「ほっ」と。キャンペーン
<   2014年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
実は、別の小学校(ところ)にもミタテおとどけしてました!!


じゃーん

もう、皆さん知ってますね。

a0062127_22373172.jpg

12月6日(土)はミ術館オープン。

10時~16時まで小学校を一般開放。

是非、皆さん見にに来て下さいね。

なんたって、全333作品ですからね。多過ぎ!



現在、札幌市に撒かれているこのチラシ。

子どもたちがつくったファンキーなチケットとセットでいろんな場所に置かれています。

しかもね、近々地下鉄駅にも貼っちゃうよ!


a0062127_22375677.jpg


あと、せっかくなんで地域に配ったチラシもご覧ください。

どんな活動で、どんなことが行われるのかが一目瞭然。


a0062127_22380636.jpg


「ねー、今週土曜何する?」

「んー、特に決まってないな」

「なんか、暇~」

「んー、どっか行くかーー・・・」

って、あなた。

北陽ミ術館は無料ですよ。

しかも、普通に回ったら1時間は確実に楽しめる。

一階ではココアorお茶スペースも設置予定。

週末、完璧じゃぁないですか。






と、宣伝のボリュームが凄いことになっていますが、

これからが本題。





じつは、おとどけアート、「ミ術館」

別のとこでもやっているんです!




前のブログで、「地域の銭湯でも見立てしました!」というのはUPしましたが、

今回は、別の小学校でもやっちゃったんですね!



場所は北陽小学校から少しだけ離れた、白楊小学校。

この学校で、授業2時間を使っての「ミタテ」活動を行いました。

今日はその様子をご覧ください。




せっかくなんで(?)今回は、セリフ口調で進めてみたいと思います。






加賀城さん(以下加)「どーも、みんな今日は。僕の名前はカ・ガ・ジョ・ウ・マ・サ・キです。

みんな漢字どうやって書くか分かるかな? 

『加』『賀』『城』で加賀城。

城は江戸城の『城』、賀は年賀状の『賀』・・・」


a0062127_22043833.jpg

子ども(以下子)「カはカラス?ロはロケット!

加「ハイ!そうです。 

どうも初めまして、カラスロケット年賀状江戸城です。」

子「!!!」




a0062127_22113325.jpg
加「さて、普段僕が何をやっているかというと、こんなことやっています。

ほら、これ何かに見えない?」

子「おおっ!」

加「パーマかけたのか、すごい髪形のおばさん?に見えるね。」



a0062127_22180015.jpg
加「これなんかどう?」

子「カエルだー」

加「おー、そうだね、カエルに見えちゃうね。

じゃあ、次のはどうかな?」




a0062127_22211058.jpg
子「あっ、ワニだー」

子「ライオン!」

子「カミナリ!!」

子「雨~?」

a0062127_22271679.jpg
加「そうだね、こうやってものを別のものに見立ててみることを

『ミ・タ・テ』というんだ。

僕は普段こんな活動をしているんだよ。

a0062127_22223452.jpg


今日は、みんなと一緒にこの『ミタテ』の活動をしてみたいと思います!

子「うぉおおおおおーーーーー!!!」



a0062127_22275652.jpg
加「では、これからみんなグループごとにカメラを持って、学校の中外で

見立て作品を探してきてください。

主に、顔、動物、自然、その他のものをドンドン集めてきてね」

子「はーい」


a0062127_22291807.jpg

子「・・・(何かに・・・見えなくも・・ない・・)」



a0062127_22291644.jpg
子「下行こ!下、下!」

a0062127_22292006.jpg
子「ひひひー、見つけたー!」

a0062127_22291393.jpg
子「これ、○○に見えるよね?」

子「おおっ!」

a0062127_22291024.jpg
子「次、私の番だよ~、早くー」

子「ちょっと待ってよ、今写してんだから。」


a0062127_22292921.jpg
子「・・・(見つけたっ!)」



a0062127_22292331.jpg
子「あった!!」









~それから2週間が過ぎ、子どもたちが見つけた作品の発表を授業で行いました。~

a0062127_22350122.jpg
白楊の子どもたちが見つけた、作品からも数点が

北陽ミ術館の中に展示される予定です。



ぜひ、「北陽ミ術館」にお越しの際にはこちらもお楽しみください。











[PR]
by sair_ais_programs | 2014-11-29 22:36 | おとどけ/北陽/加賀城匡貴 | Comments(0)
拠点校を離れて@苫小牧
11月21日(金)拠点となる樽前小が香を離れて、苫小牧市豊川小学校にアーティスト・藤沢レオ参上!

豊川小では一、二年生のの図工の時間にみんなで「空」を作ります。

題して「見えないところで見えた雲。みんなの空をつくろう!」
保冷バッグなどに使われる銀色のシートやマジック、アルミのテープなどを使った造形遊びです。
a0062127_14195356.jpg


目を閉じて、銀色のシートの大きさやカタチを確かめることから授業は始まりました。
a0062127_14202060.jpg


大きさを確認したら、目を閉じたまま面白い雲の形を思い浮かべ、目を閉じたままその銀色のシートにマジックで雲を描きます。
a0062127_14204550.jpg


つぎに、その雲をハサミで切り取って…
a0062127_1422071.jpg


ダンボールに銀色のアルミテープで貼り付けていきます…
a0062127_14215142.jpg


ダンボールが、キラキラ光る雲の浮かんだ空になっていきます…
a0062127_14223433.jpg


最後は、自分のマークを入れるスタンプを作って…
雲を貼ったダンボールに押して完成!
a0062127_14231680.jpg


一、二時間目の一年生は、キラキラ光るシートやマジックを手にしただけでハイテンション!
三、四時間目の二年生は、目を閉じて描く感覚の面白さをじっくり味わっていました。
そして、二年生で盛り上がったのは、作品に自分のマークを入れるためのスタンプづくり。
小さなスチロールパネルに鉛筆で書き跡をつけて作るかんたんスタンプ。
作るのも、押すのも楽しんで、いくつものスタンプを作った子もいました。
楽しい一日でした♪


二年生の先生から、「時間が足りなかったけれど、ダンボールの台紙のふちを切りたいとか、台紙に色を塗りたいとか、言う子もいました。別に時間を作って、切ったり塗ったりしてもいいですか?」というお話も!!
この次、作品を見るときには、今日とはまた違う作品になっているかもしれない!!楽しみです。
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-11-26 14:23 | トヨタ/苫小牧/藤沢レオ | Comments(0)
学芸員は〇〇部! 加賀城匡貴×北陽小学校
おとどけアート、加賀城匡貴×北陽小学校

「北陽ミ術館」の11月12日の活動の様子をご報告いたします。




今回はここから行って見ましょう。

a0062127_23071536.jpg

給食交流から。

この日はみんな大好きうどん。

みんな活気がありますよね。


a0062127_23091125.jpg
遠い昔の記憶をたどると、やはり給食時間は嬉しいものでした。

ご飯を食べながら自由に友達と話し合う30分。

そりゃ、楽しいですよ。


授業中にこちらを見つけて、「あっ」といった瞬間や、

休み時間に一緒になって何かを作るとき、

それとは違った表情が給食時間には見られます。


なんというか、

ごく自然な、普段の子どもの表情なんですよね。

a0062127_23115813.jpg
ここでの、ささいな会話や

どうでもいいようなやりとりの場にいるだけで、

特に話をしていなくとも、仲間になったような意識が生まれます。



「友達になろう!」という直接的で不自然なつながり方よりも、

ご飯を食べる、という目的の中でたまたま隣り合わせた、という

その状況の方が親密な関係になれるのかもしれません。


お互いに構えることがない、ということが案外重要な気がします。




さて、そんな子どもたちが気を抜いて無防備な状態(?)の給食時間に、

放送室を借りて2分ほどのパフォーマンスをおとどけ。

a0062127_23174487.jpg

ほら、もうみんな釘付けですよ。

a0062127_23181488.jpg
この、視聴率100%放送はやめられません。

毎回、各教室から笑い声や驚きの声が聞こえてくるのです。





さて、この日の活動はこんなことを行いました。

a0062127_23193486.jpg
子どもたちを集めての「学芸員説明会」です。

a0062127_23200763.jpg
12月6日(土)のOPENに向けて子どもたちの活動は終盤戦。

より、具体的で積極的な参加を期待して、

活動に4つの部を作成しました。




a0062127_23264199.jpg
① かんがえ部

ミタテ作品の「タイトル&ストーリー」を考えてもらいます。
まさにミ術館の根幹を担う大事な活動です。
主に、低学年層の見立てファンタジスタたちが
無限のアイディアを発動させる場となっとおります。
(写真はミニ児童館での活動の様子)





a0062127_23283035.jpg
② ひろげ部

ミ術館の広報を担う重要な役割です。
学校周辺地域や、札幌市内に配布するチラシに添付する
「北陽ミ術館チケット」に招待メッセージを書くことが主な仕事です。

「楽しいから来てね~」とか「絶対おすすめ!」といった
子どもたちのかわいい文字で書きあげたチケットは全てオリジナル。
中でも、最近英語の勉強を始めた子が書いたであろう、

「北陽ミ術館へDO!」のチケットはレアです。プレミアです。
GOじゃなくて、DOなのが、間違っているんだろうけど正解です。

※ 北陽ミ術館は入場無料でチケットなくても自由に入れます。





a0062127_23315878.jpg
③ 作る部

作る部の主な活動は、
ミ術館内部に展示するポスターや案内板などの作成です。

これは、各ミタテ作品をさらにそこからキャラクター化させた
ミタテキャラクター図鑑ポスター。

見立て作品の時点で十分な想像力使っているのに、
そこをさらにキャラクター化するという、荒業。
面白いです。


④ ガイド部

これは12月6日に各場所で作品の案内を行う、正にガイド役。

ツアーも考えていましたが、1階~4階までの333作品を
作品から作品までの移動5秒、作品鑑賞5秒だとしても
約1時間ですか?体が持ちません。

ということで、作品が集まっているところに
学芸員の子どもたちがいて、行くと紹介してくれるような感じです。

a0062127_23411858.jpg
こんな感じで活動もラストスパート。

a0062127_23415200.jpg
いつもやっている朝のパフォーマンスも

今日は活動参加の呼びかけを中心として行っていました。


次回へ続く







おまけ

a0062127_23425467.jpg
学芸員集会の呼びかけが終わり、子どもたちもみんなクラスへ、

誰もいなくなった朝の廊下。

「でも、せっかく用意したんだから・・・」

と、加賀城さん。

a0062127_23440604.jpg
セーフティー綱渡り、というタイトルでこの映像。

誰もいないのにパフォーマンスの開始?!

ちょっと、テンションおかしくなってます。



始めた矢先に、近くの3年生が

「うるさーい!」と集団で廊下に出てきての抗議。

どうやら、朝読書の時間だったようで、お怒り。

10歳に怒られて、すごすごとパフォーマンス中止。

いろーんな、複雑な気持ちでした。


おまけ、おわり。








[PR]
by sair_ais_programs | 2014-11-25 23:47 | おとどけ/北陽/加賀城匡貴 | Comments(0)
苫小牧AIS活動前半ダイジェスト@樽前小学校
苫小牧市で始まったアーティスト・イン・スクール事業の前半戦をダイジェストでレポート。

今回参加していただくアーティストは、苫小牧生まれの彫刻家藤沢レオさん。

ご自身のアトリエのすぐそばにある樽前小学校を拠点に市内の4校の小学校を股にかけてアーティストインスクールを展開していくという前代未聞の試み。

まずは、拠点となる樽前小学校へ。
全校児童27名の小さな小学校です。

a0062127_1782679.jpg


すでに樽前地域では芸術家として知る人ぞ知る存在のレオさん。
子どもたちとも顔なじみなので、あまり違和感が無い様子。
今回は、先生でも転校生でもない隣のお兄さんが来たという感じ。

さて、アトリエとなった教室に前日から仕込みをされていたレオさん。
何やらあやしいガラクタ類が。
a0062127_1785446.jpg


そして「錬金術」の文字。
黒板の使い方もレオさん流はとにかく親切。
ただ実際の活動は謎。
この謎は、その後に休み時間に明らかになりました。
a0062127_1792563.jpg


休み時間になり子どもたちが集まって来ました。
一体何をどうしていいのか分らない子どもたち。
レオさんは「錬金術」の文字通り、身近な生活雑貨やゴミ?と思われる物を金属に変えていく技を伝授していきます。

a0062127_17102068.jpg


もくもくと作業に取り組む子どもたち。
ものすごく真剣です。

a0062127_17101881.jpg

a0062127_17111671.jpg



そして、気がつけば・・・・・

a0062127_17113452.jpg


おおっ!!!
眼鏡が!!

a0062127_17114450.jpg


あらら、ヘルメットが!瓶が!柄杓が!!!

たわいもないものがなぜか特別な物に様変わりしてしまう魔法の様な錬金術。
このシンプルな変化に虜になっていく子どもたち。
樽前小学校では、この制作をひたすら実施していきます。
そして最後にどのようなものができあがるのか・・・。
未だ誰にも分りません・・・。

そして、他の3校の小学校ではどのような活動が展開されるのか・・・。
次回のレポートをぜひお楽しみに!
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-11-25 17:12 | トヨタ/苫小牧/藤沢レオ | Comments(0)
「50のいたずら」最終日  (ダム・ダン・ライ×元町小学校)

今年、9月16日~26日に渡って元町小学校で行われた、

ダム・ダン・ライ「50のいたずら」の最終日の活動報告を致します。

a0062127_21182758.jpg
活動が終わってから、最終日の報告が遅れたことをまずはお詫びいたします。

その上で、活動についてのおさらいを少し。




今年、50周年を迎える元町小学校。

そこで、「50日にちなんだ何かをしよう!」

ということで、ライさんが考え付いたのが「いたずら」。

a0062127_21252959.jpg
「ほら、顔にみえるでしょ?」

って、ほんと他愛のない事から

a0062127_21261401.jpg
みんなで、シャツの折紙を作ってすごい数を干したり。

a0062127_21265792.jpg
先生や子どもたちの知らないところで、

幾つもの「いたずら」という仕掛けを作り、

小学校の中に「楽しい」「ドキドキ」「ワクワク」を生み出してゆきました。






最終日には、みんなでグランドに出て紙飛行機を飛ばしたり。
a0062127_21292496.jpg

何かひとつをみんなで作り上げる、

というわけでもなく、

常に何か新しい遊びを考え、その場で実行している2週間でした。

a0062127_21305328.jpg
ただ、遊んでいるだけ、

に見えるのですが、


ほんと、その通りなんですよね。

遊んでいるだけなんです。


a0062127_21314742.jpg
ただ、その「遊び」がおとどけアートには

非常に大切なことだと思っているんです。



何かをするために、目的に向かうために、

といった活動ではなく、

a0062127_21324507.jpg
ただその時、




「面白そう」という気持ちや、


「楽しい」という感覚に任せて、



体が自然に動き出す。



そんな経験ができるんですね。

a0062127_21483751.jpg



そうやって遊んでいる時に、

「驚き」に出会ったり、

「何か」に気が付いたり、

予想していないことがあるかもしれない。



そしてその経験が、もしかすると、

未来のふとしたところできっかけとなり、

将来につながってゆくのかもしれません。



具体的に、何か確実なものが得られるわけではないので、

こんな抽象的な表現になってしまうんですけどね。
a0062127_21445789.jpg

そんなゆるやかで、のんびりとしていて、

かつ夢中になれて、時には熱狂的な、そんな時間や状況を


「おとどけアート」で作って行ければいいなと、

そう思っています。

a0062127_21425844.jpg

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

以上、おわります。





ではなく、

次回は子どもたちや、保護者、先生たちの声と共に

ライさんのいろんな「いたずら」を振り返り、

元町小学校の活動報告の最後とさせて頂きます。


最後までお付き合いありがとうございます。



つづく





[PR]
by sair_ais_programs | 2014-11-21 21:54 | おとどけ/元町/ダムダン・ライ | Comments(0)
苫小牧市でアーティスト・イン・スクールが始動!
北海道は苫小牧市において今週からトヨタ子どもとアーティストの一環として「北海道アーティスト・イン・スクール事業in苫小牧 〜たるまる学校〜」がスタートしました。

北海道でのトヨタ子ども事業の一環として行われるのは、2007年以来6年ぶり。
今回は、苫小牧市で活動しているNPO法人樽前Arty+の皆さんと連携し開催することになりました。

今後、AISプランニングが綴るブログで日々の活動をレポートして行きます。
ぜひみなさんご覧ください。

以下開催概要となります。

【事業名】
トヨタ・子どもとアーティストの出会いin苫小牧
北海道アーティスト・イン・スクール事業 たるまる学校〜苫小牧再発見!

【開催場所】
苫小牧市立樽前小学校、苫小牧市立美園小学校、苫小牧市立豊川小学校、苫小牧市立拓進小学校の4校

【実施期間】
2014年11月18日〜12月5日

【アーティスト】
藤沢レオ(金工家・彫刻家)
金工家・彫刻家鉄を中心に金属、木、繊維などを素材に工芸・環境造形・彫刻・現代美術と多分野の作品を発表。札幌芸術の森美術館、苫小牧市美術博物館など道内外、海外での個展、グループ展に出展。日常の中の生命や幸福感について様々なアプローチで制作を続ける。
http://leofujisawa.com/

【活動内容】
未来の街!?巨大オブジェ制作に挑戦!
アーティストの藤沢レオさんが、約二週間、苫小牧市立樽前小学校を拠点に、苫小牧市内の小学生と、地域に潜む素材を発掘しながらものづくりを展開します。
期間中は、樽前小学校だけではなく、周辺の3校の小学校へも訪問し、個別のワークショップを通じて多くの子どもたちと関わりながらコミュニケーションを図って行きます。
そうした過程を経て、「未来の街」をテーマとした巨大なオブジェの制作に挑戦します!
そして、最終的に制作された作品は、小学校を飛び出し、苫小牧市の文化施設に展示され、市域住民の方々にお披露目することを目指します。
この活動を通じて、子どもたちや地元住民の方々が地域の魅力を再発見、再認識し、地元に愛着を持ち、郷土の文化を大切にする気持ちを育む機会を提供したいと考えております。


主催:一般社団法人AISプランニング、NPO法人樽前artyプラス
協賛:トヨタ自動車株式会社、株式会社トヨタ自動車北海道
助成:公益財団法人福武財団
後援:苫小牧教育委員会(予定)、苫小牧市美術博物館(予定)
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-11-20 23:07 | トヨタ/苫小牧/藤沢レオ | Comments(0)
アーティスト・イン・スクール藻岩小 藤木正則
今回のアーティスト・イン・スクールは藻岩小学校で藤木正則さんをお招きし行われています。


藤木さんと我々コーディネーターで初めて打ち合わせをした際に、まずはじめに話したことは、「アートとは何なのか?」「おとどけできるアートはあるのか?」ということでした。


アートとは何か、それは答えの出ないやり取りでしたが、藤木さんの指摘を通して、これまでの活動を振り返り、アーティスト・イン・スクールに対する考え方を根本的に見つめることとなりました。


その場所にいる人々が「考える」ことがアートになるかもしれない。
これが藤木さんがそのときに呈した基本的な考え方でした。




故に藤木さんは今回の活動で、「なるべく作らない」という制限を自身に課しています。
アーティストが何かを作ることが、まわりの他者の受け身を作り出すかもしれないから。
「自発性」を他者へ期待し関与するときの「恣意性」の問題。
矛盾を抱え込んだ藤木さんの姿は、同時にアーティスト・イン・スクールや学校に内在する矛盾を表象しているようにも見えます。





今回のアーティスト・イン・スクールのひとつのテーマは「這いずり回る」です。


これは活動が始まる前の、校長先生と藤木さんの対話において出てきた言葉でした。


「這い回っていて授業がうまくいかない」というような言い方が学校では一般的に使われているそうです。目的にまとまっていかない様子を否定的に言い表す言葉です。


校長先生は、藤木さんと対話する中で、次のように述べています。

「今この話を聞いてると這い回ってみてそこに何が生まれるかっていうことを、我々が避けてきたことをね。這い回るだけじゃダメなんだとかね、こういうとこに繋がっていることに切り込んでいかないといけないんだとかね、なんかそういうことを一生懸命我々はやっていたなって思うんだけど。そういうことはやらないで。這い回ってる中で一緒に這い回りながら這い回ってる面白さみたいな。」



先のわからなさと随伴しながら這い回り、その過程でその先で何が見えてくるのかは未知数です。
どうなるかわからないし、藤木さんの言葉を借りれば「途中からアートになったり、途中からアートでなくなったり、ずっとアートではないかもしれない」


藤木さんと関わって子どもや先生方はどのようなことを考え、動くのか。また、その相互作用の中で、藤木さんはどのように考え、動くのか。


一連の行為・相互作用から立ち上がってくるものとは何か?


これまでのアーティスト・イン・スクールの歴史を振り返り、これからの展開を模索していく(這い回る)、そんな節目の活動になるのではないかと我々コーディネーターも不思議な高揚感を持っています。




a0062127_14382211.jpg





このブログの更新も、今までのレポートの仕方とは違うものになります。
どのような言語化・情報発信になっていくかはまだわかりませんが、藻岩小×藤木正則アーティスト・イン・スクールの展開をご期待ください。
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-11-14 15:07 | おとどけ/藻岩/藤木正則 | Comments(0)
ほうき=ギターだよ、そりゃ。 (おとどけアート11/6)

おとどけアート、加賀城匡貴×北陽小学校

11月6日の活動をご報告します。





10月15日で前半が終わり、

今日、11月6日が後半のスタートとなります。


改めて、気合入れてゆかないとダメですよね。






ということで、加賀城さんが

恒例の朝パフォーマンスである、「ストリートスケルツォ」で行ったのがこれ。


a0062127_22432907.jpg
世界的エアギターの元祖である「ほうき」を持ってのスタートです。




a0062127_22461551.jpg

すっごい、みんな見てる。

高視聴率。






8時15分になり、教室へ流れ込んでゆく子どもたち。



そこで見せるのは、数字パフォーマンス。
a0062127_22470383.jpg
モニターに映っているのは、

1
10
100
1000
10000
100000000(億)
1000000000000(兆)
10000000000000000(京)
100000000000000000000(垓)
1000000000000000000000000(予)
-------------省略して------------------
1000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000(那由多)
10000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000(不可思議)
100000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000(無量大数)





このモニターを前に、

a0062127_22551504.jpg
「むりょうたいすぅ~、引く、1ぅわぁ~・・・・・」









「9999ふかしぎぃ9999なゆた9999あそうぎ(省略)9999まん9999!!」



って、

最近、「13-7」にチャレンジしたばかりの子供にとっては宇宙。

a0062127_22555106.jpg

スケルツォ、宇宙規模。






朝のつかみは、OKですね。

いいスタートを切りました。




8月~12月にかけて行われる「ミタテ」の活動は折り返し地点に入り、

1階~4階の廊下に設置されたミタテ作品も333に迫る勢い。

a0062127_22570130.jpg
休み時間には、あちらこちらでこんな様子が見られます。

a0062127_22571735.jpg
子どもたちがミタテしている様子を観察して思ったこと。



・1~2年生

「〇〇に見えるよ!!」というのは結構速いのだが
ストーリーを考えるのはあまり得意ではない子が多い。
なんとなく見える、とのこと。


・5~6年生

書ける子はもりもりとストーリーを考えてくれるのだが、「見えない子」が多い。
つまり、壁のシミは「壁のシミ」にしか見えない、大人と一緒。

それは、正しい認識の成果であり成長のしるし、
なのだが、創造性や思考の柔軟性が確実に鈍っているようにも思える。
もちろん、そうじゃない子もいるが大抵がそんな風になっているのかもしれない。

・3~4年生

バランスがいい感じ。
1~2年生のような感性と、5~6年生のような文章力を備えた
黄金の9~10歳世代。
ほんと、どの小学校に行っても活動の戦力となるのはこの年齢なんだよな。
好奇心と知識のバランスがちょうど良い。

そんなことが、現場にいると見えてきます。

a0062127_22571252.jpg
まあ、でも

学年関係なく楽しんでくれる子は大いに楽しんでくれれば、それでよし。




そして、この日スタッフの主な仕事はこれ。

a0062127_23082181.jpg
前回、図書館ボランティアのお母さん方に頼んだ折紙のお花

なんと、333個も作ってくれたんですね。

その花を、「当選」用紙に貼りつけます。
a0062127_23092261.jpg
で、これまでたくさんの子どもたちが考えてくれた

見立て作品「タイトル&ストーリー」の確定したものに

こちらの「当選」を張り付けてゆきます。

a0062127_23104774.jpg
こんな風にね。


a0062127_23110059.jpg

結構な数だよね。333って。

a0062127_23114611.jpg


北陽ミ術館のオープン12/6まで、

今日を入れると、あと残すところ5日間の登校です。

(11/12、11/18、11/25、12/5)。

迫りくるオープン準備。

果たして、無事にミ術館はオープンできるんでしょうか。

乞うご期待!
a0062127_23113770.jpg

---------募集!!---------

北陽ミ術館の準備をお手伝いしてくれる、

一般or学生ボランティアを募集しています。

日にちは、11/18、11/25(8時~18時頃まで)、12/5(2:30~終わるまで)

上記で「手伝いに行ける!」という方は是非ご連絡ください!

子どもたちと一緒に給食が食べられるかも!?

連絡先 担当:小林 電話:070-5288-5367 メール:ryotaro@ais-p.jp

お待ちしております!

--------------------------------






[PR]
by sair_ais_programs | 2014-11-13 23:18 | おとどけ/北陽/加賀城匡貴 | Comments(0)
北陽ミ術館 チラシ完成&設置場所+配ってくれる人募集中!
a0062127_13335593.jpg
じゃーん!


北陽ミ術館、チラシ(2000部)完成しました!!


現在、こちらのチラシを

「置いてあげるよ!」
「置いてくれる店知ってるよ~」
「おぅ、配ってやるよ!」


という、三種の「お」の方募集中です。

---------------------------------------------------------------------------------------
お問い合わせ 担当:小林 電話 070-5288-5367 メール ryotaro@ais-p.jp
---------------------------------------------------------------------------------------


しかも今なら・・・


a0062127_13340066.jpg
じゃーん!

なんと、北陽ミ術館の学芸員「広げ部」のみなさんによる、

オリジナルメッセージ付き入場券もついて来る。

※ 招待券が無くても当日入場できますが。






a0062127_13335899.jpg
子どもたちが、キャッキャ言いながら書いてくれた

この、レアチケットをもってぜひ12月6日(10:00~16:00)は北陽ミ術館へお越しください!


ちなみに、全333作品を1分ずつ鑑賞すると、5時間半かかります。







[PR]
by sair_ais_programs | 2014-11-13 13:39 | おとどけ/北陽/加賀城匡貴 | Comments(0)
「アーティスト・イン・スクール モイワ」始まります。 藤木正則×藻岩小学校 
アーティスト・イン・スクール モイワ


場所:札幌市立藻岩小学校

日時:11月4日(火)~15日(土)


アーティスト:藤木正則(北海道在住)


テーマ 

藻岩小学校が考え、行動することがアートになるかもしれない。

生徒のひとり一人、父兄のみなさん、先生達、AISプランニングのみんな、

そして藤木正則が這いずりまわる2週間。


<活動概要>

アーティストの藤木正則さんが小学校に滞在し、子どもたちや教職員の方々と交流を行います。

その様子はヘルメットに設置されたレコーダーに録画されており、

校内10か所に設置された「伝言モニター(デジタルフォトフレーム)」で再生されてゆきます。

一連の行動・行為から立ち上がってくるものとは何か?を今回の活動に関わるあらゆる人たちと共に考える2週間です。
a0062127_13380931.jpg


<アーティスト紹介>
藤木正則(ふじき まさのり)
1970年代後半からこれまで、主に街中で行為性の強い作品を展開しており、日常の些細な物事を出発点に、自らの「行為」と身近なメディア(絵葉書、FAX、映像など)を通し表現活動を行っている。


[PR]
by sair_ais_programs | 2014-11-10 14:57 | おとどけ/藻岩/藤木正則 | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/大正小/クニ&美佳
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism