タグ:持田敦子 ( 13 ) タグの人気記事
おとどけアート 山鼻小学校×持田敦子「最終回」
元々絵画を専攻していた持田さん。

彼女が、大きな造形物をつくるようになったのには、理由がありました。

絵は見るひとが主体的に関わろうとしなければ、

絵そのものによほどの力(エネルギー)がないと、素通りされてしまう。

そうではなくて、

作品を見るひとの態度が主体的でなくとも、作品に関わらざるをを得ないような作品がつくりたい、

(それは持田さんでいうと非日常的な空間を作り上げることであったり、驚きを与えるものであったりする)、

というようなことを言っていました。

今回の作品はどのような非日常的な空間を作り上げ、驚きを与えてくれるのでしょうか。





山鼻小学校で14日間かけて制作してきた作品は、

石盤(それも燃える)を設置し、点灯され、完成となります。

最終日の午前中には子ども達に公開されていたこの作品。

石盤を点灯をするのは夜ですから、子どもたちが見ていたのは実は未完成だったのです。

それでも十分に、明るい時間には明るい時間の作品の楽しみ方があり、

暗い時間には暗い時間の楽しみ方も出来る作品のように思いました。







まずは明るい時間の作品です。

入り口はこちら。

a0062127_1313181.jpg


非常に狭い通路ですから、

いくら子どもでも、一列にならなければ進むことはできません。

列をなし、今か今かと自分の番を待ちわびます。



a0062127_1314016.jpg




そーっと

入り口の扉を開けます。

当然子どもたちは扉の向こうがどういう風になっているか、知る由もありません。


a0062127_13145054.jpg



「うわあ」


a0062127_1315152.jpg



背の高く、細い細い道を、

どきどきするような、そわそわするような気持ちで歩く。

少し、元の場所に戻れるか不安になったりしながら。



それでも空を見上げれば、









a0062127_1319079.jpg












すがすがしいほどの青空。

こんな景色はこれまで見たことがない。


a0062127_1316290.jpg



あっという間に終わりの時間。

出口の扉を開けると、まぶしいひかり。


a0062127_13163967.jpg



何か、得体のしれないものから生まれてくるように、

ひょっこりとみんなが笑顔で帰ってきます。

「もう一回!」「もう一回!」

たくさんの声が聞こえてきました。

作品に入り込んで、作品がどんなものか体で感じることができる。

こんな経験はなかなかありません。




やがて、すがすがしい青空も夕闇に消え、あたりは真っ暗に。

暗い時間の作品も見ものです。








扉を開ければ、



a0062127_13223787.jpg





ほら、




a0062127_13225980.jpg



石の道が焼けている。

火というものは不思議なもので、

大きく燃えても、やさしく温かい。

明るい時間に通った道が、扉を開くと全く違う姿を見せている。








一日限りのこの作品。

作品名は、

「風景の裂けめ」。

見かけによらない繊細さ、そして大胆さ。








アーティストは、一般的には作品を制作するひと、表現をするひとのことだと思います。

でも、おとどけアートで転校生として学校に通うときには、

作品制作をすることはもちろんですが、

「こんなことしていいんだ!」というような非日常的なことを実現していくすがた、

誰にも邪魔されたくないくらい作品制作に没頭するすがた、

すきなことを目いっぱい追究しているすがたを、

雑な言い方をしてしまえば動物園の行動展示のように、

制作中の姿をありのままに子どもたちに見てもらうこともまた、その役割のように思います。

普段は学校にいない「ストレンジャー」、いわゆる「よそ者」だから成せること。










長くなりましたが、2週間にわたる

おとどけアート 山鼻小学校×持田敦子

をご覧いただき、ありがとうございました。




また、来年度のおとどけアートでお目にかかりましょう!



<完>
[PR]
by sair_ais_programs | 2015-03-01 17:54 | おとどけ/山鼻/持田敦子 | Comments(0)
おとどけアート 山鼻小学校×持田敦子「ラストスパート」
a0062127_14313743.jpg



晴天。






おひろめ会当日がやってきました。

しかし、まだまだやることが我々の前には立ちはだかっています。



a0062127_14324023.jpg



狭い道には細長いドアを!!

ということで、まずは、前もって作成していたドアの設置です。



その後も、雪壁の調整や、夜通し作業して作った

「燃える(だろう)石盤」

の設置等の作品の調整に入っていきました。




お昼を食べる間も惜しいくらい、

そしてお昼を食べても作品のもとへと、制作を続けます。

しかし、お昼を過ぎると、動かしている手をとめて、スタッフが移動をし始めました。



体育館に行くと、全校児童が。



知らされていなかった持田さん、集中の糸をプツンと切ってしまってごめんなさい。

全く知らされていなかった、全校児童からの重量感のあるメッセージの束、

そして歌のプレゼントです。



a0062127_14384921.jpg




「今まで参加できなかった子。作品を見ることも参加することです。」

と、校長先生。

作品の制作過程や展示物を作る過程に参加していなくても、

見るだけだって、持田さんや作品とつながる(接点をもつ)ことができる。

作品が、多くの子とつながれるように、

さあさあ、ラストスパートです!!



子どもたちの下校後、作品よりも少し先に、校内の展示室をオープンすることに。

絵を描いたり、文章を書くのに使っていた部屋が、展示室に変わりました。

a0062127_14434531.jpg


子どもたちと一緒に作った

「かべしんぶん とくだいごう」はもちろん、

登校初日に持田さんが来ていた制服や、外作業で使ってきた、排雪道具も展示です。

制作過程が少しでも伝わっていますように。



お待ちかねの、雪の道のおひろめ、もうすぐ!!




<続く>
[PR]
by sair_ais_programs | 2015-02-28 14:49 | おとどけ/山鼻/持田敦子 | Comments(0)
おとどけアート 山鼻小学校×持田敦子「もうひとつの要素」

今回のおとどけアート、みなさまにお知らせしているのは

・かべ新聞

・雪

の2つですが、

まだ別の要素が盛り込まれそうです。






それがこちら。


a0062127_14231810.jpg








札幌軟石です。

a0062127_15203345.jpg




大きい!





札幌軟石とは、

北海道を代表する湖、支笏湖ができたときの火山活動で、

札幌周辺に流れ出た火砕流が長い年月をかけて固まったもの、と言われています。



先程の写真は札幌市南区石山にある、

辻石材工業株式会社さん。


唯一の札幌軟石生産業者なのだそうです。

こちらへ直接足を運び、山鼻公園にある雪山に使う石材を選びます。




一体どうやって使うのでしょう?




軟石自体はおとどけアート開始前から入手していたものの、

この石を使う作業に取り掛かり始めたれたのは、

おひろめ会前日の夜のこと。

これまでも試作は何度かしていたのですが、

持田さんは不安な様子。

石を使って何をしたいのか、

「燃える道を作りたい。」

とのこと。

きっと誰も見たことがない、だからこそ実現するために頭を捻るのですね。








段ボールを手に、使う石の枠を作り始めました。

a0062127_118219.jpg


石を枠からはずし、ロウを流し込んでいきます。

今回使ったロウは札幌市内の企業や、お寺・神社・教会の方から無償提供していただきました。

この場を借りて、本当にありがとうございました。


さて、わかりづらいですが、赤く染まっているのがロウです。

持田さん、ひもを並べているように見えます。



a0062127_11113783.jpg


ある程度ろうを敷いたら、石をもとに戻し、その隙間からさらにロウを流し込んでいきます。





夜な夜な作業し続け、作業を終えたのは…

朝の7時!!

もうおひろめ会の朝だ!

いっそげ~!




「燃える道」は本当にできるのか!?


<続く>
[PR]
by sair_ais_programs | 2015-02-28 11:14 | おとどけ/山鼻/持田敦子 | Comments(0)
おとどけアート 山鼻小学校×持田敦子「知らないところで進んでいる」
雪山。


みなさまにお伝えしていたのは

ここ

までです(是非前のブログまでさかのぼりご覧ください)。



子ども達には

「雪山を掘っているんだ」

と伝えてきました。

雪山を掘るとはなんぞや、

しかし見ようにも、子どもが雪山に近付くと

「あぶないから近寄らないで!!」

と言われる。

雪山に関して言うと、

子ども達は遠くからただ見守ることしかできない、

という状態が続いていました。

ただ見ることしかできない、そんな雪山で何が行われていたのか、

このブログでは公開してしまいましょう。




<2週目 16日>


a0062127_15282262.jpg


少し、道ができたのでしょうか?



<2週目 17日>

a0062127_1531477.jpg


16日の写真とは反対側にも通路が出来ているようです。

どれどれ…





a0062127_15315296.jpg







せまっ!!!!!!!



大人の男性が通るにはぎりぎり、というところでしょうか。

一体これがどうなるのでしょう?



<2週目 18日>


子どもたちと

「かべしんぶん とくだいごう」と作っている間に、どこまで進んだかしら?





a0062127_15372390.jpg



!?


大人の男性の背丈を優に越えています。

いつの間に……!



外観からするとこうです。


a0062127_15385013.jpg



掘りはじめた16日と比べたら、それはもう、全然違います。



ただの雪山から

細い細い道を、ここまで掘り進めるのは簡単なことではありません。

ある一定の狭さを保った道を作ることが持田さんの望みでした。

力のいる、だけどとても繊細な作業。

掘ってでてくる白い雪の壁を美しく仕上げたいという望みもありました。

融雪により倒壊の恐れもありました。

あくまで「作品」を完成させるために、

子どもたちも近寄れない状況が続いていました.

作品制作には「緊張」があること、

きっと作品を見ればわかってくれるはず。




もちろんこれで終わりではありません!

ラストスパート、最後までお楽しみに!



<つづく>
[PR]
by sair_ais_programs | 2015-02-27 14:42 | おとどけ/山鼻/持田敦子 | Comments(0)
おとどけアート 山鼻小学校×持田敦子「かべしんぶんとくだいごうを作る!」
以前お伝えしていた、

最終日に向け制作中の

「かべしんぶん とくだいごう」。

完成に向け、毎日子ども達が集まってきます。


a0062127_1593481.jpg



写真にコメントを付けたり、

雪にまつわる絵を描きます。

女の子は本当に絵を描くのがすきですね。

飽きることなく、描きつづけることができます。

ひとは、本来絵を描くのがすきな生き物なのかもしれない、と

子どもたちを見ていると思えてきます。

思い出してみて、

私たちが小さかった頃、色鉛筆やペンを握って絵を描くことが、

きっとすきだった。


a0062127_15135310.jpg



かわって、高学年は理想の雪かき道具について頭を捻らせていました。

その名前と、使い方。

心なしかカッコイイ名前をつけたくなりますね。




a0062127_15145738.jpg



この時は、みんなで文章を書きました。

「おしえて!あなたのかべエピソード」

「もっちーにしつもん!」

など様々な用紙を用意していました。

持田さんはできるだけ一つ一つにコメントを毎日書いていました。

コメント欲しさに書いていた子もいたはず!!

そうこうして集めてきた素材をぺたぺたレイアウトしていくと……



a0062127_22541882.jpg





じゃーーーーん

中々にぎやか。

模造紙6枚の大作です。



何だか少し、終わりが見えてきました。

でもまだまだ!

これからなんです!!

あの雪山、覚えていますか?

一体どうなってるのでしょう?





<つづく>
[PR]
by sair_ais_programs | 2015-02-26 22:58 | おとどけ/山鼻/持田敦子 | Comments(0)
おとどけアート 山鼻小学校×持田敦子 「ゲストもいろいろ」
先週作った雪山は一体どうなっているのか?

それはもう少々お待ちくださいね。





a0062127_15383163.jpg



今日も集まってきました、

「かべしんぶん とくだいごう」をつくります。



家に帰って書いてくれた子もいます。

貼り付ける写真も昨日から増やし、写真につけるコメントを考えたり、

引き続き絵を描く子もいます。



a0062127_15312151.jpg




a0062127_1551329.jpg



今日はここまで。





昨日のベンに引き続き、

今日も行啓通商店街からゲストが。



a0062127_15405516.jpg




エステもできる化粧品店「From ZERO」の経営と並行して、行啓通商店街の理事長も務める藤井さん。

一緒に給食を食べて、お昼休みは藤井さんによる「洗顔講座」!

どうやって洗ってる?

いつ洗ってる?

水?お湯?

そんな問いかけを子ども達にしていきます。



a0062127_15441655.jpg




「わたしはね~」

持田さんも子どもたちと一緒になって紙に書いていました。

たった10分の昼休みでは時間が足りず、昼休み後、

スタッフが皮膚について、そして洗顔についてのレクチャーを受けていました。

新聞となって壁に貼りだされているので、チェック!!





<つづく>



おまけ







先日の放課後、雪山に作られたミニ雪像。

児童作・小学校で働く、道(みち)先生です。


a0062127_15513149.jpg

[PR]
by sair_ais_programs | 2015-02-17 15:36 | おとどけ/山鼻/持田敦子 | Comments(0)
おとどけアート 山鼻小学校×持田敦子 「かべしんぶんつくろう!」
おとどけアート、2週目が始まりました。

今週からは外活動から中活動へシフトです。

早速中休みには、1~6年生の20名程度の子ども達が来てくれました。



a0062127_163291.jpg




これから作成するのは、20日のおひろめ会の展示に向けた

「かべしんぶん とくだいごう」。


初日から振り返り、どんなことをしてきたのか目で見てわかるようにしていきます。

題字や、実際に制作に関わって感じたことや、イラストの素材を集めて行きます。


a0062127_1635228.jpg




おや、後ろにいらっしゃるのは校長先生ですね。

様子を見に来てくださいました。



集めた素材は、今まで撮ってきた写真も合わせて、コラージュのように模造紙に切り貼りしていきます。


a0062127_16364385.jpg



これからたくさんの素材が出来て、

「かべしんぶん とくだいごう」 の紙面も大きく、にぎやかになっていくことでしょう。



いきなりですが、今日の給食タイム。


a0062127_1639355.jpg



今日の給食はみんなで「おにぎり」を作って食べる、というものでした。

最近の学校ではふつうなのでしょうか?

学校にいるのに、ちょっと遠足気分!

先週6年→5年→……と学年の数字が減って、今日は2年生。

さすがに机といすも小さくなって、持田さんの足もちょっぴりはみ出しています。



そうして給食を食べ終わると、一息つく間もなく、

すぐに昼休みがやってきます。



a0062127_16413816.jpg




中休みには外で作業していた持田さんですが、昼休みは中で作業。

子どもたちと絵を描いていました。

この写真…男性を中心に輪が出来ているように見えますね。

これは………






a0062127_1645587.jpg




BEN!



山鼻小からすぐそこにある行啓通商店街に英会話スクールを構える、

エロウ・ベンです。

大きな体に、陽気な性格。子どもたちも興味津々です。

今日は模造紙1枚の英字新聞を作ってくれました(クロスワードも3コマまんがも天気予報もある)。



今週はこのような感じで、行啓通商店街の方々がゲストにやってくる日も!?


<つづく>
[PR]
by sair_ais_programs | 2015-02-16 16:48 | おとどけ/山鼻/持田敦子 | Comments(0)
おとどけアート 山鼻小学校×持田敦子 「雪山をもっと、」
「雪山の高さがもっと欲しい」




ということで

3日目も雪山を



砕き、

a0062127_852359.jpg





運び、

a0062127_853694.jpg





積み、

a0062127_8523486.jpg




かためる。

a0062127_853491.jpg




4日目も、

a0062127_16432215.jpg


運ぶ、

a0062127_16435137.jpg


運ぶ、

a0062127_20112225.jpg


積む。


子どもたちも作業工程がわかってきて、

てきぱきと動いています。

積む作業をしていて、子どもたちが近づけないときも

「てつだいたい~~」

と言ってくれます。

活動を楽しみにしてくれていることがわかります。



4日間を経て、雪山は…


a0062127_20121776.jpg


a0062127_2012399.jpg


a0062127_20125731.jpg

(左が1日目、右が4日目)



まさに!

塵も積もれば山となる。

一つ一つの作業の積み上げで大きな山にすることができました。





ひと段落ついたところで、

来週はどんな作業になるでしょう?

来週もお楽しみに!!



おまけ

かべ新聞、第8号!

a0062127_20181545.jpg

[PR]
by sair_ais_programs | 2015-02-13 17:10 | おとどけ/山鼻/持田敦子 | Comments(0)
おとどけアート 山鼻小学校×持田敦子 「最初のミッション、雪山づくり」
今回のアーティスト・イン・スクールで持田さんが作りたいものは

これ








そのためには、まず雪山を作らなくては!

ということで、初日からわっせほいせと始まった雪山づくり。

そして、こちらの通り雪山を完成させたいのは、2日目の10日。

2日間で雪山を準備しなければならないということです。

間に合うかしら?

ということで、



砕く・運ぶ・積む



この3ステップをしつこいくらいに繰り返しました。




初日。

大人が砕いた雪を

a0062127_1722961.jpg


運ぶ!

a0062127_1724586.jpg


運ぶ運ぶ!!




運んだあとは、

用務員さんの後藤さんのご協力をいただいて、

a0062127_1741813.jpg



飛ばす!

除雪機で雪を積み上げていくのです。

雪を積みたいところに積むために、板をストッパーにし、

板が飛ばされないようにスタッフが支えます。

これがなかなか…

a0062127_1754126.jpg


除雪機の威力がすごいのです!!

板を抑えるにも力が要ります。

でも、持田さんの頭の中にある、理想の雪山を実現するため!!



2日目も

a0062127_1794129.jpg


運んでは、

a0062127_17102519.jpg


積み、

そして子どもたちに滑りつつ、雪山をかためていきます。



a0062127_17111981.jpg






2日間で雪山づくり完了!の予定でしたが、





「持田さん、どうでしょう?」







「まだ、まだ盛りたいですね」





雪山づくり、なんと3日目に突入します!



<つづく>



かべ新聞 第7号


a0062127_8345768.jpg

[PR]
by sair_ais_programs | 2015-02-12 17:13 | おとどけ/山鼻/持田敦子 | Comments(0)
おとどけアート 山鼻小学校×持田敦子 2/10
みなさん、こんにちは。


a0062127_9544114.jpg



かべ新聞第5号。

滞在中のスケジュールをみなさんにお知らせしました。

10日の予定は、雪山完成。

さて、どこまで進むでしょうか?




a0062127_1014140.jpg


中休み、昼休みは大体このくらいの子ども達が来てくれています。

中休みの途中まで避難訓練があったにも関わらず、

終わった途端にピューっと公園に来てくれました。



雪山は除雪機で雪を積み上げ、作ります。

除雪機で雪を上げるためにも、雪のかたまりを崩し、作業しやすい場所に雪を運んでいくのです。

この、雪を崩し、運ぶ工程を子どもたちと一緒にやっています。

先生も活動に参加してくださっています。


a0062127_1084382.jpg






中休み後、3時間目には5年1組のクラスの子たちが来てくれました。

5年生にもなると、本当にたのもしい!!

スコップの使い方も上手です。



a0062127_10115412.jpg






かと思いきや…






a0062127_10122619.jpg





ん?

相撲?





a0062127_10133226.jpg





うおりゃ~~




a0062127_10134260.jpg



ていっ




大人気ないのは、スタッフのいっしー(もぐもぐ)です。

雪を崩しつつ土俵を作ったりもしています。

遊び心。



1日目2日目と、

雪を崩し、

雪を運ぶ、

という作業を子どもたちとしてきました。



一体どこまで雪山は積み上がっているのか?








<つづく>



おまけ




かべ新聞第6号

スタッフ紹介もご一緒にどうぞ!


a0062127_1155334.jpg

[PR]
by sair_ais_programs | 2015-02-12 10:15 | おとどけ/山鼻/持田敦子 | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/大正小/クニ&美佳
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism