「12年後の自分」をテーマに、紙粘土を用いた立体彫刻を作ります。


漢字の小テストを解き終わった人から制作に移れるというシステムのようで、松田さんもその例外ではないようです。

担任の先生から容赦無くテストを配られてビクビクしながらも、なんとか満点で切り抜けらたようで一安心。


a0062127_16162354.jpg

まずは土台となる針金で型を作っていきます。


これは、、?転びそうな人でしょうか??

12年後にはきっと転んでいる、と??


a0062127_16162362.jpg

「12年後くらいだと、小説家になっているかも。」


…?

締め切りから、逃げている人??


ポーズを決めたら紙粘土で早速肉付けをしていきます。


a0062127_16162370.jpg

乾いたら、色を塗って、完成。


なのですが、乾くまで時間がかかるだろうとしばらく目を離している隙に、、


a0062127_16172493.jpg

椅子回し、満を辞してここで復活!!!


片手で小説を書きながら、もう片方の手と足で椅子回し。

「今は足で椅子を回せるように練習していますが、12年もすればこれくらい上達しているはず。」とのことです。


6年生や先生たちはすごい、とたくさん褒めてくれていました。


作品に関する質問にもしっかりと回答し、図工は無事終了。


a0062127_16172414.jpg

休む暇もないまま、放課後を迎えます。

通りがかりに寄ってくれた子どもたちをガッチリと捕まえては、型を取る。

くり抜いては、色を塗る。


たったの4ステップですが、やってみると結構大変なんですよね。


a0062127_16172419.jpg

そして、ついに筆の出番です。


━━━━━━


ここまでの活動で松田さんが見て、触れ合って、感じてきたこと。

それらをもとに日夜考え続けた結果、彼女が選んだのは、「もぐらの教室(仮)」で、隣の3年1組を再現するということ。


朝に相談を受けた際、数々のアーティスト・イン・スクールを見てきたコーディネーター漆の反応は、じっくり考えた上での「いいと思う。」という肯定でした。


「「教室のコピー」というのは”アートっぽさ”をもつがゆえに、表面的に捉えられる危険性もある。けれども、まっつん(松田さん)と一緒に見てきたこの小学校の現状を踏まえた上で、この教室でそれをやることの意義はとても大きいだろうね。」とも。


a0062127_16190517.jpg
最終的にどこまで再現できるかはわかりませんが、まずは廊下に掲示してある習字から写していきます。

先生の教え方は同じはずなのに、一人一人異なる特徴で描かれる”木”という字。

それぞれの個性と向き合いながらも、集中して書き進めていきます。


a0062127_16185047.jpg

これが3年1組に掲示されているもので、


a0062127_16185190.jpg

こちらが松田さんが模写したもの。恐るべき再現度です。


a0062127_16185085.jpg

結局、松田さんはなぜ3年1組のコピーを作り、誰に何を伝えようとしているのか。

少しずつですが、今後皆さんに伝えていければと思います。

引き続き応援よろしくお願いします!


サポートスタッフ:花田



# by sair_ais_programs | 2019-12-07 19:53 | おとどけ/もみじの丘小/松田朕佳 | Comments(0)
【おとどけアート×森迫暁夫 美しが丘緑小学校】11/28 10日目
さて、本日が10日目となる11月28日(木)の様子。
a0062127_18271269.jpg
森迫さんのスペースが進化というのか、森化しております。

森迫さん自身も、変化させ続けるのを止めない気でいます。

a0062127_18285256.jpg
どんどん、自身の作品も増え続け。

そして、子ども達の落書きや作ったものや、関わりが蓄積されてゆきます。

a0062127_18293775.jpg
シールを持ち込むと、子ども達が円を描いたり、し始めます。

なんというか、これもコール&レスポンスですね。

a0062127_18301987.jpg
もちろん、この環境すべてに森迫エッセンス=かわいい、

カワイイは正義、が満ち溢れてゆきます。


a0062127_18305973.jpg
ちらっと辺りを見ると、、、低学年の子が、森の中でかくれんぼをしています。

隠れているのは、全て森迫さんのガチ作品です。

で、よくバタンバタンと倒したりするので、「気を付けてね~」と優しく声を掛けるのですが、

作品自体はひっこめない。


その作品ひとつひとつに触れることができる。 この作家としての意志。

a0062127_18333275.jpg
で、そんな感じで休み時間があっという間に過ぎると、

1年生のクラスにお邪魔。色々と呼んでもらえるのはありがたいこと。

よく見ると、右奥に森迫さんも座っています。

a0062127_18341387.jpg
紙で作った工作、それを黒板にあるように

①ていねいで賞 ②うごきがおもしろい、ナイスアイディア賞という

二つの異なる視点から、互いにいいねを見つけあう授業です。

a0062127_18351951.jpg
子ども達は早速、それぞれが気になる所に行って、作品を見て

いいねを探します。これはジンジャーマンをたくさん貼った作品。

この時にはじめて「ジンジャーマン」という単語を知りました。

ていねいで賞にノミネートしたい。

a0062127_18361103.jpg
こちらは動きが面白いで賞。

ぐにゃぐにゃスピードを変えて動くし、よく作った。

こんな感じで、みんながそれぞれの「いいね」について意見を言います。

で、森迫さんも感想を言います。


a0062127_18375549.jpg
そして、そのまま給食時間に突入。

ご飯を食べながら、質問タイムがあったり。

こんな時間も、担任の先生が機会を作ってくれたおかげです。

休み時間や、ちょっとした時に先生とコミュニケーションをとっておくと、

「授業見に来て下さいよー」というような流れになることが多く、

それによって、休み時間だけでなく授業の中でも関わり合いが持てるんですね。

a0062127_18423619.jpg
で、給食食べ終えて戻ると、すぐにこんな感じ。

みんな、すごい来る。

a0062127_18430186.jpg
先日に続いての、軍手で人形を作り、

からの将来なりたい人を紙に書くワークショップ。

a0062127_18413144.jpg
こんな感じで、ドンドン増殖する子ども達の作品。

低学年の子ども達が基本もりもりやって来るんですが、

高学年の子も何か作りにやってきます。

で、中休みと昼休みが終わると、基本は終了なんですが、

この森迫ワールドは日々変化するのでここからも活動が始まります。
a0062127_18430803.jpg
分かりますかね?

a0062127_18451889.jpg
かわいいの増殖が止まらないっっ!!

床に直接段ボール製のカワイイを取り付けます。

a0062127_18465350.jpg

森迫さんがやって来ることによって、空き教室が遊び場になり

そこに子ども達がやってきて鑑賞したり、干渉したりすることで、

生き物のように環境がどんどん変化してゆきます。

まるで森のよう。


つづく

コーディネーター小林


# by sair_ais_programs | 2019-12-07 18:51 | おとどけ/美しが丘緑/森迫暁夫 | Comments(0)
【おとどけアート 松田朕佳×もみじの丘小学校】12/2 6日目:宇宙人増殖
もみじの丘小学校でのおとどけアート6日目。

1週目の活動と週末のお休みを経て2週目に入りました。

登校してすぐに松田さんが何やら仕込み始めました。
よくよくみると人の横顔に紐が耳から入って口から出て、また耳から入って口から出ている作品。

a0062127_19361323.jpg
今年の夏に、目をくりぬいた巨大な顔の作品と合わせて制作されたもの。
2週目に入った「もぐら教室(仮)」の雰囲気を華やかに彩ります。

その作品を設置し終えた松田さんは、何やら椅子を持ち出してゴロンと床に転がり、足で椅子を回し始めました。
「このパフォーマンスをやりたいんですよね。」

a0062127_19372455.jpg
スタッフの花田氏も道連れになって一緒にぐるぐる。

a0062127_19375386.jpg
「む、むずかしいですね、、、。」
その後も二人で試行錯誤しながら椅子を足で回してみますが、なかなかうまくいきません。

「っていうか、危ないですね!これ!」

う、うん!危ないですね!
とにかく一旦落ち着きましょう!!!
一体何がしたいんですか?松田さん!!!

謎のパフォーマンスを始めようとして挫折した一同は、中休みになり先週末から始まったシルエットづくりへ。
「宇宙人のまえならえ」
というタイトルがつけられたこの作品制作は、子ども達に大人気。

a0062127_19411673.jpg
子ども達だけではなく、先生方も巻き込まれていきます。

a0062127_19411689.jpg
そして、くり抜かれた目の部分に棒を串刺しにしていきます。

a0062127_19411704.jpg
想像はしていましたが、かなり奇妙な状況になってきました。
これは一体どのくらいの数が作られていくのでしょうか。
楽しみなような怖いような、、、、。


制作がひと段落して、給食タイム。
今日は「にじいろ学級」のみなさんとのランチ。
先週授業で考えたクリスマスツリーの飾りについてお話ししながら、楽しい給食時間。
お昼休みに遊びにきてね!

a0062127_19460723.jpg
そして、お昼休み。
約束通り、にじいろ学級の面々も「もぐら教室(仮)」に来てくれました。
北海道教育大学の学生さんもお手伝いに来てくれたので、精力的にシルエットを制作します。

a0062127_19460775.jpg
一方松田さんは、、、、、。

a0062127_19460779.jpg
子ども達と笛の練習。
むむ!これも何か企んでのことなのでしょうか。
シルエット制作をそっちのけで真剣に教えを受けています。

昼休みが終わるとさすがに松田さんもシルエット制作へ。
象られた段ボールに色を塗っていきます。
それも緑一色。
え?なぜかって?
もちろん宇宙人だからです。

a0062127_19460726.jpg
こうして2週目の活動がスタートしました。
1週目の観察を経て、制作を始めた松田さん。
まだまだ試行錯誤は続いておりますが、なんとなくやりたいことが見えて来ているようです。

それにしても、あの椅子回しのパフォーマンスは一体なんなんでしょうかね〜。
最後は誰も話題にすらしていなかったのがかえって印象的な1日となりました。

今後の活動も是非お楽しみに!


コーディネーター:漆


# by sair_ais_programs | 2019-12-04 19:59 | おとどけ/もみじの丘小/松田朕佳 | Comments(0)
【おとどけアート 松田朕佳×もみじの丘小学校】11/29 5日目:宇宙人襲来
もみじの丘小学校でのおとどけアート5日目。

初日に描いた黒板のもぐらたちの絵は、徐々に子どもたちの手も加えられるようになってきました。

その完成度の高さと不思議さに、子どもたちも手が出せずにいたようです。

そろそろみんな慣れてきたのか目立たない部分から少しずつ、少しずつ変化が起きています。

a0062127_14052727.jpg

教室名も「もぐらの教室(仮)」仕様に。

a0062127_14060438.jpg

肝心の松田さんはというと。

「”宇宙人の前ならえ”をつくります!」

a0062127_14071492.jpg

隙を見せてしまったが最後。

開口一番、今日も松田ワールド全開のようです。


「人間の体には、子どもから大人に成長する過程で大きさが変わらないものがあります。」

「それは、目です。」

(先日、理科の先生に尋ねていた話はここに活かされていたようです。)

「地球には重力があるので、地球人のまえならえは地に足をつけた状態での高さが基準となります。でも宇宙には重力がないので、みんな同じ大きさである目が基準となっているんですよ!」

つまり、こういうことのようです。

a0062127_14071427.jpg

な、なるほど…?

松田さんが楽しそうで何より。。

そうこうしているうちに中休みへ突入。

今日は放送委員のインタビューに同行します。

子どもたちが事前に用意してきた先生方への質問に加え、「将来の夢はなんですか?」という松田さんからの質問も聞いていただきました。

a0062127_14085350.jpg

「紅葉の丘小を世界一のあったか丘小にする!」

「可愛いおばあちゃんになる!」

と二人の先生がそれぞれ回答している様子をにこやかに見守る松田さん。

a0062127_14085371.jpg

質問の意図が明かされる日は来るのでしょうか。

先生方との交流も引き続き図っていくようです。

さて、3時間目は3,4年生合同の「フロアカーリング」の授業にお邪魔しました。

フロアカーリングとは新得町発祥の室内向けカーリングとのことで、ここもみじの丘小では小学校の総合教育として取り入れられています。

ルールは簡単。

フロッカーと呼ばれるキャスター付きの木製ストーンを相手チームと交互に投げ、いかに多くのストーンを的に近づけられるかを競うスポーツです。

a0062127_14085357.jpg
一見単純そうですが、力加減や射出角度などコントロールがかなり繊細で思い通りにいかない様子。

授業の終わりでは、指導役の4年生からプレイヤーである3年生へフィードバックも。

こうして毎年受け継がれていくのでしょうか。

a0062127_14085398.jpg
給食の時間には校長先生へ現状の共有をしながらも、先生方へのアプローチを探ります。

指導要領の改定と働き方改革のダブルパンチで余剰時間がほとんどないという状況の上、教職員同士の飲み会などの交流も年々減っているとのこと。

管理職という立場も相まって、校長自身もアプローチの仕方には頭を悩ませているようです。

a0062127_14085437.jpg

さて、給食も食べてひと段落、、というわけにはいきません。

頭の中のイメージを形にすべく松田さんは動き続けます。

a0062127_14104427.jpg
a0062127_14104468.jpg
隣の3年1組の子どもの協力もあり、ものの5分で「うちゅう人のまえならえ」の看板が完成。

a0062127_14104421.jpg

木の棒を黄色く塗り始めたと思えば、

a0062127_14104455.jpg
なるほど、”うちゅう人の目ぇならえ”ってことですね!!!(?)

a0062127_14143233.jpg

後はこれを量産していくだけとのことですが、問題はみんなの型どりがスムーズに進むかどうか。

ミニ児童館の子どもたち、放課後遊びに来てくれるかなぁと期待も高まります。

それまでは淡々と型を取り。

a0062127_14143221.jpg
線に沿ってくり抜く。

a0062127_14143393.jpg

そんなことを繰り返していると。

「そうだ!」とばかりに、突然何か閃いた様子の松田さん。

a0062127_14143351.jpg

土星?

いやいや、ここまでの流れを知っている人はわかりますよね。

目です。

人間の体の中には二つの星がある、そんなイメージでしょうか?

a0062127_14143397.jpg
そして、放課後。

期待通りにミニ児童館の子どもたちは来てくれたものの。。

つくったばかりの目は宙を行き交い、フラフープは回り続ける。

サーカスさながらの「もぐらの教室(仮)」でしたが、本命の宇宙人量産もしっかり進められた様子。

a0062127_14192168.jpg
a0062127_14143358.jpg

日々現実へと展開されていく松田ワールド。

明日はどんな変化が起こるのでしょうか。

引き続きお楽しみください!





# by sair_ais_programs | 2019-12-04 14:22 | おとどけ/もみじの丘小/松田朕佳 | Comments(0)
【おとどけアート 斉藤幹男×手稲北小学校】11/21 9日目
11月21日、活動9日目。


この日は朝、活動場所に向かうまでの間に

粘土を使った授業をしているクラスがあったので飛び込んでみました。
a0062127_10002270.jpg
どうやら、思い出を形にするというテーマのようですね。
a0062127_10023097.jpg
動物園でうさぎと触れ合ったり。
a0062127_10025952.jpg
こちらはボルダリングだそうです。



斉藤さんにとって、こういうように授業中のクラスに

入っていきやすいという状況は非常に良いものだったと思われます。

それは活動場所でのやりとりで出会った子どもが、

クラスではまた違った一面を見たりしたことが

印象的だったと思いますし、よりその子どもとも深く付き合えるような

きっかけにもなっていたとも思います。



さて、前置きが長くなってしまいましたが、

手稲北小学校でのおとどけアートも終盤を迎えています。

最終日には演奏会があるため、

1周目の後半から続けてきた斉藤さんの上靴作りは、

この日で完成を目指します!
a0062127_10104253.jpg
休み時間になると、1,2年生が押し寄せてきてあっという間にこのとおり。
a0062127_10124644.jpg
ここにきて、新しく上靴を作りたいという子どもがたくさん。

材料どこ!?ハサミは!?これ切って!これつけたい!と半ば大混乱。

ブルーシート作戦も風船に目を奪われ、

足元が目に入らない子どもには通用しませんでしたね。

まあ確かに子どもからの視点はこんな感じなので

これではワクワクして仕方ないですかね。。。
a0062127_10215187.jpg
激しく風船にアタックし続ける子どもを抑えつつ、

上靴作りも完成まで促します。

さすがの斉藤さんも流石に疲弊した様子です。
a0062127_10273939.jpg
風船に悪さをする子どもには斉藤さんから指導が入る一幕。
a0062127_10351456.jpg
(カメラを向けると子どもはピースする余裕あるのでこれは喜ばれてますね!)

風船でバレーとかして遊んでごめんなさい!
a0062127_10363238.jpg
このタイミングで、新しい子どもが増えたことで、

昨日に引き続き、この場所を"自由に遊んでいい場所"だと子ども達に

認識されていることを懸念する斉藤さん。

ただただt一緒に遊んでくれるお兄さんが来ている、という状況にならないよう

お互いに場所のイメージを共有しつつ昼休みに臨みます。




昼休み、これが泣いても笑っても上靴作り最後の時間となります。
a0062127_10022754.jpg
斉藤さんの表情も真剣そのもの。

完成促しの声かけや、サポートに奔走。なかなか記録も撮れずの状態でした。

そしてその甲斐もあってか、出揃った上靴たちがコチラ!
a0062127_09222184.jpg
一気に倍くらいになりましたよ!

(これ、最終日履ききれますかね?!笑)

上靴作りが始まってから毎休み時間来てくれていた子どもも

なんとか完成の状態までもってきてくれて一安心。。。


これまで、手紙やイラストを描いてくれたり、キーホルダーを作ってくれたり、

子ども達がアーティストのために何かしてくれるというのはちらほらと見受けられましたが、

この上靴も履く人のことを考えての工夫が一目でわかるものばかり。

誰かのために何かを作ることができるって素敵なことだと思います。


結局、一緒に写真を撮影することができたのはこの1枚。

この日撮れなかった子どもは明日リベンジ!
a0062127_10194240.jpg




放課後は、理科の先生が明日、午前中しかいらっしゃらないということで、

お借りしていたものを返すために一足早く撤去作業。

作業していると、子ども達が触ったり話したりしていた様子が思い出されます。
a0062127_09302552.jpg
ものがなくなるとなんだかさみしいですね。。。
a0062127_09313906.jpg
バイメタル式の気温計は記録紙が2周目に入っていました。

1周目との比較ができるようになっていました。相変わらずの精度を保っています。



また、この活動場所、外からも風船が綺麗に見えると

知らないところで注目されていたようで、

この日しかチャンスがない、と斉藤さんと外からの様子を見にいきました。
a0062127_09440134.jpg
これは。。。目立つ。。。!!!



私たちが外にいるときは基本的に電気が消えているため、

言われるまで全く気付きませんでしたが、

登下校の子ども逹、参観日できた保護者の方、退勤される教職員の方など

色々な方が教えてくれました。

私たちの気づかないところを伝えてくれるのは

本当にありがたいですね。

a0062127_09460767.jpg
さぁ、ついに明日で活動最終日を迎えます。

スタッフによる音楽演奏ということで、また雰囲気ががらっと変わることでしょう。

午前中は6年生の授業にお邪魔したり、午後からは参観日があったりと

なかなか盛りだくさんな1日となりそうです。

手稲北小学校での斉藤さんの活動最終日、どうぞご期待ください!



コーディネーター/杉本

# by sair_ais_programs | 2019-12-03 11:10 | おとどけ/手稲北小/斉藤幹男 | Comments(0)
【おとどけアート 松田朕佳×もみじの丘小学校】11/28 4日目:謎の段ボール
もみじの丘小学校でのおとどけアート4日目。

朝からスケッチブックをひろげて思いに耽る松田さん。
今日は何やらいろいろと企んでいる様子。
昨日までとは少し様子が違います。

a0062127_11004768.jpg
急に思い立って理科の授業を見学。
ただ見学のつもりが、逆に先生からの無茶振りで、今学習している植物の絵を黒板に描くことに。

戸惑いながらも描いた結果、、、
「すごーい!」
「うまー!」
「さすがアーティスト!」
子ども達から歓声が上がりました。

a0062127_11042949.jpg
勢いに乗ってさらに無茶振りする先生。
子ども達がノートに描いたえをチェックしてサインする係に松田さんを任命。
アーティストの絵に触発されたのか、理科の時間とは思えない画力を発揮する子ども達の絵をチェックしていく松田さん。
もはやサイン会状態。
なんだこの時間は!!!

a0062127_11191290.jpg
なんだかんだで楽しく理科の時間を終えて、中休み。
今日は、子ども達が放送室で先生のインタビュー映像を撮るという噂を聞いて放送室へ。
数日前から先生方のお話をもっと聞いて見たいと考えていた松田さんは、熱心にインタビューの様子を見学し、最後にインタビュアーの子どもを捕まえてちゃっかりリクエスト。
「次の先生にインタビューするときは、先生の将来の夢を聞いてくねない?」
とお願い。
お願いされた子も戸惑いながら、了承してくれました。

松田さんは一体何を企んでいるのでしょうか?

さて、3、4時間目は『読書まつり』に参加しました。
『読書』の『祭り』ってなんだ!?
よくよく尋ねると、年に一回だけ開催されるこのイベントは、解放図書館の方々が中心となって、OHPでの影絵や、大型紙芝居などで子ども達に読書に関心を持ってもらおうという取り組み。

a0062127_12203851.jpg
年に一回の楽しみということもあって結構大掛かりなセットが用意されていました。
OHPを使った影絵はどこか懐かしく、演者さん達の語りも穏やかで心地よい。
教職員以外の大人や地域の取り組みが学校と連携して実施されることがもっとあってもいいよな〜。


さて、本日の給食は2年1組。
これまで何度か授業にお邪魔させてもらったこともありすっかり顔なじみ。
a0062127_14102287.jpg
給食の後、流れで担任の先生にも協力してもらい「もぐら教室(仮)」に移動。

そして、大きな段ボール板を用意していた松田さんは、担任の先生と子どもの体シルエットを取ることになりました。
今日はこれがしたかったんですね!

a0062127_14131217.jpg
先生に寝転んでもらい子ども達が体のラインに合わせて線を引いていきます。
ちょっと不安そうな先生。
「動かないで!」
「くすぐったい!」
一枚仕上げるのに大騒ぎ。
a0062127_14132074.jpg
出来上がったシルエットをその場にいたみんなで鑑賞。
実物と比較してその形や大きさの違いにまた大騒ぎ。
a0062127_14132557.jpg
子ども達が帰った後、ひたすらダンボールを切り続ける松田さん。
嬉しそうです。

a0062127_14132477.jpg
これがやりたかったのはわかりましたが、この後シルエット達はどうなるのでしょうか?
先日までなんとなく「目」がテーマだったこともあり、謎が深まるばかり。

今やっていることが明日には解明されるのでしょうか?

お楽しみに!


コーディネーター:漆




# by sair_ais_programs | 2019-12-02 14:20 | おとどけ/もみじの丘小/松田朕佳 | Comments(0)
【おとどけアート×森迫暁夫 美しが丘緑小学校】11/25 9日目
前回、10月31日から時が過ぎ、あっという間に11月末。

今日で9日目となる美しが丘緑小学校での活動報告です。

a0062127_15323360.jpg
久々なので、そんなに人来ないかなと、侮るとこの状況。

数えたら、40人の子ども達が襲って、いや遊びにきてくれました。


a0062127_15332235.jpg
こんな感じで、特に低学年の子ども達にとっては魅力的な場所らしく、

キャッキャ言って遊んでいます。

さしずめ、森迫ワンダーランドって感じですね。
a0062127_15342407.jpg
部屋のあちらこちらに、森迫さんの作品が展示されているんですが、

子ども達が自由に遊びまわる、もしくは暴れまわるわけで、

「森迫さん、作品大丈夫なんですか・・・?」と聞くと、

「倉庫で誇り被っているよりも、全然いいよ!」ってタフな返答が!!

小学校で活動を行う、そこで子ども達に作品を見てもらう・触れてもらう、

ということが頭に浮かんだ時点で、腹は括っているとのこと。

この決断、すごいと思います。

a0062127_15371577.jpg
もちろん、子ども達が怪我しないようにこちらでも見ているのですが、

基本的には自由に遊んでもらう、という姿勢でいるので、

「〇〇したらだめ」とは言いません。ただ、見守る。

口を出さず見守る、という姿勢。これ、重要ですね。太字にしました。

a0062127_17513887.jpg
怪我やケンカなどが起きる前にルールを決めて問題を回避するというのは人々の知恵ですが、

今はそれが過度な気がします。

何も起きない状況は安全ですが、発展も発見も進歩も可能性も生まれません。

言い方を変えると、失敗から生まれる成功もあるぞと。それが結構大事だぞと。


a0062127_17530565.jpg
まあ、そんなことを考えている間も、

森迫さんはもりもり子ども達と交流していておりました。

何をしているんでしょうか?

a0062127_17550553.jpg
軍手ですね。今日の活動は軍手です。

a0062127_17552727.jpg
人形になりましたね。人形ですよ。

a0062127_17555055.jpg
たくさんいますね。

今日は、みんなに軍手人形を作ってもらい、「将来みんながなりたい人」を書いてもらいました。

ちなみに、この軍手を近くのお店で買っていたところ、

「何に使うんですか?」と聞かれて、「美しが丘緑小で・・・・・」と説明したところ、

偶然にもその方のお子さんが卒業生と発覚。話が盛り上がったとの事。色々ありますね。
a0062127_17564043.jpg
で、こちらの人形さん。みんないろいろ書いてくれてますね。

寿司屋とかお花屋さんとか、職業も多いんですが

「やさしい人」とか「ふつうの人」といったメッセージもありました。

子ども達がどんな事をかんがえているか、どんな理想を抱いているのか、

この人形を通じて聞いてみます。
a0062127_17593942.jpg
そんな感じで、本日も終了。つづく

コーディネーター 小林


# by sair_ais_programs | 2019-11-29 18:00 | おとどけ/美しが丘緑/森迫暁夫 | Comments(0)
【おとどけアート 松田朕佳×もみじの丘小学校】11/27 3日目:学校の授業は発見がいっぱい
もみじの丘小学校でのおとどけアート3日目。

本日は、2年生の授業に参加させてもらうところからスタート。

「書写」の時間。

ちゃっかりお休みの子の席に座って授業を受けます。
子ども達と同じ目線で授業を受ける心境やいかに。

a0062127_12203775.jpg
活動が始まる前、松田さんは、今回の活動に入る自分の心境を
「他人の子どもの参観日」
というような表現をしていました。
でも、いわゆる保護者が行うような授業参観ではなく、一緒に授業を受けることになるとは想像していなかったのではないでしょうか?

中休みは、授業に参加させていただいた2年生と体育館で遊ぶことになりました。
『ケードロ』です。
普段あまり運動をしていないアーティストには過酷な遊び。

a0062127_12203832.jpg
若手スタッフの花田君は、さておき、松田さんついていけるのか?

a0062127_12203820.jpg
おお〜〜〜!軽快な走り。
でも、活動もまだ序盤なので無理しないでくださいよ〜〜〜!

2年生とはすっかり親睦を深めた松田さん。
3時間目は、そのまま体育館に残って3年生の体育に参加。

a0062127_17251264.jpg
今日の体育はマット運動。
子ども達や先生の様子をしっかり観察しながら、、、、
でもやっぱり一緒にやってしまう松田さん。

a0062127_17251259.jpg
おいおい、今日はずいぶんと体をいじめますね〜。
でも、こうして授業に参加することで、少しずつ現在の学校状況をつかんでいるとのこと。
こうした一つ一つの関わりが、松田さんの創作にとって必要なことなんですね。


その後も、学校内で様々な人々と交流。

ある時は、特定の子どもとクラスのことや学校について対話を深めて見たり、、、、

a0062127_17394917.jpg

理科の専科の先生には、松田さんが興味のある人体のことについて質問して見たり、、、、、

a0062127_17394943.jpg
松田「人が成長していく過程で大きさの変わらない部分ってどこですか?」
先生「目ですね!」
松田「やっぱり目!」
こんな感じで積極的にリサーチを重ねていきます。


そして給食。
今日は1年2組。
昨日に引き続き一年生ならではの賑やかなランチタイム!
a0062127_17431581.jpg
午後は、特別支援学級「にじいろ学級」の図工にお呼ばれしました。
まずは自己紹介。
ちょっとシャイな子ども達。

a0062127_17410127.jpg
今日の図工は、クリスマスツリーの飾りを考えるということで、松田さんも一緒に考えます。
先生が見本で見せてくれた様々なクリスマスツリーに翻弄されながら、思い思いに描いていく子ども達。
一方松田さんの手はなかなか動きません。

a0062127_17410187.jpg
クリスマスツリーの飾りを考えるという題材は、子ども達にとってどういう意味を持つのか先生に尋ねると、特にすずらん学級では、季節を感じるということを大事にしており、四季折々に物作りをするようにしているとのことでした。
雪が積もり始めた札幌は、これからホワイトクリスマス一色になっていきます。

子ども達や先生とワイワイ会話しながら時が進み、最後にそれぞれのアイディアを発表。
松田さんのアイディアは、
「トナカイの目をつくる」
でした。
実際のイラストがこちら。
a0062127_17410165.jpg
、、、、、。

さすがですね!

こうして本日の活動終了。

本日は一日中授業に参加して、子どものこと、先生のこと、学校のこと、そこにある様々な考え方や視点など、いろんな発見があったようです。

今日の活動が、明日の動きにどうつながっていくのか。
乞うご期待!!!

コーディネーター:漆



# by sair_ais_programs | 2019-11-28 16:39 | おとどけ/もみじの丘小/松田朕佳 | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/もみじの丘小/松田朕佳
ウイマム/白老小/加賀城匡貴
おとどけ/手稲北小/斉藤幹男
おとどけ/美しが丘緑/森迫暁夫
2019年度AIS
おとどけ/本町小/中島佑太
おとどけ/西園小/永田壮一郎
おとどけ/ひばりが丘小/上ノ大作
2018年度AIS
天神山AS/澄川南小/ミカ
おとどけ/山の手小/川上りえ
おとどけ/もみじの丘/松田朕華
おとどけ/拓北小/まるみデパート
おとどけ/有明小/東海林靖志
ウイマム/白老小/加賀城匡貴
2017年度AIS
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
十勝/大正小/クニ&美佳
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism