カテゴリ:事業概要( 2 )
アーティストの募集締切
2010年度開催事業のアーティスト募集は、本日を持ってしめきりとさせていただきます。

また、来年度に向けての準備をはじめる上で、
アーティストの皆様に再度呼びかけをさせていただきたいと思います。
その際には、ぜひ、ご応募ください。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by sair_ais_programs | 2010-09-15 18:46 | 事業概要 | Comments(0)
事業概要
アーティスト・イン・スクール
「転校生はアーティスト!」について

近年、こどもたちが通う学校に、特別授業、ワークショップなどでアーティスト(芸術家)が、コーディネーターから派遣され、講師として学校に迎えられこどもたちと交流する機会が全国的に増えています。
この企画は、アーティストが学校の余裕教室を一時的にアトリエとして使用し、こどもたちと交流を計る目的で実施されます。

●ゆっくりと出会う
従来の鑑賞型事業では、限られた時間内での実施のため紹介することが難しかった側面ですが、コミュニケーションの方法、きっかけづくりとして「アート」が大きな機能を果たします。「アーティストってなにしてるの?」という企画は、こどもたちの日常時間に寄り添いながら、イベントでは作り出せない時間のリズムで「アート」を紹介し、相互理解をすすめるためにゆったりとデザインされています。

●アーティストは講師ではない
アートがコミュニケーションを促進するという機能を持つので、アーティストとこどもたちが直接出会い、お互いの顔を見つめ、話が出来る環境をつくります。講師と聴講生、観客という立場を置かず、こどもたちの過ごす学校の中に、「短期間通う不思議なおとな」という位置づけで、アーティストを学校に派遣することを目的にしています。

●教室がアトリエに変身
アーティストには仕事場として「アトリエ=スタジオ」が必要です。
アーティストはこのアトリエで仕事をしながら、こどもたちの関心に任せてこどもたちと付き合います。アトリエは学校の余裕教室、または共有のスペース、交流時間は、授業の合間の休憩時間、放課後など学校の空間とスケジュールのすきまを使う事業です。

●異文化との出会い
日頃見慣れないおとなであるアーティストとの出会いは、こどもたちにとって異文化交流でもあります。この企画では、必ず受け入れ小学校と別の地域で活動しているアーティストを派遣します。異なる環境で暮らすアーティストに、こどもたちは自分たちの町と小学校を案内します。アーティストは異邦人としてこどもたちの地域で暮らし、お互いの間にある大きな違い、小さな違いについて考え相互理解を深めるようつとめます。

●マイペース
出会ってすぐにだれとでも仲良くなれるこどももいます、興味はあるけど近づけないこどももいます。無理をせず、自然の流れに添い交流をすることを優先します。アーティストの滞在中に一言も話すことができないこどもがいても構いません。話さなくてもこっそり観察している場合もあります。アーティストの滞在について、すぐに忘れてしまっても数年後に思い出すこともあるかもしれません。成果を求めるものではなく、滞在プロセスを大切にプログラム運営を行います。

●カスタマイズ
アーティストは、滞在期間を展覧会のためや発表という目的のためにつかうのではありません。こどもたちとアーティストの双方にみのりのある経験となるためのプログラムをつくります。アトリエを使うアーティストと受け入れ校の組み合わせによってプログラム内容を決めていきます。アーティストから滞在プランを提案、この提案をもとに話し合いを始め、意見交換をしながらプログラム内容が決まります。

●小学校とアートをつなぐコーディネータ
アーティストの滞在中は、コーディネータが同行して、アーティストとこどもたちの出会いのきっかけづくりを配慮します。事前の打ち合わせ段階で、受け入れ校の日常をリサーチ、どのような方法で、アーティストが自己紹介する機会をつくるのか適切か?など、その学校でのベストな交流方法について先生方と相談して決めます。

●冬の過ごし方
実際、アーティストを迎え入れてくださる小学校が決まったら、次にお願いしたいのが、受け入れ時期の決定となります。春から夏にかけて北海道はとても活発な時期、こどもたちは動きたくてしょうがない時期ではないでしょうか?家族とのキャンプや野外でのイベントも多い夏は活動期です。半年間、雪とともに過ごす冬の時期に、こどもたちに新鮮な体験をしてほしい、「アーティストってなにしてるの?」は、よその地域からやってくるアーティストといっしょに冬の新鮮さ、美しさを共有することで、動きの少なくなった季節に、しっかり感じたり考えたりという感性と思考のトレーニングに最適だと考えています。


●問い合わせ・企画担当:特定非営利活動法人S-AIR/エスエア 
北海道札幌市豊平区豊平1条12丁目1‐12 〒062-0901
インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC)-401 
TEL:011‐820-6056 FAX:011‐820-6057 

○アーティスト・イン・レジデンスとS-AIR/エスエア 
ヨーロッパを起源に400年ほど前から始まった、芸術家を支援するプログラムです。芸術家に一定期間、住居と制作場所を提供する芸術家のための奨学金制度に近い内容のシステムで、現在でもヨーロッパ、アメリカの欧米諸国、日本では近年多くの地方自治体が事業実施をしています。
参考 HYPERLINK "http://www.jpf.go.jp/air/index_j.html"http://www.jpf.go.jp/air/index_j.html (国際交流基金)

S-AIRは、1999年度より文化庁などの補助金を受けて北海道で事業開始しました。2004年度までの6年間で17カ国39名の日本国内外の芸術家を平均3ヶ月札幌市に滞在させています。活動の詳細はHPをご覧ください。
http://www.s-air.org 代表:柴田 尚
[PR]
by sair_ais_programs | 2005-10-05 15:10 | 事業概要 | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/大正小/クニ&美佳
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism