<   2014年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
授業とコラボレーション!(9月22日)
おとどけアート 加賀城匡貴×北陽小 「北陽ミ術館」

9月22日の活動の様子をご紹介いたします。


a0062127_22194087.jpg







さて、この日


a0062127_22194093.jpg













1組2組合同で、発表を行います。

さあ、お互いにどんな物を見つけてきたのかな?
















a0062127_22194068.jpg


発表の前に、もう一度確認。

ミタテには大まかに、①顔 ②動物 ③自然 ④その他(謎?)があります。

ちなみに、黒板右はイタリアが靴にみえるぞ、って。







で、発表スタート。

a0062127_22194172.jpg
































各グループごとに、取ってきた写真を見せて

これが何にみえたのかを説明します。


a0062127_22194146.jpg


















見える、見えない、

おどろきや、?、といった色々な反応があります。



















ミタテ、をすると大体が「顔」に偏るけれど、

中には自然に見立てた者や、皆が「おおっ!」と唸るものもあります。




こういった発表や、子どもたちの創造活動を見ていて思うのは、

世間でよく言われる、

「子どもだから、発想が豊かだよね~」というのは違うということです。

「発想が豊かな人が、子どもだった」だけのことではないかと。



大抵の場合、「独自の感性」や「独特な個性」は、

様々な経験や知識、時には教育や常識を得て、

社会に慣れ親しんでゆくうえで、一般化されてゆきます。



そりゃ、みんなで仲良く平和で無事に生活するなら、

異端児の集まりだと成り立ちませんからね。

a0062127_22194154.jpg



















でも、本来人が持つ個性というものは

どんな事があっても、失われることはありません。

a0062127_22194123.jpg




「ふと」したきっかけで、ひとつの表現で、

それが顔を出すことがあるんです。

本当の自分の顔。














a0062127_22243583.jpg



ミタテをしているうちに、

「みえない」が「みえる」

「きづかなかった」が「きづく」

に、変ってゆきます。













a0062127_22242637.jpg



感じ方が変わると、自分の世界が変わってゆく。



世の中自体は変わらなくても、

自分が変われば世界は変わる。



そうだとしたら、ワクワクですよね。












a0062127_22242083.jpg


発表の最後には、

子どもたちが見つけてくれた作品を上手に使いながら、

ひとつのストーリーを見せてくれました。



写真は、2回目。

大盛況からの、アンコールでした。










で、休み時間。

a0062127_22244836.jpg















壁いっぱいの、見立てに挑む子どもたち。

a0062127_22244358.jpg











アイディアを出す、

創造性に向かう、




それは、自分の可能性に向き会う瞬間。










自分が一番活きる瞬間。


生きている、瞬間。

a0062127_22194081.jpg





































つづく








[PR]
by sair_ais_programs | 2014-09-29 22:09 | おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴 | Comments(0)
9月24日(水) おとどけアート/元町小学校
ダムダンライ×元町小6日目の様子をご覧ください。







朝は先生方との打ち合わせから始まります。



a0062127_1739584.jpg




何の打ち合わせをしているかというと、、、





翌日25日に行われるライブペインティングについてです!!
ライさん、彫刻家ですが、ライブペインティングも行っているんです。


実は先週のうちから、この話着々と進んでいました!


そして、なんと、
学校のクラブ活動である「よさこい和太鼓クラブ」とのコラボレーションで行うとのこと。楽しみですね。










さて、打ち合わせが終わると、紙袋を使って何かを作り始めるライさん。



a0062127_17561471.jpg




a0062127_1805876.jpg




a0062127_1813129.jpg




おとどけアート D D M(ダムダンライ)!!




これ職員玄関に設置するために作りました。

というのも、ライブペインティングを見に来てくれる保護者や地域の方々、あるいは学校の前を通り過ぎる人たちに「やってる感」を出すために。




学校の中で活動していると、子どもと遊ぶだけであっという間に時間が過ぎていきます。
これは悪いことはないんですが、気がつけば内部で完結してしまうなんてことにもなり得ません。


学校の周りの人たちに第一段階として「やってる」ことを知ってもらう。これ「おとどけアート」には欠かせません。






a0062127_184348.jpg




玄関のガラスにも装飾です。



a0062127_1844520.jpg




a0062127_185731.jpg










さて中休みは、子どもたちが色塗りをした木のリングを持って練り歩きます。



a0062127_1829317.jpg




a0062127_18291587.jpg



ライさんと話すのが初めてって子もいたりします。これぞおとどけですよ。


a0062127_1831436.jpg




a0062127_18305674.jpg








昼休みはライブペインティングで共演してくれる太鼓クラブの練習を見学。



a0062127_18314410.jpg




a0062127_1832494.jpg





「清流登り打ち」という演目を叩いてくれるということですが、なんと子どもたちの練習はこの昼休みだけ。でもライさん、その完成度に圧巻していました。

ライブペインティングのコラボレーションが楽しみです!





つづく
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-09-28 18:37 | おとどけ/元町/ダムダン・ライ | Comments(0)
9月22日(月) おとどけアート/元町小学校
週明けの5日目はじまります。





a0062127_14592317.jpg


朝のライ。
登校してきた子どもたちを待ち受けます。


a0062127_1501043.jpg


なぞのお面でお出迎え。
こんな感じでやってます、おとどけアート。








授業中はこどもたちがいなくなります、当然。

誰かいたずらできる人はいないか、と歩き回るライさん。


a0062127_1517232.jpg


探します。


a0062127_15165949.jpg


探します。


a0062127_15173388.jpg


「いた!」
教務主任の先生にもお面をしてもらいます。

先生方もライさんの人柄をつかみつつあるようで、、、
「ライさんまた何やってるんですか」みたいなリアクションでお互いニヤニヤ。











さて、先週着々と作ってきたこれ。

a0062127_15212688.jpg


どうなったのかというと、こんな感じに。

a0062127_15231727.jpg


繋げて首飾りのようになりました。



これを色々な人にかけてあげるとのこと。
中休みは木の首飾りを持って学校中練り歩くことに決定!


先生方にサプライズして歩きます。


a0062127_15243047.jpg



a0062127_15244725.jpg



a0062127_1525012.jpg




驚きやら困惑やら嬉しさやら、絶妙な表情をしてくれます。











昼休みはライさん念願のあることをしました!

それは

アリ採集!




ライさん先週からアリを集めたがっていましたが、雨でいなかったんです。




外に出てアリを探します。

a0062127_15261259.jpg





見つけたらビンに捕獲。

a0062127_15263622.jpg








子どもが問います。「なんのためにアリとるの?」




ライさん回答。「見たいから」



シンプル!!
ライさんのこういうところに妙にドキっとさせられたり、納得させられたりします。




子どもって理由を聞きたがります。
そういうとき大人って、子どもにとって何か意味のある理屈を用意しなきゃいけないって思いがちかもしれない。そんな堅苦しく思ってなくても、子どもに伝える言葉を頭の中で選んだり作っていたりすることってありますよね。

よくもわるくも、ライさんはそういうところに縛られていないのだと思います。アリを捕まえるのは見たいからです。自然な志向がそのまま言葉になって出てきます。

そういうふるまいや言葉を持った人と出会っていく子どもたちは、どんなことを感じとっているんでしょう。










つづく。
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-09-26 15:36 | おとどけ/元町/ダムダン・ライ | Comments(0)
9月19日(金) おとどけアート/元町小学校
4日目はじまります。



a0062127_9404224.jpg


朝登校してきた子どもたち、ライさんのもとへ集まってきます。







a0062127_9411191.jpg


また、みんなでバレリーナを作ります。



でも朝って子どもたちが自由に動ける時間ってあまりないんですね。
チャイムが鳴ると皆一斉に教室に帰っていきます。







a0062127_9414534.jpg


ライさん、一人。
「まだ途中だよー」







a0062127_9423128.jpg


そのままの流れで、床にバレリーナ設置。





a0062127_9431274.jpg



a0062127_9433381.jpg


先生も子どもも踏みそうになります、、、すぐに「ライさんか!」と犯人確定。

こんな些細ないたずらだけど、皆立ち止まって、眺めていきます。





いたずらって相手がいないと絶対に成立しないものですよね。場所に仕掛けたいたずらであっても、それを見るであろう誰かを相手にしている。

ライさんが起こす仕掛けに、子どもや先生方が様々な反応を示し、ときに共鳴し、相互作用していくプロセス。それ自体生き物のようで、見ていて楽しいです。













今回滞在している元町小学校には「4つの あ」という標語があります。


a0062127_9452186.jpg


あいさつ
あんぜん
あそび
あとかたづけ

この標語にちなんで出来たいたずらがこれ




a0062127_946369.jpg




a0062127_9473212.jpg







これも

a0062127_9463258.jpg









中休み&昼休みも木に色を塗ったり、紙の船を作ったりと活動しています。


a0062127_951669.jpg


a0062127_9513352.jpg


a0062127_9515255.jpg


a0062127_9522065.jpg









活動の半分が終わり、残すところあと4日間。
来週はどんな驚きの顔が見れるんでしょう。









a0062127_9523226.jpg


何かをのぞきこむライさん
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-09-26 09:58 | おとどけ/元町/ダムダン・ライ | Comments(0)
いたずら増殖中!  9月18日(木) おとどけアート/元町小学校
3日目はじまります。



a0062127_1213367.jpg


朝からさっそくなにやらはじめるライさん。

2階の床にペタペタと◯を貼っていきます。



a0062127_1215773.jpg


隣の教室にいた先生がやってきて、「これは何やってるんですか?」との問いにライさん一言

「マル貼ってます」
そのまんまじゃないですか、ライさん!

でもよくよく聞いてみると、マルがあるだけで、色々な遊びをする子たちがいるんじゃないか、それを見てみたい、とのこと。

変化の後の、みんなの反応が見てみたい。
これっていたずらの本質みたいなものかもしれないですね。
ライさんのひととなりってほとんどこの好奇心とワクワク感で出来ているんじゃないだろうか。



a0062127_1224964.jpg


今回のおとどけアートを眺めていての感覚、それは、
ひとつひとつのいたずら単体というよりは、
ライさんの人柄も含めた「いたずら」という現象の全体と連関を、ひとつのドキュメントとして見ている。そんな感覚です。







さて、休み時間。

今日は新しい遊びがあるようです。

a0062127_1262233.jpg


葉っぱ!休憩時間に学校に植えてある木から取ってきました。

茎の部分にひもを括り付けて、葉っぱにはさみを入れて、、、

a0062127_128465.jpg


なんだこれは!ひもを引っ張って動かして遊べるみたいです。
ライさん曰く、「牛かなー?なんだろー?」とのこと。
子どもの頃にベトナムでよくこんなことをして遊んでいたみたいですよ。

a0062127_1295265.jpg


a0062127_121085.jpg


a0062127_12103212.jpg


先生もパシャリ。




a0062127_12105411.jpg


a0062127_12118100.jpg


木への色塗りも同時進行中ですよ。
ライさん集まった木をこれからどうするんでしょう。楽しみですね。



放課後。

a0062127_12115827.jpg


手すりにテープを巻きます。

a0062127_12122194.jpg


これどっかで見たことあるなと思ったら、ライさんの作品がモチーフになっているんですねー。

こういう変化が、学校の至る所で増殖中です。






a0062127_12133650.jpg


我々が拠点としている教室の時計。見づらい!見づらいよ!ライさん!
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-09-24 12:15 | おとどけ/元町/ダムダン・ライ | Comments(0)
今日もミタテ!加賀城匡貴×北陽小(9月16日)
9月16日の北陽小おとどけアートの様子をお送りします。





a0062127_204261.jpg


a0062127_2043532.jpg


「今日もミタテやるよー」
みんな、アーティストが学校にいるという状況に、徐々に慣れ始めているみたいです。


中休み&昼休み。
加賀城さん率いるミタテをするグループと、タイトルとストーリーを考えるグループに分かれて活動します。

a0062127_207780.jpg


a0062127_20373066.jpg


今日は体育館と3階でミタテ。

a0062127_2010849.jpg


こんな高い天井にも。ある程度の数をこなしていくと、なかなか簡単には見つけづらいようなミタテになっていくんですねー。

a0062127_20133028.jpg


こんなところにも。


一方、タイトル&ストーリー付けはコスモスルームをお借りして行いました。

a0062127_20151040.jpg


a0062127_20174435.jpg


おもしろいストーリーが集まってきています!
もう少したまったら、優秀ストーリー紹介しますね。お楽しみに!





さて、少し大きな目で今回の活動を眺めてみたいと思います。

実は、加賀城さん今回のおとどけアートが初めてではありません。
1回目は2006年、清田小学校。
2回目は2013年、三里塚小学校。
そして今回の北陽小学校。

清田小では、「廊下を走らない」という学校のルールを取り上げて、「廊下を歩きたくなる」をテーマにCMなどの映像を制作しました。
加賀城さんが振り返るに、子どもと一緒に制作するというよりも、アーティストが制作している状況を見せるというスタイルで行ったとのこと。子どもたちは映像作品の素材として関わりました。

三里塚小では、北陽小の取り組みのベースとなる活動が展開されました。「ミ里塚小学校」と題して、学校のあらゆるところにミタテを行いました。子どもたちが、自ら行うミタテで、小学校をひとつのミ術館にしていくという試みはここから始まりました。

そして今回。
1週間に1回、およそ半年間という長期スパンの特徴を活かして、加賀城さんの取り組みも新たな局面にあるんです。

まず第一に、ミタテの完成度のこと。1個1個のミタテをより面白かったり、より「おお」とか「ああ」と唸るようなモノにしていくことです。それは子どもたちと一緒に活動しつつも、同時に加賀城さん自身の創作のアイデアや思考をどんどん表に出していくことに繋がっていきます。

第二に、学校のまわりの地域のこと。ミタテって別に学校の中だけじゃなくて、どこでもできるものです。北陽小の校区の建物やお店なんかでミタテを行ったり、そこで北陽ミ術館を知った人が学校を訪れたりということを画策しています。ミタテをキーワードに、北陽ミ術館をハブに、出来ていく空間あるいは人たちのつながりってどんなものでしょうか。

そんなことを考えながら、話し合いながら、加賀城×北陽小おとどけアートは進んでいっています。
今後の展開にご期待を。
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-09-23 20:45 | おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴 | Comments(0)
授業でミタテ! 加賀城匡貴×北陽小(9月8日)


こちら、長期で「おとどけアート中」の北陽小学校の朝。


a0062127_15173622.jpg


今日は活動に変化がありました。


それは・・・







じゃん!
a0062127_15192390.jpg

ミタテ in 授業。



丁度この時期に、3年生の授業の中で

ミタテ、要素のある授業があるとの事で、

先生から「一緒にできませんかね?」というお誘いがあったんです。





a0062127_15205812.jpg
もちろん、こんな素敵なオファーに乗らない理由がない。

みんなにミタテを説明してゆきます。





普段は気にも留めない風景を、

違うもの見立ててみる。

そして、それが「見える」瞬間、

a0062127_15213527.jpg
これまでの認識、概念のバランスが崩れ、

それが、笑いや喜びになって現れているようです。




これが、「面白い」の正体なんでしょうか?









一通りミタテを楽しんでもらったら、

a0062127_15294002.jpg
今度はみんなが探してくる番。

顔や動物、自然や、ナゾ?のミタテを探してきてね!






さっそく、こちらでパシャリ!
a0062127_15305427.jpg



こちらでパシャリ!
a0062127_15311975.jpg
あちらこちらで撮影を始めていました。



a0062127_15315841.jpg
あちらこちらで、「あっ!あったー!」という声が上がります。







そうしていると、外に行って探すグループも出てきました。
a0062127_15325133.jpg





えっ、そんなとこにあるの?

a0062127_15331936.jpg


「かおだー」「うん、かおだ。」
a0062127_15333622.jpg

これも、遠くから見るとネズミの耳と頭が見えてきませんか?
a0062127_15342678.jpg




アートと言われると、よくわからない。

でも、「遊び」ならみんな知っているんじゃないか?

a0062127_15352406.jpg
何もないところにも、アイディアや工夫をすることで

世の中にはいろいろな遊びが生まれてきました。

発想力、とは何か。

それを育てるのに必要なのはこんな風に

「遊び心を広げてゆく力」、なのかもしれません。







さて、授業も行っていますが、休み時間にも活動中。
a0062127_15374729.jpg
これまであつまった多くの見立て写真を、

改めて「ミタテ」て、そしてそれにストーリーを考えます。



写真の前で悩み込む。

んー、何だろな・・・
a0062127_15385669.jpg


今回は全部で50種類ですが、
a0062127_15391815.jpg
これが毎回50ずつ増えて、最終的には333個になります。

ミミミ、ってことですね。






ミタテにはまってきたこの中には、

実際に体でミタテを発表してくれました。






それがこれ。
a0062127_15411764.jpg
いいっすね。






つづく







[PR]
by sair_ais_programs | 2014-09-21 15:42 | おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴 | Comments(0)
50のいたずら 9月17日(水) おとどけアート/元町小学校  
二日目はじまります。


朝。
a0062127_14294531.jpg

子どもたちの授業中に、なにやらトイレでやってるライさん。
トイレットペーパーの端をいじって・・・


a0062127_14311230.jpg

昨日授業で披露したバレリーナです。

「トイレに入ってきたら皆びっくりするだろなー」




この一コマで、今回のおとどけアートの雰囲気はつかんでもらえるかもしれない。


ライさん、思いついたらなんでもやってしまいます。ニヤニヤしながらやってしまいます。


a0062127_14341032.jpg

ニヤニヤ、ニヤニヤ。






今回のおとどけアートのテーマは「50のいたずら」。


ダムダンライが
教室、グラウンド、廊下、トイレ、学校のあらゆる場所を舞台に
子ども、先生、学校に関わる様々な人たちを相手に、あるいは一緒に
色んないたずらを仕掛けていきます。





さて、思いつきから始まった「トイレットペーパーのバレリーナ」ですが、全階のトイレでやりました。


子どもたちはというと
a0062127_14353444.jpg

「え」と一瞬立ち止まり、「すごーい」と興味津々です。


a0062127_14355671.jpg

留守中の校長先生の机にもバレリーナ設置、フフフ。


用務員の方は、トイレットペーパーの補充中にいたずらを発見し、とても驚いたとの事。
「おもしろい、どんどんやっていいぞ」
背中を押してくれるお言葉、ありがたいです。



中休みと昼休みは何をしたのかというと


a0062127_14365680.jpg

この木の枝に


a0062127_14371589.jpg

色を塗るのと



a0062127_14373861.jpg

紙で船を作りました。


みんなライさんと一緒に何かやりたくてしょうがないみたいです。
この木と船、今後どんないたずらに繋がっていくんでしょう。


次回お楽しみに。
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-09-19 14:49 | おとどけ/元町/ダムダン・ライ | Comments(0)
みなさーん、こんにちわー ダムダンライでーす。  おとどけアート/元町小学校


さあ、始まりました。

「おとどけアート」 ダムダンライ×元町小学校

9月16日~26日の平日、約8日間に渡り活動が行われてゆきます。

活動の様子をこちらのブログでお届けしてまいります。





朝、登校してくる子どもたち。

元気にみんな挨拶をしてくれます。

この時点では、まだ誰もベトナムから「転校生」がやってくることを知りません。

a0062127_09215516.jpg






























ライさんの紹介はテレビ朝会で行われることになりました。

a0062127_09231754.jpg


























全校生徒が一心に見つめております。

a0062127_09245636.jpg



























みんなー、一緒に遊ぼう!

a0062127_09251576.jpg























つかみはばっちりですね。

これから、中休み・給食時間・昼休みと交流時間が始まります。

a0062127_09271200.jpg















まずは、小学校の中を回りながら使える場所や、アイディアを考えてゆきます。








そうして歩いていると、

a0062127_09300278.jpg















授業の合間、5分休憩のときに子どもたちが集まってきました。

紙で作った白ひげで子どもたちと会話。






すると、ちょうど図工の時間だったらしく

担任の先生からゲストとしてクラスに招待してくれたのです。

a0062127_09303820.jpg

















それでさっそく・・・

a0062127_09304661.jpg















新聞紙を使ってのワークショップ開始!

まさか、初日からいきなりクラスに入れるとは思ってもみませんでした。



a0062127_09305855.jpg















頭にかぶって、帽子~

ということじゃないんです。

何ができるかは後程。






授業のあとにはすぐに休み時間がやってきます。
a0062127_09311441.jpg















すごい人数がやってきました。




新聞紙で作っていたのは何と・・・





じゃーん!
a0062127_09311803.jpg















バレリーナが!!

おどろきですよね。






中休みが終わった後も、別のクラスで5分~10分の時間をもらい

子どもたちと一緒に工作を行いました。

a0062127_09313041.jpg















みんな、一生懸命作っていましたよ。







みんなー、ありがとう
a0062127_09323026.jpg
















ございまーす!
a0062127_09323413.jpg




















こんな感じで、あっという間に一日が終了。

明日はどんな活動をするのでしょうか?



楽しみです。






[PR]
by sair_ais_programs | 2014-09-19 09:43 | おとどけ/元町/ダムダン・ライ | Comments(0)
おとどけアート ダムダン・ライ×元町小学校 始まります。
アーティスト・イン・スクール事業

「おとどけアート」 ダムダン・ライ×元町小学校が始まります。
a0062127_09442579.jpg
















期間は9月16日(火)~26日(金)

場所は札幌市立元町小学校




参加アーティスト ダムダン・ライ 彫刻家・画家
a0062127_09440715.jpg






















自然や四季に呼応し独自の色彩感覚で空間を変容させる作品を制作。
主に、木や金属、石といった素材の立体作品を手がけている。
また、積極的に参加型ワークショップなどの活動も行っている。


活動テーマは「50のいたずら」

今年、50周年を迎える元町小学校で行われるのは、
子ども達の生活の中に「おどろき」や「びっくり」「ドキドキ」「ワクワク」を
アートを用いた様々ないたずらで、学校の中に非日常性を生み出してゆきます。

そして、そこで生まれる笑顔から、
子どもと子ども、子どもと先生、子どもと保護者と、
人々のつながりを展開してゆきます。


「おとどけアート」とは?

アーティストが小学校に転校し、その場を拠点とした創作活動を行います。
滞在中、子どもたちは先生、保護者や地域の方々と関わり合いながら
活動を進めてゆくプロジェクトです。



おとどけアート実行委員会

2008年設立、会員数21名。大学教授や市内小学校教員、文化団体職員、
アーティスト、学生などの市民で構成。活動を通じて子どもたちが豊かな
完成と多様性を学び、地域の人々とのつながりを活性化、促進することを目指す。

事務局 一般社団法人AISプランニング

子どもたちを対象とした創作活動を通じて、周辺地域の様々な人々が集い合う
空間を生み出します。また、その中でひとりひとりが持つ経験や知識が
地域に還元され、活かされるような環境作りを目的としています。




活動の見学、参加については担当までご連絡ください。

お問合せ 担当 小林亮太郎 (おとどけアート実行委員会事務局)

電話 070-5288-5367 メール ryotaro@ais-p.jp




[PR]
by sair_ais_programs | 2014-09-17 09:58 | おとどけ/元町/ダムダン・ライ | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/大正小/クニ&美佳
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism