<   2009年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
むこうのさくら2009「パラシュートとマキオ」開催の御案内
アーティスト磯崎道佳さんによるアートプロジェクト「むこうのさくら2009」の北海道での活動が、来週からスタートいたしますのでお知らせいたします。

今年は、「パラシュートとマキオ」です!
千葉県佐倉市と士幌町佐倉地区のお互いの地域住民の皆さんのお手紙(メッセージ)をパラシュートにのせて交換します。

今回の士幌町での活動は、小学校を拠点に、パラシュートを制作したり、地域にくり出し、住民の方々から「むこうのさくら」へのメッセージを集めます。最終日には、約2mの気球のマキオが登場!千葉で集めた、メッセージがパラシュートにのって地上約30〜40mの高さから降り注ぎます。

つきましては、下記の概要をご覧いただき、当ブログをご覧の皆様、お時間にご都合のつく方はぜひともお誘い合わせの上、活動へご参加、ご見学ください。何卒よろしくお願いいたします。

また、この活動の日々の様子をAISプランニングブログにて掲載してきます。
そちらも合わせてご覧ください。

AISプランニングブログ
http://blog.ais-p.jp/

--------------------------------------------------

アートプロジェクト2009
『むこうのさくら〜パラシュートとマキオ〜』

--------------------------------------------------

■企画名
アートプロジェクト2009『むこうのさくら〜パラシュートとマキオ〜』

■開催場所
士幌町立佐倉小学校(北海道河東郡士幌町字士幌東7線132)

■開催期間
2009年11月30日(月)〜12月6日(日)
*12月6日はパラシュートを巻くイベント&交流会を開催します

■対象
士幌町住民(主に佐倉地区)

■事業概要
士幌町佐倉地区と千葉県佐倉市を繋ぐ文化交流プロジェクト
本事業は、アーティスト磯崎道佳氏がメッセンジャーとなり、千葉県佐倉市と北海道士幌町佐倉地区の地域間交流を促進させることを目的に実施されるプロジェクトです。アーティストは、年間を通じてそれぞれの地域に滞在し、小学校や公民館、美術館を活動の拠点としながら、その地域に暮らす様々な人々との出会いと交流を通じて、造形活動を行います。また、一方の地域で制作した作品をもう一方の地域へ運び、それぞれが「むこうのさくら」を意識し、その風土や景観を思い描きながら活動に参加します。最終的には、千葉県佐倉市において、双方の参加者が出会い、最後の作品制作を共同で行い交流するイベントを開催します。

■実施内容
小さな気球「マキオ」から「お手紙付のパラシュート」が舞い降りる
今回士幌町で実施する活動では、小学校を拠点に、地域のご家庭に訪問し、佐倉市へ向けたメッセージを集め「お手紙付きパラシュート」を制作します(詳細別紙参照)。活動の最終日には、約2mの気球を利用した「マキオ(人型くす玉)」から佐倉市で制作した「お手紙付きパラシュート」をまくイベントを行ないます(詳細別紙参照)。拾ったパラシュートは、お手紙と一緒に持ち帰ることができます。こうした活動を通じて、むこうの佐倉の知らない相手とのメーセージを交換することで、お互いの地域住民同士の思いを繋げるプログラムとなることを期待します。

【お手紙つきパラシュート】
・「15cm×15cmくらいの手作りパラシュート」
 [制作方法] ドローイング参照
 [素材]紙(カラペ)、or、カラービニール、たこ糸、セロテープ、など。 
・手紙がパラシュートの「おもり」に。
 参加者が手紙を書く。
 佐倉市から士幌町佐倉地区へ。士幌町から佐倉市へ。

【マキオ(人型くす玉)】
・ パラシュートを入れる人型くす玉の彫刻。
・ マキオの中に約2mのカラーバルーン(ヘリウム入り)を入れて空に浮かべる。

【パラシュートまき- the dropping event with handmade parachute 】
・佐倉市立美術館で作った「お手紙付きパラシュート」は士幌町でまくイベントを実施
 場所:士幌町立佐倉小学校
 日時:2009年12月6日(日)
    午後2時〜 パラシュートまき開始
    午後3時〜 校内一室にて交流会
・お客さんは拾った『お手紙付きパラシュート』を持ち帰ることができる。
  
a0062127_04219.jpg


■活動スケジュール
11月30日 士幌町滞在開始 小学校内に制作スペースを設置
12月 1日 制作開始 小学校内での制作及び地域家庭訪問
12月 2日 制作日 小学校内での制作及び地域家庭訪問
12月 3日 制作日 小学校内での制作及び地域家庭訪問
12月 4日 制作日 小学校内での制作及び地域家庭訪問
12月 5日 制作&イベント準備
12月 6日 イベント開催

■アーティストについて
磯崎 道佳 ISOZAKI Michiyoshi 
磯崎道佳は様々な表現形態を通じて、誰もが持つ好奇心を引き出し、新しい視点を発見する「体験の場」を提示している。1968年水戸市生まれ。1996年多摩美術大学大学院美術研究科修了。2000年札幌アーティスト・イン・レジデンス、2001年P.S.1/MoMAインターナショナルスタジオプログラムに参加(NY)。現在北海道在住。
【磯崎道佳公式ホームページ】
http://www.isozakimichiyoshi.com/
【磯崎道佳ブログ】
http://blog.livedoor.jp/isomippi/

■むこうのさくら千葉県での今後の活動予定
・佐倉市立佐倉小学校での 「パラシュートとマキオ」
 開催日時:2010年1月14日(木)13:05〜
・佐倉市立美術館での「パラシュートとマキオ」
  開催日時:2010年1月16日(土)13:00〜

■事業クレジット
【主催】佐倉市立美術館 
【後援】士幌町教育委員会
【協力】士幌町立佐倉小学校
【企画】磯崎 道佳
【コーディネート】AISプランニング

■事業に関するお問い合せ
 AISプランニング( http://ais-p.jp/ http://ais-p.jp/)
 〒061-3212 北海道石狩市花川北2条6丁目209
 TEL:0133-75-6505 FAX:0133-75-8845
 Mobile:090-4313-8466
 E-mail::info@ais-p.jp
 担当:漆 崇博(うるし たかひろ)
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-11-29 00:04 | お知らせ | Comments(0)
オペラついに発表会
浦幌町立厚内小学校でのアーティスト・イン・スクールも本日が最終日。
昨日、一週間ぶりに学校へ訪れ、子どもたちと最後の練習にはげんだ開発さん。
学習発表会という大舞台での発表にたいする期待と、今日でお別れしなくてはならない寂しさを胸に登校します。
「あっという間に今日がきたな〜。」

学校に到着すると、子どもたちと先生が、体育館でリハーサルを行なっていました。
声を出す練習には、オペラの最後に歌う「オーラポロ」を熱唱。
子どもたちの真剣な表情に開発さんも釘付け。
みんなの緊張と興奮が、歌声からも伝わってきます。
a0062127_2025382.jpg


そうこうしているうちに、学習発表会開始の時間。
最初に、唯一の一年生が、ご挨拶。会場には、約70名程の保護者、地域の方々が来場しています。開発さんと一緒に作ったカラフトマスの衣装を身にまとって、誇らしげに元気よくご挨拶しました。物怖じしないその姿勢に頼もしさすら感じます。
a0062127_20254735.jpg


全校児童12名の小さな発表会。
そこに花を添えるように、幼稚園の園児による発表も加わります。
子どもたちは入れ替わり立ち替わり、次々と演目をこなしていきます。
表現、器楽、合唱、そして踊り。
学年をまたいで全員が協力している姿に、一同感激。
ただ、最後に控えているオペラまで、みんなの体力が持つのか・・・それだけが心配です。
a0062127_20255826.jpg
a0062127_2026580.jpg
a0062127_20261112.jpg


さて、学習発表会も終盤。
いよいよオペラの発表の時間になりました。
ナレーションの妖精が現れて本編がスタート。
「むか〜し、むかし、大きな北の小さな町がありました。そこは・・・」
厳かに、お話が進んでいきます。
a0062127_20281273.jpg


まず登場したのは、山の動物たち。
鹿や狐、リス、オオカミ、そしてフクロウ。
手作りの衣装を身にまとった子どもたちは、オリジナルの歌を元気よく歌い自己紹介。
「リス、リス、リス、イェーイェーイェー!」
「ホーホーホーフクロ〜ウ」
これまでの練習の成果が、十分に発揮されていました。
そして、一人一人の歌が終わる度に、会場から大きな拍手がわき起こります。
a0062127_20282342.jpg
a0062127_20283342.jpg
a0062127_20284348.jpg


次に登場したのは、海の動物たち。
シシャモに蟹、蛸、烏賊、そして最後に巨大なクジラが出現。
「シシャモ〜シシャモ〜卵がしょっぱいよ〜」
「タコタコタコタコチャンチャン!」
山の動物に負けない、インパクトと表現力でアピール。
a0062127_20292395.jpg
a0062127_20294045.jpg
a0062127_20295551.jpg


すべての動物たちが登場した後は、「大きな葉っぱ」の取り合いがはじまります。
「大きな〜葉っぱは〜山のな〜か〜ま〜」
「大きな〜葉っぱは〜海のな〜か〜ま〜」
それぞれの動物たちが、歌で主張し合います。
激しい争い。教頭先生作曲の曲の雰囲気も抜群です。
a0062127_20302927.jpg


ところが・・・ボトリ!
大きな葉っぱは、引っ張りすぎて抜けてしまいました。
ガ〜ン!落ち込む動物たち・・・。
動物たちが、自分たちの炭かへ引き上げた後には、幼稚園児たちによるクラゲの登場。歌も踊りもかわいらし。癒しのひと時です。
a0062127_20322281.jpg


そして一年の月日が経ちました。
実は、引っ張り合った大きな葉っぱから、たくさんの胞子が舞い散って、たくさんの葉っぱが生えて来たのです。動物たちは、仲直りし、みんな楽しく過ごせるようになりました。
そしてエンディング。子どもたちが詩を考え、先生たちが作曲、アレンジを加えた「オーラポロ」のお披露目です。
とてもシンプルなストーリー、そして台詞は無く、歌とナレーションだけでお送りした今回のオペラ。誰もがはじめての経験であり、今まで感じたことの無いプレッシャーが合ったはず。しかし、その最後を飾る「オーラポロ」は、言葉を失う程感動的なパフォーマンスとなっていました。
約三週間の活動でこれだけの表現ができるとは想像もできませんでした!本当に良くやったよみんな!!
a0062127_20323139.jpg


こうして、学習発表会も無事大成功のうちに幕を閉じました。
最後に校長先生から、活動の修了証が送られました。この粋な演出にまた感動!最後まで別れを惜しむ開発さんと子どもたち。「オペラ」という未知のテーマに挑戦し、経験したことの無い刺激的な出会いと交流を果たし充実感に満ちた笑顔をみんなが浮かべています。本当に、お疲れさまでした。
a0062127_20335375.jpg
a0062127_20354075.jpg
a0062127_20355469.jpg


さて、最後にご挨拶。今回の活動を全面的にサポートし、一緒に作り上げてくださった教職員の皆様、保護者の皆様、本当にありがとうございました。また、私たちの滞在や活動を受け入れ、様々な形で応えんしてくださった浦幌町厚内地域の皆様、本当にお世話になりました。また、こうした活動でお会いできることを楽しいみにしています。


ということで、次回の活動もぜひぜひお楽しみに!!
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-11-28 13:43 | 文化/厚内小/開発好明 | Comments(0)
STV「どさんこワイド」にて特集が放映されます
本日11月17日(火)の「どさんこワイド179」内、「-特集 ココに注目!- 」(18:16~19:00の間)コーナーにて、厚内小学校でのアーティスト・イン・スクールの様子が放映されます。ぜひご覧ください!
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-11-17 09:14 | 文化/厚内小/開発好明 | Comments(0)
2009年11月10日(火) いくちゃんと仲間達
札幌アーティスト・イン・スクール事業「おとどけアート」5日目。

今日は1日の流れを追いながら、いくちゃんと仲間達についてご紹介します。

いくちゃんと仲間達は子どもたちと一緒に朝8時登校。
子ども達にご挨拶した後は、ぞろぞろと連なり職員室にいる先生方にご挨拶。

そして朝の会(ミーティング)。出欠をとり、今日の時間割を確認します。
何か気付いたことや注意した方が良い事などをみんなで話し合い、朝の会が終了。

a0062127_812591.jpg


次は1、2時間目の授業の準備をします。やってきたのは1-1の皆さん。初日のテレビ放映からみんないくちゃんのファンになり、この日の授業を楽しみにしていたそうです。

いくちゃんの作品を紹介し、体験してもらった後は、おうちづくりに挑戦!
とその前に、いくちゃんの仲間達をご紹介。「まりちゃん、ななえちゃん、キーボー、あやちゃん、うるしくん、なんちゃんです。わかんないこととかお手伝いしてほしいことがあったらみんなに声かけてね!」

a0062127_8113833.jpg


ボンドやホチキスなど使ったことがない道具に四苦八苦しながらも、理想のおうち目指して頑張る1年生。いくちゃんと仲間達はコミュニケーションをとりながら、子どもたちの制作をサポートします。

a0062127_8103454.jpg


3、4時間目は1-2の授業。スライドでの作品紹介が終わり、実際にいくちゃんの作品が見れるとわかると子どもたちは急いで体験ルームに移動します。

授業を重ねていくちゃんも慣れて来たのか、みんながちゃんと見れるように子どもたちを座らせます。

a0062127_871799.jpg


そしていくちゃんが作った村の模型をライトアップすると、「うわー!!」と、嬉しくなる程期待通りの大きな歓声が上がりました。

そして、1-2の皆さんもおうちづくりに挑戦です。とその前に、カッターを使わなくても、穴を空けられる方法を伝授。

a0062127_891848.jpg


「みんなハサミや鉛筆を使って工夫しながら、光が漏れる穴を作って下さいね!」

「うーん、なかなかくっつかない」「固くて切れないよー」「三角の屋根をつけたいんだけどうまく出来ない」
私たち大人が普段何気なく出来る事でも、子どもたちの力では出来ないこともたくさんあることに気付かされます。

a0062127_8122370.jpg


そんな部分をスタッフと仲間達でフォローしながらおうちの完成へと近づけていきます。
「みんながひとつひとつ作ったおうちが、祝う会で巨大な村になります!みんな楽しみにしててね!」

次は給食の時間。今日は授業をやった1年生の教室にお邪魔します。いくちゃんはもちろん、仲間達も子どもたちと一緒に給食をいただきます。

a0062127_881523.jpg


a0062127_8131423.jpg


今日の5,6時間目は授業がないので、いくちゃんと仲間達は一旦休憩。
子ども達とのふれあいで発見したことや、おもしろかった事など、常に子どもの話題で持ち切りです。

a0062127_7424921.jpg


子どもたちが来る放課後の時間までは、おうちを設置する土台づくりを進めていきます。

a0062127_8171736.jpg


放課後になると「まりちゃん今日も来たよ〜!」と、いくちゃんと同様、仲間達にも会いに図工室に遊びに来る子どもたち。授業では話せなかった家の事や友達の事など、ゆっくりお話ししながら交流を深めていきます。

a0062127_823926.jpg


子どもたちとお別れしたあとは、いくちゃんと仲間達で作品の設置作業。ライトを点け、光の様子を見ながら配置していきます。全部で400以上あるおうちも、みんなでやればあっという間。サクサクとおうちが建ち並んでいきます。

a0062127_8144290.jpg


今日の作業が終了し、最後に帰りの会。今日あった出来事や雑談などを交えながらのミーティングです。「じゃあ皆さん、明日もよろしくお願いします!」

学校を出る前に、職員室にご挨拶。転校生ですが、学校を出たのは7時前。ちょっと残りすぎ?!それでは明日も頑張りましょう!!


と、ここで、今回サポートして下さっている仲間達についてご紹介します。

こちらは真理ちゃん。おとどけアート実行委員会のメンバーで、アーティスト・イン・スクールの現場に関わるのは初めて。とにかく子どもとお話をするのが大好き。「今日誰々ちゃんがこんなこと言ってたの〜!」と、毎日子どもたちと話をするのをとても楽しみながら、現場のサポートをして下さっています。また、英語がペラペラため、英語を教えてもらいに真理ちゃんに会いに来る子もいるようです。

a0062127_742791.jpg


こちらはなんちゃん。教育大の美術を専攻している研究生で、今回は撮影を担当。過去に何度かアーティスト・イン・スクールの現場もサポートをして下さっています。子どもたち曰く、お笑い芸人のジョイマンに似ているらしく、とにかく子ども達に大人気のなんちゃん。いつも子どもたちに囲まれ、わやくちゃにされています。

a0062127_7412633.jpg


そしてこちらはキーボー。昨年のおとどけアート第一弾、札幌市立太平小学校に招聘した現代美術家の高橋喜代史さんです。長髪に髭という風貌からか、初日から子どもたちはキーボーに興味津々。いくちゃんが女の子に人気なのに対し、キーボーは男の子に人気です。いくちゃんの制作のサポートや、アドバイスを行う強力なサポーターです。

a0062127_8152792.jpg


最後にあやちゃん。子どもの集団制作に関する研究をしている北大の研究生で、おとどけアート実行委員会のメンバー。今回アーティスト・イン・スクールの現場に入るのは4回目です。ゼミがあるため、昼休みまでの活動ですが、子どもたちの制作のサポートは勿論、時間の管理やアドバイスをしてくれる、頼れるスーパーウーマンです。

a0062127_816280.jpg


みなさんに、今回の感想を聞いてみたところ、「子どもたちの素直な言葉が聞けて毎日楽しい。」「先生達の熱心さに心打たれた。」「子どもたちの集中力に驚いた。」「お披露目される日が楽しみ!」など、私たち(運営側)が当たり前になりかけている活動の中に、客観性や新たな発見やを見い出してくれているみなさん。

今後も多くの人に、アーティスト・イン・スクールの現場見てもらえる機会があると、私たちにとっても良い刺激となりますね。これからも皆さんどうぞよろしくお願いします!!
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-11-16 07:51 | おとどけ/屯田南小/今村育子 | Comments(1)
2009年11月9日(月)  「おうち」から「村」へ
札幌アーティスト・イン・スクール事業「おとどけアート」4日目.
週が空けての月曜日。転校生のいくちゃんも子ども達と一緒に元気に登校です。

まず、1、2時間目は6-1の授業。恒例となったいくちゃん作品の紹介からはじめます。
「普段生活している中で見たものや、感じたことを作品にしています。」
いつもスライドで最初に紹介する作品は、いくちゃんの幼少期の体験を元に制作したものです。

a0062127_21564185.jpg


ドアの下の隙間に差し込んだ光がチラチラと動くこの作品は、いくちゃんが子どもの頃、両親に寝かしつけられ、一人電気が消された部屋にいると、人が通る度にゆらゆらと動くドアの隙間からこぼれる光を見て、向こうでは何をしているんだろうと思いを馳せていた体験がもとになっているそうです。

そんな話もはさみつつ、体験ルームへ移動。いくちゃんのお話を静かに聞いていた6年生も、ここに来ると動物の本能が刺激されるのか、やっぱり興奮気味。

a0062127_21591142.jpg


いくちゃんのが作ったおうちの模型を見せると「おおーー!!」と歓声が上がりました。

以上を踏まえた上で、おうちづくり開始!さすがは6年生、みんな最初から光を意識したおうちを作っていきます。

a0062127_220162.jpg


こちらは牛乳パックの柄と茶色い屋根がマッチしたおうち。

a0062127_2204283.jpg


壁面に穴を開けず、天井と設置面に切り込みを入れたおうち。
なんだか素敵な村が出来そうな予感!!

3、4時間目は特別支援学級なかよし学級さんの授業。少人数なので和気あいあいとした雰囲気の中、いくちゃんの作品をご紹介。

a0062127_222135.jpg


一方図工室では3-1の皆さんが、先週に引き続きおうちを制作。前回でヒントを得たのか、家から持って来た色紙やビーズなどを使って装飾を施していきます。

a0062127_2225248.jpg


そしてなかよし学級さんも、図工室でおうちづくりを開始。

a0062127_2234124.jpg


自分の世界に入り、迷う事無く出来上がっていくおうち達。

a0062127_2242116.jpg


思い思いに材料や道具に向き合って、なんだかみんな楽しそう!

a0062127_2245250.jpg


それぞれの個性が爆発したおうちが出来上がりました!

a0062127_2252434.jpg


給食を終え、5,6時間目は3-2の皆さんが先週に引き続きおうちを制作。
こちらはセロファンを持ち寄って、外に漏れる光に色が着くおうち。

a0062127_2262482.jpg


最上階に展望台があるおうち。

a0062127_2213889.jpg


最初は紙に穴を空けた造形物だったものが、時間を経て「わたしのおうち」に変化していくのがわかります。

出来たおうちは保管場所に移動。徐々にこの場所もスペースが無くなり、子どもたちのおうちで埋め尽くされてきました。

a0062127_2275730.jpg


「いくちゃんまた来たよー!イェーィ!!」
休み時間や放課後は、授業で制作したおうちの続きや、休み時間用の自由制作スペースのおうちを作る子どもたちが集まってきます。

a0062127_2284945.jpg


a0062127_2292642.jpg


低学年から高学年の子どもたちが、友達やいくちゃんやスタッフのみんなとおしゃべりしながらのんびり進めていきます。「また明日も続きやりにくるね〜!」

a0062127_2295791.jpg


最終下校の時間になり子どもたちがいなくなってからは、作品を設置する作業を始めました。おうちのバランスを見ながら、電球を仕込んだスチレンボードにくっつけていきます。

a0062127_22102595.jpg


試しに図工室の電気を消し一度ライトアップしてみた所、私たちも感激してしまうほど凄くきれい!
いくちゃんも「思った以上だった!!」と大満足のようです。
この美しい姿を先生方にも見てもらおうと、皆さんをお呼びし、村の鑑賞会を実施。なかなかの好感触でした。

a0062127_2211056.jpg


村は各クラスで1つずつ、合計で13の村が出来上がり、20日金曜日の30周年式典祝う会で、ひとつにまとめた巨大な「ゆめのとんでんみなみ村」がお披露目されます。

村の完成にむけて一層気合いが入るいくちゃんと仲間達(スタッフ)。乾燥した空気に負けず、明日も頑張っていきましょう!(福村)
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-11-11 22:16 | おとどけ/屯田南小/今村育子 | Comments(0)
2009年11月6日(金) 子どもたちのパワー
札幌アーティスト・イン・スクール事業「おとどけアート」3日目

暖かな陽気の中、屯田南小学校へ登校です。

登校してすぐ、1、2時間目は3−1の授業。まずはいくちゃんから自己紹介です。「私はアーティストという職業なんですが、どんな職業か分かる人?」との問いかけをすると、「絵を描く人!」「彫刻とか作る人!」との返答がありました。

a0062127_2345246.jpg


そこでいくちゃんが普段活動している、「体験型アート」(=インスタレーション)について簡単に説明します。
「目で見るだけじゃなく、音を聞いたり肌で感じたり、自分で作品の中に入っていったり、そういうことが出来るアートのことです。」アートに関わる人にとって、よく使われるインスタレーションという言葉(ジャンル)。
子どもたちに分るように説明するのは、結構難しいことだと実感します。その上、光と闇を扱ったいくちゃんの作品は、スライドや言葉で説明するのもなかなか大変なのです。

そこで、今回のおとどけアートでは、空き教室を3つ使えるということもあり、1つの教室にいくちゃんの作品を設置し、実際に体験してもらえる空間を作ったのです。

a0062127_23453841.jpg


この空間は子どもたちに大人気!隣に誰がいるのか全くわからないほどの真っ暗なので、子どもたちはいつも大興奮です。

いくちゃんの作品を紹介した後は、おうちの模型を見せます。
「大きさは両手の平に乗るくらいで、ライトを仕込むから、裏側は穴が空いてる状態にしてね〜」

a0062127_23461097.jpg


そしていよいよおうちづくり。
家から持ってきた空き箱や、ボール紙を組み合わせて思い思いに制作していきます。

a0062127_23464071.jpg


イメージ画を先に描き、作品に取り組む子も。

a0062127_2347737.jpg


出来上がりはこんな感じ。まさにイメージ通り!

a0062127_23474415.jpg


中休みはおうちづくりの続きをする子どもたちが集まってきました。低学年から高学年まで様々です。みんな自主的に素材や道具を選び、手を動かしていきます。

a0062127_23482397.jpg


また、今日から休み時間用に、サブロク板3枚分の新しい板を用意しました。この空間にはおうちに限らず、村にある木や電柱など、好きなものを制作し、自分が置きたい場所に設置出来る空間にしました。これからどんな村が出来ていくのでしょうか?こちらもまた楽しみです。

a0062127_23484384.jpg


3、4時間目は2−2の授業。子どもたちはとても感受性豊か。ドアが写った画像を見せると、「あ、わかった!!あの向こうにお化けがいる!」など、いくちゃんが説明する前に、みんな想像をふくらませ、感じたままに発言していました。

a0062127_23492518.jpg


また、いくちゃんが「この作品のドアとか壁とかも作ってるんだよ!」と説明の補足をすると「え?いくちゃんは大工さんなの??」とちょっと混乱している子どもたちも・・・みんなとても素直です。

おうちづくりでも相変わらず元気いっぱいの2年生。子どもたちのパワーにいくちゃんもスタッフも、圧倒されっぱなしです。

a0062127_23494554.jpg


昼休みと放課後も、中休み同様、おうちづくりの続きや、休み時間に制作する新たな村に設置する作品を制作する子どもたちが集まりました。


授業ではいくちゃんに話しかけれなかった子も、この時は積極的に話しかけアドバイスをもらいながら、いくちゃんと楽しくおうちづくりに取り組む姿がありました。

a0062127_23501572.jpg


放課後は、「ゆめのとんでんみなみ村」の実際のイメージをつかむため、体育館に白い板を配置しました。
この白い板の上に、子どもたちが授業で制作したおうちと電球が設置され、「ゆめのとんでんみなみ村」が出来上がるのです。(腕を挙げている3人のエリア内に「ゆめのとんでんみなみ村」が設置されます)

a0062127_2354505.jpg


う〜ん。こう見るとなかなか巨大な村。これがライトアップされると一体どんな風景が拝めるのでしょうか。
そして子どもたちの反応はいかに!?(福村)
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-11-09 23:00 | Comments(0)
2009年11月5日(木) それぞれの反応
アーティスト・イン・スクール事業2日目。

今日は1時間目〜6時間目までびっちり授業が入ります。
まず1、2時間目は6-2の授業。はじめは過去の作品をスライドで説明します。

a0062127_6493336.jpg


いくちゃんの質問に、分っているんだけど発言を迷っている6年生。なかなかシャイで大人な皆さんです。6年生の反応にちょっと調子がくるった様子のいくちゃん・・・。作品を紹介した後は、みんなで体験ルームに移動です。

a0062127_650043.jpg


いくちゃんの作品を実際に目の当たりにして、皆から歓声が漏れました!
この反応にはいくちゃんもスタッフもほっと一安心です。

体験した後は、おうちづくりをスタート。さすがは6年生。はさみもカッターも使い慣れてる様子でさくさくとおうちが出来上がっていきます。いくちゃんも一人一人に積極的に話しかけ、おうちづくりのアドバイスをしていました。

a0062127_6505347.jpg


こんな個性的なおうちも。

a0062127_743956.jpg


(左)ブランコや滑り台がついたアスレチックハウス。
(右)クリオネフォルムのデザインハウス。

中休みは元気な低学年の子どもたちが遊びに来ました。いくちゃんは皆と一緒に、段ボールの色塗りをはじめました。これは一体何に使うのでしょう?

a0062127_6523662.jpg


3、4時間目は2-1の授業。まずは過去の作品紹介です。2年生にわかるように噛み砕いた言い方で説明していきます。作品紹介が終わったら、体験ルームでいくちゃんの作品を鑑賞。

a0062127_6531322.jpg


次はおうちづくりです。カッターを使えない2年生は、穴を空けるのに一苦労の様子です。しかし、子どもたちは、鉛筆をぐりぐりまわして穴をつくったり、とにかくなんとかしてハサミをカッター代わりに使ってみたり、みんな工夫しながらおうちづくりに取り組んでいました。

a0062127_6534050.jpg


a0062127_65446.jpg


4時間目が終わり、いくちゃんから「みんなおうちづくり楽しかったですか〜?」との問いに、クラス全員から「楽しかったー!!」との回答!子どもたちの素直な反応に、とても嬉しくなりました。

a0062127_6542584.jpg


次は給食の時間。今日のメニューは味噌ラーメン。懐かしのソフト麺に、いくちゃんもスタッフも感激したようです。5−1の皆さんとクイズをしながら楽しく給食をいただきました。

a0062127_6545761.jpg


5、6時間目の授業は給食をいただいた、5-1の皆さんです。いくちゃんの作品紹介の際、「どれくらいの期間で作ったんですか?」と質問がありました。「まずイメージ図を描いて、模型を作って、それから制作に入るから、だいたい2ヶ月くらいかな。」この答えに子どもたちから驚きの声が。アーティストにとっては当たり前のことですが、子どもたちにとっては思わぬ回答だったようです。

体験ルームでいくちゃんの作品を鑑賞した後は、おうちづくりに入ります。
光を意識しながら窓や扉を作っていきます。

a0062127_6552980.jpg


かわいらしく綺麗なおうちが出来上がりました。

a0062127_6555936.jpg


a0062127_6561482.jpg


放課後は、いくちゃんと仲間達(スタッフ)で、作品を設置するボードを制作。

a0062127_6563525.jpg


今日の活動はこれにて終了。
大勢の前で喋る事になかなか慣れないようで、いくちゃんはちょっとお疲れ気味。
明日からも子どもたちのパワーに負けず、いくちゃんパワー全開でいきましょう!!(福村)
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-11-08 21:02 | Comments(0)
2009年11月4日(水) 転校生のいくちゃん
2009年度札幌アーティスト・イン・スクール事業「おとどけアート」が、本日からスタートしました。今回のアーティストは札幌在住の現代美術作家の今村育子さん。札幌市北区の屯田南小学校に約2週間滞在し、「ゆめのとんでんみなみ村」と題した活動を行います。

いよいよ今日が初登校!ちょっと緊張気味の育子さん。まずは朝、校長先生のご紹介を受け、職員の皆様にご挨拶です。

a0062127_22122930.jpg


そのあとすぐ、屯田南小のみんなに向けたテレビ朝会に出演するため、放送室へ向かいます。

校長先生から、「30周年記念に向けて、みなさんに素敵なプレゼントがあります!転校生でアーティストの“いくちゃん”です!」と、小粋なご紹介を受け、いよいよ育子さんがご挨拶。育子さんの呼びかけに、扉の向こうから元気いっぱいの子どもたちの声が聞こえてきます。

a0062127_22135260.jpg


今回制作する「ゆめのとんでんみなみ村」を簡単に説明した後、いくちゃんの仲間たちとして、スタッフの皆さんもテレビに出演。みんな2週間よろしくね!

テレビ出演が終わり、ほっと胸をなでおろすいくちゃん。「緊張した~!」
1・2時間目は図工室となるアトリエの準備や、いくちゃんの作品を展示するため、会場セッティングを行いました。

a0062127_22144576.jpg


テレビ朝会の影響か、中休みになると図工室に続々と子どもたちが集まってきました。

a0062127_22153451.jpg


女性アーティストはやっぱり女の子に人気!みんなとにかく何かお話したい様子です。

a0062127_22175420.jpg


中休みの終わりを告げるチャイムが鳴ると、3・4時間目に授業を行う3-2の皆さんが集まってきました。いくちゃんも、人生初の授業ということで、「なんか緊張してきた~」とかなりドキドキしている様子。

3-2の皆さんから、「よろしくお願いします!!」と教室中に響く大きな声でご挨拶を受け、いよいよ授業開始!

a0062127_22172148.jpg


スライドを見せながら、作品としているインスタレーションについて、「体験型アート」という言葉を使って説明していきます。スライドではわかりにくいため、実際に体験してもらおうと、作品を設置した向かいの教室にみんなで移動です。

a0062127_2218360.jpg


隣の人の顔も見えないほど真っ暗な部屋の中、装置に灯りがつくと、子どもたちから「うわぁ〜すごい!!」と感動の声が漏れました。

そしていよいよおうちづくり。「上手い下手は関係ないです!暗くなってしまえばそれがどんな形なのかはわかりません。どんな風に光が漏れたら面白いかを、想像しながら楽しく作って下さい!」

a0062127_22184368.jpg


いくちゃんの作品を見てイメージがわいたのか、子どもたちは一斉に自分のおうちを作りはじめました。

a0062127_22185233.jpg


a0062127_2223177.jpg


実際にあかりを灯してどんな風に見えるか試しながら、休むこと無く手を動かす子どもたち。その集中っぷりにいくちゃんも驚いた様子でした。

a0062127_22203111.jpg


屯田南小での初めての給食は2年生と一緒にいただきました。転校生のいくちゃんにみんな終始興奮気味。

a0062127_22203931.jpg


元気いっぱいの2年生にいくちゃんもかなり楽しそう。

その後は明日以降の準備を行い、今日の活動はひとまず終了です。

1日の感想を聞いてみると、「授業ちゃんと出来てたかなぁ?」と授業がとても不安だった様子。でも、いくちゃんの作品を体験した子どもたちの歓声や、手を休めずに自分のおうちを作るこどもたちの様子を見ると、何も心配することはないはず!
明日も頑張っていきましょう!(福村)
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-11-07 22:24 | おとどけ/屯田南小/今村育子 | Comments(0)
ニュース速報
昨日活動が終了した浦幌町立厚内小学校での活動の様子が、テレビ番組STV「どさんこワイド」内で放送されました。

ご覧いただけなかった皆様、ぜひこちらをご覧下さい!
http://www.stv.ne.jp/news/streamingWM/item/20091106190414/index.html

また、10月15日には、同校の学習発表会で成果発表が行われます。
その報告もぜひお楽しみに!
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-11-07 21:52 | 文化/厚内小/開発好明 | Comments(0)
9日目、いよいよ最終日。
アーティストインスクール9日目。
今日でいよいよお別れ、最終日です。

1・2時間目が最後の舞台稽古。
今日は舞台装置や大道具、衣装、全て本番さながらの状態で行います。
開発さんも学校に着くなり大きな葉っぱを体育館へ運び込みます。
a0062127_11542718.jpg
子どもたちが体育館に着くまでに開発さんは大道具の設置・調整。
そうこうしているうちに今日も1番乗りの2年生がやってきました。
自主的に舞台に上がって声出し。
a0062127_11585967.jpg


今日はライト、幕なども本番さながらのセッティングです。
まずは全員で歌で声だし。ライトアップされて気分も違います。
a0062127_1411727.jpg
声だしのあとは通し稽古。
妖精の上級生は衣装チェンジの練習もします。
早着替えで妖精から動物、動物から妖精にチェンジ。
人数が少ないのでみんなで協力しながら舞台を成り立たせていきます。
急げ〜〜〜!
a0062127_1455184.jpg
開発さんも最後の稽古ということで力が入ります。
いつもより大きなジャエスチャーで子どもたちを鼓舞します。
a0062127_14111414.jpg


そしていよいよ衣装フル装備で稽古をします。
初めて全員の衣装がそろいました。
こちらは海チーム。
左からイカ・タコ・ししゃも・カニ王子・カニ大王。
a0062127_14142533.jpg
クジラがいませんが、大きすぎるので舞台の下で待機中。

そしてこちらが山チーム。
こちらも左から大鹿・鹿・妖精(オオカミ)・フクロウ・キツネ・リス。
a0062127_14173811.jpg
みんな準備が整いました!

いよいよ開発さんとの最後の通し稽古です。
本番さながら、開発さんも期待と不安の目で見守ります。
これが2週間の集大成。
a0062127_1443358.jpg
カニ王子とカニ大王はこうなりました。
a0062127_1501310.jpg
満を持してクジラ登場!
a0062127_1522089.jpg
さらに倍以上ある尾がつきます。

そして今日はコラボレーションする幼稚園児たちも練習に初参加。
幕間、客席の間を浮遊しながら自由に漂います。
a0062127_16332812.jpg
そして最後は開発監督も一緒になって礼をしてエンディング。
a0062127_16521894.jpg
こうしてオペラ「大きな葉っぱ」は完成しました。

その後、体育館にて開発さんとのお別れ会が開かれました。
みんなでスライドショーにて今回の活動を振り返ります。
あっと言う間の2週間でしたが、いろんなことがありました。
a0062127_1761471.jpg
そして子どもたち代表3人がメッセージをくれました。
a0062127_1711495.jpg
最後にみんなで記念撮影。
a0062127_1193246.jpg



・・・しかし!お別れ会は済んでもまだ活動は残っています。
開発さんは今日も最後まで体育館とオペラ座を行ったり来たり。
すると教頭先生からお誘いが。行ってみると・・・
子どもたちから音楽のプレゼント!
滞在中、練習している音をオペラ座から聞いてはいましたが改めて漏れる音ではなく、演奏を聴かせてもらえて一同感動!
a0062127_17195338.jpg

今日の給食も金曜日ですが特別に全校給食。
子どもたちにとっても開発さんにとっても特別ずくしの1日です。

お昼休み。開発さんとの作業も残すところこのお昼休みと放課後の時間だけ。
完成間近の子や、今日の稽古で衣装が破損してしまった子がオペラ座にて最後の追い込み作業です。
そして・・・完成!
a0062127_17274265.jpg
5・6年生は授業が低学年に比べ多く、作業時間が一番少なかったにも関わらず、果敢に大物に挑戦したり、独自のアイデアで根気よく制作しました。さすが上級生!


5時間目が終了すると毎日恒例1・2年生の登場。
上級生たちが6時間目の授業の間はいつも開発さんを独占。
彼女たちがほとんどの舞台美術の色ぬり等を開発さんと一緒にやりきりました。
a0062127_17364989.jpg
今日も最後の制作に開発さんと体育館へ。
そして1年生は1人残ってカラフトマス作り。
1年生にして唯一の2作品。
昨日開発さんと骨組みは完成させたので残るは色ぬりだけです。
a0062127_17391150.jpg
色にはこだわりがある1年生。来週も使って何回も色を重ねていくようです。


授業が終るとすぐに3年生2人がオペラ座へ。
そしてすぐに色ぬりを始めました。
a0062127_17523746.jpg
3年生2人はいつももくもくと丁寧な仕事を地道に地道に続けてきました。
リスの衣装は全身に紅葉の葉がびっしり、丁寧にはりこまれています。
集中して制作した2人の衣装はとっても素敵に仕上がりました。


用事があり、一足先に帰る4年生が体育館にいる開発さんの元へ。
ここで開発さんからプレゼント!
会場を飾る為に作っていた木のオブジェの飾り用の穴をあけた貝にひもを通したペンダントが!
開発さんと2年生2人で12人全員分、作ってくれていたのでした。
4年生に1番に開発さん自ら紐を結んでプレゼント。
a0062127_1821074.jpg


開発さんと子どもたちはその後もオブジェ作りを続けます。
a0062127_1810036.jpg

とそこへ、最後に6年生が。
実は開発さん、5時間目の授業中にクジラに細工を施していました。
そしてついに!クジラの胴体と頭がくっつきます!

全長5m近いクジラ、運ぶのも容易ではないということでキャスターがつけられ、運搬は容易になりましたが・・・何せでかい!
ということで胴体と頭は着脱式に改良しました。
クジラの全貌が、ようやく初お目見え。
じゃ〜〜ん!
a0062127_18164998.jpg
このようにして、口から中に入ります。
鼻の穴から前方確認。
a0062127_183420100.jpg



さてさて、こうして最終日の活動も終了しました。
あっという間の2週間でした。
後は11月15日の発表会の日を残すだけ。それまでは先生方と子どもたちに最後の詰めをお任せします。
インフルエンザイに注意して、発表会には笑顔でまた会おう!
開発さんと子ども達は、再会を誓い合い、お別れしました。

ということで、今回の活動は、11月15日に開催予定の学習発表会でフィナーレを迎えます。
最後に、どのような表現を子ども達が見せてくれるのか、乞うご期待!
その様子も、当ブログにて公開いたしますので、ぜひお楽しみに!

さて、明日からは、札幌で開催中の「おとどけアート」事業を随時更新して参ります。
ご期待下さい!
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-11-06 18:43 | 文化/厚内小/開発好明 | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/大正小/クニ&美佳
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism