「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:お知らせ( 12 )
茨城県でアーティスト・イン・スクールが始まります!
2012年度最初のアーティスト・イン・スクール事業は、なんと茨城県守谷市!

アーカスプロジェクト2012いばらきが運営母体となり、茨城県で初めてのアーティストインスクール事業がスタートします。

今回のアーティストは、アーティスト・イン・スクールではおなじみの磯崎道佳氏。
開催校は、守谷市立郷州小学校です。
磯崎氏は、6月18日から約三週間守谷市に滞在し、開催校となる郷州小学校へ通い日々作品制作を行ないます。

ちなみに、北海道を拠点に本事業に取り組んで来たAISプランニングは、今回コーディネートのサポートチームとしてアーカスプロジェクトの皆さんのお手伝いをさせていただきます。

以下、事業の詳細となります。
ご確認いただき、ご興味ある方は、ぜひご見学にいらしていただけると幸いです。

───────────────────────────────
関東初!アーティスト・イン・スクール@守谷市立郷州小学校、ついに始動!
小学生369名の笑顔が学習机から浮かびあがる!?
───────────────────────────────
アーカスプロジェクト2012いばらきでは、2012年6月18日(月)から7月6日(金)まで、本年度の新規プログラムであるアーティスト・イン・スクールを実施します。
小学校をアーティストのスタジオへと変換するアーティスト・イン・スクール。
記念すべき茨城県内初となる第1回目の今回は、今年開校30周年を迎える守谷市立郷州小学校を舞台に開催されます。
6月18日(月)から7月6日(金)の3週間に渡り、アーティストの磯崎道佳氏が守谷市に滞在し、守谷市立郷州小学校の余裕教室をスタジオとして利用し、作品制作を行います。
この滞在制作を通して、磯崎道佳氏は子どもたちとの交流のなかで、全校生徒の笑顔を集めます。アーティストのスタジオとなる教室は、子どもたちをはじめ、保護者、先生方、地域のみなさんに開放され、たくさんの人々が交流を深める空間へと変わります。

■プログラム概要
名称 : アーティスト・イン・スクール

実施期間 : 2012年6月18日(月)~7月6日(金)

タイトル : 笑う机 / smile on the desk

アーティスト :  磯崎道佳(いそざきみちよし/美術家)

実施校 : 守谷市立郷州小学校(茨城県守谷市みずき野)

実施内容 :
「笑う机 / smile on the desk」では、アーティストの磯崎氏が、郷州小学校の全校児童369人の笑顔を撮影し、学習机にその笑顔を彫り込み、フロッタージュで紙などに写し取ることができる作品をつくります。完成した笑う机は、学校内にインスタレーション作品として展示し、子どもたちや先生、地域の方々に楽しんでいただきます。

コーディネート・サポート : 一般社団法人AISプランニング 


■アーティスト 
磯崎道佳(いそざきみちよし/美術家)
1968年水戸市生まれ。北海道ニセコ町在住。多摩美術大学大学院美術研究科修了。P.S.1/MoMAインターナショナルスタジオプログラム参加。守谷市では、2003年に郷州小・大井沢小において、「パラシュートとマキオ」のワークショップを行う。その他、北海道のニセコ小学校や大岸小学校・鉱山分校においてアーティスト・イン・スクールの経験がある。

■一般社団法人AISプランニング
北海道を拠点にアートを介した人々の交流、地域のきずなづくりを目指した活動を行っています。
2007年からアーティスト・イン・スクール事業の企画、運営を行い、アーティストと子どもたち、先生や保護者、地域住民の交流の場づくりを行っています。

■詳しいプログラム内容についてはプレスリリース、ホームページをご覧ください。
◎プレスリリース http://www.arcus-project.com/2012/arcus_pr_ais_001.pdf
◎ホームページ  http://www.arcus-project.com/jp/topic/2012/topic120618000000.html

■お問い合わせ先 arcus@arcus-project.com  
プログラム担当:朝重(ともしげ)、増記(ますき)
[PR]
by sair_ais_programs | 2012-06-07 21:00 | お知らせ | Comments(0)
長谷川仁×アート体感教室@真狩村開催
今週開催されるワークショプのご案内です。

おとどけアート2010の札幌市立清田小学校で『たんぽぽタワー』を制作した
アーティストの長谷川仁さんが、北海道文化財団主催のアート体感教室にて、
ワークショプを行ないます。

活動の舞台は、真狩村(北海道)。
真狩村は、蝦夷富士『羊蹄山』の麓に位置し、北海道内でも屈指の豪雪地帯です。

そこで、長谷川さんは、雪で羊蹄山をつくり、その雪の羊蹄山に、花や動物など子どもたちが自由に描いたモチーフを雪に見立ててつもらせる映像を制作します。

雪と羊蹄山をテーマにした二日間だけのワークショップ。
以下事業の詳細です。

お近くの方はぜひご参加・ご見学にいらしてください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
北海道文化財団平成23年度アート体感教室
長谷川 仁×真狩村
『羊蹄山にふりつもる』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:2012年1月12日・13日
   午後1時30分~午後5時

会場:真狩村公民館
   北海道虻田郡真狩村字光4
  *道の駅真狩フラワーセンター向かい/真狩高校の隣です。
  TEL 0136-45-3337

アーティスト:長谷川仁(東京都)

活動タイトル:『羊蹄山にふりつもる』

活動内容:
アーティストの長谷川仁さんと一緒に、雪で羊蹄山を作ります。
その羊蹄山にお花や動物などを自由に描いて降り積もらせる映像作品を作ります。
作品のお披露目会には、参加者と一緒につくったお汁粉を食べながら、鑑賞します!


主催:財団法人北海道文化財団

協力・後援:真狩村教育委員会

コーディネート:AISプランニング

a0062127_222759.jpg



■アーティストのご紹介
長谷川 仁
http://hasejin.com/
1972年北海道生まれ。現在は、東京を拠点に活動する美術家、デザイナー。
社会学、プロダクトデザインを学んだ後、アーティストとして活動を開始。
以来、社会とのつながり、自然とのつながりをテーマに、各地でワークショップや、
パブリックアートのデザインなどを手がけるアーティストとして活躍している。
[PR]
by sair_ais_programs | 2012-01-10 20:10 | お知らせ | Comments(0)
磯崎道佳・レクチャーシリーズ 第2回 スポンジ・テーブル 『パブリックなアートの話』
1月14日に開催する新年はじめのレクチャーイベントのご案内です。

アーティストの磯崎道佳氏がモデレーターとなり、
様々なテーマを基にアートのお話を展開するレクチャーシリーズ
『スポンジ テーブル』第二弾!

今回は、ゲストに美術家、デザイナーとして活躍している長谷川仁氏をお招きし、
パブリックアートの現状について様々な視点からトークしていただきます。

長谷川氏は、JRタワーの動物貯金箱『coins』や、
新千歳空港国際線ターミナルの『エゾパズル』の制作者で、
2010年度のおとどけアート事業(札幌アーティスト・イン・スクール)では、
清田小学校を舞台に『たんぽぽタワー』を制作する等、
北海道での様々な活動を行っているアーティストです。

新年を迎え、大変ご多忙のことと存じますが、お誘い合わせの上、
ぜひご参加いただけますようお願い申し上げます。

尚、ご参加にあたってご予定がお決まりの方は、
あらかじめご予約いただけると幸いです。
e-mail:urushi@ais-p.jp

以下、イベントの詳細です。多数のご参加お待ちしております。

--------------------------------------------------------------------------
磯崎道佳・レクチャーシリーズ 第2回 スポンジ・テーブル
『パブリックなアートの話』
--------------------------------------------------------------------------
日時:2012年1月14日(土)19時30分スタート(22時終了予定)

会場:ONOBEKA HOUSE/おちゃ&めし オノベカ
   http://ais-p.jp/onobeka/
   札幌市中央区南11条西7丁目3-18
   TEL:011-596-6726

料金:一般 1,000円/学生 700円(ソフトドリンク+軽食付き)
   *+200円でアルコール類もご注文いただけます。

司会進行:磯崎道佳(アーティスト、芸術スポンジ代表)

企画:芸術スポンジ+オノベカ(代表:漆崇博)

内容:「パブリックなアートの話」
ゲスト・長谷川 仁(美術家、デザイナー/函館市出身)
パブリックアートの現状について磯崎氏と長谷川氏のお二人に、
様々な視点からトークしていただきます!

■ゲストプロフィール
長谷川 仁 http://hasejin.com/
1972年北海道生まれ。現在は、東京を拠点に活動する美術家、デザイナー。
社会学、プロダクトデザインを学んだ後、アーティストとして活動を開始。
以来、社会とのつながり、自然とのつながりをテーマに、各地でワークショップや、
パブリックアートのデザインなどを手がけるアーティストとして活躍している。

*ご予約は、e-mail:urushi@ais-p.jp AISプランニング うるし まで

□長谷川仁作品紹介

a0062127_1282646.jpg

『coins』2003年/JR Tower Art Competition


a0062127_1285686.jpg

『エゾパズル/ezo puzzle』2010年/新千歳国際空港


---

■スポンジ・テーブル
オノベカハウスで月1ペースで行われる芸術スポンジ主催のミーティング。
基本は日曜日の午後、軽食とお茶(オノベカ特製スポンジプレート)を頂きながら
ワイワイ話す場。
「アートの中にはこれからのアートは存在しない」をテーマに、アートの方向性を
社会/生活から突っつく場。

■芸術スポンジ
日本の周辺地域で(例えばニセコとか)アートセンターを立ち上げるということは…、
その為の思考と準備の場。


■磯崎道佳 http://www.isozakimichiyoshi.com/index.html
様々な表現形態を用いて誰もが持つ好奇心を引き出し、
新しい視点を発見する「体験の場」を制作している。
1968年水戸市生まれ。2000年札幌アーティスト・イン・レジデンス
2001年P.S.1/MoMAインターナショナルスタジオプログラム(NY)
2011年「アートから出て、アートに出よ 美術館が消える9日間」(北海道立近代美術館)
「新・港村」(BankART1929)等に参加。現在北海道ニセコ町在住。
[PR]
by sair_ais_programs | 2012-01-10 12:09 | お知らせ | Comments(0)
札幌アーティスト・イン・スクール事業/アーティスト募集
新年度を迎え、皆様いかがお過ごしでしょうか?

現在、私どもが企画・運営しているアーティスト・イン・スクール事業(以降AISと略させていただきます)のアーティストを募集しております。

まずはじめに、このAIS事業に関して初めてご覧になる方の為に、簡単にご説明させていただきます。

この事業は、小学校の余裕教室を一定期間(約2週間)芸術家のスタジオとして利用し、休み時間や放課後に、その場を拠点とした創作活動を芸術家の方と子どもたち、先生、保護者、地域の皆さんと一緒に行う交流事業です。

言い換えると、滞在期間の短いアーティスト・イン・レジデンスプログラムを小学校を拠点に行うプロジェクトです。

具体的な活動は、学校の環境・地域性などを踏まえて上で、芸術家の方がやってみたいことを提案していただき、ご相談の上、実施する形を基本としております。

もし、興味を持っていただける方いらっしゃいましたら、以下2010年度~2011年度の開催概要となりますので、ご確認の上、下記問合せ先までご連絡ください。
尚、当ブログは、このAIS事業の日々の活動を綴っておりますので、ご興味いただける方はぜひ、過去の日記をご覧ください。

<事業タイトル>
おとどけアート(札幌アーティスト・イン・スクール事業)

<開催場所>
札幌市立内小学校

<開催期間>
1)2010年10月~12月
2)2011年1月~2月
3)2011年9月~2012年2月
*上記の開催期間の中で約2週間の滞在・活動を設定します
*下見、打ち合わせ等で、事前に数回学校へ訪問することを予定しております

<募集アーティストの条件>
・札幌出身もしくは在住の方
・札幌出身や在住ではないが札幌で活動した経験のある方
上記いずれかの条件に該当する方を募集しております。

<募集ジャンル>
美術、映像、音楽、演劇、パフォーマンス等の芸術活動を軸に、子どもや一般市民の方々と積極的な交流が図れる分野

<活動プランへの要望>
あらかじめテーマや活動内容をお考えいただくことになりますが、冬季間に活動を行う場合は、「雪」「冬」をテーマに、プラン二ングしていただきたいと思っております。

<活動拠点について>
交流活動、制作の拠点となる場所は、基本的に小学校の空き教室か特別教室を使用します。必要な備品や制作物が発生した場合、私どもが所有している機材や学校にある備品を主に利用させてもらいますが、予算の範囲内であればこちらで購入することもできます。

<滞在環境>
現在未定ですが、札幌市内に滞在できるお部屋をご用意いたします。食事に関しては、基本的にご自身でまかなっていただく形になりますが、お昼は学校給食を子どもたちと一緒に食べます。

<芸術家への待遇>
謝礼:滞在期間や内容に応じて相談
交通費;実費(下見&本番 往復回数分)
材料費:実費(プランを基に相談)

<お問い合わせ先>
AISプランニング 代表:漆 崇博
〒061-3212
北海道石狩市花川北2条6丁目209
TEL:0133-75-6505 FAX:0133-75-8845
MOBILE:090-4313-8466
E-MAIL1:urushi@ais-p.jp
[PR]
by sair_ais_programs | 2010-05-19 20:41 | お知らせ | Comments(0)
「サマーコレクションin冬」お披露目会のお知らせ
現在札幌おとどけアート2009として活動中のアーティスト・東方悠平さんによる「サマーコレクションin冬」の完成お披露目会の詳細が決定しましたのでお知らせいたします。
およそ2週間に及ぶ活動の締めくくりとなるイベントですので、ご都合がよろしければぜひお越し下さい!

※お越しいただく際は責任者である漆(連絡先下記)にあらかじめご連絡いただきますようお願いいたします。

【開催日時】
2010年2月23日(火)17:00~18:00

【開催場所】
札幌市立北小学校グラウンド

【スケジュール】
16:30 グラウンド開場

17:00 点火式・開式セレモニー
    およそ300個のキャンドルに点火し、天の川
    を再現します。

17:15 花火点火

17:30 造形物など見学
    子ども達が作った造形物を自由に見学して
    いただけます。
    「海の家」ではあたたかいお茶も用意してい
    ます。

17:50 閉式セレモニー

18:00 終了・解散

※活動詳細につきましてはこれまでの活動ブログもご参考下さい

【開催校の詳細】
開催校:札幌市立北小学校
所在地:札幌市東区北33条東4丁目1-1
電話:011-731-8381/FAX:011-742-7572
交通機関:地下鉄南北線「北34条駅」下車 徒歩15分
     札幌市営バス「北34条東5丁目」下車 徒歩3分

【事業クレジット】
主催:おとどけアート実行委員会
共催:SapporoIIproject
助成:伊藤組
後援:札幌市,札幌市教育委員会
協力:NPO法人S-AIR
支援:札幌市/札幌市国際理解教育研究会
企画・コーディネート:AISプランニング
*当事業は、札幌市の「第二次札幌市新まちづくり計画」の一環として実施します。

【お問合せ】
AISプランニング 担当:漆 崇博
MOBILE:090-4313-8466
HP:http://ais-p.jp
[PR]
by sair_ais_programs | 2010-02-22 23:09 | お知らせ | Comments(0)
おとどけアート2009第二弾開催のご案内
本日より、2009年度の第二弾のアーティストインスクール事業がスタートしました。
今回は、札幌市立北小学校を会場に、アーティストの東方悠平さんが、雪を素材とした活動を展開します。
なんと、真冬のグラウンドが真夏のビーチに大変身します。

今回も、本ブログにて、日々の活動を報告させていただきます。

つきましては、下記の概要をご覧の上、ご見学ご参加いただけると幸いです。

今回の活動に関して、何かご質問、ご意見ございましたら、漆までご連絡ください。

【事業名】
おとどけアート2009(札幌アーティストインスクール事業)

【開催期間】
2010年2月8日(月)~24日(水)

【参加アーティスト】
東方悠平(現代美術家/札幌市出身/東京都在住)

【開催校】
札幌市立北小学校

【活動場所】
余裕教室/グラウンド等

【交流時間】
主に休み時間+放課後(授業とのタイアップあり)
アーティストの滞在時間:午前8時~午後6時(日によって変更あり)

【活動タイトル】
「サマーコレクションin冬」

【活動内容】
真冬のグラウンドが真夏のビーチに大変身!?
アーティストの東方さんが、約2週間北小学校に滞在し、子どもたちや先生、交流しながら、グラウンドや余裕教室を夏一色に大変身させます。グラウンドには、夏場のビーチを彷彿とさせるオブジェ(ヨットや海の家、砂浜など)を、雪を素材として制作します。また、アトリエとなる教室には、活動に参加するみんなが、「夏」や「地球の反対側(南半球)」をイメージする為の空間づくりを行い、休み時間や放課後に交流の拠点として解放します。
目の前に広がる雪景色からは、南半球の夏はなかなか想像できません。しかし、地球の反対側では確かに今同じ時間、直接見ることはできないけれども、確かに夏が存在していて、そこで生活している人たちがいます。この不思議さや違和感に基づいた様々な企画を通して、子どもたちには普段あまり意識することのない、自分たちの住む「地球」という星とそこで暮らす他者を意識してもらうことを目指しています。

□ 屋外での活動
・ ヨットの造形
・ 海の家造形
・ かまくら造形
・ スイカ造形
・ ビーチフラッグ大会
・ スイカ割り大会
・ アイスキャンドル作成
・ ミルキーウェーファイナルイベント

□屋内活動
・ ヨットのマストペイント
・ したいこと募集アンケート
・ 段ボールで夏化プロジェクト
・ 短冊募集
・ 竹作成
・ わたしの星作成
・かわら版

【開催校の詳細】
開催校:札幌市立北小学校
所在地:札幌市東区北33条東4丁目1-1
電話:011-731-8381/FAX:011-742-7572
職員数:28名(平成21年4月1日現在)
児童数:302名(平成21年4月1日現在
交通機関:地下鉄南北線「北34条駅」下車 徒歩15分
     札幌市営バス「北34条東5丁目」下車 徒歩3分

【事業クレジット】
主催:おとどけアート実行委員会
共催:SapporoIIproject
助成:伊藤組
後援:札幌市,札幌市教育委員会
協力:NPO法人S-AIR
支援:札幌市/札幌市国際理解教育研究会
企画・コーディネート:AISプランニング
*当事業は、札幌市の「第二次札幌市新まちづくり計画」の一環として実施します。

【お問合せ】
AISプランニング 担当:漆 崇博
〒061-3212
北海道石狩市花川北2条6丁目209
TEL:0133-75-6505
FAX:0133-75-8845
MOBILE:090-4313-8466
E-MAIL1:takahiro528903@herb.ocn.ne.jp
E-MAIL2:info@ais-p.jp
HP:http://ais-p.jp
[PR]
by sair_ais_programs | 2010-02-08 19:43 | お知らせ | Comments(0)
Sapporo ll project 開催のお知らせ
いよいよ冬真っ盛り。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、札幌を舞台に冬期間に毎年実施しているアートプロジェクト「Sapporo II Project」が、今年も開催されます(札幌アーティストインスクール事業「おとどけアート」もこのプロジェクトの共催事業として参加します)。

「雪」そして「除雪」をテーマとした、様々なプログラムを展開し、市民の皆さんと冬期間の暮らしを通じてサポロの文化について考える機会を提供したいと考えています。

国内外から、アーティストが集結します!
お誘い合わせの上、ぜひご参加下さい!

以下、事業の詳細です。
ご不明な点は、下記のSapporo ll project事務局までお問い合わせ下さい。

【事業名】
Sapporo II Project 2010「第2回アーティストによるもうひとつの雪まつり」

【内容】
本プロジェクトは、市民、観光客、アーティストを対象に、Sapporo II Projectとは、どういう活動なのかを説明し、さらなるプロジェクトの普及を行います。また、プロジェクト会場では、アーティストの参加作品を制作展示し、実際には、個人、市民がどういう活動でSaporo IIに参加すればいいのか、どんなことができるのか、という具体的なアイデアを提示し、意見交換の場を創出することを目指しています。尚、期間中(1月30日(土)〜2月22日(月)の間)に、さっぽろ雪まつり大通会場など札幌市中心部数カ所を中心に、石狩市、北広島市と、広範囲で【除雪とアート】をテーマにした14の参加型プログラムを開催します。ぜひご参加下さい!

【ホームページ】
http://www.s-air.org/sapporo2/  
http://sapporo2.exblog.jp/

【参加アーティスト】

今村育子+札幌市立屯田南小学校(ゆめのとんでんみなみ村)

東方悠平+札幌市立北小学校(サマーコレクション in 冬)

TeamHolland : Kamiel Verschuren, Eric Robertson, Lauran Schijvens(The Gift、ほか)

小川智彦(snow garden #02)

山崎真実(冬の植物園を作ろう)

磯崎道佳(雪の動物園 歩いて描く動物たち)

須之内元洋

Isamu Kreiger(the Snowball Effect、ほか)

その他、プロジェクト発起人、賛同メンバー

【プログラム一覧】

①プレゼンテーション_01(終了)
「ゆめのとんでんみなみ村/今村育子(札幌)×屯田南小学校」おおどけアート成果展示

日程:2010年1月12日(火)-15日(金)
会場:札幌市役所1Fロビー
北海道札幌市中央区北1条西2丁目
http://www.city.sapporo.jp/city/map/


②レクチャー&コミュニティ・ワークショップ_01【北文】
【1回目:元小学校のグラウンド】
除雪車のオペレーターとアーティストとで雪のドローイングをする。

日程:2010年1月31日(日)、2月6日(土)、7日(日)、8日(月)のいずれか1日(積雪量、天候により決定)
講師:Kamiel Verschuren(NL)
会場:あけぼのアート&コミュニティセンター
〒064-0811札幌市中央区南11条西9丁目4-1
http://www.concarino.or.jp/akebono/
対象:地域住民、学生、アーティスト(定員30名)
除雪車、オペレーター協賛:未来通商㈱ http://www.mirai-t.com/


③レクチャー&コミュニティ・ワークショップ_01【北文】
【2回目:建設会社の資材置き場】
除雪車のオペレーターとアーティストとで雪のドローイングをする。

日程:2010年1月31日(日)予定
講師:Kamiel Verschuren(NL)
会場:企業私有地
札幌市東区中沼地区
除雪車、オペレーター協賛:ソリトン・コム株式会社 
http://www.soliton-com


④プレゼンテーション_02
ゆきだるマンキャンペーン@円山動物園スノーフェスティバル 

日程:2010年2月1日(月)-11日(木)9:30-16:30
会場:札幌市円山動物園
制作協力:高橋喜代史(札幌)
北海道札幌市中央区宮ヶ丘3番地1
http://www.city.sapporo.jp/zoo/

⑤プレゼンテーション_03
SapporoII Project 2010 オープニングとワークショップ成果発表

日程:2010年2月2日(火)20:00-22:00
会場:OYOYOまち×アートセンター さっぽろ
(さっぽろ冬カフェとコラボレーション)
札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル6階
_http://www.oyoyo16.com/about/#access

⑥デモンストレーション_01 
TeamHolland(NL)によるさっぽろ雪まつり「国際雪像コンクール」への正式参加

国際雪像コンクール史上初のオランダナショナルチームとして出場。現代アーティスト3名による「チーム・ホーランド」は、Sapporo II Projectの特命チームでもある。期間中、雪像製作作業を通じて、雪を素材にした新しい創造活動「Sapporo II」をさっぽろ雪まつり会場でデモンストレーションする。
TeamHolland(チーム・ホーランド NL:オランダ)/ Kamiel Verschuren, Eric Robertson, Louran Schijvens

日程:公開制作:2010年2月4日(木)-7日(日)
8日(月)表彰式セレモニー
会場:「第61回さっぽろ雪まつり」11丁目国際雪像コンクール会場
http://www.snowfes.com/index.html

⑦デモンストレーション_02
小川智彦(札幌/別府)によるsnow garden #02作品の公開制作とパフォーマンス

昨年リンケージプラザの庭で初公開した作品snow gardenを、今年はさらに大きく展開する。雪まつり会場の一区間と、会場に隣接する「札幌市資料館」の庭を使い、snow garden #02を公開制作するもので、隣り合わせに存在するにもかかわらず、雪まつりの会場の「うちとそと」という不可思議な「境界線」が存在している。それを雪の季節の間だけ破壊するSapporo II Projectの洒脱な活動のひとつとなる。

日程:2010年2月4(木)-7日(日)10:00-17:00
会場01:「第61回さっぽろ雪まつり」12丁目会場
http://www.snowfes.com/index.html

会場02:札幌市資料館 玄関ロビー、前庭、裏庭
札幌市中央区大通西13丁目
http://www.s-shiryokan.jp/access.htm
助成:アボネット基金(札幌市市民まちづくり活動推進助成金)

⑧コラボレーション_01
「サマーコレクション in 冬」おとどけアート事業(アーティスト・イン・スクール)

日程:2010年2月8日(月)-24日(月)
会場:札幌市立北小学校
北海道札幌市東区北33条東4−1−1
www.kita-e.sapporo-c.ed.jp
講師:東方悠平(東京/ 札幌出身)
コーディネート:AISプランニング

⑨プレゼンテーション_03
Sapporo II project 2010 もうひとつの雪まつり展

日程:2010年2月2日(火)ー2月22日(月)
会場:D&Department(3KG) 2階 展示室
営業時間:火〜土 12:00 _ 21:00/日・祝 12:00 _ 20:00(月曜定休)
札幌市中央区大通西17丁目1-7
D&DEPARTMENT PROJECT SAPPORO by 3KG
http://3kg.cmail1.com/t/y/l/uhtkg/ztilikjh/d

⑩レクチャー&コミュニティ・ワークショップ_02
未来の札幌はSapporo II、除雪!コミュニティの挑戦。

日程:2010年2月1日(月)19:00-21:00、2月2日(火)12:00-15:00/18:00-20:00
会場:大通地区町内会、17丁目界隈の街区
講師:TEAMHOLLAND(NL) Kamiel Verschuren, Eric Robertson, Lauran Schijvens、須之内元洋(札幌、東京)、磯崎道佳(倶知安)
対象:学生、アーティスト、地域住民(定員:20名)

⑪レクチャー&コミュニティ・ワークショップ_03【北文】
冬の植物園を作ろう
雪にお花を咲かせましょう!植物の絵柄のスタンプを手作りします。
花や葉っぱの形をした大きなスタンプを手作りし、雪の上にスタンプを押します。真っ白な雪の上に、いろいろな植物がひろがって、まるで冬の植物園でガーデニングをしている気分に。

日程:2月6日(土)10:00-15:00
講師:小川智彦(札幌/別府)、山崎真実(植物:博物館活動センター学芸員)
会場:札幌市博物館活動センター
札幌市中央区北1条西9丁目 リンケージプラザ5階 実習室、前庭(野外)
http://www.city.sapporo.jp/museum/
対象:小学4年生〜一般(小学生は保護者同伴)
定員:20人
費用:無料
助成:アボネット基金(最終審査中:札幌市市民まちづくり活動推進助成金)
申込 はがき、ファクス、Eメール、直接。必要事項を記入し、2月2日(必着)に札幌市博物館活動センター(〒060-0001 中央区北1西9リンケージプラザ5階、(FAX)011-200-5003、(E)museum@city.sapporo.jp)へ。選考あり。
(問い合わせ先 名称 博物館活動センター 電話番号 200-5002 )

⑫アーティスト・イン・スクール【北文】
Isamu Kreiger(スイス)によるthe Snowball Effectワークショップと公開制作
日程:2010年2月13日(土)-14日(土)
会場:石狩市立生振(おやふる)小学校
北海道石狩市生振375−1
講師:Isamu Kreiger(Swiss)
対象:児童、保護者、職員、地域住民
コーディネート:AISプランニング
共催:ICC+S-AIR創造資源開発事業 2009

⑬アーティスト・イン・カンパニー【北文】
Isamu Kreiger(スイス)によるインスタレーション作品制作とレクチャー
日程:2010年2月21日(日)-22日(月)
会場:ピーエス株式会社
北海道北広島市共栄41-3
http://www.ps-group.co.jp/pscompany/office/fs/index.html
対象:社員、地域住民、一般
共催:ICC+S-AIR創造資源開発事業 2009

⑭コラボレーション_02
Nina Fischer, Maroan el Sani(札幌/Germany)の映像作品"white noise"制作コーディネート

アーティスト・ユニット、札幌市立大学 洵教授
http://www.fischerelsani.net
撮影:ニューピークフィルム
協力:読売新聞社、STV(札幌テレビ放送)、雪まつり協力団(陸上自衛隊第11旅団)、札幌市中央区土木部、中央区中部地区除雪センター、さっぽろ雪まつり実行委員会

"white noise"上映会のお知らせ
colored music—色彩音楽—映像と音楽によるコラボレーション・コンサート
日程:2010年3月26日(金)18:30/開場、19:00/開演
会場:ターミナルプラザ琴似パトス
北海道札幌市西区琴似1条4丁目地下鉄琴似駅B2F
料金:前売¥2500、当日¥2800
お問い合わせ:北海道作曲家協会事務所 TEL 011-771-0809 Email info@hokkaido-composer.com
http://www.hokkaido-composer.com/

【事業クレジット】
主催:npo S-AIR、Sapporo II Project
共催:おとどけアート実行委員会、財団法人 北海道文化財団、札幌市(札幌市資料館、札幌市博物館活動センター)
助成:アボネット基金/札幌市市民まちづくり活動推進助成金(『snow garden #02』、『冬の植物園を作ろう』)
協賛:山謙工業 株式会社、アウラアソシエーツ都市建設設計
協力:Foundation Center for Visual Arts Rotterdam、さっぽろ雪まつり実行委員会、D&DEPARTMENT PROJECT SAPPORO by 3KG、未来通商 株式会社、NPO法人コンカリーニョ、札幌市リンケージプラザ、大通まちづくりセンター、札幌市雪対策室、札幌市中央区土木部、中央区中部地区除雪センター、財団法人 さっぽろ産業振興財団(インタークロス・クリエイティブ・センター/ICC)、あけぼのアート&コミュニティセンター、OYOYOまち×アートセンター、さっぽろ 冬CAFEプロジェクト、札幌市立北小学校、ピーエス 株式会社、ソリトン・コム川上株式会社、石狩市立生振小学校、石狩ユネスコ協会、株式会社 テクノブレイン、CAI現代芸術研究所、Nina Fischer & Maroan el Sani(white noise)
後援:駐日オランダ王国大使館、中央区、北海道、北海道教育委員会

【お問い合わせ先】
Sapporo II Project事務局(NPO法人S-AIR内)
担当:アートプロデューサー 小田井真美(おだいまみ)直通TEL 080-3234−0228
AIS プランニング 漆 崇博(うるしたかひろ)直通TEL 090-4313-8466
〒062-0901 北海道札幌市豊平区豊平1条12丁目1-12 ICC-401号室
TEL 011-820-6056(代表) Sapporo2@s-air.org
[PR]
by sair_ais_programs | 2010-01-25 19:11 | お知らせ | Comments(0)
むこうのさくら2009「パラシュートとマキオ」開催の御案内
アーティスト磯崎道佳さんによるアートプロジェクト「むこうのさくら2009」の北海道での活動が、来週からスタートいたしますのでお知らせいたします。

今年は、「パラシュートとマキオ」です!
千葉県佐倉市と士幌町佐倉地区のお互いの地域住民の皆さんのお手紙(メッセージ)をパラシュートにのせて交換します。

今回の士幌町での活動は、小学校を拠点に、パラシュートを制作したり、地域にくり出し、住民の方々から「むこうのさくら」へのメッセージを集めます。最終日には、約2mの気球のマキオが登場!千葉で集めた、メッセージがパラシュートにのって地上約30〜40mの高さから降り注ぎます。

つきましては、下記の概要をご覧いただき、当ブログをご覧の皆様、お時間にご都合のつく方はぜひともお誘い合わせの上、活動へご参加、ご見学ください。何卒よろしくお願いいたします。

また、この活動の日々の様子をAISプランニングブログにて掲載してきます。
そちらも合わせてご覧ください。

AISプランニングブログ
http://blog.ais-p.jp/

--------------------------------------------------

アートプロジェクト2009
『むこうのさくら〜パラシュートとマキオ〜』

--------------------------------------------------

■企画名
アートプロジェクト2009『むこうのさくら〜パラシュートとマキオ〜』

■開催場所
士幌町立佐倉小学校(北海道河東郡士幌町字士幌東7線132)

■開催期間
2009年11月30日(月)〜12月6日(日)
*12月6日はパラシュートを巻くイベント&交流会を開催します

■対象
士幌町住民(主に佐倉地区)

■事業概要
士幌町佐倉地区と千葉県佐倉市を繋ぐ文化交流プロジェクト
本事業は、アーティスト磯崎道佳氏がメッセンジャーとなり、千葉県佐倉市と北海道士幌町佐倉地区の地域間交流を促進させることを目的に実施されるプロジェクトです。アーティストは、年間を通じてそれぞれの地域に滞在し、小学校や公民館、美術館を活動の拠点としながら、その地域に暮らす様々な人々との出会いと交流を通じて、造形活動を行います。また、一方の地域で制作した作品をもう一方の地域へ運び、それぞれが「むこうのさくら」を意識し、その風土や景観を思い描きながら活動に参加します。最終的には、千葉県佐倉市において、双方の参加者が出会い、最後の作品制作を共同で行い交流するイベントを開催します。

■実施内容
小さな気球「マキオ」から「お手紙付のパラシュート」が舞い降りる
今回士幌町で実施する活動では、小学校を拠点に、地域のご家庭に訪問し、佐倉市へ向けたメッセージを集め「お手紙付きパラシュート」を制作します(詳細別紙参照)。活動の最終日には、約2mの気球を利用した「マキオ(人型くす玉)」から佐倉市で制作した「お手紙付きパラシュート」をまくイベントを行ないます(詳細別紙参照)。拾ったパラシュートは、お手紙と一緒に持ち帰ることができます。こうした活動を通じて、むこうの佐倉の知らない相手とのメーセージを交換することで、お互いの地域住民同士の思いを繋げるプログラムとなることを期待します。

【お手紙つきパラシュート】
・「15cm×15cmくらいの手作りパラシュート」
 [制作方法] ドローイング参照
 [素材]紙(カラペ)、or、カラービニール、たこ糸、セロテープ、など。 
・手紙がパラシュートの「おもり」に。
 参加者が手紙を書く。
 佐倉市から士幌町佐倉地区へ。士幌町から佐倉市へ。

【マキオ(人型くす玉)】
・ パラシュートを入れる人型くす玉の彫刻。
・ マキオの中に約2mのカラーバルーン(ヘリウム入り)を入れて空に浮かべる。

【パラシュートまき- the dropping event with handmade parachute 】
・佐倉市立美術館で作った「お手紙付きパラシュート」は士幌町でまくイベントを実施
 場所:士幌町立佐倉小学校
 日時:2009年12月6日(日)
    午後2時〜 パラシュートまき開始
    午後3時〜 校内一室にて交流会
・お客さんは拾った『お手紙付きパラシュート』を持ち帰ることができる。
  
a0062127_04219.jpg


■活動スケジュール
11月30日 士幌町滞在開始 小学校内に制作スペースを設置
12月 1日 制作開始 小学校内での制作及び地域家庭訪問
12月 2日 制作日 小学校内での制作及び地域家庭訪問
12月 3日 制作日 小学校内での制作及び地域家庭訪問
12月 4日 制作日 小学校内での制作及び地域家庭訪問
12月 5日 制作&イベント準備
12月 6日 イベント開催

■アーティストについて
磯崎 道佳 ISOZAKI Michiyoshi 
磯崎道佳は様々な表現形態を通じて、誰もが持つ好奇心を引き出し、新しい視点を発見する「体験の場」を提示している。1968年水戸市生まれ。1996年多摩美術大学大学院美術研究科修了。2000年札幌アーティスト・イン・レジデンス、2001年P.S.1/MoMAインターナショナルスタジオプログラムに参加(NY)。現在北海道在住。
【磯崎道佳公式ホームページ】
http://www.isozakimichiyoshi.com/
【磯崎道佳ブログ】
http://blog.livedoor.jp/isomippi/

■むこうのさくら千葉県での今後の活動予定
・佐倉市立佐倉小学校での 「パラシュートとマキオ」
 開催日時:2010年1月14日(木)13:05〜
・佐倉市立美術館での「パラシュートとマキオ」
  開催日時:2010年1月16日(土)13:00〜

■事業クレジット
【主催】佐倉市立美術館 
【後援】士幌町教育委員会
【協力】士幌町立佐倉小学校
【企画】磯崎 道佳
【コーディネート】AISプランニング

■事業に関するお問い合せ
 AISプランニング( http://ais-p.jp/ http://ais-p.jp/)
 〒061-3212 北海道石狩市花川北2条6丁目209
 TEL:0133-75-6505 FAX:0133-75-8845
 Mobile:090-4313-8466
 E-mail::info@ais-p.jp
 担当:漆 崇博(うるし たかひろ)
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-11-29 00:04 | お知らせ | Comments(0)
おとどけアート(札幌アーティストインスクール事業) 雪の造形活動プラン及びアーティスト 大募集!!!
2009年度おとどけアート(札幌アーティストインスクール事業)では、只今、冬期間の事業で雪の造形活動プラン及びアーティストの方を募集しております。以下、事業の詳細及び募集内容になります。
ご確認の上、ぜひともご応募いただけますようお願い申し上げます。

              
【おとどけアートについて】

本事業は、2008年度より札幌市内小学校で実施しているアートプロジェクトです。事業の特徴としては、小学校の余裕教室を一定期間(2週間)芸術家のスタジオとして利用し、その場を拠点とした創作活動を地域の皆さんと一緒に行う交流活動を主としています。

本事業を通じて、本物の芸術家と出会い交流する中で、創造することの面白さや、新しい価値観を積極的に受け入れ共有する素晴らしさに気付くと共に、地域の文化施設や学校という場が、教育的・文化的に重要なコミュニティであるこ とを再認識するきっかけを提供することを目的としています。


【募集内容】

小学校のグラウンドに降り積もった雪を素材とした造形活動・ワークショップ等の参加型交流プログラムのプランとアーティストを募集します。


【2009年度活動実施場所】

札幌市立北小学校(札幌市東区北33条東4丁目1-1)
ホームページ:http://www.kita-e.sapporo-c.ed.jp/


【活動期間】

2010年1月下旬〜2月下旬の内2週間


【応募条件】

・札幌市出身及び札幌市を拠点に活動されている芸術家
・20才以上40才未満の方
・約2週間毎日活動できる方
・雪の造形活動や子どもとの交流活動に関心のある方


【応募に必要な物】

専用応募フォームがございますので、ご希望の方は、info@ais-p.jpまでご一報下さい。

応募フォームには以下の必要事項をご記入ください。
・ プロフィール(氏名/住所/年齢/略歴/活動歴/自己アピール)
・ プランシート
・ 活動のイメージ図(ドローイング・写真・画像データ等)
・ 過去の活動画像(キャプション付き/3点/活動実績がある
方のみ)


【応募方法】

応募フォームをご確認、ご記入の上、下記の事務局まで郵送、FAX、Eメールにてご応募ください。


【応募〆切日】

2009年8月15日(月)


【採用になったプランについて】

実行委員会の厳正な審査の結果、今回の応募で採用された方には、活動実施に向け、必要な予算(謝金/材料費/交通費等)やスケジュール、活動内容についてご相談させていただきます。みなさんのご応募お待ちしております。


【結果のご報告について】

2009年8月下旬に開催する実行委員会にて審査を行ない、その結果を書面にてお知らせいたします。


【事務局問合せ先】

ご不明な点、ご質問などございましたら、以下までお問い合わせ下さい。
皆様のご応募をお待ちしております。

おとどけアート実行委員会事務局 AISプランニング 担当:
漆 崇博
〒061-3212 北海道石狩市花川北2条6丁目209
TEL:0133-75-6505/FAX:0133-75-8845
MOBILE:090-4313-8466/E-MAIL:info@ais-p.jp
HP:http://ais-p.jp


<過去の実施事例>

1)2008年1月実施
 『白い迷宮』
 札幌市立幌西小学校×ルカ ローマ(彫刻家/イタリア出身)
 活動紹介ブログはこちら

2)2007年1月実施
 『抱腹絶頂☆ウ゛ォルケーノFUJISAN』
 札幌市立新光小学校×河田雅文(美術家/札幌市出身)
 活動紹介ブログはこちら

3)2006年1月実施
 『ゆきのくにのしろがね城』
 札幌市立山の手南小学校×野上裕之(彫刻家/札幌市出身)
 活動紹介ブログはこちら
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-08-08 02:15 | お知らせ | Comments(0)
十勝AISシンポジウム開催のお知らせ
十勝アーティスト・イン・スクール事業実行委員会主催によるシンポジウムを開催しますのでお知らせいたします。

今回のシンポジウムは、十勝で実施してきたアーティスト・イン・スクール事業の活動の意義や、学校で取り組む有効性を、過去5年間の活動を振り返り、検証します。また、今後の事業継続と発展にむけた有意義な意見交換や、参加者の方々とのネットワークづくりのきっかけとします。

以下開催要項となりますので、お近くの方は、ぜひ足をお運び下さい。
よろしくお願いいたします。

<事業タイトル>
十勝アーティスト・イン・スクールシンポジウム
〜子ども×アーティストの出会いから芽生えるもの〜

<開催日時>
2009年3月8日(日)
13:00〜17:00

<開催場所>
帯広市立啓西小学校

<対象>
学校関係者/芸術・文化関係者/メセナ活動を行っている企業/一般市民

<報告者>
家田 輝 氏(北中音更小学校校長)
平原 慎太郎 氏(ダンサー/東京都在住)
漆 崇博(アーティスト・イン・スクール事業コーディネーター/AISプランニング代表)

<パネリスト>
狩野 信也 氏(幕別町立途別小学校校長)
杉浦 圭太 氏(役者/NPO法人ART IN LIFE所属/東京都在住)
荒川 寿彦 氏(太鼓奏者/札幌太鼓連盟事務局長/札幌市在住)

<モデレーター>
ゴウ ヤスノリ 氏(東京都現代美術館学芸員/東京都在住)

<プログラム及びタイムスケジュール>
○第1部
13:00
開催の挨拶
13:10
アーティスト・イン・スクールとは?〜過去の事例紹介
1)過去の活動事例報告('04〜'08の事例)
  報告者:漆 崇博(コーディネーター)
2)北中音更小三年間の事例
  モデレーター:漆 崇博(コーディネーター)
  報告者:家田 輝 氏(士幌町立北中音更小学校校長)
      平原 慎太郎 氏(ダンサー)
13:40 
活動披露パフォーマンス(はつがダンス予定)
13:50
パネルディスカッション
テーマ:子ども×アーティストの出会いから芽生えるもの
モデレーター:ゴウ ヤスノリ 氏(ワークショッププランナー)
パネリスト:杉浦 圭太 氏(俳優/NPO法人ART IN LIFE所属/東京都在住)
      荒川 寿彦 氏(太鼓奏者/札幌太鼓連盟事務局長/札幌市在住)
      狩野 信也 氏(幕別町立途別小学校校長)
14:50
閉会の挨拶

○第2部
15:00
ワークショップ「十勝巨大カルタを創ろう!」
進行:もてぎかや(美術家/AIS実行委員会)
16:00
カルタ大会&懇親会
17:00
終了

<事業クレジット>
主催:十勝アーティスト・イン・スクール事業実行委員会
   十勝毎日新聞社
協賛:未定
協力:帯広市立啓西小学校
後援:帯広市・帯広市教育委員会(予定)
企画・コーディネート:AISプランニング

<事業に関するお問合せ>
■十勝アーティスト・イン・スクール実行委員会事務局>
〒080-8688
北海道帯広市東1条南8丁目2番地 株式会社十勝毎日新聞社 事業局内
TEL 0155-22-2121(代表) FAX 0155-25-2700
MAIL:event@kachimai.co.jp
担当;杉岡 麻理香(すぎおか まりか)

<アーティストに関するお問合せ>
■AISプランニング
〒061-3212
北海道石狩市花川北2条6丁目209番地
TEL 0133-75-6505 FAX 0133-75-8046
携帯:090-4313-8466
E-mail:takahiro528903@herb.ocn.ne.jp
担当:漆 崇博(うるし たかひろ)
[PR]
by sair_ais_programs | 2009-03-05 02:15 | お知らせ | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/大正小/クニ&美佳
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism