<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
おとどけアート 北陽小学校×佐藤隆之 最終日 12月24日(火) その2

子ども達との最後の中休みが終わり、あとは「メリクリまつり」に向けて準備をするだけ。

最終日ってのは、色々とやることが多い。

a0062127_0274917.jpg


まずは、子ども達と共に作ったツリーを天井から吊り上げるのです。













そして、電飾を施します。

a0062127_0275838.jpg


暗い体育館の雰囲気づくりは大切です。













そして、ツリーの両サイドにはミニ児童館の子どもたちと共に作った

でっかいリースも飾り付けます。

a0062127_028173.jpg


中休みが終わるのが、10時40分頃。

メリクリまつりは、1時から始まります。

二時間ちょっとで、会場作りから、リハーサルなど一気にやってしまいます。














この会場作りだけでも、結構時間がかかります。

a0062127_028212.jpg


さっきまで子ども達が遊んでいたんですからね。

急ピッチで作業が行われます。















ちなみに、この日はこれだけではなくて

a0062127_0271733.jpg


小学校の職員玄関側の廊下に、

佐藤さんがワイヤーで作ってきた作品も展示していたのです。















色々とやることが多い!

a0062127_0272165.jpg


これが最終日の魅力です。

今までのすべての活動がここに集約されてゆきますからね。
















カエルの階段登り?

a0062127_0272614.jpg


こちらは、1月末まで小学校に展示されております。

一階にはこれまでの活動がまとめられた、写真の展示もございます。

北陽小学校を訪れた際にはぜひご覧ください。
















展示もはさみながら、ある程度できました。

a0062127_029352.jpg


いやー、じっくりかけてやりたいんですが時間との闘い。

















こんな感じでOKかな?

a0062127_0291921.jpg
















それから、あっという間に時間が過ぎて

「メリクリまつり」始まる直前。

a0062127_0262792.jpg


カエルキッズたちが視聴覚室に集合して、最後のダンスの確認に入ります。













みんなの前で、元気に踊り狂ってくれるがいい!!

a0062127_0263320.jpg



さあ、いよいよメリクリまつりの開始まであとわずか!












つづく
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-01-28 00:40 | おとどけ/北陽/佐藤隆之 | Comments(0)
おとどけアート 北陽小学校×佐藤隆之  最終日 12月24日(火) 
さあ、おとどけアート「北陽小学校×佐藤隆之」も最終日。

12月24日(火)に行われた、「メリクリまつり」の様子をご紹介いたします。


今日の朝は、職員会議であいさつをすることから始まりました。

a0062127_1635566.jpg


思えば、9月からのお付き合い。

あっという間に、4ヶ月という月日が流れていったんですね。










いつの間にか、校長室にはいくつもの佐藤さん作品が並んでおりました。

a0062127_16364881.jpg


ちなみに、右上のピンク色の作品は「シャコ」。

びっくりするぐらい、上手に出来ていますよ。














そして、この日は12月24日ということもあって、

佐藤さんからみんなへのプレゼントがありました。

a0062127_16375654.jpg


自作のクリスマスカード。

















なんと、その数

400枚!

a0062127_16384592.jpg


最終日の準備もしながら、1人1人にトナカイのクリスマスカードに直筆のサイン。

もちろん、この日も徹夜できています。









というかね、佐藤さんおとどけアートの前日はいつも徹夜しているんですよね。

翌日に遠足を控えた子どものように、ドキドキ・ワクワク溢れんばかりに、

前日からもりもり準備をしてくれました。

普段、医療関係のお仕事をしながら休日に小学校に通ってくれていたのです。

全身全霊ですね、正に。















最終日、ということで今日は「おとどけアート」スタッフも人数多目です。

a0062127_16413154.jpg


色々とやることがあるので、人数がいるんですね。

部屋がいっぱいです。

















そうこうしていると、部屋をノックする音が・・・

a0062127_16444318.jpg


何かな?と思うと、保護者の方からうれしい差し入れが!


差し入れと言っても食べ物ではなくて「もみじ」の差し入れです。

学校を通じて、最終日の「メリクリまつり」で使用するもみじを頼んでいたのです。

どうやら、ご家庭でせっせと切ってきてくれたようです。

いやー、ありがたい。

a0062127_16422545.jpg


こうやって、一つ一つ、みんなが切ってくれたもみじが、

今日、子ども達の手によって舞い散るのです。

楽しみですね。















そうこうしているうちに、休み時間がやってきました。

a0062127_16484640.jpg


この、カエルたたずむ図工室も今日が最終日なんです。

そして、やってくる子ども達の元気な声。














やってきた子供たちは、すでに何かやりたいことがあるようで、

a0062127_16505872.jpg


ハサミと紙を手に、もりもりと活動を行っていました。

佐藤商店という空間の中で、自由に遊ぶ子ども達。

その空間には、佐藤さんと紙とハサミ。

それだけで、十分に魅力的な空間なんですよね。

















そして、部屋の反対側ではこちら。

a0062127_16532228.jpg


カエルダンスです。

動画はこちら→ その2















いやー!! って、盛り上がりまくり。

a0062127_16534953.jpg


動画はこちら→ その4















すっごい、みんな踊れている。

これも、毎日昼休みに行ったカエルダンスの放送が効いているんですね。

a0062127_1654143.jpg


そのビデオ→ 動画その5

















こんな感じで、カエルダンスの確認は終了。

a0062127_1654639.jpg


ビデオ効果で、どんどんカエルダンサーが増えていったこの状態。

メリクリまつりが楽しみですな!!











つづく
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-01-20 16:54 | おとどけ/北陽/佐藤隆之 | Comments(0)
おとどけアート 12月12日(木) 北陽小学校×佐藤隆之 その3

おとどけアート 12月12日(木) 北陽小学校×佐藤隆之 その3

※ この活動は2013年に終了しております。


カエルのダンスに夢中の隣では、クリスマスツリーの作成が粛々と行われておりました。

a0062127_16292979.jpg













a0062127_16285459.jpg


子ども達が色をぬってくれた土台に、切りためてきた様々な模様が張り付けられています。














もくもくと張り付けてくれる。

a0062127_16291496.jpg


何がおもしろいのか、僕らにもわからないけれど、そこには夢中になる何かがあるんでしょうね。













夢中になる。

a0062127_16324810.jpg


このおとどけアートが行われていたのは、9月1日~12月24日まで。

その間、佐藤さんは、ほぼ一週間おきに北陽小学校に通っていました。













活動に向けて、ほとんど寝ないで準備をしてきて、

活動が終わると、また次回に向けて何をするかを考える。

a0062127_16345450.jpg


そんな4か月間だったと振り返ってくれました。













こうやって何かを作っている時、何かを切っている時。

a0062127_16353465.jpg


佐藤さんはいつも、夢中になってその行為にのめり込んでいました。












時間という感覚を忘れ、ただその行為に没頭する。



















夢中になる、とはどういうことなのか。
















普段は5分もじっとしていられないような子ども達が、

紙を前に、一生懸命何かを作っているその瞬間。

a0062127_16442317.jpg


彼らは、時を忘れ、音や景色もその世界から消え、

あるのはただ、向い合っている「その」行為。


















「集中力」


















、という言葉があります。



それは、忍耐や精神力によって育てられるような、

そんな「力」なんだと、そう思っていました。

















でも、子ども達を見ていると、

a0062127_1648361.jpg


「集中力」とは、


最高に楽しい瞬間に、引き出されているように思います。
















確かに。

好きな事なら、何時間だって、何年だって、続けられますもんね。

それは、みんなが持っている力なんじゃないでしょうか。
















そして、今回

この「おとどけアート」の中で、ひとりひとりの「夢中」の力によって生み出された結果が、

最終日のメリクリまつりに集約されてゆくのです。

a0062127_1657476.jpg


完成した、ツリーを体育館に設置してみます。















実際に小学校に通った日数は10日前後。

a0062127_16573694.jpg


でも、子ども達と付き合い、そして考え続けた4か月間。

















佐藤さんの背中に、色々な気持ちが語られていました。

a0062127_16584617.jpg


様々な思いが交差する。

進みながらも、終わりに近づいてゆく心境。

















暗くしてみると、ムーディー。

a0062127_16584270.jpg



















さあ、残すところこのブログも最終日のみ。

a0062127_1704563.jpg


次回は、12月24日(火)。

最終日、「メリクリまつり」の様子をお伝えいたします。












つづく
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-01-15 17:04 | おとどけ/北陽/佐藤隆之 | Comments(0)
おとどけアート 12月12日(木) 北陽小学校×佐藤隆之 その2

現在は2014年ですが、

ブログは昨年12月12日(木)の

おとどけアート北陽小学校×佐藤隆之の活動をお送りしております。




おとどけアートは、主に休み時間(中休み、昼休み、給食時間、放課後)に

子ども達と交流しアート活動を行います。





そして、子ども達が授業をしている間、

大人たちはこんなことをしているのです。













教室の隅で2人。

a0062127_1621192.jpg


















やっ!

a0062127_1693396.jpg






ハッ!

a0062127_1695198.jpg


遊んでいます。



いや、正確に言うと「遊びながら、子ども達のダンス」を考えているところなんです。















佐藤さんも、その動きを見ながら、黙々と紙を切っております。

a0062127_16103642.jpg


「踊ってるなぁ~」なんて、感じですね。















「遊び」のよいところとは、何かひとつのことを極める、


ということではなく、


大人も子どもも、遊びながら


その「遊び」の中で生まれたものを、広げ→まとめてゆく。


その、伸縮性なのだと思います。










切り絵が楽しい子は、昆虫やもみじを切り、色々な物を切る。

時には、オリジナル、時には、全然関係ないものを切ったり。






踊りが好きな子は、カエルダンスを踊る。

カエルダンスに便乗して、自分が目立ちたいだけの子もいます。

勝手に自分で踊り始めたり・・・。 自由ですなぁ。











個性が活きるってのは、こういうことなのかもしれません。












そして、準備が終わって休み時間。

a0062127_16272018.jpg


早速、子ども達と一緒に踊ります。






初めて、見た踊りなのに 「ノリノリ」 子ども達。

a0062127_1628130.jpg


いいね~















普段は、おとなしそうな子や、

多分、ダンスなんて普段しないような子もおどっている。

a0062127_1630759.jpg


佐藤さん製作の段ボールガエルを背負って、

テンションあがったのかな?

















そして、今回注目していただきたいのは、

ちょくちょくこのブログにも出てきていた、この右の男性。

a0062127_1631533.jpg




この「おとどけアート」に社会人インターンとして参加してくれているのですが、

実は、ただ者じゃあ、ないんです。





奥山健恵(おくやま たけよし)さん。

なんと「札幌舞踊会」に所属するダンスのプロなんです!!
















その奥山さんが、振付を考えてくれたダンス。

しかも、「カエルダンス」。









微妙にセクシー。








絶妙にファニー。











一度は見てもらいたいですよ。













皆さんも、見たいですよね?



























見れるんですわ!

















このブログにしげしげと通ってくれたあなたに、

贈ります。




「カエルダンス 1」 ← クリック
















いかがだったでしょうか?


この映像は、12月24日の最終日「メリクリまつり」に向けて

子ども達にカエルダンスをどうにか覚えてもらいたいという願いから作られました。



12月16日(月)~20日(火)までの5日間にかけて、

毎日給食時間に放送で流れたものなんです。





こんな感じで、小学校にいない時にも「おとどけ」しちゃう、

おとどけアート。

a0062127_1731195.jpg











次回は、12月12日(木)の最後、その3をお送りいたします。


それが終われば、ついに24日(火)のメリクリまつりのご紹介です。

今しばらく、お待ちあれ~
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-01-07 17:31 | おとどけ/北陽/佐藤隆之 | Comments(0)
おとどけアート 12月12日(木) 北陽小学校×佐藤隆之

2014年ですね。

みなさん、いかがお過ごしですか?

明けましておめでとうございます。




熱く情熱的に過ぎていった、2013年。

皆さん、やり残したこともあったと思います。


でも、もう新しい年。

気分一転、また頑張りましょうね。





ということで、軽く前ふりをしましたが、

昨年行われていた、北陽小学校×佐藤隆之のおとどけアート、ブログがまた完結しておりません。

活動は、最高の終わり方だったんですよ。



これを、まずブログ上で紹介して、勢いよく新年のスタートにつなげたいと思います。










時はさかのぼり、2013年12月12日(木)へ。

佐藤さんが、何やら子ども達とやっていますよ。

a0062127_1830280.jpg


手にしているのは、ペットボトル空気砲。

小学校に来た子ども達は、教室に入っていい時間まで玄関でこんな風に待っているんですね。















「時間まで、玄関で待機する」、というルールがあります。

子ども達はちゃんとその「掟(おきて)」を守っているんですが、

a0062127_18333552.jpg


それをいいことに、安全圏内から佐藤さんが、空気砲で子ども達を狙い撃ち。

全然痛くもかゆくもないんですが、顔に当たると「オッ!」と目をつぶるぐらいの威力があります。







この空気砲は、佐藤さんの知り合いの科学教師からもらってきたもの。

子ども達に見せて、遊ぶことで自分の楽しい事を、いろんな人に伝える。

楽しさを、みんなに。














と、

いうことではなく、佐藤さん曰く、

この空気砲を持ってきた理由は、子ども達に打ち込むためではなくて、

a0062127_18394864.jpg


この「もみじ」に撃ってみたらどうなるんだろう?

という好奇心から。
















早速、まき散らしたもみじに空気砲を打ってみます。

a0062127_18425858.jpg


ドーン!!

















a0062127_18433242.jpg



















あれっ?


















もみじ重くて、空気砲ぜんぜん効果なし!!

















まあ、そんなこともありますよ。

a0062127_18445340.jpg


結果どうなるのか?

それが分からないからやる。

すべての発見や進歩は、この単純な論理から生まれています。






結果が分からないからやらない、上手くいかないからやらない、

ってのは「何もやらない・やりたくない怠惰な気持ち」を納得させるための言い訳です。

















教室で朝のチョキチョキタイム。

a0062127_18485477.jpg


写真上を見てください。

子ども達が、佐藤さんの切り絵以上に空気砲に興味を持ってしまいました。

危機感を感じます。
















挽回を図ります。

a0062127_18495471.jpg


持ち前の、爆笑トークと切り絵で子ども達を引きつけます。















見よ、この高精度ザリガニを!!

a0062127_18534474.jpg


こんな風に、子ども達の朝の時間に教室を訪れて早4ヶ月が過ぎてゆきました。










想像してみてください。

小学校の頃に、朝学校に行ったら、自分の席に大きな和服の人が座っている。





何してるのかな?と見ていると、陽気な話をしながら

手元であっという間に、カブトムシやトンボやザリガニが出来上がってしまう。






それって、興奮しませんか?

おおっ、すごい!!って、思いませんか?







20年、30年、40年生きてきた、今の感覚ではなく、

7才~12才の頃の自分が、もしそんな場面に遭遇したら?






友だちとその話をしたり、

帰ってからお母さんに話をしたり、

誰かにこの「驚き」を伝えたいという気持ちを抱くんじゃないでしょうか?












その「驚き」はどんなことだってかまわないんだと思います。

誰かと共有したくなるほどの気持ちを胸に抱き、それを経験するってことが

未来に向かって生きる子ども達の瞳の中に輝きをもたらす、ということなんだと思います。

a0062127_192538.jpg


これぞ、「おとどけアート」。

みなさん、思い出していただけましたか?
















次回は、12日の活動その2をお送りいたします。
[PR]
by sair_ais_programs | 2014-01-05 19:04 | おとどけ/北陽/佐藤隆之 | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/大正小/クニ&美佳
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism