<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
大移動!
十勝アーティスト・イン・スクール4日目。

今日も王子は「タノタイガ」Tシャツで学校へ。
王子曰く、この格好はターノタ星の正装だとか・・・。
子どもたちも王子の格好に慣れた様子で、もうあまりツッコミもなくなってきました。

午前中、王子は校長先生に連れられて士幌町教育委員会を訪問。そして教育長さんにご挨拶に。

a0062127_8142380.jpg

ウルトラマンのポーズで、暖かく迎えていただきました。

学校に戻ると校庭に保育園児が遊びに来ていて、王子も一緒に遊ぶことに。
怖くて泣き出す子がいたり、逆にぜんぜん平気で近寄ってくる子もいたり。
保育園児の反応もまたそれぞれです。

a0062127_8145249.jpg

途中から中休みに入った小学生も合流し、一緒に遊びました。

その後、図工室に戻った王子は黒板に発信装置の絵と謎の数式(?)を書きはじめます。

a0062127_8151740.jpg

これはいったい何を意味するのでしょうか…

4時間目、1・2年生は図工の時間。教室には子どもたちによるインスタレーション作品が出現!

a0062127_8154511.jpg

その作品の面白さに、王子も「スゴイ!」と感心した様子。
子どもたちから作品のレクチャーを受けます。
これだけ面白い作品が作れるのですから、王子と作る発信装置もきっと素敵なものにしてくれるはず!期待大です!

そして給食。

a0062127_8161916.jpg

いつものようにみんなと手洗いします。

給食が終わると今日は全校遊びをお休みして、校庭に集合。

a0062127_817411.jpg

昨日横向きにしたジャングルジムをみんなで校庭の真ん中まで動かします。

a0062127_8172331.jpg

みんなの力をあわせれば、こんなに大きいジャングルジムも軽々持ち上がりました。

みんな一生懸命がんばってくれたけど、やっぱり6年生は頼りになるなあ。

a0062127_8174798.jpg

この移動が予想外に早く終わったので、そのあとはそのまま校庭で「こおりおに」をして遊びました。

そして放課後。
実行委員長の樋口さんがお手伝いにきてくれました。と同時に王子はジャングルジムを見に校庭へ。

図工室を覗いた子どもたちは見知らぬ人にちょっとびっくりした様子。
「ねえ、あれ、服脱いじゃっていいの?」
と心配する子も…。

あの、この人は王子じゃないからね?

王子も図工室に戻り、花火について色々教えるために、続々と子どもたちが図工室へとやってきました。

色鉛筆とペンを使って、紙に「花火」を描いて説明してくれます。

a0062127_8184734.jpg

花火の絵を入れる箱を作ってくれた子もいました。

a0062127_821192.jpg

みんな真剣に、たくさん描いています。

a0062127_819871.jpg

あっという間に下校時間になり、今日の活動は終了。

明日は1日お休みして、また来週からのスタートになります。


a0062127_8194016.jpg

来週はこのジャングルジムを使って、子どもたちみんなで王子が宇宙に合図を送るための装置を作っていきます。

いったいどんな装置が出来上がっていくのか…

来週からの活動をお楽しみに!


★おまけ★

a0062127_8201093.jpg

子どもたちが描いた花火の絵。
色んな花火があっておもしろいですね。
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-08-28 08:25 | 十勝/北中小/タノタイガ | Comments(0)
ジャングルジムってなに!?
十勝アーティスト・イン・スクール2009、3日目。

王子の今日のファッションは「タノタイガ」Tシャツにグレーのつなぎ。
日に日に人間らしい格好になってきました。

子どもたちも王子がいる日常にだんだん慣れてきたようで、王子が教室の前を通り過ぎても、もう騒いだりしません。

高学年の教室からは王子についての話が聞こえてきます。
「東京に住んでて、現代美術家だって、タッタター通信に書いてあったよ」
「すげえ」
「現代美術家ってなに?」

少しずつアーティストとしての王子に興味を持ってきた様子の子どもたち。
ちなみにタッタター通信とは日々の活動を保護者に伝えるための瓦版のようなものです。

そんな会話を知ってか知らずか、王子は図工室で何かを作り続けます。

a0062127_856328.jpg

ちなみにあとで「現代美術家って何か知ってるの?」と聞くと、
「写真を見て写真みたいな絵を描いたりとかする人…?」
と疑問形で答えていました。
その子にとってはそういうイメージなんですね。

中休み。
低学年は次の授業のプールの準備でバタバタ。
6年生の子どもたちが遊びに来てくれました。

王子が作っているものを見て、
「あれでしょ、宇宙に合図送るやつ」

とあれこれ予想しています。果たして正解は…
王子の口からはまだ何も語られません。

a0062127_8565313.jpg

しかし次の休み時間に来てくれた低学年の子どもたちが口々に、
「ジャングルジムみたい!」というと、
「ジャングルジムッテナニ?」と王子。

どうやら王子が作っていたのは宇宙に帰るための合図を送る装置の模型で、本当はもっと大きいものを作る必要があるそうです。
「ジャングルジムッテオオキイノ?」とさらに質問します。

「ジャングルジムってそれのでっかい版だよ!」
「でも全員いても持ちあげれないよ。おおきいし、土掘んないといけないもん」
とのこと。
「ソレドコニアルノ?」
というところで、残念ながら子どもたちは次の授業のために教室へ。
子どもたちとは後ほどジャングルジムについて詳しく教えてもらう約束をしました。

a0062127_8562492.jpg

授業中、女子から渡されたサイン帳を書きながら女の子の生態についての見解を深める王子。

給食時間。
a0062127_857121.jpg


王子は夜、クワガタしか食べていないそうなので、給食はたくさん食べます。

食事中、2年生の男の子から、
「タイガさんのつくってるもののこと考えてたの。どんな飾りをしたらいいかなって。」
とうれしい発言が。

「反射させたらいんじゃないかと思って。それにはね、金色とか銀色の折り紙を貼ったりしてね、たまに白を入れて…」
と一生懸命アイディアを話してくれます。
ちゃんと考えてくれてるんだね、ありがとう。

そして昼休み。
今日の全校遊びは「色おに」です。

a0062127_8573232.jpg

王子も子どもも本気で追いかけっこ。

放課後になると先に授業が終わった子どもたちが図工室に来て、先ほど説明してくれたジャングルジムまで王子を連れて行ってくれました。

「こっちこっち!」

校庭のジャングルジムを見た王子は
「コレ、イイネ!」
とお気に召した様子。

a0062127_943470.jpg

漆さんが子どもたちに
「これ、使わせてもらえないかな?」
と聞いてみます。

「校長先生に聞いてみて、いいって言ったらいいんじゃない?」と子どもたち。

さっそく校長先生に確認を取りにいきますが、先生方は職員会議の真最中です。

仕方なく校庭に戻った一同は、とりあえずジャングルジムを動かしてみようということに。

みんなでスコップで根元を掘っていきます。

a0062127_933992.jpg

ここで突然2年生の男の子が、芝生を掘ってはいけないことを思い出したようで、みんなを止めにかかりました。
校長先生の許可をもらっていないことも気がかりだったらしく、ジャングルジムを動かそうとすると上に乗って少しでも持ち上がりにくくしようとします。

a0062127_941263.jpg

「大丈夫だって!」
「おこられるのはタノタイガさんだから!」
とみんなに諌められても、本人は必死なので聞く耳をもちません。

見かねて再度校長先生のところに行きますが、まだ会議は終わっていません。とりあえず事務の先生に相談してみると、
「聞いてみないとわからないんですけど、多分大丈夫だと思いますよ。
校長先生も怒りはしないと思うので…」
と肯定的なお返事をいただけました。

そうなると俄然張り切って作業に取り組む子どもたち。

そのあと正式に許可も頂き、ジャングルジムはみんなの力でいったん横向きに倒されました。

a0062127_8592629.jpg

低学年の子どもたちはこんなに大きなものを動かせるとは思っていなかったらしく、
「すごい!」
と興奮気味。

a0062127_8594540.jpg

「コレデウチュウニカエレルカナ…」
と王子。子どもたちもどうやって宇宙に合図を送ったらいいか、アイディアを出してくれます。

「花火とかは!?」

その言葉に、王子の目が光ります。
「ナニソレ?ハナビ?ドンナノ?」
今日はもう下校時間がきてしまったので、花火の話はまた明日。

いよいよ明日からこれを基にして宇宙に合図を送る装置を制作していくことに。

いったいどんな装置が出来上がっていくのか…

ご期待ください!


★おまけ★

a0062127_90517.jpg

4年生の女の子が描いてくれた王子の似顔絵(?)です。
よく特徴を捉えてますね。
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-08-27 09:00 | 十勝/北中小/タノタイガ | Comments(0)
ニホンゴ、オボエマシタ
十勝アーティスト・イン・スクール2009、2日目です。

昨日の衝撃的な出会いから一夜。

王子は徹夜で日本語を覚え、今日も北中音更小にやってきました。

少しでも人間に近づくために、そしてみんなに名前を覚えてもらうために、今日は「タノタイガ」と書かれたTシャツとハーフパンツを着ています。

学校に着くと、王子はさっそく図工室へ。
教室の前を通ると子どもたちからは
「あ、宇宙人だー」
「まだそれ着てんのー?」
と声をかけられます。

図工室に到着し、王子はさっそく昨日からの引き続いての作業開始。

a0062127_8404451.jpg

だいぶ出来上がってきたようですが、まだ何を作っているかはわかりません。

今日は3時間目が夏休みの自由研究の発表会ということもあり、中休みはその準備で子どもたちは忙しそう。

この発表会にはもちろん王子も出席しました。

発表会には保護者の方も来ていて、王子とは初のご対面です。
王子を見たお母さんの中には、思わず笑ってしまう方も。

自由研究は工作が多く、子どもたちの凝った作品にはびっくり。
王子も真剣に発表に耳を傾けています。

a0062127_8411298.jpg

発表はつつがなく行われ、子どもたちとお母さんはそのまま学校の窓拭きをするために教室へ。

王子もお世話になっている図工室の窓を拭きました!
もちろん宇宙的に。

a0062127_8413667.jpg

掃除がひと段落したところで、校長先生から保護者の方々へ、漆さんと王子の紹介をしていただきました。

a0062127_842139.jpg

さて王子はどんな挨拶をするのか、子どもたちもニヤニヤしながら見ています。

a0062127_8422179.jpg

「ハジメマシテ。タノタイガトモウシマス」

「普通にしゃべった!」
と子どもたちは大喜び。

お母さん方からも、ちょっと変わった容貌の王子に対してこんな質問が。
「芸能人の方ですか?」

お母さん、現実的な質問はまた後ほどお願いしますね。

保護者の方々にも認知していただいたところで、待ちに待った給食時間。

a0062127_8424545.jpg

給食準備をしていた1年生が、隣にいた先生になにやら話しかけています。
「先生、あれ絶対人間!」
「いや、少しずつ人間に変わってきてるのかもよ」
「ふーん…」
と、納得しかけてしまうのが1年生のかわいいところですね。

席についた王子が突然、
「ア、テヲアラワナキャ!」

さて、王子はどうやって手を洗うのでしょうか。
子どもたちも気になったようで、手洗い場までついていきます。

a0062127_843989.jpg

そのまま普通に洗ってました。

給食時間には子どもたちが自分の家で飼っている牛のことをいろいろ教えてくれました。
子どもたちの家は酪農をやっているところが多く、話は飼育頭数から肉牛と乳牛の違い、その選定の仕方や時期にまで及びます。

「ミンナジブンノイエ(でやってる仕事)ノコト、ヨクシッテルナア…」
と王子も感心しきりです。

そして昼休み。
学校側の配慮で、王子が小学校に滞在する3週間の間は子どもたちみんなで遊ぶ「全校遊び」をしてくれることになりました。

今日の遊びは「手つなぎおに」。
王子も漆さんもノリノリですね。

a0062127_8433230.jpg

チャイムが鳴って教室へ戻る途中、子どもたちが王子に駆け寄ってきます。
「お風呂どうやって入るの?」との質問に、
「オフロハイルトキハウシロノチャックサゲテ…」と答える王子。
「はははは!言っちゃった!」
王子の周りは笑いが絶えません。

子どもたちが授業を受けている間、王子は足りなくなった材料を買い足しに音更のホームセンターへ向かうことにしたようです。
「その格好で行くの!?」
と校長先生に心配されましたが、王子はどこ吹く風。

そしてそのままホームセンターへ。

a0062127_8435555.jpg

どうやらイメージ通りのものが見つかったようです。

学校へ戻るともう下校時間。
校庭では低学年が短距離走のタイム計測をしていました。

計測が終わると校内へ。みんな図工室へ立ち寄ってくれます。

王子が再び作業を始めると、
「これ組み立てるやつでしょ」
「何か手伝うことない?」
と積極的に関わってくれます。

a0062127_8442422.jpg

「ジャアイロヌリテツダッテクレル?」
「わかった!」
とみんなで色塗り。

a0062127_84458100.jpg

まだ糸ノコを使ったことのない1年生は、
「糸ノコってなーに?」
と王子に質問したりしています。

しばらく作業を手伝ってくれたあと、子どもたちは下校していきました。

子どもたちが帰ったあとも、王子はそのまま図工室で何かを作り続けます。

a0062127_8453466.jpg

この白い枠のようなものはいったい何になるのでしょうか。

今日は子どもたちと日本語でコミュニケーションが取れたおかげで、少し仲良くなれた気がします。

明日が楽しみですね!
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-08-26 08:45 | 十勝/北中小/タノタイガ | Comments(0)
ターノタ星の王子さま発見!
十勝アーティスト・イン・スクール2009が本日よりスタートしました。

今回のブログはアシスタントとして参加させていただいている佐々木がレポートしていきますので、よろしくおねがいします。

さて、北中音更小では今年で4回目の開催ということもあって、高学年にはもう馴染みの顔になっているコーディネーターの漆さん。

a0062127_9125310.jpg

子どもたちが全員体育館に集合し、いよいよアーティストの紹介かと思いきや、漆さんの口から衝撃的な一言が。

「実は…今回はまだアーティストが見つかっていません!」

子どもたちは「えー」とリアクションしつつも、まだ「ほんとはいるんじゃないの?」と少し疑っています。

そんな子どもたちを尻目に、漆さんは申し訳なさそうに「今日はとりあえず校庭で遊ぶことにしましょう」と告げます。

半信半疑のまま子どもたちが校庭に出ると…

a0062127_9141617.jpg

「なんかいる!」

太陽の光を浴びて銀色に光る何かが校庭に横たわっています!
子どもたちはそれに駆け寄り、
「なんだこれー!」「宇宙人だ!」と大興奮。

a0062127_9144672.jpg

高学年になると「やっぱりアーティストいるんじゃん」とちょっとさめた反応ですが…

暖かく見守ってほしいと思います。

子どもたちにつっつかれ、起き上がった銀色の人は何か話し出しました。
どうやら地球人ではないらしく、言葉も日本語ではないので、子どもたちは何を話しているのかわからずポカーンとした様子。

a0062127_9152195.jpg

しかしそこは敏腕コーディネーターの漆さん。きちんと通訳してくれました。

漆さんによると、この人はターノタ星の王子さまで、宇宙旅行をしていたところ宇宙船が墜落し、この北中音更小の校庭に命からがら辿り着いた…らしいです。

「名前はタノタイガさんといって、自分の星に帰りたいと言っています。」

子どもたちは「うそだー」とか「この人が今回のアーティストなんでしょ?」とか言いつつ、漆さんが「みんな、王子が星に帰るために協力してあげようよ」と呼びかけると
「はーい」と元気よく応えてくれました。

そして王子は漆さんに連れられ、図工室へ。

授業の合間には子どもたちが図工室を覗きながら、
「宇宙人さんが携帯(電話)してる!」
「何も作ってないー」
と王子の様子に興味津々です。

子どもたちが授業に向かうと、王子は糸ノコの使い方を学習し、何かを作り始めました。
何を作っているんでしょう?

a0062127_915526.jpg

給食は全校児童がランチルームに集まって食べます。
食事が始まるとさっそく王子への質問タイムに。

a0062127_916119.jpg

「身長は何センチですか?」
「宇宙船はどこにあるの?」
「好きな色は?」
「王女はいるの?」
「何歳なの?」

などなど。
王子はまだあまり日本語を話せないので答えもおぼつかない様子ですが、それでも子どもの質問に答えようと一生懸命です。

その一方で「後ろにチャックついてるし」「髪の毛見えてるよ」「おっさんじゃん」…

高学年にもなるとさすがに手厳しいですね。

昼休み。体育館で「バラド」というフリードッヂボールに参加する王子と漆さん。
心なしか王子は暑そうです…

a0062127_9163512.jpg

そのあとのプールの授業を見守る王子。ターノタ星に、プールはあるんでしょうか。

a0062127_9165359.jpg

ちなみにここ北海道の学校にあるプールは、水温・室温を高く保つためにビニールハウスの中にあるのが一般的。冬はもちろん雪が降るので、ビニールがかけられているのは夏の間だけです。

そして放課後。

今日は学校に交通指導の方が来るそうで、王子と交流する時間は残念ながらありませんでした。

が、帰り際図工室に立ち寄ってくれた子どもたち。
王子が何を作っているのか気になるようです。

a0062127_9172818.jpg

先生に促され、下校する子どもたちでしたが、玄関の前に大きな虹が出ているのを発見!
虹をバックに、王子も嬉しそうな表情です。

a0062127_9174538.jpg

今日は雨が降ったり晴れたりの不安定な天気でしたが、こんな素敵な虹を見ることができるなんて、幸先のいいスタートですね。

子どもたちが帰ったあとも、王子は一生懸命何かを作っています。

a0062127_918322.jpg

王子はしばらく作業したあと、漆さんに日本語を教えてもらうために一緒に帰っていきました。

明日はもっと多くの言葉を覚えて、子どもたちとコミュニケーションが取れるようになっていることでしょう…
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-08-24 20:35 | 十勝/北中小/タノタイガ | Comments(0)
十勝アーティスト・イン・スクール2009『ターノタ星からの転校生』開催のお知らせ
連日秋のような涼しい天気が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、いよいよ来週より約3週間北海道は十勝、士幌町にて、十勝アーティスト・イン・スクール2009を開催いたしますので皆様にお知らせいたします。

今回は、アーティストに現代美術家のタノタイガさんを迎え、今までの事業では実現し得なかった、不思議な転校生を学校に紹介し、その転校生が巻き起こす、様々なハプニングを起爆剤とした奇想天外な活動を実施します。

以下、今回の事業概要となりますので、スケジュール等ご確認の上、お近くにお立ち寄りの際には、ぜひ会場に足を運んでいただけると幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。


【2009年度十勝アーティストインスクール事業開催概要】

●開催期間
 2009年8月24(月)〜9月11日(金)

●招聘アーティスト
 タノタイガ(現代美術家/宮城県出身/東京都在住)

●開催場所
 士幌町立北中音更小学校

●活動タイトル
 ターノタ星からの転校生

●活動時間
 休み時間/放課後/授業との連携有り

●活動概要
アーティストのタノタイガさんが「異星人(転校生)」として学校にやってきます。異星人であるタノタイガさんは、不思議な創造力を武器に、北中地区の人たちとの一体感を見出すような集団でのモニュメント制作とパフォーマンスを展開します。(活動終了後タノタイガさんは自分の星へ帰っていきます)
この活動を通じて、過去三年間に実施してきた事業をふまえ、今まで以上アーティストや子どもたち、先生、そして地域の方々との交流を促進し、非日常的な思い出深い生活体験を提供したいと考えています。

●イベントスケジュール(予定)
 9月11日(金)午後3時から 作品お披露目会
         午後7時から タノタイガアーティストトーク

●事業関連サイト
タノタイガホームページ
http://www.taigart.com/

士幌町ホームページ
http://www.shihoro.jp/hp/index.htm

アーティストインスクール活動紹介ブログ
http://inschool.exblog.jp/

AISプランニングホームページ
http://ais-p.jp/

●会場について
 士幌町立北中音更小学校
 〒080-1273 北海道河東郡士幌町字中音更西3線180
 TEL : 015-645-3454
 <マップ>
 http://eduon.jp/school/primary/北海道/河東郡/60960/map

●アーティストについて
 タノタイガ(美術家/宮城県出身)
 タノタイガ氏は、東京造形大学、東北芸術工科大学大学院に於いて彫刻を学び、現在では、彫刻の他に、絵画、映像、パフォーマンスなどの表現媒体を通して作品制作を行なうアーティストである。そのユーモラスかつ切れ味鋭い視点と表現は、鑑賞者を楽しませるだけでなく、普段当然のように受け入れている社会システムや常識という概念を一変させるエネルギーと説得力を持つ。また、アーティスト自身がキャラクターとなり、作品を媒介としたコミュニケーションを鑑賞者との間に生み出すことから、現在は、全国各地の美術館、地域のアートプロジェクト等で活躍している、新進気鋭のアーティストである。

●事業クレジット
主催:十勝アーティストインスクール実行委員会
共催:士幌町北中地区町内会文化部
助成:アサヒアートフェスティバル2009
協力:士幌町立北中音更小学校
撮影:加藤 甫(写真家)
企画・コーディネート:AISプランニング(漆崇博)

以上です。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-08-20 20:08 | 十勝/北中小/タノタイガ | Comments(0)
おとどけアート(札幌アーティストインスクール事業) 雪の造形活動プラン及びアーティスト 大募集!!!
2009年度おとどけアート(札幌アーティストインスクール事業)では、只今、冬期間の事業で雪の造形活動プラン及びアーティストの方を募集しております。以下、事業の詳細及び募集内容になります。
ご確認の上、ぜひともご応募いただけますようお願い申し上げます。

              
【おとどけアートについて】

本事業は、2008年度より札幌市内小学校で実施しているアートプロジェクトです。事業の特徴としては、小学校の余裕教室を一定期間(2週間)芸術家のスタジオとして利用し、その場を拠点とした創作活動を地域の皆さんと一緒に行う交流活動を主としています。

本事業を通じて、本物の芸術家と出会い交流する中で、創造することの面白さや、新しい価値観を積極的に受け入れ共有する素晴らしさに気付くと共に、地域の文化施設や学校という場が、教育的・文化的に重要なコミュニティであるこ とを再認識するきっかけを提供することを目的としています。


【募集内容】

小学校のグラウンドに降り積もった雪を素材とした造形活動・ワークショップ等の参加型交流プログラムのプランとアーティストを募集します。


【2009年度活動実施場所】

札幌市立北小学校(札幌市東区北33条東4丁目1-1)
ホームページ:http://www.kita-e.sapporo-c.ed.jp/


【活動期間】

2010年1月下旬〜2月下旬の内2週間


【応募条件】

・札幌市出身及び札幌市を拠点に活動されている芸術家
・20才以上40才未満の方
・約2週間毎日活動できる方
・雪の造形活動や子どもとの交流活動に関心のある方


【応募に必要な物】

専用応募フォームがございますので、ご希望の方は、info@ais-p.jpまでご一報下さい。

応募フォームには以下の必要事項をご記入ください。
・ プロフィール(氏名/住所/年齢/略歴/活動歴/自己アピール)
・ プランシート
・ 活動のイメージ図(ドローイング・写真・画像データ等)
・ 過去の活動画像(キャプション付き/3点/活動実績がある
方のみ)


【応募方法】

応募フォームをご確認、ご記入の上、下記の事務局まで郵送、FAX、Eメールにてご応募ください。


【応募〆切日】

2009年8月15日(月)


【採用になったプランについて】

実行委員会の厳正な審査の結果、今回の応募で採用された方には、活動実施に向け、必要な予算(謝金/材料費/交通費等)やスケジュール、活動内容についてご相談させていただきます。みなさんのご応募お待ちしております。


【結果のご報告について】

2009年8月下旬に開催する実行委員会にて審査を行ない、その結果を書面にてお知らせいたします。


【事務局問合せ先】

ご不明な点、ご質問などございましたら、以下までお問い合わせ下さい。
皆様のご応募をお待ちしております。

おとどけアート実行委員会事務局 AISプランニング 担当:
漆 崇博
〒061-3212 北海道石狩市花川北2条6丁目209
TEL:0133-75-6505/FAX:0133-75-8845
MOBILE:090-4313-8466/E-MAIL:info@ais-p.jp
HP:http://ais-p.jp


<過去の実施事例>

1)2008年1月実施
 『白い迷宮』
 札幌市立幌西小学校×ルカ ローマ(彫刻家/イタリア出身)
 活動紹介ブログはこちら

2)2007年1月実施
 『抱腹絶頂☆ウ゛ォルケーノFUJISAN』
 札幌市立新光小学校×河田雅文(美術家/札幌市出身)
 活動紹介ブログはこちら

3)2006年1月実施
 『ゆきのくにのしろがね城』
 札幌市立山の手南小学校×野上裕之(彫刻家/札幌市出身)
 活動紹介ブログはこちら
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-08-08 02:15 | お知らせ | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/大正小/クニ&美佳
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism