カテゴリ:おとどけ/石山東/トムスマ( 39 )
一ヶ月経ってあらためて。
a0062127_155587.jpg








ほんのひとときを100%で過ごしている石山東小のみんなの姿を見て、
私は「今」を100%で過ごすことの素敵さを教わりました。



1週目、こどもたちと過ごす時間は愉しいばかり、しかしながら、
ショーリンピックがちゃんと形になるのかしらと少々緊張しながらの毎日でした。



2週目、不安は瞬く間に吹っ飛び、驚きの連続でした。
こどもたちが面白いことを見つけるエキスパートだと知ったからです。
面白さを見つけて、楽しんで、自分のものにして、そしてそれを人とを分かち合うこと。
そういう素晴らしい才能を際限なく持ったこどもたちによって、
石山東ショーリンピックは、当初考えていたものを遥かに超えて愉しい大会になっていきました。





3週目、私にとって、こどもたちだった皆が、ともだちに変わっていきました。
もっとずっとここに居たいなぁという気持ちが大きくなっていきました。
そんなわけで、結びの祭典を終えることについて、安堵よりも寂しさが大きくなってしまいました。




地球に生きていると色々な出来事があって、
大人になっていくと、5分、10分、20分なんていう時間はあっという間で、
3週間、1年すら、本当に風のように過ぎていきます。
それでも皆さんと一緒に過ごしたあっという間の3週間は、
私の記憶の中の時間では永遠の3週間となりました。
いっぱい一緒に過ごせた人、ちょっとだけの人も、話すことがなかった人も同じように、
一瞬、一瞬の姿が、とても長い時間のように焼きついています。




こんな素敵な時間を過ごせたのは、みんなのおかげです。

怖がらないで、恐れないで、自分の中にあるちからを信じきると
みんなのように創造する力を発揮できるのだとわかりました。
これからも、自分のなかにあるいろいろな力と仲良くやってください。
100%じぶんとつきあってください。
わたしもそうして100%の地球でいきたいとおもいます。




みんなからの手紙やいろいろ、本当にありがとう。
ひとつひとつが嬉しくて、これは私の宝物として大切に大切にしています。

a0062127_15464677.jpg

こういうのに入っています。渋い。





最後に、

きっと面白い時間になるだろうと思っていましたが、そんな予想を遥かに超えた時間となりました。
無謀な企みを形にして面白くしてくださった、おとどけチームのみんなへ、
多大なるご尽力と比類なきエネルギーに、感謝と賛美をおくります。
そして、校長先生をはじめ先生方々の深い懐のもとでこそ、このおどどけアートが実現しました。
先生達の大きな支えと情熱に深く深く感謝申し上げます。




おとどけアートの活動が、これからも多くのこどもたちと共にすることが出来るよう願っています。
a0062127_15552915.jpg

[PR]
by sair_ais_programs | 2012-09-30 15:45 | おとどけ/石山東/トムスマ | Comments(0)
トムスマンガ17
a0062127_10266.jpg

a0062127_10412.jpg

[PR]
by sair_ais_programs | 2012-09-28 01:00 | おとどけ/石山東/トムスマ | Comments(0)
アーティスト、スタッフからみんなへ
a0062127_11471553.jpg

さて・・・私(沖口)ひとりで勝手に盛り上がってもとても残念なので、
アーティストのトムスマさんや、コーディネーター、インターン生にもコメントをいただきたいと思います。




a0062127_11471865.jpg

トムスマさん

石山東小学校のみんな、皆さんの創造する力によって、
ショーリンピックが予想を遥かに超えた時間となりました。
本当にありがとうございました!!!
おとどけアートメンバーへ、そして先生方々へ、
大きなご尽力と情熱に深く深く感謝しています。

初代ショーリンピックの記念すべき選手達として、
これからも、笑って、歌って、踊って、
自分の創造する力を100%信じて生きていってください。
わたしもそうします。

イシヤマヒガシ~~~~~『          』!!(みんなで)







a0062127_11471139.jpg

もえ

こんにちは。インターン生その2の鈴木です。
あっという間に子どもたち、先生方、トムスマさんとの3週間が過ぎ、ちょっぴり石山東シックになっております。
毎日本気でぶつかってくる石山東っ子たちにはただただ驚かされてばかりでした。私が思ってたよりも物事を感じ、考える力を持っていました。
そしてトムスマさんと同じ時間を過ごし、子どもたちの本気に全力で答えている姿やアーティストとしての姿勢は私にとって刺激的でした。
ショーリンピックが石山東っ子にとって記憶に残る日々になったかそれは分かりません。それでも、いつか大人になった石山東っ子たちとまた見立てで勝負できたらいいなと思います。今から第二回ショーリンピックが楽しみです^^
Love&Laugh!!






a0062127_11472297.jpg

やす

この企画は子どもの無限の可能性を引き出すヒントだと思いました。






a0062127_1147883.jpg

キムタナティブ

こんにちは
3日間だけですが ショーリンピックに参加させていただいたキムラです。

すっかり競技の完成度が高まった状態からの参加だったので
先輩方(トムスマさん、スタッフの方々、そしてもちろん子どもたち!)に
ついて行くのに必死でしたが 微力ながらお手伝いすることができて、 
そして何より 
子どもたちの力が ちゃんと 日々 育まれている 
そんな現場に立ち会えたことに感謝しています。

休み時間になると 当たり前のようにトムトムルームを覗きにくる子どもたち
ショーリンピックには参加しないけれど 空き時間にちょっかいを出しに来たり
「今日は外で遊ぶことにしたの。 行けなくてごめんね」 と 
わざわざ伝えに来てくれる子もいました。


彼ら・彼女らが抱くそのままの気持ちで 無理なく関わろうとしてくれたり
色んなことに気がついて すぐに役割を得て 溶け込んでしまったり。


ありのままの表現が認められる場 というのは 
世の中には 実はそう多くないとおもいます。

けれど みんなは そんな場を 自分たちで創っているのだなー
と感心していました。

そして もちろんそれを支える大人たちが 
意識的に それでいて自然に それを支えようとしなければ 
成り立たないのだなー とも思うのでした。


最後に、トムスマ姐さん、「おとどけアート」チームのみなさん、先生方、そして子どもたち!
どうもありがとうございました!

今回の 種が いつか いろんなところで 芽吹きますように。







a0062127_11471392.jpg

才能の塊、モメラモーン様

僕たちも忘れないので、みんなも忘れないでください。
そして、みんなが中学生、高校生、大学生になった時に出会ったら
声をかけてください。必死で思い出します。
それでは、また会う日まで。




a0062127_11472043.jpg

ウルシ


[PR]
by sair_ais_programs | 2012-09-27 11:49 | おとどけ/石山東/トムスマ | Comments(0)
トムスマンガ16
a0062127_1036246.jpg

[PR]
by sair_ais_programs | 2012-09-27 10:36 | おとどけ/石山東/トムスマ | Comments(0)
トムスマンガ12 番外編
a0062127_14405721.jpg

a0062127_1441029.jpg

a0062127_1441356.jpg

[PR]
by sair_ais_programs | 2012-09-26 14:41 | おとどけ/石山東/トムスマ | Comments(0)
結びの祭典−おとどけアート最終日− その7
十、トムスマより


そして最後に、トムスマさんから石山東小学校のみんなへのお話がありました。
a0062127_104255.jpg




「みなさんの想像する力でこの地球ができていると思ってください」


「辛いことがあっても楽しいこと、自分の心のわくわくすることをイメージしてください」


「自分の心の中に全てがあるんだということを信じて良い時間を過ごしてほしいなと思います」



a0062127_1042841.jpg

どれも生徒のみなさんだけでなく、先生や保護者の方々、そして私たちスタッフの心にまでじんわりと伝わってきたはずです。


トムスマさんが「みんなから思いやり、笑顔、ユーモアを与えてもらった」と言っていましたが
きっとこの活動の最初から最後まで、私たちはこれらをお互いに与え合っていたのでしょう。
もちろんこれはおとどけアートに限ったことでは無いですよね。




退場


体育館の出入り口で子どもたち全員とトムスマさん、スタッフ一同がハイタッチして
石山東ショーリンピックは幕を閉じました。
a0062127_1043055.jpg

a0062127_1043270.jpg

ひとりひとりの手のあたたかさや感触の違ったことになぜかやけに感動してしまいました。そんなの、当然なのに。


最後には初日と同じように、トムスマさんとスタッフ一同は職員室にいる先生方に挨拶に行きました。
立ち去る時には、スタッフ全員と先生全員が握手をしました。また、子どもたちの時同様に感動してしまいました。


そして、いつも子どもたちだけでなく私たちを気にかけ、
支援してくれたことが次々と思い出されて胸が熱くなりました。



小学校の1階に突如現れたトムトムルームは、
多くの子どもたち、そして大人たちまでをもその世界に引き込み
そこでトムスマ・オルタナティブさんは
今まで見たことのないものや考えたことのないことを次々に私たちに与えてくれました。
a0062127_1043612.jpg

しかし、現れた時と同様にその場所は突然に消えてしまいます。
a0062127_1043896.jpg




明日石山東小の子どもたちが登校してきて、
この部屋を見たらどんな気持ちになるのでしょうか。
何年かたってもこの部屋を見たら
「love & laugh!」とか「見立てざぶとん級!」とか、思うのでしょうか。


忘れてしまったとしても、
この活動が彼らに与えた影響はずっとそれぞれの中に残ると思います。
石山東小学校にアーティストがいた約3週間は、彼らにとって貴重な経験であったこと間違いなしです。
a0062127_1043441.jpg

そのような貴重な活動にスタッフとして参加できて、私自身も全ての人々に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。(沖口)
[PR]
by sair_ais_programs | 2012-09-26 10:06 | おとどけ/石山東/トムスマ | Comments(0)
トムスマンガ14
番外編
a0062127_14404194.jpg

[PR]
by sair_ais_programs | 2012-09-25 14:40 | おとどけ/石山東/トムスマ | Comments(0)
結びの祭典−おとどけアート最終日− その6
七、笑輪舞 しょうりんのまい(校操)


これが最後の校操です。
a0062127_1442757.jpg

a0062127_1442960.jpg

ジャンプで振動する体育館。大きな歌声と笑い声。
a0062127_1443485.jpg

a0062127_1443193.jpg

ありがちな表現ですが「みんながひとつになった」感を覚えました。
a0062127_1443686.jpg

a0062127_144388.jpg

a0062127_1444275.jpg





八、校操譜 お披露目の儀

「校操譜(こうそうふ)」は、遠足の時に五年生に協力してもらって撮った
校操の振り付けの写真を使ってトムスマさんが作成した、動きの楽譜です。
このブログでも、遠足編で紹介しましたよね。あの写真、実はこうなったのです!
a0062127_14133880.jpg

a0062127_14134061.jpg

a0062127_14134250.jpg

思いがけないこのプレゼントに、子どもたちも驚いているようでした。
「○○(名前)がいる!」「おもしろい」と、
とても喜んでいました。




九、会長のことば

ジャパン・ショーリンピック委員会の会長である
石山東小学校の校長先生からのお話です。
a0062127_14134495.jpg

「アートってなんだろう?」という疑問に対して
すごく真剣に考えてくださった校長先生。
a0062127_14134722.jpg

おとどけアートの活動の意味を、この場では子どもたちと考えて下さいました。
きっとトムスマさんの活動が先生の心を動かしたのだろうと、私は思っています。


さあ、いよいよおとどけアート「石山東ショーリンピック」のブログも今週が山場です!
つづく~

文章 インターン沖口
構成 コーディネーター小林
[PR]
by sair_ais_programs | 2012-09-25 14:15 | おとどけ/石山東/トムスマ | Comments(0)
結びの祭典−おとどけアート最終日− その5
五、見立てエキシビジョンマッチ

a0062127_16193713.jpg

見立て選手権においては、準々決勝に進まなかった選手以外にも
かなり高いセンスを持っており「みんなに見てほしい!」と思える選手が大勢いました。
そしてこちらもエキシビジョンの形で観客に見せる形をとりました。
a0062127_16194373.jpg

個人的に、「なんで負けちゃったの?」と思うくらいに
素晴しい見立てを披露する選手たち。
a0062127_16195092.jpg

今回行われた見立て選手権は「ざぶとん級」であり、
ざぶとんを見立ての道具に使っていたのですが
エキシビジョンでは選手たちにまさかの
「スリッパ級」「フラフープ級」「タオル級」などの無茶ぶり!
a0062127_16194668.jpg

そしてそれでもすぐに答えてくれる選手たちに、こちらもやっぱり拍手!!


六、表彰式

a0062127_16203328.jpg

ついに全ての競技が終了しました。
そして見立て選手権、LOGの表彰式が行われました。
a0062127_1621382.jpg

競技の選手たちには、手作りのメダルが与えられます。
a0062127_16214196.jpg

「love 愛」「laugh 笑」 「トムスマ・フラワー わくわくの花」の三種類。
a0062127_16212023.jpg

表彰される人の笑顔を見ていると、こちらまで笑顔になりますよね。
会場中があたたかい空気で満たされた時間でした。


そして、トムスマさんから各学年の代表に
「トムスマ・クラウン」と「笑状」の授与がなされました
a0062127_16211063.jpg



お世話になった先生方にも。
a0062127_16212394.jpg

アーティスト一同の気持ちを込めたトムスマクラウンをプレゼント。
a0062127_16211584.jpg

よい、しょっ!
a0062127_16211719.jpg



つづく
[PR]
by sair_ais_programs | 2012-09-19 16:24 | おとどけ/石山東/トムスマ | Comments(0)
結びの祭典−おとどけアート最終日− その4
石山東ショーリンピックは約2週間前に終わったけれど、
おとどけアートブログはそう簡単に終わりません。

今回も文章:インターン沖口、構成:コーディネーター小林でおとどけします。




壮絶な見立て決勝が終わったのも束の間で、すぐにこちらの競技に移行します。



四、LOG(レジェンド オブ ゴール)エキシビション


LOGことレジェンド・オブ・ゴールは、エキシビションという形で行われました。
ここに出てきたのは、これまで素晴らしいゴールを演じ、JSCから推薦された優秀な選手たちです。
a0062127_1058531.jpg

a0062127_10585850.jpg

a0062127_1131276.jpg

立ち振る舞いがすでに、ベテランです。小学生なのにベテランです!
a0062127_1132465.jpg

a0062127_1132731.jpg

安定感すら覚える堂々としたゴールで、観客の爆笑をいただいておりました。
a0062127_1133653.jpg





レジェンド・オブ・ゴール。

自分だけのゴール。
それを考え、表現する競技。
a0062127_1142441.jpg

a0062127_1142681.jpg

子どもたちはこの三週間で、何を得たのか。
ひとりひとり活動への参加の仕方によって、得たものは違うと思います。


しかし、「表現をしてみる」という挑戦によって、自分の中にある知識や経験に向き合い、
新たなアイディアを求めて外の世界に目を向けるんだと思います。


それが、他者を知るきっかけになったり、自分を知るきっかけになるんだと思います。



たとえ、この舞台に上がったことがない子でも、
友だちや上級生のお兄さん、お姉さんが見せるひとつひとつのゴールを見ながら、
「これは何をしているんだろう?」「自分だったら・・」と思いを巡らせていたのではないでしょうか。
a0062127_1195712.jpg

a0062127_1195978.jpg

全員が観客で、全員が参加者。
それが、この石山東ショーリンピックなのです。

この難しい競技を自分なりの形にしてくれた選手に、やっぱり拍手!






そして、このショーリンピックの参加者は子どもたちだけではありません。
先生もしかり!!



盛り上がりも最高潮なので、だれか先生にもやってもらう!!
ということで、いきなり指名しちゃいます!!
いわゆる、無茶振り(むちゃぶり)ってやつですね。
a0062127_11132153.jpg

しかし、そこは石山東小学校の先生です。
堂々とした態度で登場。
子どもたちの声援が飛び交います。
a0062127_11134064.jpg

a0062127_11134313.jpg

a0062127_11134590.jpg

急に指名されても、あわてることなくアクロバティックなゴールを見せてくれました。
a0062127_1114407.jpg

インタビューもしっかりとこなします。


何事にも全力で取り組む先生の姿を、子どもたちはキラキラと輝く瞳で見つめていました。
先生、ありがとうございます!!!


そんな感じで、つづく~
[PR]
by sair_ais_programs | 2012-09-07 14:46 | おとどけ/石山東/トムスマ | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/大正小/クニ&美佳
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism