カテゴリ:おとどけ/資生館/アサダワタル( 14 )
おとどけアート 資生館小学校×アサダワタル 最終日











8月20日に始まった、

「おとどけアート」 資生館小学校×アサダワタル。















本当に時の過ぎ去るのは早いもので、

あれから約1ヶ月半が経ち今日が最終日です。

a0062127_1711537.jpg



















机の上に並んだ、思い出の曲にまつわる資料。

a0062127_1731921.jpg


アンケートの内容が、かわいいポップに書かれています。



















その曲が世の中に流れていた時、一体どんなことが起きていたのか。

曲と共にその時代の事柄も一緒に展示されます。

a0062127_17341523.jpg


















発表会のためにドラムを用意しました。

a0062127_17351977.jpg


みんな忘れているようだけれど、アサダさんドラマーですからね。

















全て準備をして、あとは「うたときおくの発表会」を待つのみ。

a0062127_17363164.jpg





















入口にはウェルカムボードとして「うたときおく」の写真文字があります。

a0062127_1749596.jpg




















発表会、開演前。

a0062127_17374843.jpg


子ども達がやってきます。















そして、開演。

a0062127_17382751.jpg


教職員方々も多く見学に来てくれました。

















まず初めに、アサダさんがドラムを披露。

a0062127_17391671.jpg


これまでちゃんと叩いているところを見たことがない子は、

驚いた表情をしていましたよ。




これまで、ほとんど演奏していませんからね。

















そして、みんなでこれまでの活動をまとめた映像を見ます。

a0062127_17411779.jpg


先生にインタビューをしたところ。
















ある人はスティービーワンダーの「迷信」を聞き衝撃を受け、


















ある人は車の中で聞くかぐや姫の「妹」に将来の自分を想像し、


















ある人は、ピンクレディーのUFOを学校祭で踊りすぎ、


















ある人は、初めてのレコードでABBAのGimme Gimme Gimmeを聞き、


















ある人は、家でスピードのsteadyをかけながら踊り、

















それらの曲を、


あの頃の記憶を、






「歌と記憶のファクトリー」の中で







今の子ども達が






時にインタビューをし、

時にカラオケで歌い、




共有してきました。



















アンケートに出てきた、曲のひとつひとつ。

a0062127_1742163.jpg


そのどれもに、



暖かな過去が、

懐かしい日々が、



眠っていました。























そして、最後の別れのあいさつ。

a0062127_1746982.jpg





















今回のおとどけアートは「歌」をテーマに活動が行われました。

a0062127_17502979.jpg


先生や親といった大人たちが「子どもの頃」聞いていた音楽の記憶。






































この、活動をしていた「今」もいずれ「あの頃」のように、


振り返る過去になってゆきます。





















そして、子どもたちにとって


もしかすると、大人たちの「思い出」が、








また別の「思い出として」、


歌を通じて引き継がれてゆくのかもしれません。
















歌を通じ、世代や時間を越えて、

人と人が向き合っていた、この1ヶ月半。

















アサダさんとの日々は、子どもたちにどう伝わったのでしょうか。


















おとどけアート




アサダワタル×資生館小学校











歌と記憶のファクトリー

a0062127_17504561.jpg


完結

















<事業クレジット>

主催:おとどけアート実行委員会
支援:札幌市
後援:札幌市教育委員会
企画・コーディネート:一般社団法人 AISプランニング
[PR]
by sair_ais_programs | 2013-10-07 17:51 | おとどけ/資生館/アサダワタル | Comments(0)
おとどけアート 資生館小学校×アサダワタル 11、12日目
おとどけアート資生館小学校、11日目と12日目の様子をご覧ください。










と、なぜ11日と12日を一緒にしているのかというと・・・・














11日目(9月27日)は資生館小学校の10周年記念式典日があり、

おとどけアートの活動は特になし。

a0062127_23105671.jpg

















子ども達の発表を見て、今日はおしまいなんです。

a0062127_23125385.jpg


資生館小学校の建物の中には、小学校、保育園、ミニ児童会館、子育てセンターと

四つの施設が存在しており、それぞれで発表が行われていました。










また、メインとして全児童で行う、「資生館ラップ」といった面白い発表もありましたよ。














ということで、最後はくす玉を割って終わり。 おめでとーー!!

a0062127_23125842.jpg


以上、11日目の活動でした。


















そして、12日目(10月2日)の活動報告です。

















最終日、10月4日を間近に迎え、活動も「締め」の期間に入ってきました。

a0062127_23171843.jpg


こちらは何をしているかというと・・・
















これまでの活動写真約300枚を使って、「うたときおく」という文字を作る所なんです。

a0062127_23182545.jpg


みんな、「あっ、写ってる!!」とか、「○○先生だ~」といった風に

楽しんで、写真を選んでいましたよ。















すこしずつ、

最終日に向けて進んでゆく「歌と記憶のファクトリー」。

a0062127_23182270.jpg

















回を重ねるごとに、新しい子がやってきます。

a0062127_23184992.jpg


「友だちに楽しいって言われたから、来たよ!」

とか、

「もっと早く来てればよかった!」

とか。
















子供たちの手によって、活動が加速し、

そして、終わりへと突き進んでいます。

a0062127_2319219.jpg


どうやら多くの子どもたちが、最終日が4日ということを知らないようです。

まあ、プリントに配られた日程なんて彼らは目を通しませんからね。



















ここで、遅くなりましたがメンバー紹介。








「イッシー」「ドゥードルドゥー」「イッチャン」など様々なあだ名を持ち、

21歳には見えない雰囲気で子どもたちに人気の、

現在、札幌教育大学の4年生の石島君。

a0062127_23191026.jpg


展示のデーター・写真関連は全て彼が探してくれました。

展示を見に来た方は、彼の努力を感じてやってください。



















ピアノがとても上手で、バンドでエレキギターもひいちゃう、

天然?なのか、よくわからない不思議ちゃん、

岩見沢から通ってくれた、岩見沢教育大学の中村久里子さん。

a0062127_23191489.jpg


「わぁ」「あっ!」と失敗を重ねながら、不慣れなのに全部作ってくれた

思い出の曲の「ポップ」は彼女の努力の結晶です。

ぜひ、彼女に会ったら「頑張ったね!」と一声かけてください。

















そして、この人。

初めての札幌、と思ったら

結局、何度も何度も札幌に通うことになり、

しかも京都や仕事先の愛知県など様々な所から、

時に台風に阻まれ※参照、時に預けたカバンのキャスターをぶっ壊され、

頭痛を患い、それを治すための薬をたくさん飲んで胃をやられ、

おとどけアート期間中にオーストリアへ飛び※参照

嫁の里帰り出産のため新潟へ送り、

慌ただしい日々の中、

8月20日から約一ヶ月半この「おとどけアート」に全力を尽くしてくれた、

アサダワタルさん。

a0062127_23191772.jpg


これまでの活動のすべてを是非ご覧ください。










歌と記憶の発表会

10月4日(木)、15:30~16:00

資生館小学校2階、特別活動室。

「歌と記憶のファクトリー」

















これまでのすべてが凝縮した30分間。

a0062127_23193625.jpg
















子どもたちと過ごした日々がこの展示空間にあります。

a0062127_23195625.jpg
















おとどけアート、資生館小学校×アサダワタル

a0062127_2320439.jpg


さあ、ラスト。

















つづく
[PR]
by sair_ais_programs | 2013-10-03 23:20 | おとどけ/資生館/アサダワタル | Comments(0)
おとどけアート 10日目 資生館小学校×アサダワタル
おとどけアート 資生館小学校 10日目の様子

















今日も朝から、サイコロ「今日のSONG」の準備です。

a0062127_18511455.jpg
















やってきては、歌う子どもたち。

a0062127_18515237.jpg

















曲を歌うのに、知ってるとか知らないとか、もうどうでもよくなっています。

a0062127_18522540.jpg


慣れってこういうことですね。















中休みも、昼休みも、放課後も、

誰かの思い出の歌を、資生館小学校の子どもたちが歌い上げます。

a0062127_18532668.jpg


















正直、もう何が楽しいのかわからないぐらい、

やってきては歌い、歌い、歌います。

a0062127_1854843.jpg


普段のストレスを歌で発散しているのか、

それともとにかく歌が好きなのか、

飽きずにやってきます。
















「飽きる」という感覚が違うんでしょうか。


それとも、すでに彼らは「歌」を歌いに来ているのではないかもしれません。















この場所に顔を出して、毎回変わる歌のお題や、

アサダさんを筆頭に、おとどけアートの面々と会話を交わすことが楽しいのかもしれません。


じゃないと、あの毎回の笑顔の理由が分かりません。















ボイスレコーダーに記録された、その子供たちの声。

a0062127_18581946.jpg


もしかすると、最初と今とでは何かが違うのかもしれません。

振返ることで、気付けることもありますもんね。
















一方で、活動の展示に向けて準備も行っています。

こちらは、岩見沢教育大学の中村さん。

a0062127_18595015.jpg


















彼女には、音楽の「ポップ」作りの手伝いをしてもらっています。

色鮮やかなペンで、文字を装飾。

a0062127_1903749.jpg


男子の野太く色気のない文字では、雰囲気でませんからね。

でも、本人曰く「こういうのは得意じゃないんです。」とのこと。

















でも、何枚も作っていると要領を得て、上手になってきたようです。

子どもたちにも作り方を教えて楽しくやっていましたよ。

a0062127_19282.jpg


















学校での活動が終わっても、まだまだ準備は終わりません。

a0062127_1941811.jpg


展示の方法を色々と考えたり。















ひたすらにポップを作成したり。

a0062127_1944942.jpg


















必要なデータや画像を収集したり。

a0062127_1951257.jpg


















こうやって、一日があっという間に過ぎ去ってゆきます。

a0062127_1953250.jpg










つづく
[PR]
by sair_ais_programs | 2013-10-01 19:06 | おとどけ/資生館/アサダワタル | Comments(0)
おとどけアート 9日目 資生館小学校×アサダワタル
資生館小学校×アサダワタル 9日目の様子です。












この日は、朝から雨。

a0062127_9432476.jpg


もう九月も終わる秋です。肌寒さが目立つようになってきました。

みなさん、風邪に注意ですよ。















さて、「歌と記憶のファクトリー」ではアサダさんの指示を受けて、

アシスタントの中村久里子さん(岩見沢教育大)が板書を行っています。

a0062127_9513838.jpg


内容は、「今日のSONG」。

曲名・歌手名、そしてそれを選んだ人の名前が書き込まれます。


















準備完了。

あとは、子どもたちがやってきたらこのサイコロを振るだけです。

a0062127_9545293.jpg


















中休み

















子ども達に活動の説明を行います。

a0062127_9562558.jpg


サイコロ振りましょう。


















出た目は6。

a0062127_9594028.jpg


















出た目の曲を全員で歌い上げます。

a0062127_104125.jpg


















曲の中には吉川晃司の「モニカ」とか、

かぐや姫の「妹」など、子どもたちの知らない曲も多々あります。

a0062127_1002795.jpg


でも、たとえ子どもたちがその曲を知らなくとも、

なんとなく歌ってしまいます。


















知らないから歌えない、なんて当たり前のように思えるでしょう。
















でもこの場では、「歌をちゃんと歌うこと」が目的ではありません。









自分たちの身近にいる人の「思い出の曲」を

もしかすると初めて聞き、そのリズムをその場で感じて、

画面上に流れる歌詞を口ずさむ。




これは、カラオケ、ではないんですね。

a0062127_1073034.jpg


















この「歌と記憶のファクトリー」というのは、

例えば、昔僕らが耳を澄まして聞いたラジオのように、

街角で流れた歌のように、

意図した音楽を視聴する、という場所ではなく




「人々の音の記憶」が眠る、子ども達と歌との出会いの場所なんですね。

















そして、今日も子ども達が先生たちにインタビューを行います。

a0062127_1013614.jpg


ひとりひとりの、歌にまつわる「思い出」「記憶」が掘り起こされてゆきます。

















教職員の先生たちがまだ「子ども」だったときに、

初めて触れた音楽の「衝撃」をその場で話してもらい、

a0062127_10141349.jpg


そしてその曲をその場で今の「子ども」と共有します。
















もしかすると、この場で初めて聞く音楽に

一生涯の影響を受ける子もいるかもしれません。

a0062127_10154584.jpg




















思いでの曲を経て、数十年前の自分に出会う大人たち。

a0062127_10163667.jpg


そして、今の子どもたちも、曲という「記憶」がこの瞬間に刻まれてゆくのです。



















こうして、集められた子どもたちと歌との出会い、

その子供たちが歌い上げた声、その場の雰囲気、など。

a0062127_10104924.jpg


最終日の10月4日に資生館小学校2階、特別活動室、

「歌と記憶のファクトリー」で展示・発表が行われます。




この、約3週間のプロジェクトの総まとめをぜひ、ご期待ください。









おひろめ会(予定)

日時:10月4日 3時半~4時

場所:資生館小学校 2階特別活動室






◆ 活動の見学、取材、等々のお問い合わせ ◆

担当: 小林 亮太郎

連絡先: 電話 011-596-6726  携帯 080-6087-5367  メール ryotaro@ais-p.jp
[PR]
by sair_ais_programs | 2013-09-30 10:22 | おとどけ/資生館/アサダワタル | Comments(0)
おとどけアート 8日目 資生館小学校×アサダワタル
おとどけアート、8日目の様子です。



今日も教室には子どもたちがやってきます。

a0062127_2228863.jpg




















これまでのインタビューやアンケートで出てきた歌のCDジャケットを見ながら、

それを子ども達に絵で描いてもらうという作業です。

a0062127_2229624.jpg


画が得意な子もいれば、苦手な子もいます。















「下手だけど描いていいの?」












なんて、よく聞かれます。




















絵の「上手い・下手」ってものが何を基準にしているのか。

多分、「似ている絵」は上手くて、「似ていない絵」は下手ってことなんでしょう。

a0062127_22354369.jpg














ただ、それと「好き」「嫌い」というのは別の問題。






この場所では、「描きたい」と思う人が絵を描けばいい。
















おとどけアートの活動は、

遊びにやってきた子供たちが、やりたいことをやることが中心なんです。












遊びに「楽しい」「おもしろい」はあれど、「上手い」「下手」なんて概念はないんです。

a0062127_2239267.jpg




















さて、パソコンに向い合う、アサダさん。

a0062127_22375497.jpg


真剣な面持ちで、これまで録音・録画したデータをまとめております。

約2週間のデータともなればその量は膨大ですからね。



















そして、そのとなりに・・・・

a0062127_22382794.jpg


サイコロ!?











まあ、何に使うかはお楽しみ~

















ということで、給食時間の交流へと続きます。

a0062127_22485652.jpg



















アサダさん、やっぱりどこへ行っても人気者です。

a0062127_22493112.jpg


すぐに子どもたちが寄ってきますよ。




















今日は、写真を持ってきて

どんな友達がいるのかを説明してくれたようです。

a0062127_2250369.jpg


でもでも、アサダさんとの会話に夢中になりすぎて、給食運ぶの忘れてるぞ~!








こんな風に、給食時間が楽しい思い出として過ぎてゆきました。

















給食が終わり、教室に戻ると広い背中の「イッシー」が黒板に色々と書いていました。

a0062127_225249.jpg


「思い出ソングサイコロ」









サイコロがあれば、振りたくなるのが心情。

振った目によって、昼休みにみんなで歌う音楽が決定されるのです。

















知っている曲は、マイクを持っていない子もみんなで一斉に合唱します。

a0062127_2254745.jpg


まだ、声変わりのしていない子どもたちの声って、

何か特別な力を持っているように感じます。










ただ、集まって歌を歌っているだけなのに、

決して「上手」なわけではなくても、心を震わせるような音色なんですね。

不思議です。



















そして、今日の活動の最後にには先生にインタビューをしました。

a0062127_22584335.jpg


この頃には、「常連」さんが各自の仕事をしっかりこなしてくれます。

8日目の活動は以上です。








9日目の活動に続きます!
[PR]
by sair_ais_programs | 2013-09-29 23:00 | おとどけ/資生館/アサダワタル | Comments(0)
おとどけアート 7日目 資生館小学校×アサダワタル
おとどけアートin資生館小学校×アサダワタル 7日目の様子をご覧ください。













今日は朝からアトリエである「歌と記憶のファクトリー」を少しいじります。

a0062127_1121278.jpg


黒板には「うたときおくのファクトリー」と書かれております。

さぁ、これから何が始まるんでしょう!






















さあ、子どもたちがやってきましたよ。

a0062127_11262858.jpg


「えっ、何やるの~?」

子どもたちは変化に対してすぐに反応を見せてくれます。



















今日行う活動について説明しているアサダさん。

a0062127_11285125.jpg


普段、この部屋に来ると開放的な気分になって騒ぎまくる子もいるんですが、

しっかり「聞いてもらう」体制を作ってしまえば、子どもたちも素直にその場に適応します。

いかに、その場における「空気」を作ってしまうか、がポイントかもしれません。

















今日の活動の内容は以下の通り。

「うたときおくのファクトリー」の一つ一つの言葉から発想される言葉をみんなにあげてもらいます。

a0062127_11301121.jpg


例えば、「う」であれば→うし、うどん、うま、うもうぶとん・・・などなど。

さあ、子どもたちからどんな言葉が出てくるのか楽しみです。




















アサダさんが指揮を取って、子ども達に色々な意見を出してもらいます。

a0062127_11323864.jpg


言葉出しをする子もいれば、黒板に書き取る子もいます。

こんなふうに、ひとりひとりが役割をもって活動が進んでゆきます。




















賑やかに輪になって活動している子もいれば、

部屋の前までくるけれど、なかなか入ってこない子達もいます。


















何やってるの~とカメラを向けたら・・・

a0062127_1135352.jpg


「キャー!!」




















全力で走って逃げてゆきます。



















そのくせ、またしばらくするとこっちにやってきます。
















またカメラを向けると・・・

a0062127_113585.jpg


「キャー!」













彼らは彼らなりに、遊んでいるんですね。














こんな風に、ひとりひとりが自分の好きな距離でこの活動に付き合っているようです。

恥ずかしくて、なかなか参加できない子もいれば、最初から最後まで毎回来る子もいます。









小学校という現場で、子どもたちと同じ「転校生」という立場にいると、

それぞれの子どもたちが、自分の「居場所」を求めて

あっちへ、こっちへ、揺れ動いているのがよくわかります。

a0062127_11491347.jpg

















色々な子供たちがいるからこそ、

色々な場、多様性を受容できる「遊びの場」というものが必要なんだと、

そう強く感じるのです。

a0062127_11462560.jpg




















さて、こんな感じで今日一日は満員御礼。

a0062127_11465138.jpg


子どもたちには毎回行う活動が最終的にどうなるかなんてしりません。

でも、その度その度「楽しい」「おもしろい」を探しにやってきます。

本来、「遊び」には計画性ではなく、その場その場の変化がつきものです。

そして、子どもたちはその「遊び」によって対応力、適応力が養われているのです。













黒板にぎっしりと書かれた言葉。

これらすべて録音されており、最終日に向けてアサダさんに「再編集」されます。

a0062127_1281869.jpg


このひとつひとつがどうなるかは、まだ秘密。

どうなるのか楽しみですね!








つづく
[PR]
by sair_ais_programs | 2013-09-27 12:24 | おとどけ/資生館/アサダワタル | Comments(0)
おとどけアート 6日目 資生館小学校×アサダワタル
おとどけアート 資生館小学校 6日目の報告です。









台風の影響があり、札幌到着が遅れたアサダさん。

台風は大変でしたが、あっという間に台風も過ぎ去り、

今度は何事もなく札幌にやってくることができました。

a0062127_19532070.jpg


元気そうです。
















昨日の、インターネット回線による子どもたちとの会話の様子を見ているアサダさん。

a0062127_19583139.jpg


なかなか面白い絵ですよね。
















今日からから活動の中に新しい要素が含まれてゆきます。

a0062127_2004981.jpg


見てわかりますかね?

















部屋にカラオケセットがあるんですよ。

子どもたちや先生達に好きな音楽をインタビューし、それをすぐに検索して

みんなで歌えるように特別に借りてきたんです。

















そして、休み時間。

チャイムが鳴るとすぐに子どもたちがやってきました。

a0062127_23471675.jpg


子ども達でもみくちゃにされるアサダさん。

















早速、子どもたちに歌のアンケートを行います。

a0062127_234751100.jpg


みんな積極的に参加していますね!















この日はみんなで「翼をください」を熱唱。

a0062127_23484414.jpg


この歌はいつになっても定番なんですね。















今日はこうやって何曲かを子どもたちに歌ってもらい、

そしてそれを全て録音しておきました。

a0062127_23502582.jpg


今回の活動では、こういった子どもたちとの会話・交流の様子を

ビデオやレコーダーで録画・録音し、

それを「日常編集家」アサダワタルさんが編集することでひとつの作品が生まれてゆくのです。

どんなものが生まれるのか、楽しみですね!!
















資生館小学校でのおとどけアート。

まだまだ続きます。

a0062127_2357138.jpg












つづく
[PR]
by sair_ais_programs | 2013-09-24 00:00 | おとどけ/資生館/アサダワタル | Comments(0)
おとどけアート 5日目 資生館小学校×アサダワタル その2
さて、おとどアート5日目、9月17日の様子をご覧ください。
















さあ、久々のおとどけアート×資生館小学校、再開です。

アサダさんも元気いっぱいで~~

































あれっ・・・・

a0062127_1444927.jpg


いない・・・・

















そうなんです、8月17日おとどけアート再開初日、

アサダさんはまだ、滋賀県におりました。


















というのも、前日8月16日にあの前代未聞の台風十八号が!!

a0062127_1495330.jpg


この状況ですよ。

















公共交通網は全て麻痺。

車で移動しようとしても、このありさま。

a0062127_14103760.jpg


自宅の滋賀県大津市から関西空港への移動は不可能。

そりゃ、飛行機乗れませんよ。















ということで、休み時間は現代技術をフルに生かして、インターネットで交信。

a0062127_14114927.jpg


お互いに離れてはいますが、久しぶりの再会です。
















みんな、和気あいあいと出会いを楽しんでいました。

a0062127_14162396.jpg



















中休み、昼休みとみんなで会話。

a0062127_14184484.jpg
















会話。


















会話。

a0062127_14185087.jpg


・・・って、話してばっかり!!










でも、これは単に世間話をしているわけじゃないんです。

実は、アサダさんがやってくる17日以前に、小学校にお邪魔して

子ども達に「宿題」を出していたんです。
















さかのぼること、一週間前。

久しぶりに小学校にやってきます。

a0062127_14231368.jpg


集まってきたのは、「歌と記憶のファクトリー」の活動に積極的に参加してくれる子どもたちです。


















まず、始めたのがこちら。

a0062127_14223981.jpg


こんな感じで、まずステキなインタビュールームを部屋に作成。

ここで、子どもたちを招いて、音楽にまつわる話を聞いてゆくのです。

ビデオも設置して、インタビューの様子を全て録画・記憶してゆきます。


















質問する内容はこちら。

a0062127_14222793.jpg


さて、どんな回答が出てくるのか、楽しみですね!















まずは、子どもたちにインタビューを受けてもらうことから始めます。

a0062127_14255234.jpg


マイクをもって、答える子ども達。

その内容は、この「歌と記憶のファクトリー」内にどんどん展示されてゆきます。
















そして、しばらく子どもたちがインタビューに慣れてきた頃、

今度は子どもがインタビューアーになって大人に質問する練習を行います。

a0062127_1426541.jpg

















やればできる、とは言いますが

「できる」「できない」よりも、まずは「やる」ことが大事なんです。

a0062127_1431222.jpg


何かをする前に、結果がどうなるかなんてわかりません。

どうなるかわからないけれど、少しずつ少しずつ挑戦し、

その度に失敗し、また挑戦する。


何度も何度もそうやって、繰り返して努力を続けていれば

必ず上手になってゆくものです。


















今日は、そんなこれまでの「挑戦」や「練習」がどうだったのか、

アサダさんに報告を交えながら、色々な話をしていたのです。

a0062127_14284013.jpg


明日には、アサダさんがやってきます。

活動も勢いづいてゆきます。















おとどけアート 資生館小学校×アサダワタル。



つづく
[PR]
by sair_ais_programs | 2013-09-20 14:36 | おとどけ/資生館/アサダワタル | Comments(0)
おとどけアート 5日目 資生館小学校×アサダワタル
みなさん、お久しぶりです。












おとどけアート 資生館小学校×アサダワタルが帰ってきましたよ!!


















といっても、ほとんどの方が?「あれ、どんな活動だったっけ?」

と、忘れているでしょうから前回までのあらすじをご紹介します。

















アーティストのアサダワタルさんが8月20日~10/4日までの間、資生館小学校に滞在。

a0062127_23425680.jpg



















「大好きな歌」「思い出の曲」をテーマに、子ども達がインタビューアーとなり

a0062127_2343680.jpg


お父さんやお母さん、先生といった大人たちに聞き取りを行い、


















その歌にまつわるストーリーを「歌と記憶のファクトリー」内に記録・展示してゆくものです。

a0062127_23535648.jpg
















そして、その活動の中では子どもたちが実際に歌を歌ったり演奏なんかをしたりして、

a0062127_2343897.jpg


最終日には、それら歌のエピソードを元にしたドラマを発表する予定です。


















大雑把にまとめると、こんな感じです。



そして、前回の訪問から3週間ほどの充電期間を経て、

おとどけアート 資生館小学校×アサダワタル 再開です。













ここから、10月4日までの怒涛のおとどけアートにご期待ください。

a0062127_23431128.jpg


どんどんブログを更新予定。

乞うご期待!

















つづく
[PR]
by sair_ais_programs | 2013-09-20 00:01 | おとどけ/資生館/アサダワタル | Comments(0)
おとどけアート 4日目 資生館小学校×アサダワタル
おとどけアート、4日目の様子。




この日は朝からスタッフたちが何やら切ったり貼ったりしています。

a0062127_1844358.jpg


これは昨日子どもたちが書いた先生たちの絵を切り取って一つの紙にまとめているんですね。










そして、それを壁に張り出します。

a0062127_1844678.jpg


教室に展示することで日々の活動の流れがすぐにわかり、

初めてやってきた人でもどんなことが行われているかがすぐに把握できるんですね。











まじめな話も、難しい話も、冗談も入れながらスタッフ一丸となって話を進めてゆきます。

a0062127_1844980.jpg


これが、おとどけアートなんですね。










さて、そうしているうちに中休みのチャイムの音。早速子どもたちが壁の展示に注目していましたよ。

a0062127_18451100.jpg












アサダさんが子どもたちに今日の活動について話しています。みんなちゃんと聞いてますね。

a0062127_1845325.jpg











そして、さっそく「私も~!」と大好きな先生の絵を描きはじめます。元気ありすぎ!

a0062127_1845690.jpg











絵を描く子どもたち以外にも、楽器をいじりに来た子、なんとなく集まって遊んでいる子。

それぞれ気ままにやってきて気ままに遊んでいます。

でも、それがいいんですよね。

a0062127_1845817.jpg











どんどん部屋にやってくる子どもたち。

何やるの~?と積極的な子もいれば、自分勝手に楽器を触る子、

じーっと遠目でみんなを見ている子、黙々と絵を描きつづける子。

a0062127_185099.jpg




それぞれの付き合い方、距離でこのおとどけアートに関わっている子どもたち。

さあ、この部屋でアサダさんとどんな思い出が作れるかな?

a0062127_185293.jpg











8月20日にやってきて23日までの4日間滞在をした後、一度アサダさんは滋賀県に戻ります。

また、素敵なアイディアを考えて9月17日にやってきますよ!

みんな待っててね~ 

a0062127_18553.jpg










さて・・・・、


ここからは給食交流の様子をご紹介します。

アサダさんを中心に元気なおとどけアートスタッフ。

a0062127_185790.jpg


給食交流時にはしっかりと用意しておいたエプロンを装着。

ランチマットも忘れてはいませんよ。










クラスに到着するや否や、アサダさんの取り合いに! 

モテモテですね。

a0062127_1851079.jpg











やっと席が決まって、給食を頂きます。

でも、みんなそわそわ。

a0062127_1851249.jpg


たくさんの質問がアサダさんに飛びます。










こんな風にみんな一緒に給食を食べることによって、少しずつ仲が深まってゆきます。

a0062127_1851715.jpg


友達作りはこんな当たり前のことが大事なんですよね。

a0062127_1851462.jpg








以上、4日目の様子でした!

----------------------------------------------------

「おとどけアート」 in 資生館小学校×アサダワタル 

今後の予定は9/17(火)~10/4(金)です。


それまで、読者のみなさんはもう少しお待ちください。

乞うご期待です!!





つづく
[PR]
by sair_ais_programs | 2013-08-30 17:58 | おとどけ/資生館/アサダワタル | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/大正小/クニ&美佳
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism