【おとどけアート×進藤冬華 苗穂小学校】郷土史に潜る

始まると、長いようで短いおとどけアートです。

この日は、4日目。


a0062127_23091768.jpg

活動部屋はいつの間にか、スライドルームになっております。


ただ、資料はスライドだけではないので机や部屋に並べてみます。


a0062127_23101847.jpg

今から、50年ぐらい前の資料ですね。


a0062127_23105116.jpg

巨大なそろばんをいじって見たり。

(ちなみに、3年生の授業でそろばんは習うとの事。)

(ちなみに、そろばん習っている子もいました。)


a0062127_23134705.jpg

九九学習機(?)で遊んで見たり。


そして、今日もゲストを呼んでのスライド鑑賞会を行いました。


a0062127_23150750.jpg

この日は、小学校で学びのサポーターをしている、

市川先生、富樫先生に来ていただきました。

(お二人は元教員で退職後、再雇用で小学校で働いております。)


a0062127_23162720.jpg

地図を見ながら、説明をしてくれます。

ベテランの先生ならではの、分かりやすい説明です。

そして、昨日のスライド話があったおかげで、

話しがつながったり、補完されたりとめちゃめちゃに面白いです。


a0062127_23174857.jpg

その後、授業の様子を見学させてもらいます。

ほんと、自由に学校内を見せていただけるのでありがたい。


a0062127_23181523.jpg

(・・・・・・・・)


a0062127_23183829.jpg

じーっと・・・


a0062127_23210007.jpg
漢字のプリント。




そして数日間、学校に通い、

子どもたちの様子(反応等)を見ていて思ったこと・・・


a0062127_23142493.jpg

【郷土に興味がない】


子ども達はスライドの部屋にやって来るんですが、

(日を追うごとに数が増えてきています。)

みんな郷土史に興味があってきているわけでは無いんだなと、気付きました。




そもそも、古いものを見せて「あー、なつかしい」とかは

過去を知っている我々大人の論理で、

その過去を知らない子どもたちにとっては、新情報なんですよね。



だから、スライドもフィルムカメラも過去の技術でありながら、

初めて触れる子どもたちにとってはスマホよりも

「新しい&珍しい物」なんですよね。



そして、そもそも子どもたちは「今」を学んでいる最中。

低学年の子は今まさに、社会を学び人間として必要な情報を

吸収している最中で、

我々大人のような見方をしているわけではないんですよね。



なので、大人にとっての郷土史も、子どもにとっては「今」の情報。



大人は過去という知識や経験からその

もう少し過去へ想像を馳せたりするんですが、

その土台となる知識がない子どもたちには、

たとえ苗穂や札幌市の郷土史を見たり聞いたりしても、

過去へつながる方法がないから、

全然違う国の話を聞いてるぐらいの感じなんでしょう。



確かに。



我々大人だって、

ニカラグアの首都マナグアの歴史については「?」ですよ。

大人=「郷土史」、引いては歴史にに興味がある、

というわけではないですからね。


この場所が郷土研究所であれば、

みんな面白がって来てくれるんでしょうが、

小学校にいる子どもたちは、

高校、大学、社会人といった

学力や趣味趣向で区分けされてゆく世界とは異なり

本当の意味で多種多様な子どもたちが集まる場所、

物事への興味も全然違う反応があって当然なのです。




だから、この場所に集まる理由は、

「スライド」であったり

(確かに、映像はさておきひたすらスライドの仕組みを聞いてくる子がいます。)

「暗い部屋」であったり、

「進藤さんやいっしー」とか、「なんとなく」とか、

そういった、各自の各々の理由でやってくるんですよね。



そう考えると、

小学校の中に、こういった「場」を作ってしまえば、

そこに同じような人が集まるのではなく

全然違う方向を向いている人たちがやって来ているわけで、

その環境・状況は「面白い」の一言です。



それは、地域でも同じことが言えるんでしょうが、

子ども達は知識だけで判断しているのではなく、

好奇心という身体的な反応が出やすい人たちなので、

様々なきっかけでその反応が見えるのです。

(子どもたちの反応ですね。)



数日通い、

子どもたちを観察していた進藤さんとの話し合いの中で、

そんな風な事を思いました。



そして、こんな場でアーティストの進藤さんが

どう振る舞うのか、何をするのか。

迷いに迷い、時間が過ぎてゆくのです。



今いる環境について向き合うと、考えることがものすごく多い。

そんな活動になっております。





つづく






[PR]
by sair_ais_programs | 2017-01-28 23:46 | おとどけ/苗穂/進藤冬華 | Comments(0)
<< 【おとどけアート×進藤冬華 苗... 【おとどけアート×進藤冬華 苗... >>



小学校にアーティストが滞在し子ども達と交流する事業
by sair_ais_programs
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
事業概要
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/西岡/深澤孝史
おとどけ/月寒東/長谷川仁
おとどけ/鴻城/山崎阿弥
2016年度AIS
おとどけ/平岸高台/黒田大祐
おとどけ/栄東小/小町谷圭
おとどけ/星置東/永田壮一郎
2015年度AIS
おとどけ/山鼻/持田敦子
トヨタ/苫小牧/藤沢レオ
おとどけ/苗穂/進藤冬華
おとどけ/藻岩/藤木正則
おとどけ/元町/ダムダン・ライ
おとどけ/北陽・白楊/加賀城匡貴
2014年度AIS
おとどけ/北陽/風間天心
おとどけ/三里塚/加賀城匡貴
おとどけ/北陽/佐藤隆之
おとどけ/資生館/アサダワタル
2013年AIS
おとどけ/もみじの森小/小川智彦
おとどけ/富丘小/本田蒼風
おとどけ/石山東/トムスマ
2012年AIS
AIS/茨城・守谷/磯崎道佳
おとどけ/みどり小/山本耕一郎
おとどけ/あいの里西/冨田哲司
十勝/中札内/遠藤一郎
おとどけ/稲積/小助川裕康
2011年AIS
おとどけ/旭小/片岡翔
おとどけ/常盤小/富士翔太朗
2010年度AIS冬期
おとどけ/福住小/斉藤幹男
十勝/大樹小/荒川寿彦
おとどけ/清田小/長谷川仁
2010年AIS秋期
おとどけ/北小/東方悠平
おとどけ/屯田南小/今村育子
文化/厚内小/開発好明
十勝/北中小/タノタイガ
2009年度AIS
十勝/シンポジウム
おとどけ/幌西小/ルカローマ
おとどけ/太平小/高橋喜代史
十勝/北中小/平原慎太郎
十勝/東士狩小/wah
2008年度AIS
トヨタ/新光小/河田雅文
トヨタ/新陵東小/宝音&図布
札幌/シンポジウム
十勝/北中小/荒川寿彦
十勝/広陽小/anti-cool
十勝/佐倉小/ルカローマ
2007年AIS
十勝/岩井WS
十勝/途別小/祭太郎
トヨタ/有明小/石川直樹
トヨタ/山の手南小/野上裕之
十勝/北中音更小/ルカローマ
文化/大岸小/磯崎道佳
トヨタ/清田小/加賀城匡貴
2006年度AIS
十勝/大正小/クニ&美佳
十勝/花園小/杉浦圭太
文化/ニセコ小 /磯崎道佳
2005年AIS
お知らせ
未分類
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
AISプランニング
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://venus..
from http://venusgo..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
始まっていますね
from 街中ホットニュース
アーティスト・イン・スクール
from とがびアート・プロジェクト2..
[おすすめ]アーティスト..
from すこし思いついたことを
アーティスト・イン・スクール
from ブログ*とがびアート・プロジ..
ニセコ小でアートイベント!
from 尻別川の畔より
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism