2006年11月13日(月) ふんわり
アーティスト・イン・スクール九日目。
新しい週の始まり。
大岸小学校の周辺は、なんと雪が積もりました。
いよいよ冬の到来!

さて、今日もあいにくの天気にもかかわず磯崎さんのアトリエには、午前中から、ぞうきんの縫い付けに地域の方々がいらしてくださいました。
ふんわりとした形に成長したぞうきんしっぷに驚いてくださる方ばかり。
やはり、制作経過が気になるようで、何度も足を運んでくださる方もいらっしゃいました。
a0062127_850462.jpg


お昼休みは、素材のスポンジブロックで遊ぶ子どもたち。
アトリエの中は無法地帯に。
休み時間ぎりぎりまで、ブロックと戯れていました。
a0062127_8543471.jpg


午後も、地域のお母さん達がいらしてくださいました。
今日は、近所のお母さんから「チカ」をいただいたので、お料理やお漬け物の話しをいろいろと聞かせていただきました。
余談ですが、豊浦は、これからホタテの収穫の季節だとか・・・ゴクリ。
a0062127_901771.jpg


子どもたちやお母さんたちが帰った後は、本格的な船体作り。
息ができないぐらいスポンジをどんどんつめていきました。
a0062127_855316.jpg


船がパンパンに膨らんだところで作業は終了。
「おぉ〜見えて来たね〜。」
磯崎さんも満足げな表情。
a0062127_857652.jpg


今週も、小学校の余裕教室を使った磯崎さんのアトリエで、ものづくりを通じたのしいであいがあることを楽しみにしています。
[PR]
# by sair_ais_programs | 2006-11-14 08:57 | 文化/大岸小/磯崎道佳 | Comments(0)
2006年11月10日(金) 順調?ぼくたちのぞうきんしっぷ
アーティスト・イン・スクール五日目。
久々に晴れて気持ちよい朝を迎えました。
少し残念なのが、朝いつも折り紙をくれる一年生の女の子が今日はお休みだったんです。う〜ん残念。
a0062127_9215423.jpg


さて、磯崎さんは、いつものように朝からアトリエへ。
今日の午前中は、地元の老人会の皆さんがご来校。
リピーターの方も含めて8名の方が、ぞうきんの縫い付けに駆けつけてくださいました。
それにしてもお年寄りの方々の集中力はとにかくすごい!
「休みながらやりましょうね。」と声はかけるのですが、会話をしながらも手を止めることはありません。あっという間に一面ぞうきんだらけ!
ですから、楽しんでいただいてると信じて、どんどん縫い付けてもらっています(笑)。
a0062127_9241337.jpg


その後中休みが終了し、4時間目の授業時間には、6年生の子どもたちが、アトリエでミシンを使ってぞうきん制作体験!
「ミシンは授業で習ったから大丈夫!」と意気込んでいたものの、使い勝手の違うミシンに「うわぁ〜。ちょっと待って〜!」と大騒ぎ。
とっても個性的なぞうきんを制作してくれました。
a0062127_923941.jpg


そして給食を終えお昼休み。
午後も地域の方々が、続々といらしてくださいました。
これまで、船の帆づくりに参加していた子どもたちも、徐々にぞうきんの縫い付けに興味を抱き、学年関係なく、船を囲んでぞうきんを縫い付けていました。
a0062127_9244821.jpg


五日目にして、磯崎さんが滞在しているこのアトリエが、地域の大人と子ども、そして磯崎さんというアーティストの三者が交流する場として、定着して来た感があります。
お年寄りの思い出話や、お母さんたちからの地域のお話。色々な会話が飛び交う空間に、子どもたちも自然と入り込み、その雰囲気を楽しんでいるようです。
残り一週間の活動ですが、学校という環境の見え方が少しずつ変化していくのを誰もが体験・実感できる場なっていると考えています。
a0062127_9223858.jpg


さて、放課後は、船の内部につめる材料を加工。なかなか融通の利かない材料と何度も格闘しながら、来週に向けての準備をしました。
a0062127_9252818.jpg


だいぶ船の形が見えて来たかな?
a0062127_9255455.jpg

[PR]
# by sair_ais_programs | 2006-11-12 09:26 | 文化/大岸小/磯崎道佳 | Comments(0)
2006年11月9日(木)  お母さんはすごい!
アーティスト・イン・スクール四日目。
今日も豊浦町は雨降りです。
週末までは、天気が悪いとか...。しょうがない!気分だけでも晴々と行きましょう!

朝、昨日と同様、一年生の女の子が、折り紙のプレゼントをくれました。
またしてもかわいらしいメッセージ付き。
手紙には「がんばれーお」と書かれていました。
これが、朝の活力をくれるんです!
明日も書いてくれるのかな?
a0062127_18305549.jpg


さて、午前中は、大岸の婦人会の方々が、ぞうきんの縫い付けに駆けつけてくださいました。皆さん明るく、元気なお母さん達。昨日の皆さん同様、針仕事はお手の物!っといった様子で、どんどんぞうきんが縫い付けられていきます。いろいろと地元のお話等も聞けて、とても楽しく良い時間が経過しました。やはり母は強し!たくましく元気なお母さん達に、磯崎さんも私も元気をいただきました。
a0062127_18313220.jpg

a0062127_18321432.jpg


中休みになると子どもたちが集合。婦人会の皆さんと一緒になって、船にぞうきんを縫い付けていきました。子どもたちも、学校に地域の方々が訪れることになれて来たようで、自分から話しかけたり、縫い方を教わる様子が随所で見られました。
a0062127_1834227.jpg


その後、給食をすまし、お昼休みへ。
午後は、婦人会の方々に変わり、豊浦町の民生委員の方々が、ぞうきんを縫いに駆けつけてくださいました。また、5、6時間目の授業時間には、3〜6年生の子どもたちが、アトリエにやって来ました。
a0062127_1833066.jpg


一度にたくさんの人が午後のアトリエに訪れたものですから、アトリエの中は大にぎわい(大忙し)。そこでも磯崎さんは、子どもたちに、様々なネタや簡単な造形を披露し、楽しい空間づくりに全力投球してくださいました。
a0062127_18343392.jpg


それにしても今日は、地域のお母さん達と子どもたちのパワーに圧倒させられた一日でした。
[PR]
# by sair_ais_programs | 2006-11-09 18:34 | 文化/大岸小/磯崎道佳 | Comments(0)
2006年11月8日(日) みんなでぞうきん縫い開始!
アーティスト・イン・スクール三日目。
今日も豊浦町は、雨、あめ、アメ・・・。
早くカラッと晴れて欲しいものです。

朝、アトリエとなっている教室へ行ってみると、机の上に嬉しいプレゼントが置かれていました。一年生の女の子が、磯崎さんへメッセージ入りの折り紙を折ってくれていたのです。そのメッセージには「お仕事がんべってね!」と書かれていました。とてもかわいらしいメッセージに朝から感動させられてしまいました。
a0062127_9125344.jpg


今日の午前中、地域のご年輩の方々が、ぞうきんの縫い付けに駆けつけてくださいました。中にはお孫さんが通っている方もいらっしゃいました。
「ちょっと難しいわ〜」などと言いながらも、手慣れた手つきで黙々とぞうきんを貼付けていく姿は貫禄感じさせます。
次々に貼付けられていく状況に「さすがだな〜」と磯崎さんも関心。
a0062127_9133391.jpg
a0062127_9142172.jpg


休み時間、アトリエに集まって来た子どもたちは、その状況をおっかなびっくり様子を伺いながらも、一緒にぞうきんを縫い付ける作業に参加してくれました。子どもたちとご年輩の方々が、少しずつその距離を近づけていく。その微笑ましく、心温まる状況は、今回の活動ならでは。
年齢も経験も関係なく、参加しているすべての人が、その場でわきあいあいとそして楽しく時間を過ごしてもらえたらとても嬉しいことです。
a0062127_9151279.jpg


さて、今日のお昼は大岸小学校鉱山分校へ。
今日は分校の児童が分校で過ごす「分校DAY」らしい。
分校は、先生が3名、児童が6名。ノリの良い先生達と、ちょっとはにかんだ子どもたち。本当に一つの家庭のようで、私たちもどこかのお宅にお邪魔しているような、心温まる空間でした。
そして、自己紹介を交えた楽しい給食タイムがスタート!
ちょっと恥ずかしそうな子どもたちと、色んなおしゃべりをしながらいつもより少し長めの楽しいランチをいただきました。
a0062127_9184242.jpg


今日は、とにかく「分校DAY」なので、給食の後も引き続き分校に滞在。
お昼休みの時間を使って、船の帆を制作。
先生も混じって、みんなでビニールの帆にテープで絵を描きました。
お花や魚、車などなど。自分の名前を書いている子もいました。
a0062127_9192615.jpg


それにしても、この鉱山分校は、とてものびのびとした素敵な環境。磯崎さんも私も胸をときめかせ、後ろ髪を引かれる思いで分校を後にしました。
a0062127_9201111.jpg


その後は、アトリエにて船の中につめる発砲材の加工に邁進。
a0062127_9204538.jpg


その融通の利かない素材に、燃え尽きるまで立ち向かう!でも久々の肉体労働に、体はボロボロ。燃え尽きたところで、今日の作業を終えました。
お疲れさまでした。明日も素敵な出会いがあることを期待して、休みましょう。(漆)
[PR]
# by sair_ais_programs | 2006-11-09 08:52 | 文化/大岸小/磯崎道佳 | Comments(0)
2006年11月7日(火)
豊浦町立大岸小学校アーティスト・イン・スクール二日目。
朝からどしゃ降りです。

今日は、昨日に引き続き制作環境と材料を整えました。
ぞうきんを貼付ける下地の布のサイズを測って切り出します。
なってったって長さ4メートルの船ですから、下地作りも大変。
a0062127_20291226.jpg



磯崎さんは、帆の準備。ビニールシートを繋ぎ合わせ、大きな透明の帆。このビニールの帆には、子どもたちに自由に絵を書いてもらう予定。
素敵な帆ができそう!
a0062127_20295669.jpg



中休みには、アトリエに子どもたちが集まってきました。
今日は、船の支持体となる巨大な発泡スチロールに落書き大会。
みんな絵を書くのは好きなようで、マジックを使って思い思いに描いていきました。
でも、この発泡スチロールは数日後に解体され、船の中に入れて見えなくなってしまうんじゃないでしょうか?
あ、だから落書きしても良いんだ。
a0062127_20304890.jpg



さて、中休みが終わり、引き続き準備作業。
そしておなかがすいたところで給食タイム!
今日は、一年生の教室にお邪魔しました。
大岸小学校の一年生は男の子と女の子の2人と担任の先生。子どもたちはとても面白いキャラクターで、3人とはいえとても明るいクラスでした。
a0062127_20315337.jpg



楽しいランチタイムが終了して、午後は、ぞうきん船の下地作りに邁進。
ぞうきん船の型に切り取った布を今度はミシンで縫い合わせていきます。
a0062127_20333026.jpg



放課後も子どもたちがアトリエに訪問してきます。
磯崎さんの存在にだいぶ慣れて来た子どもたちは、「いいな〜毎日図工ができて・・・。」とボソリ。磯崎さんも私もドキッとさせられる一言でした。
でもまぁ、確かにそうね。
a0062127_2035176.jpg



その後、ぞうきん船の下地は、徐々に、パーツを組合わせ、完成。
明日から、子どもたちや地域の皆さんと、この布にぞうきんを張り合わせていきます。
いったいどんな船が出来上がっていくのでしょうか。
明日の活動が楽しみです!
[PR]
# by sair_ais_programs | 2006-11-07 20:35 | 文化/大岸小/磯崎道佳 | Comments(0)
2006年11月6日(月) ぞうきんシップ制作スタート!
北海道文化財団 平成18年度”文化の宅配便”事業「アーティスト・イン・スクール〜アーティストって何してるの?〜」がここ豊浦町立大岸小学校でスタートいたしました。本日より、現場ディレクターの私、漆(うるし)が、本ブログのレポートを書かせていただきます。よろしくお願いいたします。

今回の文化の宅配便事業では、昨年度のニセコ小学校に引き続き、美術家の磯崎道佳さんをお招きし、「ぞうきん船が行く〜ぞうきんシップ」を実施します。小学校の子どもたちや、地域の方々に呼びかけて、たくさんのぞうきんを集め、そのぞうきんを縫い付けた巨大な船を造ろうという試みです。また出来上がったぞうきんシップは、最終日に大岸小学校の分校で、今年度いっぱいで廃校になる鉱山分校まで、子どもたちと一緒に運搬します。

ここ大岸小学校は、分校と合わせても全校児童32名という小規模校。豊浦町の大岸地区は、海、山、川、田んぼに囲まれ、自然がいっぱい。そんな環境の中、子どもたちと職員の皆さんは、まるで家族のように仲良く楽しく学校生活を送っていように見え、とてもほのぼのした気持ちになる学校です。


a0062127_20394240.jpg

さて、初日の今日は、まず朝一で職員の皆さんに挨拶をさせていただきました。
そして、早速磯崎さんのアトリエとなる教室へ。
まずは制作環境を準備、準備!
ということで、制作に使う材料や道具を教室内に運び込みました。事前に発注しておいた巨大な材料(発泡スチロールとウレタン)を教頭先生のお力をお借りして、押し込みました。
この巨大な資材には、子どもたちや先生達もびっくり!
「え〜いったいなにができるの〜?」

a0062127_20384393.jpg



こうして徐々に教室がアトリエと変化していく中、地域の婦人会の方々が学校を訪れてくださいました。
な、なんと今回のぞうきんシップの制作を精力的にお手伝いくださるとか!そしてその手には、たくさんのぞうきんが!
一方私たちは、まだ準備か整っていない状況。
「できることがあるなら何でもやるわよ!」とおっしゃってくだるご婦人方。
今日は初日なので、とにかく今回の活動に関して、いろいろとお話を聞いていただきました。
力強く、頼もしい協力者の登場に、少々面食らいつつも初日から幸先の良いスタートとなりました。
a0062127_20402078.jpg



その後も地域の方や取材の方が、学校を訪れ、にぎやかな時間が経過し、校長室で給食をいただき、お昼休みへ。
お昼休みには全校児童の皆んと顔合わせの集会を開いていただきました。
校長先生にご紹介していただいた後、磯崎さんが自己紹介。
今回の活動について、親切丁寧に説明しました。子どもたちの反応は・・・あれ?おとなしい?
まぁまぁ、これから徐々に仲良くなろうね!
a0062127_2041862.jpg



午後は、子どもたちが代わる代わるアトリエにやってきました。
子どもたちは、活動に関してというよりは磯崎さんという人に興味がある様子。
「ね〜どこに住んでるの?」
「他に何つくってるの?」
子どもたちの素朴な質問に、磯崎さんは優しく楽しく受け答え。
徐々に、子どもたちとのコミュニケーションがとれてきました。

a0062127_20421592.jpg

a0062127_20414421.jpg



さて本日は、予想以上に大勢の方がアトリエを訪れてくださり感謝しています。正直、磯崎さんも私もこの反応にはびっくりしております。今日は、準備でいっぱいいっぱいの一日でしたが、明日も同様にアトリエ環境の構築に時間を費やすことになりそう。子どもたちや地域の皆さんと一緒に充実した活動を進められるよう頑張ります!(漆)


---<おまけ>---
滞在先の宿舎の室内になぜかテントを張る磯崎さん。
全く持って理解できない行動ですが本人はすごく嬉しそう。
写真:「え?漆君テント持って来てないの?」
a0062127_2050476.jpg

[PR]
# by sair_ais_programs | 2006-11-06 20:44 | 文化/大岸小/磯崎道佳 | Comments(3)
次回のお知らせ
2006年度第二弾のアーティスト・イン・スクールは、11月6日月曜日から2週間、アーティス トに、美術家の磯崎道佳さんをお招きし、豊浦町立大岸小学校に於い て、子どもたちや地域の方々と一緒に古着や布で作った手作りのぞうき んを張り合わせて、巨大な船、名付けて「ぞうきんしっぷ」を制作しま す。(イラストはイメージです)

a0062127_210312.jpg


今回は、学校に通う児童や、職員の方々だけでなく、保護者の方々や地域の皆さんにも積極的に関わっていただく様な活動に発展していくことを期待しています。
本ブログも日々更新いたしますので、ぜひぜひご覧ください!


<<財団法人 北海道文化財団”平成18年度 文化の宅配便"事業>>

開催校:豊浦町立大岸小学校&鉱山分校
開催期間:2006年11月6日(月)〜17日(金)
タイトル:「ぞうきん船が行く−ぞうきんしっぷ」
アーティスト:磯崎 道佳
主 催:財団法人 北海道文化財団
共 催:豊浦町教育委員会
後 援:北海道,北海道教育委員会
協 力:豊浦町、豊浦町立大岸小学校
企 画:NPO法人S-AIR(小田井 真美・漆 崇博)


写真1)豊浦町立大岸小学校鉱山分校と磯崎氏
a0062127_2124364.jpg


写真2)大岸の海と磯崎氏
a0062127_2143934.jpg


[PR]
# by sair_ais_programs | 2006-11-05 02:01 | 文化/大岸小/磯崎道佳 | Comments(0)
2006年10月14日(土) scherzo school 発表会
待ちに待った本日、ここ清田小学校では、「トヨタ・子どもとアーティストの出会い in 札幌」の第一弾として行た加賀城匡貴さんによる「scherzo school」の集大成を披露する時を迎えました。
というのも今日は、PTAの皆さんが主催している「親子ふれあい祭り」というが行われ、そのプログラムの一環として、今回の活動の発表会をさせていただく運びとなった訳です。
活動期間中に制作された「めあて」のコマーシャル上映、そして「scherzo」のメンバーによるステージパフォーマンス、そしてそして児童参加による「サンバde校歌」の大合唱。
保護者の皆さんに、今回の活動を披露すると同時に、加賀城さんの普段の活動スタイルを児童に見せる最高の舞台を用意していただきました。


a0062127_012678.jpgさて、朝早くから準備に入った加賀城さんと「scherzo」の皆さん。
今日のステージパフォーマンスには、映像、ナレーション、そしてミュージシャンの方々がメンバーに多数参加し、音楽は生演奏という豪華なシチュエーションが組まれていました。総勢12名のメンバー。限られた時間の中で準備したとは思えない程、本格的なステージ作り。そして、リハーサルもいつもの加賀城さんのキャラクターでは、想像できない緊張感漂う雰囲気の中、着々と進行していきます。
まさかこんなにも立派なステージが組まれることになろうとは・・・押さえきれない期待と興奮がこみ上げてきます。


a0062127_015478.jpg午前10:30。体育館には、続々と子どもたちそして保護者の皆さんが集まってきました。加賀城さんたちがリハーサル中、実は授業参観が行われていたのです。
全校児童と保護者の皆さんが集まったところで、「親子ふれあい祭り」がスタート。まずはPTA会長さんと校長先生の挨拶。今回の催しの趣旨説明の中で、加賀城さんの活動のことも丁寧に紹介いただきました。


a0062127_023352.jpgそして加賀城さん、弟の史典さんが登場!
初めてお会いする保護者の皆さんにしっかりとご挨拶をすませ、まずはコマーシャルの上映。
もはやこの学校ではおなじみとなった「めあて」のコマーシャル。コマーシャルの面白さもさることながら、子どもたちのはしゃぎぶりに、保護者の皆さんは驚いていた様子。
活動期間中に制作した計8本のコマーシャルをじっくりと堪能していただきました。


a0062127_03980.jpgお次ぎは「scherzo」のステージパフォーマンス。
子どもたちにとっては、学校滞在中に出会った加賀城さんの真の姿を目の当たりにする瞬間です。
そして史典さん指揮のもと、生演奏がスタート。軽快なリズムの乗って音楽、映像、ナレーションのコラボレーションが、次から次へと展開されていきます。
会場は一瞬にして「scherzo」の空気。
始め、子どもたちはその迫力に圧倒されていたようでしたが、徐々にいつものように大声を出してリアクション。


a0062127_034615.jpg「scherzo」の作品は、「日常をコマーシャルする」というテーマの基に展開されるステージパフォーマンス。日常生活にいつも当たり前に存在している物事が、全く別のものに見えてくる瞬間を一つの物語として描くその表現は、単にコミカルな「笑い」のネタにとどまらず、日常に隠された新たな価値を発見する面白さを伝えてくれます。


a0062127_042496.jpgですから、高学年の子どもたちや保護者の方々は、音楽を楽しみながら気に入ったネタで「クスクス」、低学年の児童は、とにかく映像の面白さにはしゃぎまくりといった感じ。
年齢層関係なく、楽しめるライブなのです。
という訳で、迫力ある音楽に包まれながら、楽しい映像&ナレーションに場内大興奮のままステージは終了しました。


そしてそして最後には、お待ちかね「サンバde校歌」の大合唱。

a0062127_085196.jpg


たくさんの児童がステージ前に集結。
おいおい、練習の時より人数が増えてませんか?
とにかく前代未聞の「サンバde校歌」がスタート!
あらかじめ準備していただいたミニマラカスを手に楽しく踊って、元気よく校歌を歌いました。
加賀城さんそして、この校歌のアレンジをした史典さんも大満足のライブ!
この様子は、今回の活動の中で一番といっていい程感動的でした。


a0062127_064010.jpgこうして、今回の「scherzo school」発表会は幕を閉じました。
発表会終了後は、「親子ふれあい祭り」でふるまわれたカレーライスをごちそうになりました。
この学校の敷地にある田んぼで収穫したお米で作ったカレーは、絶品!
とても良い思い出になりました。
PTAの皆さん、教職員の皆さん、そして児童の皆さん!本当にありがとうございました!
そしてそして加賀城さんはじめ「scherzoの皆さん!素晴らしい活動とパフォーマンスありがとうございました!お疲れさまでした!


さて「親子ふれあい祭り」も終わり、ステージの後片付けが終了した頃、6年生の先生が声をかけてくださいました。なにやら三階に来てほしいとのこと。
三階の廊下に、加賀城さんと私が行ってみるとそこにはこんな掲示物が・・・
a0062127_07894.jpg


a0062127_073725.jpgこの活動期間中に行われた図画工作の授業で、子どもたちが作ったおもしろい作品が掲示されていました。加賀城さんの創作活動が、子どもたちに新鮮な影響を与えたことを裏付ける作品群。これには、加賀城さんも感動!
最後の最後に待っていたのは、こんなにも感動的な子どもたちからの贈り物でした。


さて、今回清田小学校で行われた「トヨタ・子どもとアーティストの出会いin札幌」では、加賀城匡貴さんというアーティストとの出会いから始まり、とても密度の濃い、そして充実した活動ができたと自負しております。
加賀城さんのキャラクターと活動プランの面白さはもちろんのこと、それを受け入れてくださった清田小学校の職員の皆さんの懐の広さと、陰ながら見守ってくださった保護者の皆さんのおかげです。また清田小学校の児童の皆さんのやさしさと明るさにもとても助けられました。
本当にありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしています。
(漆)
[PR]
# by sair_ais_programs | 2006-10-15 01:35 | トヨタ/清田小/加賀城匡貴 | Comments(3)
2006年10月6日(金) scherzo school 最終回
今日で「scherzo school」は、最終回を迎えました。
いやぁ〜長いようでやはり短い一週間。
「あっというまだったなぁ〜」と加賀城さん。
さすがに少し寂しそうな面持ちです。


a0062127_2259389.jpg朝。中休みに向けて「ミニマラカス」の制作。
日に日に参加者が増えてきた「サンバde校歌」の練習にそなえて、大量生産です。
これが作るのも簡単で意外と人気があるんです。
踊ることに躊躇している子も、このマラカスがあれば大丈夫!
特に低学年の児童には、大好評。


a0062127_230411.jpgさてそうこうしているうちに中休み。
いよいよ「サンバde校歌」の練習も最終回。
今日は、最終日ということもあり70〜80名の児童が集まってくれました。
そして、早速練習開始、低学年と高学年に分かれてまずは振り付けの練習。
低学年の子たちには、マラカスを振りながら簡単で楽しい腰振りダンス!
高学年の子たちには、やや難易度の高いステップを伝授。
続いて、明るくリズミカルな曲調に合わせて、全体で踊りながら大合唱。
大人数にも関わらず、今までで一番まとまりがあって、迫力のある合唱に、加賀城ブラザーズも大感激!
昨日まで少し恥ずかしそうだった高学年の子どもたちも楽しく合唱に参加できたようです!


a0062127_2302842.jpgさて、中休みを終えても加賀譲さんは大忙し。
お昼の全校放送に向けてコマーシャルの編集。
毎日2〜3本のコマーシャルを、編集するのはそれはそれは大変な作業なのです。
弟さんの史典さんのアドバイスも受けながら、黙々と制作。
まさにscherzoのスタジオと化したこの教室も今日で最後かと思うとやはり寂しいものですね。


a0062127_231121.jpgそして待ちに待った給食タイム。
お昼の全校放送が始まります。
今まで制作したコマーシャルに加えて、今日は計8本。
子どもたちは教室で、今か今かと待ち構えています。
加賀城さんとの出会いから、みんなで参加した少々不可解で、楽しい撮影体験。
様々な思い出を乗せてコマーシャルが放送されます。
そして、学校中に歓声が響きました。
子どもたちは、食事の手を止め、笑ったり、突っ込みを入れたり、もうとにかくリアクションしたくてしょうがないといった感じ。
たかだか一本30秒ほどのコマーシャルが、これほどこれほど子どもたちの興味を引くことになるとは思いもよりませんでした。
そして、コマーシャル放送が終了し、加賀城さんが生出演。
お昼休みに行う最後のコマーシャル撮影に参加を呼びかけました。


a0062127_2313253.jpgお昼休み。
一階の廊下を舞台に、100名近くの子どもたちが集結。
最後のコマーシャル撮影が始まります。
そしてあろう事か「これからみんなで”ジェンカ”を踊りますよ!」と加賀城さん。
最後まで好き勝手なことを・・・。
100名近い児童が、一列に連なって、ジェンカを踊りながら、じわじわ廊下を進んでいく。
「右、右、左、左、前、後ろ、前、前、前」
確かに「廊下を走らない」という「めあて」をアピールするには、もってこいの素材かもしれません。子どもたちもそのことを理解しているのか、楽しみながらも真剣に参加してくれていました。この楽しくも奇妙な光景は、一生忘れることのない思い出になることは間違いありません。
こうして、この活動最後の撮影は、一番の盛り上がりをみせ、大興奮のうちに幕を閉じました。


a0062127_2315645.jpgそして放課後、あっという間の一週間の最後に、自ら「お別れ会」を開催。加賀城さんが子どもたちに感謝を込めて、これまでに撮影した映像と、過去の作品をscherzo schoolのスタジオで、披露しました。
子どもたちとの別れを惜しみながら、最後の最後まで「伝えること」の楽しさと大切さを伝える加賀城さんの姿勢に、私も胸を熱くしました。


今回の活動では、アーテイストと出会うことから始まり、そのアーティストが起こすアクションとプロセスに関わることでの充実感を、子どもたち、そして教職員の皆さんと共有できたのではないかと考えています。
最後に校長先生が、「子どもたちだけでなくて、私も、一緒にこの活動を作り上げているという実感を持ったよ(笑)。」とをおっしゃってくださいました。
本当にうれしいお言葉でした。
学校では、やってはいけないこと。でも学校でしかできないこと。
そのことを校長先生をはじめ教職員の皆さんが、いつもポジティブに捉え、この活動を常に理想的な方向へと導き、ご協力くださっていたことに本当に感謝しております。


後は、10月14日(土)にひかえている「親子ふれあい祭り」。
そこで、scherzoのステージパフォーマンスが行われます。
大勢の児童と保護者の方々に、今回の活動の集大成を披露する予定。
子どもたちの「サンバde校歌」の大合唱もあります。
最後の「ジェンカ」は、いったいどんなコマーシャルとなっているのか...。
ぜひお楽しみに!(漆)

[PR]
# by sair_ais_programs | 2006-10-07 01:22 | トヨタ/清田小/加賀城匡貴 | Comments(0)
2006年10月5日(木) CM先生
「scherzo school」は、今日で4日目に突入。
加賀城さんが仕掛けた、CM作りも、「サンバde校歌」の合唱も、子どもたちの生活にだいぶ浸透して来たようで、朝からあれこれと質問にきます。
「今日は何を撮るの?」
「歌は、どこで練習するの?」
などなど。


a0062127_20114895.jpgそんなこんなで中休みへ。
「サンバde校歌」の練習です。
今日は、3年生が社会見学で学校にいない為、集まりが悪いかと思いきや、1年生〜6年生まで、20名程の児童が集まってくれました。
早速練習開始。
出だしから元気よく歌う子どもたち。
特に低学年の子たちは、ミニマラカスをシャカシャカと振りながら、そして、加賀城さんのダンスに合わせて、楽しそうに歌っていました。
(逆に高学年の子たちは、若干恥ずかしそうでしたが・・・。)
直接練習できるのは明日でおしまい。
明日はもっと元気よくみんなで歌えたら良いなぁ〜。


a0062127_2012769.jpgその後の給食時間。昨日全校放送がお休みだったので、今日はコマーシャル放送も拡大版。いままでに制作されたものと合わせて計5本のコマーシャルが放送されました。すべて「廊下を走らない」という「めあて」に通じるテーマ性を持った内容。様々な角度から、廊下の面白さを発見し、またその魅力に迫った映像に仕上がっていました。子どもたちは自分が、撮影に関わったコマーシャルが流れると大はしゃぎ!自慢げにその状況を友達に教えていました。


a0062127_20122972.jpg全校放送が終了した後は、昼休み。
スタジオには、たくさんの子どもたちが集合。早速コマーシャル作りが行われました。
昨日の放課後に準備した「ス」「ピ」「ー」「ド」「落」「と」「せ」の7つの看板を子どもたちに配り、子どもたち出演の撮影がスタート。
ここまで来ると、コマーシャル作りの趣旨もある程度浸透しており、あまりカメラを意識することもなくなっていたので、順調に撮影が進みました。
上級生がいまいち理解できていない下級生の手を引いて一緒に参加している姿も見受けられ、まさにこの活動自体が一つのパフォーマンスといった感じ。
途中からこの様子を見た子どもたちも、次から次へと集まり、出演者はどんどん増えていきました。


a0062127_2012461.jpgさて今日は、本活動を取材してくださるマスメディアの方々が多数いらっしゃいました。また、見学者の方も数名いらっしゃいました。皆さん学校という環境自体が、懐かしく、そして思い出深い。「学校でしかできないこと」そんな話しを中心に自然と盛り上がり、加賀城さん共々楽しく会話をさせていただきました。いや〜本当に学校って、いろいろな可能性を持った素晴らしい場所なんですよね。


さてさて、今回「トヨタ・子どもとアーティストの出会いin札幌」の第一弾として、札幌市立清田小学校で行っているこの「scherzo school」も取りあえず明日を持ってその活動を終了します。
今やCM先生と化した加賀城さんは、最終日も、子どもたちと新たな挑戦・発見をして、子どもたちと素敵なコミュニケーションを図ってもらいたいと思います。(漆)
[PR]
# by sair_ais_programs | 2006-10-05 20:15 | トヨタ/清田小/加賀城匡貴 | Comments(2)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/山の手小/川上りえ
おとどけ/有明/東海林靖志
おとどけ/拓北小/AIS
2017年度AIS
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
十勝/大正小/クニ&美佳
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism