カテゴリ:おとどけ/苗穂/進藤冬華( 18 )
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】急激展開

あっという間に、おとどけアートの半分が過ぎ去りもう2周目。

月曜日がやってきました。


早速、活動の様子をのぞいてみましょう。


a0062127_09392877.jpg

ん、? 何やら段ボールをいじっていますね。


a0062127_09403846.jpg

3つくらいの段ボールをテープでつなぎ合わせています。



a0062127_09443128.jpg

それを丸めて、色塗ったものがこちら。


a0062127_09451523.jpg

丸太です。


なぜに丸太かと言いますと、、、

先週行われた、


の際に、


このスライドのところで、こんな話がありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
a0062127_11281723.jpg

昔は豊平川が氾濫することがあって、

そうなると、ここに積んであるような木材が流されてしまい、

流れて来たのを下流の人たちが取って、薪にしていたそう。

ただ、その際に取り損なって(?)

そのまま丸太につかまったまま、石狩まで流されて行った人がいるらしい。


a0062127_11283720.jpg
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


っていう、面白エピソードが出てきたんです。

それを、再現。


a0062127_11291244.jpg

ということで、先週までスライドやってたのに

いきなり、段ボール工作に活動が変わっていたため、

一部のスライドファンの子たちが動揺。



「えっ、スライドやんないの?」



と、驚いてはいたんですが、すぐに慣れて活動に参加していました。

そんな一コマ。




つづく

[PR]
by sair_ais_programs | 2017-02-01 11:29 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】金曜日


1月27日(金曜日)。

ハッピーフライデーという言葉があるようですが、

子どもたちにとっては毎日がハッピーデイ。

a0062127_12012588.jpg
自由研究で作った剣を両手に(名を双剣という)決めポーズしてくれました。



この写真では伝わらない面白さ、

金ぴかのベルトとか、段ボールで作った剣入れとか、

ニュージーランド土産の上面マスクや、

マレーシアのキーホルダーやら、

この格好で下校するんだって。

小学生男子、高学年。




さて、活動ですが

a0062127_12022461.jpg

こちらは内容よりもスライドという仕組みそのものにハマった子たち。


a0062127_12025980.jpg

誰かの好奇心は、人を集めるようで、

すぐに人だかりになります。


a0062127_12033472.jpg

本日は「スライドしる会」として、

学校周辺で撮影した写真を見ることに。


a0062127_12050770.jpg

こちらもなんだかんだ、人が集まります。



ひとつ前のブログの中で、

子ども達は「郷土史に興味がない」と書きましたが、

それは、

今現在の情報&生活へとつながっていないということが

理由の一つに挙げられると思います。



確かに、今まで我々が勉強した様々な知識も、

自分事として受け止められないものはぽろぽろと

記憶の中からこぼれ落ちてしまいます。

人間として当然ですね。



逆に、自分に興味があること、関心があること、

そこへのつながりがあれば、

科学や歴史や政治や宗教や美術や哲学や

様々な分野へと渡ってゆけるのだと思います。



偶然、関心がある事柄に出会うこともありますが、

ほとんどがそうではない。


だから、今回の活動の中心「郷土史」という部分に

「うわー、面白い!」とハマる子もいれば、

そうじゃない多くの子がいるのも事実。



しかしながら、

子どもを取り巻く日常は思っている以上に

大人たちの努力もあり、平和で守られており、

一方で、多様な危険も伴う世界からの

かい離が起きていると思います。



簡単に言うと、ルーティーンの中で

同じような生活をしているわけです。



でも、探検をしたり知らないことを知るという機会は、

薬は毒にもなるように、

時に怪我をしたり、危険な目に遭ったり、

そうやって免疫ができて強くなるためには必要なことなのです。



何て事を考えて活動1週目の金曜日は終わるのですが、

本日は様々なゲストの方が来てくれました。



【ゲスト1 藤木正則さん】

a0062127_12141727.jpg


札幌市立藻岩小学校で活動を行ってきた、藤木さんが苗穂小学校にも登場。

活動の様子を見学に来てくれました。




【ゲスト2 ヨンチア夫妻&東方さん】



もう一組はマレーシアからやってきたアーティストのヨンチアさん。


奥さんと共に現在、天神山アートスタジオに滞在し制作活動を行っています。


a0062127_12202293.jpg

そして、そのヨンチア夫婦と一緒に来たのは

a0062127_12360370.jpg
同じく天神山アートスタジオに滞在する、東方悠平さんです。

彼は2009年度のおとどけアートにも参加した経験を持つアーティストです。


彼らも、おとどけアートで頑張る進藤さんの活動を見に来てくれたのです。


a0062127_12380107.jpg

大名行列のように人数が多くなってしまいましたが、

普段見ることのない小学校の状況を見せていただきました。


a0062127_12485679.jpg

こちらは、版画制作の様子ですね。


a0062127_12385150.jpg


うん、いいですね。



校舎をくまなく見ていると、


a0062127_12394977.jpg

派手な格好の子がやってきました。

見た目派手なんですが、高学年なので受け答えはスマート。


a0062127_12403434.jpg

写真撮影のリクエストにもノリノリで答えてくれました。

子どもの部分と大人の部分が同居しはじめる年ごろ。

めんこいですね。



こんな感じで1週目は終了。



2週目は1月30日~2月3日です。




つづく

[PR]
by sair_ais_programs | 2017-01-30 12:41 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】郷土史に潜る

始まると、長いようで短いおとどけアートです。

この日は、4日目。


a0062127_23091768.jpg

活動部屋はいつの間にか、スライドルームになっております。


ただ、資料はスライドだけではないので机や部屋に並べてみます。


a0062127_23101847.jpg

今から、50年ぐらい前の資料ですね。


a0062127_23105116.jpg

巨大なそろばんをいじって見たり。

(ちなみに、3年生の授業でそろばんは習うとの事。)

(ちなみに、そろばん習っている子もいました。)


a0062127_23134705.jpg

九九学習機(?)で遊んで見たり。


そして、今日もゲストを呼んでのスライド鑑賞会を行いました。


a0062127_23150750.jpg

この日は、小学校で学びのサポーターをしている、

市川先生、富樫先生に来ていただきました。

(お二人は元教員で退職後、再雇用で小学校で働いております。)


a0062127_23162720.jpg

地図を見ながら、説明をしてくれます。

ベテランの先生ならではの、分かりやすい説明です。

そして、昨日のスライド話があったおかげで、

話しがつながったり、補完されたりとめちゃめちゃに面白いです。


a0062127_23174857.jpg

その後、授業の様子を見学させてもらいます。

ほんと、自由に学校内を見せていただけるのでありがたい。


a0062127_23181523.jpg

(・・・・・・・・)


a0062127_23183829.jpg

じーっと・・・


a0062127_23210007.jpg
漢字のプリント。




そして数日間、学校に通い、

子どもたちの様子(反応等)を見ていて思ったこと・・・


a0062127_23142493.jpg

【郷土に興味がない】


子ども達はスライドの部屋にやって来るんですが、

(日を追うごとに数が増えてきています。)

みんな郷土史に興味があってきているわけでは無いんだなと、気付きました。




そもそも、古いものを見せて「あー、なつかしい」とかは

過去を知っている我々大人の論理で、

その過去を知らない子どもたちにとっては、新情報なんですよね。



だから、スライドもフィルムカメラも過去の技術でありながら、

初めて触れる子どもたちにとってはスマホよりも

「新しい&珍しい物」なんですよね。



そして、そもそも子どもたちは「今」を学んでいる最中。

低学年の子は今まさに、社会を学び人間として必要な情報を

吸収している最中で、

我々大人のような見方をしているわけではないんですよね。



なので、大人にとっての郷土史も、子どもにとっては「今」の情報。



大人は過去という知識や経験からその

もう少し過去へ想像を馳せたりするんですが、

その土台となる知識がない子どもたちには、

たとえ苗穂や札幌市の郷土史を見たり聞いたりしても、

過去へつながる方法がないから、

全然違う国の話を聞いてるぐらいの感じなんでしょう。



確かに。



我々大人だって、

ニカラグアの首都マナグアの歴史については「?」ですよ。

大人=「郷土史」、引いては歴史にに興味がある、

というわけではないですからね。


この場所が郷土研究所であれば、

みんな面白がって来てくれるんでしょうが、

小学校にいる子どもたちは、

高校、大学、社会人といった

学力や趣味趣向で区分けされてゆく世界とは異なり

本当の意味で多種多様な子どもたちが集まる場所、

物事への興味も全然違う反応があって当然なのです。




だから、この場所に集まる理由は、

「スライド」であったり

(確かに、映像はさておきひたすらスライドの仕組みを聞いてくる子がいます。)

「暗い部屋」であったり、

「進藤さんやいっしー」とか、「なんとなく」とか、

そういった、各自の各々の理由でやってくるんですよね。



そう考えると、

小学校の中に、こういった「場」を作ってしまえば、

そこに同じような人が集まるのではなく

全然違う方向を向いている人たちがやって来ているわけで、

その環境・状況は「面白い」の一言です。



それは、地域でも同じことが言えるんでしょうが、

子ども達は知識だけで判断しているのではなく、

好奇心という身体的な反応が出やすい人たちなので、

様々なきっかけでその反応が見えるのです。

(子どもたちの反応ですね。)



数日通い、

子どもたちを観察していた進藤さんとの話し合いの中で、

そんな風な事を思いました。



そして、こんな場でアーティストの進藤さんが

どう振る舞うのか、何をするのか。

迷いに迷い、時間が過ぎてゆくのです。



今いる環境について向き合うと、考えることがものすごく多い。

そんな活動になっております。





つづく






[PR]
by sair_ais_programs | 2017-01-28 23:46 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】地域の方に聞いて見る


中休み


a0062127_09424805.jpg


活動部屋、名称「暗い部屋(仮)」でスライドをみる会を行いました。

記念館から持ってきた古いスライドを見るのですが、

我々にもわからないことが多いので、

苗穂小学校を通じて地域の方に来て頂きました。



a0062127_09442085.jpg


お忙しい中来てくれたのは、

道島さん(右)と、安保さん(中)。

進藤さん(左)がスライドを回します。

スライドを見ていると、色々な話と共に思い出が出てきます。



結構、色々な思い出話(ごつい話が多数)が出てきたので、

こちらは後程紹介いたします。



a0062127_09454152.jpg


そして上映をしていると、やってきた子ども達。

スライド初体験、平成生まれの先生にとってもスライドは

あまり馴染みが無いものですよね。



ということなので、



ちょっと、スライドについての説明をしてみます。



a0062127_09495172.jpg


そもそも、フィルムカメラ知らない世代。

フィルムの写真撮ったことない世代。

カメラの説明から始めます。



a0062127_10030982.jpg


今回の活動のために、購入したフィルムカメラ。



a0062127_10031595.jpg


使用するのは、こちらのフィルム。

一般的に使うのは、ネガフィルムと呼ばれるもので、

スライドを作成するのはポジフィルム(リバーサルフィルム)と呼ばれるもの。



こちらのフィルムで、

あらかじめ校内のあちらこちらを撮影⇒現像していたものを使い、

スライドを実際に作ってみることにします。



a0062127_09514241.jpg



現像されたフィルムを切り、それをマウント(白の枠)に入れます。

a0062127_09520248.jpg

やってもらうと、みんな思ったよりも手際がいい。


a0062127_09540332.jpg

あっという間に出来上がりました。



光にすかして見るとこんな感じ。


a0062127_09554575.jpg

キレーですね。


スライド写真の撮影した事は初めてなので、

ちゃんと写っているか心配でしたが大丈夫だったようです。





つづく






[PR]
by sair_ais_programs | 2017-01-27 10:12 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】記念館はめちゃめちゃ寒い


放課後、

小学校グラウンド内にある、記念館を訪れました。


a0062127_14005609.jpg

鍵をお借りして、いざ入館。


a0062127_14014279.jpg

いざ、入館!


a0062127_14021848.jpg

・・・全然開かない。



色々試してみるものの、30分経っても進展なし。

自力は無理ですね、これ。




ということで、

救いを求めたところ来てくれたのが教頭先生。


a0062127_14030235.jpg

この子(扉)を開けるには、絶妙な感覚が必要との事。

(この写真は秘訣を伝授していただいている場面です。)


そして、教頭先生の力を借りてやっと入館。

外も寒かったんですが、中はもっと寒い!


a0062127_14314437.jpg

震えながら資料を探します。


a0062127_14320409.jpg

面白そうだな、と思って手に取った資料名が「つらら」

寒いわ!



これら資料もじっくり読み込んで、

この苗穂地域の過去について見識を深めておこうと思います。


a0062127_14324117.jpg

いやー、それにしても寒かった。



つづく






[PR]
by sair_ais_programs | 2017-01-26 14:33 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】学校探索

おとどけアート×進藤冬華in苗穂小の2日目です。


a0062127_13535381.jpg

まずは、スタッフ―のイッシーと共に校内を散策します。

面白いもの・歴史的なものを探してみます。


a0062127_13564710.jpg

じっくり見て回ると、結構色々あります。

これは、イラストコンクールというものでお題(動物とか)の絵を

描いているようです。


a0062127_13575099.jpg


良さげなものは、カメラで撮影します。


ちなみに、このカメラなんですが

デジタルカメラではなく、フィルムカメラ。


しかも、使っているのが「ポジフィルム」と言って、

1本1,000円ぐらい(現像も1000円ぐらい)するもので、

カラーで現像され、いわゆるスライドになるんです。


a0062127_14340604.jpg
例)スライド上映の様子



今回、記念館で発見したスライドを見ながら昔の話を聞く、

という活動を行いながら、同時に記録媒体としても

スライドを使ってみようという試みなのです。


a0062127_14035306.jpg

フィルムカメラはかつての話、今はデジタルカメラの時代。



デジタル便利な時代は時間短縮の合理性だとすれば

アナログ不便時代は待ち時間というロマンが漂います。


a0062127_14105870.jpg

フィルムカメラは撮影してから、写真確認できるのは、3日後とか。

なので、写真一枚撮るにも集中と緊張が違います。

だからなんですかね、

昔の写真はやたらとポーズ決めているものが多い気がするのは。



そんなことを思いながら、あちらこちらをうろつきます。



【見つけたもの】
a0062127_14124876.jpg
大量のスキーセット


廊下を埋め尽くすスキー用具は小学校ならでは。





a0062127_14130993.jpg

校章コレクション


市内小学校ほぼすべての校章が飾ってあり、

中学校や、近隣幼稚園のも。かなりのコレクションです。





a0062127_14142177.jpg
金魚





a0062127_14152612.jpg
スズカケ学級


※スズカケ(プラタナス)は苗穂小学校の校木。

スズカケ学級は特別支援学級で、教室内やプレイルームを紹介してもらいました。

高学年のDJ係りの子が歌ってくれたり、ドッヂビーして遊びました。





つづく






[PR]
by sair_ais_programs | 2017-01-25 14:35 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】初日の様子
さて、始まりましたおとどけアート×進藤冬華/苗穂小学校。

初日の様子をご紹介。



まずは、看板作り。

子ども達に活動場所のアピールです。


a0062127_10104249.jpg



中休みは進藤冬華さんの自己紹介。

これまでの活動を写真を見ながら説明し、子ども達にどんな人なのかを知ってもらいます。


a0062127_10112722.jpg

まずは、誰が来たのか、何をするのかを知ってもらう。

こんな感じで子どもたちがたくさん集まると、ガヤガヤ集中力もなく場が慌ただしくなっていて、

子どもたちがちゃんと聞いているのかいないのか、正直分からない状況になるんですが、

伝えなきゃいけないこと・伝えたいことはちゃんと発信する姿勢が大事です。


a0062127_11503781.jpg

ここで話したどこかの部分が誰かに何らかの形で残っている、

そんなことがあるんです。



自己紹介が終わった後、

子ども達に小学校の中を紹介してもらいます。

各クラスをじっくり観察しながら移動します。


a0062127_11555214.jpg

★昼休みに出会ったこと

・「まちたんけん」という授業の説明をしてもらう

・「普通のザリガニ」がいることを教えてもらう

・「音楽室の床がピンク」なことを指摘する

・「図書室にいると頭とかよくなったり」するらしい

・「おすすめの本」を見せてもらう

・「児童会室で委員会の準備」をしている6年生に会う

・「児童会のマーク」がかわいい

・3年生の「カラフルなぞうきん」を見せてもらう


a0062127_11560818.jpg

こんな感じで色々と紹介してもらいました。



低学年の子ども達と共に小学校を見て回ったのですが、

ツアーコンダクターのように「はい、あと2分だから移動!」って、

仕切ってくれる子がいてなんか面白い。



でも、教えてくれる内容があまり濃くはないので、

明日からはこちらが自由に動き回って、その場にいる子ども達に

あれやこれや質問する形をとる方がいいのかなと思いました。



つづく






[PR]
by sair_ais_programs | 2017-01-24 12:23 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】始まりました。
遅くなりましたが、

新年あけましておめでとうございます。

2017年が始まり、あっという間に1月も後半ですね。




さて、2017年になって早速ですがおとどけアートが始まります。

札幌市立苗穂小学校でアーティストの進藤冬華が活動を繰り広げます。

a0062127_15425671.jpg


小学校が始まったのは先週の18日、

廊下には自由研究が所狭しと並び、元気な子供たちが一杯です。


a0062127_15450563.jpg

TV朝会でアーティストの進藤さんと

我々おとどけアートのメンバーがご挨拶をさせていただきました。


今回の活動では

小学校の中にある郷土資料を掘り起し、

それを子どもたちや先生方、地域の方々と一緒に鑑賞し、

その中で出てきた思い出話やうわさ話をもとに創作を行います。



というのも、この苗穂小学校なんですが

昭和12年(1937)に建てられた旧校舎の一部が

学校記念館としてグラウンドの横に残っているんです。


a0062127_15551860.jpg


進藤さんが苗穂小学校に下見にやってきたとき(夏ごろ)に、

この中を見学したところ

面白いものがたくさんあることあること。


a0062127_16003088.jpg
a0062127_16000289.jpg
a0062127_16010036.jpg
(鹿とかいる)
a0062127_16014369.jpg
(年季の入った手すり)




そして、その中で偶然みつたけのがこちらのスライド。
a0062127_16013101.jpg
a0062127_16021344.jpg

おそらく、当時の先生方が教材用に撮影したものです。


a0062127_16024945.jpg

こういった映像資料も含めて様々なものをみんなで見ながら、

過去の苗穂、札幌、北海道の暮らしや人々を見てみようという試みです。



どんな事になるのか、楽しみですね。

おとどけアート×進藤冬華 in 苗穂小学校、お楽しみに!





------------------------------------------
企画・運営/ おとどけアート実行委員会

場所/ 札幌市立苗穂小学校

期間/ 2017年1月23日(月)~2月3日(金)

※活動期間中の見学等は担当の小林までご連絡ください。
携帯 070-5288-5367 mail ryotaro@ais-p.jp
-----------------------------------------






[PR]
by sair_ais_programs | 2017-01-23 16:05 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/大正小/クニ&美佳
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism