タグ:アーティスト・イン・スクール ( 72 ) タグの人気記事
【おとどけアート×深澤孝史 西岡小学校】学校の枠
活動3日目 12月8日


a0062127_13204557.jpg

2日間が過ぎ、色々と溜まってきた西岡小学校の「とくい」。

活動部屋の前にも「とくいの銀行」説明ビデオが延々と流れます。

めっちゃ人だかりができます。


さて、この日からひきだしの仲介を始めることにした頭取。

a0062127_12541210.jpg

まずは、ひきだされた「とくい元」である子どものところへ向います。
a0062127_12561042.jpg
a0062127_12551794.jpg
いるかな?



こんな感じで、直接ひきだされた子に会いに行って、

どんな風にひきだしイベントを行うか話し合って形にしてゆくんですね。


この時の様子は以下の通り

-------------------------------------------------------------------------

デュエマ(カードゲーム)のとくいをあずけた子たちの仲介もおこなう。

デュエマのカードは学校にはもってきてはいけないので、学校外でやりたいという。

学校外でやると学校内でとくいの銀行を開いたことが曖昧になりそうだなと感じ、

学校内でいかにデュエマをするかを考えていこうと促す。

学校のルールと自分のやりたいことのせめぎ合いを学校内の銀行では意識していくことになりそうだ。

a0062127_12590256.jpg
深澤孝史「とくいの銀行西岡支店営業日誌」より抜粋
-------------------------------------------------------------------------



これまでのとくいの銀行は、団地や商店街、札幌市国際芸術祭という、

公共の場で行われてきました。

今回の西岡支店は小学校の中での活動です。


これまでとは違って、

小学校のきまりやルールを意識しながら活動が進めてゆく必要があるようです。



つづく





[PR]
by sair_ais_programs | 2017-03-22 13:23 | おとどけ/西岡/深澤孝史 | Comments(0)
【おとどけアート×深澤孝史 西岡小学校】不安

活動2日目 12月7日


通帳の発行が始まります。

a0062127_18425048.jpg
a0062127_18342462.jpg
表紙は無地で、自分のとくいを絵で描いてもらい完成するタイプです。

子ども達は自分の通帳を作ってもらえることが楽しいようです。






この空間で、「ちょとく」と「通帳発行」が同時に行われ、

たくさんの子どもたちが同時に頭取(深澤さん)に話しかけます。
a0062127_18444450.jpg
a0062127_18471008.jpg

後にこの状況を振り返り、

「これで一対一対応の活動ができるのか不安になる」

といった感想を深澤さんは述べていました。





世の中には様々なイベントや活動があって、

その評価基準として参加人数という数字があります。


せっかく準備したり企画したのだから、たくさんの人に来てもらいたい、

そう思うのは当然ですし、

活動実施の効果を人数という客観的な反応で図るのは必然です。





しかしながら、

この「おとどけアート」という活動を2008年から10年弱続けてきて、

様々な小学校や子ども達に出会い、色々な経験を積んでゆくと、

「どれだけ多くの人たちに伝えることができるか」という、

目標達成のために、後回しになりがちなことに気付きます。






それは、なんだと思いますか?





それは、深澤さんの感想に出てきた、「一対一」の関係性です。


a0062127_18492829.jpg

こんな風に子ども達が10人、20人とやってくると、

ひとりひとりの言葉に耳を傾けているだけど、休み時間が終わってしまいます。



でも、自分の言葉を聞いてもらい、その反応を待とうとすると、

休み時間の40分間(中休み・昼休み)だけでは圧倒的に時間が足りないのです。

だから、つい何かを進めようとすると、個人の意見はさておいて

みんなこれやってくれー、となりがちなのです。






今回の深澤さんの活動「とくいの銀行」は

ちょとくによってひとりひとりの個性が現れ、

引き出しによってその個性が出会い共有される活動です。


a0062127_19160926.jpg

押し寄せてくる人波に不安を感じた頭取。

これから、どんな風に子ども達に揉まれ、活動を進めてゆくのか。

ぜひご覧ください。

(活動は2016年12月16日に終了しています)



つづく

[PR]
by sair_ais_programs | 2017-03-20 19:18 | おとどけ/西岡/深澤孝史 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】最終日その2

最終日、その2です。


自分たちでスライド見ても、わかんない事ばっかりだから、

分かる人に聞いてみようということで、地域の方々や先生方に協力を得た、

「スライド鑑賞会」。

a0062127_19344423.jpg
結果的に、この時に出てきた話が後に子ども達と共に再現されるのですが、

この時は単純に、思い出話、面白い!というだけでしたからね。

a0062127_19434508.jpg
そうしてできた作品。

a0062127_19441181.jpg
ちょっと50年ほど前は、札幌の道路を馬が走っていた。

そんなの今の我々には想像つかないんですよね。


未来は何となく想像できても、過去ってのは想像が難しい。


人はきっと、持っていないもの・ないものについて想像したり、

望んだりすることはできるんだけど、

既に得たものには気付かないんですよ。

a0062127_19475597.jpg

多分、時間がどんどんと過ぎてゆくから、

どんどん過去は忘れてゆく。


生まれた時のこと、子供の頃、青春時代、

未来を見ている間はどんどん過去を忘れてゆくんですよ。



人生が始まったばかりの子どもたちには、

膨大な未来という時間に向き合わなければならない。

a0062127_19493461.jpg
こういうのもなんですが、

今回、めちゃくちゃたくさんお世話になった

道島さん&安保さん達は、この地域に住み、60年以上も人生を歩んできました。


人の命が100年だとすると、

彼らはもう折り返し地点を通過していて、

ふと、自分たちの育った街について、自分たちの人生について振り返った時、

これまで忙しくて見えなかった膨大な過去に向き合うんだと思います。


a0062127_19491554.jpg
では、その過去とはなんなのか。



ここで、スライドが出てくるのです。

a0062127_19153826.jpg

写真に残す、ってのは

瞬間を鮮やかに切り取る、

ということで、


どんどん流れてしまう「時間」を永遠に残そうという、

人々の悪あがきというか、努力の結晶なのです。


a0062127_19565705.jpg



それを人は文明と呼びます。



文明とは、


文化や学芸という、

我々人間が行う日々の生活習慣であり、

それは本来その時代に埋もれてゆくものなのですが、

それが明らかになる、次の世代、未来に残って/してゆく、

ということなんですよね。





文明というと、カッコいい感じがするけれど、


その背景にあるのは、

過ぎ去る今この瞬間を永遠にしようとする、

人々の悪あがき。



なぜかわからないけれど、

残したい、伝えたいという、想い。

過去を掘り下げ、一生懸命足掻いた2週間の活動。



そりゃ、大変です。

文明に向き合っていたのだから。




でも、手垢がついて、土っぽくて、

だからいいんですよ。


a0062127_18523551.jpg
(最終日スライドを見る会)



今回の活動で何をしていたのか。

それを、やっと俯瞰して見れるようになって、思ったのは

a0062127_20041094.jpg
(最終日スライドを見る会)

ゲストの道島さんが言っていた

「何かを子ども達に伝えられないか」という言葉に対しての

答えなんじゃないですかね。








その答えは、

ちゃんと伝わっている、だと思うんです。


a0062127_18502621.jpg
(最終日スライドを見る会)



進藤さんが、滞在したこの数週間。

僕らは、歴史や郷土という分類された世界に手を突っ込んで、

その中にある、

「よくわからないぐにゃぐにゃした何か」に触れていたんです。


標本化されてしまう前の、生きた何かに。

a0062127_18512947.jpg

おわり


--------------------------------------------------------------
主催/おとどけアート実行委員会

アーティスト/進藤冬華

協力/札幌市、苗穂小学校

企画・運営/

おとどけアート実行委員会 
事務局 一般社団法人AISプランニング

--------------------------------------------------------------




[PR]
by sair_ais_programs | 2017-02-21 20:17 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】最終日その1

2月17日(金)、最終日の活動についてご紹介いたします。

あっという間に最終日。

振り返ると、なんでもあっという間の事のように思えてしまいます。

a0062127_18553404.jpg
これまで、活動の拠点としていた通称「くらいへや」は、

こんな感じでポップな展示場所に変化していました。

a0062127_18561599.jpg
こう見ると、濃厚な作品群が並びます。

せっかくなんで、展示見学ツアーをしてみましょう。

それではご一緒に。

a0062127_18565641.jpg
入口部には、こんな看板。

2月15日~17日までこの場所を展示会場として開放しておりました。

a0062127_18580933.jpg
入口部には記録関係の資料を展示、

これまでの活動を写真やブログ、絵日記で紹介。

色々なことがありました。

a0062127_18585178.jpg
全15話の大作ブログも低学年の子でも読めるように、

ふりがなをつけて印刷。

a0062127_19000289.jpg
a0062127_19000800.jpg
みんな(スタッフ)が

「それ必要なの?」って冷たい目線を浴びせてきた、

ブログと並行して学校に来た子どもたちに見てもらえるよう

事務局スタッフ小林の描いた、魂の絵日記も展示。


同じ階の先生も「全部読みましたよ!」って言ってくれたし。

なんとか、2年生の絵の旨い子も描いてくれたし。(左下)


a0062127_19013811.jpg
そして、中に入ると丁寧な説明文。

a0062127_19015420.jpg
進藤さんの事は知っていても、この活動の正式名称や目的を知らない、

ってのはざらなので、枠の説明です。



そして、苗穂小にやって来てから色々と知ったり、調べてきた資料が並びます。

a0062127_19065339.jpg

とりあえず、メグミルクの工場も見学しました。

そしたら、年賀状が来ました。

創成川の昔の名前、大友掘り作った大友亀太郎の情報満載の、

札幌村郷土記念館も行ってきましたよ。

そういや、サッポロビール博物館も行ったなぁ。

a0062127_19065089.jpg

そして、学校記念館(旧校舎)で見つけた、50年ぐらい前の資料たち。

読み込むと、面白いんだなこれが。

a0062127_19121211.jpg
そして、辿り着く「スライド」という流れ。

活動自体(小学校での交流が始まったの)は1月23日からでしたが、

それ以前から結構、小学校に通っていたんです。

その時は、実際にスライド作ってみるとは思ってもみなかった。


a0062127_19062657.jpg
そして、めちゃめちゃ寒いけど放課後に歩いて回った、苗穂小周辺地区。

2日間に渡って、歩きましたよ。

暖かい時期にやればよかったと、そう思うこともありましたが、

寒いからこそ、なんか引き締まった雰囲気になったのかもしれません。

(?)




長くなりそうなので、その2でお会いしましょう。



つづく




[PR]
by sair_ais_programs | 2017-02-21 19:36 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】展示始まりました。
おとどけアート×進藤冬華 in 苗穂小学校の活動展示が始まります。

a0062127_22332775.jpg
おとどけアート×進藤冬華 in 苗穂小学校の活動展示が始まります。
(勢い余って2回書いてしまいました。)




1月23日(月)~2月3日(金)までの2週間に行われた、進藤冬華さんのおとどけアート。

毎日の活動が展示となりました。

a0062127_22332861.jpg


作品展示のほか、記録資料(映像&絵日記&ブログ)、活動までの道のり、と盛りだくさん。

「見たい!」「行きたい!」の方は↓までご連絡ください。


--------------------------------------------------------
「進藤冬華×おとどけアートの展示」をぜひ見たい係り

場所 札幌市立苗穂小
(東豊線/東区役所駅から徒歩15分・サッポロビール園&アリオ札幌より徒歩5分)

公開日 2月14日(火)~2月17日(金)
★2/17は活動の振り返りとして、映像鑑賞会を行います。
一般公開日は2月17日 ★要連絡★

連絡先/ 担当小林
メール ryotaro@ais-p.jp
携帯 070-5288-5367
--------------------------------------------------------


a0062127_22332760.jpg

2月13日(本日) 7人掛けで9時~18時までかかったガチの展示をご覧ください。

お待ちしております!




[PR]
by sair_ais_programs | 2017-02-13 22:44 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】撮影終了。

ごちそう様でした!!

a0062127_20494156.jpg

すごい元気な声で1年生徒の給食時間が終わりました。

いやー、元気だなぁ。

a0062127_20502931.jpg
1年生、もう生命がキラキラ輝きまくっているようで、

元気むき出しですよね。


2週間毎日子どもたちの中にいて、元気をもらうこともあれば

元気を吸い取られることもあるんですけれど、

やっぱり、目の前でギンギンと発散されるエネルギーを見続けていると、

ヘロヘロになりますね。


a0062127_20502430.jpg
一緒に給食食べていても、

「ねぇねぇ!」「おねぇちゃんがね~」「何好きなの?」「ぎゃはははー!」

と、同時進行ステレオで目の前をあちらこちら会話が飛び回ります。




これ、大人になってからでは中々ない状況ですよ。

ほんと、子ども達元気。いいことです。




そんな子どもたちの真ん中で、活動をし続けた2週間。

最後の時間(昼休み)も撮影を行いました。

a0062127_20551077.jpg




馬です。

いつでもだれでも馬になれる夢の馬仮面です。


これも「スライド見ながら話を聞く会」の中で出てきた話なんですが




★馬ソリ★

昔、農家に馬がいた頃、馬ソリが車と一緒に走っていた。

馬ソリが自家用車の代わりで、仕事で荷物を積んで町まで行って、

帰りに町で一杯ひっかけて、馬ソリに乗ったまま寝てしまう人もいた。

でも、馬は賢くて勝手に家まで戻ってくれた。

そんな馬ソリの後ろにつかまって、移動する子ども達もよくいた。

子どもが寄っていくと、怒る人もいれば、黙っている人もいた。

色々な大人がいるもんだなと、子どもながらに思った。


a0062127_21211092.jpg
こんな話も、再現してみます。

a0062127_21213092.jpg
この日は、スズカケ学級のミニ体育館にお邪魔して撮影を行いました。

馬の役、運ばれる玉ねぎの役、後ろに捕まる子どもの役、

なんか面白い組み合わせですが、スライドの中にパシャリ!



a0062127_21225601.jpg
歴史とか郷土なんて言葉を聞くと、

大抵は自分とは関係のない文字の情報だと思ってしまいます。




でも、そこには


いま私たちが生きているように、

時代と人とが共に暮らしているわけです。




誰かの個人的な思いでであったとしても、

その頃の雰囲気を感じるためには、非常に重要な手掛かりになるのです。




過去の話ってのはその時代に生きていないと、

現実感のない夢や未来の話のように思えるけれど、

でも、実際に起きた様々な事柄を経て、今の世界につながっているわけです。




今をもう少し理解することと、昔を知ることは、

別の話ではないような気がします。




さて、こんな感じで2週間は終わります。

活動自体はまだ終わっていないので、

第一部完!

って感じですね。




もう少し、つづきます





[PR]
by sair_ais_programs | 2017-02-09 21:29 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】そして、2週間が過ぎる。

2月3日の朝、

a0062127_10392229.jpg
あれっ、気付いたらもう二週間が経っていました。

1月23日から始まったおとどけアートも今日が最終日なのです。


はやいなー。


TV朝会で、みんなに挨拶をします。

ここで、ご連絡。


1、2週間通い続けるのが本日で最後。

2、活動はまだ続いている。

3、本日までとったスライド鑑賞会を行なう。

4、2月17日(金)の中休み・昼休みに活動報告/スライド鑑賞会を実施。


おっ、見に行きたい! 行ける!

という方は、以下までご連絡ください。

----------------------------------------------------
「おとどけアート進藤さんの活動が見たい」宛
担当 小林 070-5288-5367 ryotaro@ais-p.jp
※ あらかじめ小学校にも連絡するので、いきなりやってくるのは×
----------------------------------------------------


ということで一日のはじまり。

a0062127_10440741.jpg
多分他の学校でも「あいさつ運動」という名前でやっている、

朝のおはようございますの活動、今日は一年生の子が廊下で元気にあいさつ。


なんか色々なことがあって、簡単に消化できないですよね。



休み時間の様子はこんな感じ。

a0062127_10471312.jpg
牛乳パック並べて、

a0062127_10472940.jpg
「君たちは、牛乳工場の職員で、今まさに製品管理の重要な・・・」

とか言ってるんでしょうか?熱い指導を行い、

a0062127_10481771.jpg
パシャリ!と撮影です。


キャーって、テンションあがりまくる子供もいますけれど、

キッチリ、決めてくれる子どももいてなんか撮影面白いですね。



その他、たくさんの人数が必要なので

クラスにお邪魔して撮影に協力してくれる子ども達を一度に募集。
a0062127_10490191.jpg
人がいる、ということは人材の資源に満ち溢れているということです。

それは、子供という簡単なくくりとしてみるのではなく、

才能のるつぼとして、何かを投げかけるにはもってこいの環境なんです。

a0062127_10495605.jpg

こうしてガンガン撮影が進んでゆきます。

ラストスパートですよ。




つづく






[PR]
by sair_ais_programs | 2017-02-09 10:51 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】ちょっとやってみる。


2週間=実質小学校に通うのは平日の10日間ですが、

通っていると本来やろうとしていた活動が変化していったり、

やらんくてもいいだろうけどやってみること、

やったほうがいいだろうけどその必要はないよな、

やろうと思っていたけどまだやっていないこと、

等々様々な選択肢にぶち当たります。


a0062127_18074559.jpg

この日に行ったのは、スライドを窓に貼る、というもの。


これまで撮影したものがスライドで言うと、

36枚×5フィルム=180枚ぐらいのスライドがあるわけです。



a0062127_18100745.jpg

1週目ですでに「スライド貼るかも」と、先生には確認をとってあって

貼るなら貼るだけ、という状況でしたが、実施してはいませんでした。



で、貼ってみるとですね、

a0062127_18124405.jpg


こんな感じですよ。


a0062127_18130442.jpg
a0062127_18133129.jpg

きれいですよね。


そうなんです。

きれいなのは、やる前からなんとなくわかっていたし、

やってみても「ああ、きれいだよな」って思うんです。


a0062127_18153667.jpg

で、ここが大事なところなんですが、


「やればある程度の結果が見えること」

があります。

その結果とは以下のような状況です、


a0062127_18185004.jpg
a0062127_18165482.jpg


子ども達に一緒に貼ってみる?

という提案をすると、予想通りやりたいという子たちがやって来て、

それを俯瞰して見ると、


a0062127_18164378.jpg

アーティストと子どもたちがアートを通じた交流、

という非常にわかりやすい状況です。





ここで、考えることがあります。

はじめから結果が分かっている/ある程度予想できることを

行う必要があるのか、ないのか。


a0062127_19302075.jpg
アートとは何ぞや?

という、でかい質問設定にするとどうにもならないんですが、

この活動は何ぞや?と考えてみると、

今、進藤さんがやっている活動は決まったゴールに向かって、結果を出す活動ではありません。




おとどけアートとは、

アーティスト(進藤さん)の持つ、興味や疑問、関心を

そのまま小学校の中で広げた時に、どうなるのか?という試みであります。



子どもに何かを与える、という→的な活動ではなく、

進藤さん ← 活動 → 子ども達含む参加者

という、活動が人を集め、活動でつながってゆくという、それが大事だと思っています。




なので、少ない交流時間の中では、

確実な反応を頂ける、鉄板のパッケージされたもの、を出す場ではなくて

まだ形のないような、そんなものをこの場で試してみたいと思うわけです。




だから、このスライドに関しても

やってみたら、きれいだろうし、子ども達も多分食いついてくれるし、

そもそもスライドに触れる機会というのは初めての子もいるし、

窓に貼ったりすることで、今やっている活動にものめり込んでくれるんじゃないか?



なんて、色々打算的にも考えられるたくさんの事柄があるのですが、

でもそれをやる前に、もっと挑戦することや突っ込んで考えてみることはあるんじゃないか?

という、悩みや迷いが目の前をぐにゃぐにゃとして、

簡単な判断をさせてはくれないのです。






そんなかんじで、、いろんな事を考え思考を巡らせた結果、


まあ、やってみよう。


ということに今回はなりました。




やってみることで、もしかすると何か予想していない反応が出てくることもあるし、

やってみても、何も見つからないことだってあるわけです。

a0062127_18170374.jpg

子どもたちの交流は1日40分弱。

限られた時間の中で、何をすべきか、したほうがいいのか、




時に苦渋の決断をしたり、時に勢いに任せたり、感覚に身を任せて見たり、

子ども達という可能性の中に飛び込んでいるのです。



常に迷いながら、その迷いをちょいちょい外に出しながら、

なんとかやってます。





★本日のサービスショット★

a0062127_19395254.jpg
スタッフ石島と進藤さんの服がまさかのお揃い。

ちなみに、二人は江別在住で、今回の活動で初めて出会ったのですが、

このシンクロ具合は奇跡です。





つづく

[PR]
by sair_ais_programs | 2017-02-07 18:19 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】続丸太


なぜか、誰もが入りたくなる。

それが、丸太ですよね。



今日も多くの子どもたちが丸太にあこがれ、

丸太になり、子どもたちの波に乗って流されていましたよ。

a0062127_16312203.jpg


こうやって写真撮ってると、

すごいみんな嬉しそうに、喜んでいるんですけど、

何がいいのか、分からないので入った子ども(6年生)に聞いてみたところ、



「静けさがすごい」との事。


a0062127_16320608.jpg

子ども達の日常の中に、なぜか丸太がうろうろしているという

客観的な場面(謎&シュール)を見ているので、

「そういう状況をどう思ってるの君たちは?」を聞いたつもりが



子どもから帰ってきた返事は、

「内部は静かだ」という、個人の世界の感想でした。


a0062127_16331536.jpg
ほう。



つまり、丸太をかぶった瞬間から

友だちと同じ空間や時間を共にしながらも(少なくとも視界的にはそう見える)、

別の世界に存在中なんですね。




この場合、

たった一枚の薄い段ボールの中に入ることで、

それまでの世界が変容し、静寂の世界という環境手に入れるわけです。




外から見れば、なんであんなに楽しいのか、

我先に丸太に入りたがるのかよくわからなかったんですが、

聞いてみてその謎が少し解けるような気がしました。



そして、拡大解釈をしてゆくとアートもそうなんじゃないか、と。


外から見てるとよくわかんないけれど、

中に入ってみれば、外から見えているのと違う

何らかの世界を手に入れているのかもしれないんですよね。



丸太の文章を適当にこなそうと思っていたら、

まさかこんな展開になるとは、、、驚きです。





それはさておき、給食時間です。

a0062127_16494960.jpg

言い出しっぺの進藤さんが、丸太を着て登場。


a0062127_16510643.jpg

むかうは職員室。


a0062127_16513189.jpg

今日の給食(おいしいハヤシライス)を受け取り、


a0062127_16524480.jpg

子ども達と一緒に給食を食べたのです。




つづく






[PR]
by sair_ais_programs | 2017-02-02 16:54 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】開かずの踏切

a0062127_11152978.jpg
---------------------------------------------------------------

開かずの踏切

みなさん、「開かずの踏切」ってご存知ですか?

世界の知性、ウィキペディアにはこう書かれています。

開かずの踏切は、

遮断機が降りた状態が長時間続き通行が困難な踏切の通称。

線路が多く運行本数が多い踏切や駅に近い場合に

開かずの踏切となりやすい。

---------------------------------------------------------------


さて、先ほどの写真。これは、琴似駅の様子です。

一見、「へー、昔こんなんだったのね」ぐらいだったのですが、

先日のスライドの会で市川&富樫先生に聞いたところ、

ここは昔、開かずの踏切で

自転車で高校に向かう時によく捕まって、遅刻したよ。

といった、面白ストーリーが出てきた場面なのです。



確かに、めっちゃ並んでる。



ということで、このストーリーも再現してみようと、

完成したのがこちら。


a0062127_11450346.jpg
開かずの踏切セットです。

・遮断機(左) 子どもがかぶれるヘッドセット式を採用。

・遮断棒(中) 

わざわざ、用務員さんが加工(切断)までしてくれた一品。

ちなみに、黒を塗っただけで地の部分が黄色に見えてくるマジックステックです。

・ハンドル(右) 

車のハンドル(緑、ベージュ)と自転車のハンドルを用意。



これで、「開かず」の状況を再現できること間違いなしです。


早速、休み時間廊下を練り歩いてみます。
a0062127_11492158.jpg

歩いていると、もりもり参加者が増えてゆきます。


a0062127_11510058.jpg

いや、そもそも開かずの遮断機が動いてる時点で、、、


a0062127_11524309.jpg

とか思いましたが、遮断機自体は開いてないわけで

開かずの踏切ということで理解しておきましょう。




つづく




[PR]
by sair_ais_programs | 2017-02-02 11:55 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/大正小/クニ&美佳
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism