2017年 11月 30日 ( 3 )
【おとどけアート×東海林靖志 有明小学校】11/30 最終日前日に思うこと

1130日(木)


最終日前日。

あっという間に2週間が経ってしまいました。

昨日まででこどもたちと動きで絵を描く活動は終え、今日は絵を見てどんな舞台にするかを考え作っていきます。


6枚の絵すべてを広げると体育館一面を使うためこどもたちが遊ぶ中休みや昼休み、体育の時間以外で作業することに。

それまでは写真を撮ったり、一緒に遊んだり子どもたちと過ごすことにしました。


中休み。

体育館にはドッチボールやバスケ、鬼ごっこをするこどもたちが走り周っていました。

その中に飛び込み、ボールを避けながら鬼から全直で逃げまわる東海林さん。

a0062127_01105737.jpg
a0062127_01105788.jpg

中休みが終わり3時間目。

おとどけアート事業の担当である札幌市の職員の方が様子を見にきてくれました。

実際に描いている様子は見せられませんでしたが、完成している絵の実物を見て、その大きさや線の躍動感に「やってみたくなりますね」と。嬉しい感想をいただきました。

せっかくなので、、、と絵の中に入ってもらうと線をなぞったりくるりと回ったり、まるで踊っているみたいですね。

a0062127_01105804.jpg


その後舞台を作る作業に取り掛かります。

a0062127_01122441.jpg

6枚全てを広げるとそのスケールの大きさに思わず「おおおおでかいね」と顔を見合わせてニヤリとしてしまいます。

(全体のスケールは最終日のブログで!)


当初上から吊り下げて舞台の背景にする案でした床に並べてみて考えが一変。

「これは全部床に敷いてその上で踊るのがいいね、それでこどもたちには周りをぐるっと囲んでもらってみてもらう感じかな。どこかを正面にするとかしないで即興でこの絵の上を動き回るような」

そのアイデア、大賛成です!


そうと決まれば、担当の先生に相談です。

明日の朝会のスケジュール、どんな風に子どもたちは整列していて、そこからどう動いてもらうか。

お披露目の時間は朝会の中の10分ほど、できるだけ準備の時間は短くさせたいところです。

「それなら1~3年生にはこっちに動いてもらって、4~6年生はこっちにすればスムーズにいくんじゃないかしらそれから、ぐるっと動いて

トントンと先生との打ち合わせが進んでいきます。



そして6枚の絵をパズルのように組み替え並べます。

並べては上から眺め「うーーん、あっちの端の絵とこの手前の絵を入れ替えてみて」と動かします。

a0062127_01105981.jpg
a0062127_01105885.jpg
a0062127_01122553.jpg

位置を決め、テープ繋げているところで、給食の時間になってしまいました。



掃除の時間、こどもたちや学校の写真を撮りたいということで、カメラを手に歩き回ります。

a0062127_01105591.jpg

「写真撮るの実は好きなんだよね」

と掃除する様子や遊んでいる様子、子どもたちの学校での日常を撮ります。

a0062127_01105601.jpg

学校の外に出てグラウンドを眺めたり

a0062127_01105701.jpg
a0062127_01105694.jpg

活動の拠点「しょーじのアトリエ」を窓越しに撮ったり。

明日が最終日ということもあってか少し名残惜しい気持ちになりますね。

a0062127_01122585.jpg

2週間という長いようで短い期間。


こどもたちの目に東海林さんというダンサーはどんな風に映り、どんなことを思ったのでしょうか。

はじめは「頭がつるっとしている人」が来たと思った子もいたかもしれません。

そして毎日朝登校してくると階段下のふれあいコーナー(活動中はしょーじのアトリエ)に居て、ヨガをしていたり、何かをしている。

自分たちの勉強とは関係ないことをしていて、中休みや昼休みに体育館の一角にブルーシートと大きな紙を広げている。

給食を一緒に食べたり、廊下で立ち話をしたり、九九のテストをしたりする。

よくわからないけど手足に絵の具をつけて一緒に紙の上で踊ったり、一緒に鬼ごっこをする。

勉強を教えてくれる先生ではない、じゃあ東海林さんって何者なんだろう。

ダンサーってなんだろう。


どんなことを思っているでしょうか。



5時間目も絵を繋げていると、授業が早く終わりバスが来るまで時間があるこどもたちが体育館にやってきました。

ボール遊びをしに来たこどもたち、広げている絵をみて少し眺めていきます。

a0062127_01105400.jpg
舞台の準備を終え、明日の段取りを決めて今日は早めに終了。明日の朝に備えます。



明日で有明小学校での活動はおしまいです。

朝会でのお披露目では馬頭琴奏者の嵯峨さんによる生演奏で東海林さんが踊ります。

お楽しみに!!!


[PR]
by sair_ais_programs | 2017-11-30 23:57 | おとどけ/有明/東海林靖志 | Comments(0)
【おとどけアート×東海林靖志 有明小学校】11/29 踊ると絵を描くの境

1129日(水)


昨日に引き続き、授業時間にクラスごとに活動。


東海林さんから子どもたちにお願いしたことは一つ。

「動きをリレーしていくイメージで」


昨日はまず絵の具をつけないで白い紙の上で色の線を想像しながら動きをシュミレーションしてから本番、子どもたちだけで絵を描きました。

今日の2年生、3年生、5年生はシュミレーションはせず、今度は東海林さんも一緒に紙の上で動きます。


手足に絵の具をつけ約4メートル四方の紙の上で、子どもたちは順番に東海林さんと向かい合います。

a0062127_15282962.jpg

はじめは初めてのことにワクワクしながら、いざ絵の具をつけて紙の上に入ると何をすればいいのか迷ったり。

勢いよく飛び込んでみたものの、この後どう動いたらいいのだろうと戸惑ったり。

周りで見ている友だちから回って!なんでもいいんだよ!と声をかけられながら絵の具をつけた手足を紙の上で滑らせます。

a0062127_15282945.jpg
a0062127_21382184.jpg


その様子をそばで伺う東海林さん。

a0062127_15282610.jpg

動きを同調するように、その子がくるりと回ると東海林さんもくるりと回ってみたり、鏡写しのように動きを真似したりします。

動きで話しかけるように接触(コンタクト)していくうちに、返事を返すように今度はその子が東海林さんの動きを真似するように。

足の裏を合わせたり、

相撲を取るようにお互いを見合って、同時に同じ動きをしてみたり、

掛け合いをするように子どもがトンネルを作って、東海林さんがその間を通り抜けたり。

一人の動きから二人の動きに変化していきます。

a0062127_15282763.jpg
a0062127_15282707.jpg
a0062127_15282810.jpg

面白そう!と参加する先生も。

a0062127_15282884.jpg

普段しずかな子がとても大きな動きをしたり、逆に普段走り回っている子はゆっくりと一歩一歩動いたり。

最後まで東海林さんに構わず、動き回る子もいれば、ひたすら下を向いて絵の具を塗る子、逃げる子、それぞれの反応があります。

a0062127_21431629.jpg
a0062127_21431687.jpg


面白いことに、自分の番を終えた子たちが紙の周りでくるくると動きを繰り替えしたり、他の子の動きを真似する様子もありました。

a0062127_15282898.jpg




ときどき周りで見ている友だちから「踊るんだよ」と声がかかりました。

その瞬間紙の上にいる子は動きを止めて考えるようにキョロキョロとしました。


「踊る」ってなんなのでしょうか。


東海林さんはこの活動の中で「踊り方」は教えません。

「好きに動いていいよ」と言ったり、「いいね今の動き」と声をかけたり、そうして一緒に紙の上を動きます。


子どもたちは四つん這いで歩き回ったり、寝っ転がったり、しゃがんでカエル跳びをしてみたり。

動き一つ一つは踊りにはみえないものです。

その動きが東海林さんと掛け合い、連続して、立ち上がってくるとそれは踊りに変化していきます。

a0062127_15283080.jpg

「紙の上で対峙したときに、目を合わせたり動いたりして気持ちを開くか、それとも閉じるかが、踊りになるか、絵を描くかの境界線なのかもしれない」

全クラスを終え、そう言って手応えを感じた東海林さん。

そして「ちょっと申し訳ないけどみんなからもらった未来は今回は踊らない。みんなが踊って描いた線から、その時感じるものを即興で踊りたくなった」


未来を踊るということで悩み続けていた東海林さんでしたが、この2日間こどもたちと触れ合ううちに、この活動の向かう方向を見つけたようです。



東海林さんの活動も残り2日間となりました。

明日は最終日のお披露目に向けて舞台作りをします!





<おまけ>

中休み、バランスゲームをするふたりとヨガのポーズの東海林さん。

偶然にも集中とバランスのコラボレーションが起こりました。

a0062127_15282634.jpg


[PR]
by sair_ais_programs | 2017-11-30 22:42 | おとどけ/有明/東海林靖志 | Comments(0)
【おとどけアート×東海林靖志 有明小学校】11/28 動きをつなげる


11月28日(火)


有明小学校でのおとどけアートも残り4日。


15分の休み時間では毎回10人弱が参加してきました。

そうした中、他のやりたい子にもチャンスをあげたいという先生からの提案を受けた東海林さん。

急遽授業時間にクラスごと全校児童97人と絵を描くことになりました。

28日の今日は、1年生、4年生、6年生のクラスと活動します。


準備を整え待っていると子どもたちが体育館に入ってきました。

「白い紙!いえーーーい!!」

白いまっさらな紙をみて、テンションを上げて飛び込んでくる男子たちや、

「こんにちは、よろしくお願いします。」

と丁寧に挨拶をして入ってくる高学年の女子。

2列に並んでやってくるクラスもあれば、ばらばらと集合してくるクラスもあり先生それぞれの向き合い方やクラスの特徴が現れます。

a0062127_17044933.jpg

クラス全員が揃ったところでやることを説明します。

これまでやってきたこと、

「手足に絵の具をつけて紙の上を動き回り絵を描く」。


これに東海林さんは一つだけお願いを加えました。

「動きをリレーしていく。動きや線の終わりを次の人に繋いでいくように意識してみてほしいんだ。アイコンタクトでもいいし、声をかけてもいいから。」


まずは新しいお願いのシュミレーション、絵の具はつけず自分の動いた後に色がつくことをイメージしながら動いてみます。


足から次の人の手へ。


自分はどんな動きをしようか考えます。

a0062127_17093241.jpg
a0062127_17045047.jpg

そして本番。

手足に絵の具をつけ



a0062127_17045136.jpg

自分の動きたいように動く子がいれば、

一手一手つぎはどこに動こうか、手か足かと慎重に考える子もいます。

a0062127_17044820.jpg
a0062127_17045330.jpg

手でスタンプを押したり、塗りつぶしてみたりする子。

紙を見て、しゃがみこむ子、這い回る子。

紙にから少し離れて動く、そして後から自分の軌跡を眺める子。

空手の型や、バレエのターン。

友だちの動きに歓声があがったりも。

a0062127_17044120.jpg

順番を待っている子は人の動きや色の軌跡をみて、じゃあ自分はどんな動きをしようかなと考えます。

a0062127_17045255.jpg


「動きを考える。」

それは休み時間ではできなかったじっくりと向き合うこと。

いままで東海林さんと子どもたちが学校という場で築いた関係があって、それを見てきた先生からの提案があってできたことです。



子どもたちが教室に戻り、静けさが戻ったとき、出来上がった絵を見ながら、すっと踊りだす東海林さん。

みんなの軌跡をなぞっているのでしょうか。



有明小学校での活動が始まる前の打ち合わせの時、東海林さんから「ダンスを考えるときは星座を作るかんじ」と言っていたことを思い出しました。

自分のまわりにいくつもの点(星)があって、その点と点を線で繋いでいくようになぞる。それが動きになり踊りになっていくイメージだと。


この時「今、子どもたちがしていることはその逆を辿っていくような体験なのだ」とこの活動で何が起きているのかふっと腑に落ちました。

平面の紙の上だけれど、動きその軌跡が色の線や点になって見えてくるような。

踊りを作るということは、平面ではなくその点や線を空間の中に立ち上げていくことなのかもしれません。



怒涛の3時間、少し方法を見直して明日は2年生、3年生、5年生と描きます。


[PR]
by sair_ais_programs | 2017-11-30 21:09 | おとどけ/有明/東海林靖志 | Comments(0)



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/山の手小/川上りえ
おとどけ/有明/東海林靖志
おとどけ/拓北小/AIS
2017年度AIS
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
十勝/大正小/クニ&美佳
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism